帝王 切開 傷口 痛い。 帝王切開の傷跡。見た目と痛みは術後6ヶ月経過するとこうなる(私の場合)。

帝王切開:傷が痛い!そんな時の骨盤ベルトの巻き方!

帝王 切開 傷口 痛い

近年、での出産が増えているらしい。 アメリカではすでに 30%以上、日本でも 5人に 1人( )が帝王切開で出産しており、さらに上昇傾向にあるとのこと。 しかし経験者以外、帝王切開について詳しく知っている人はあまりいないのでは? そこで帝王切開を経験したコスモポリタン アメリカ版のライターが、「知っておきたい、帝王切開のあれこれ」を解説。 普通分娩のつもりでも突然帝王切開になることも多いようなので、正しい知識を事前に知っておきましょう。 【INDEX】• 1.帝王切開=「ちょこっと切るだけ」なんて大間違い! 「実は私も分娩台に乗るまではそう思ってた。 『必要ならば帝王切開もアリ。 問題ないわ』なんて気楽に考えていたの。 もしタイムマシンがあるなら、あのときの自分に言ってやりたい『そんな簡単なもんじゃないわよっ!』って。 帝王切開は『ガラスの破片が刺さっちゃったので取ってもらわなきゃ』とか『リンゴを切ってるときにナイフでグサッと刺しちゃった』なんて類のものじゃない。 お腹をばっさり切りさいて、中から赤ちゃんを取り出すという立派な手術! 私は緊急帝王切開手術の後、縫合したお腹の周りを包帯でぐるぐる巻きにされ、尿道カテーテルを入れられ、足のむくみ防止のためにキツ~いソックスを履かされた。 出産後丸 1日以上自力ではおしっこやおならができず、固形物も何も食べられなかった。 (ちなみに、出産後の初おしっこって、ものすごく痛い場合があるって知ってた?)それだけじゃない。 その後私は手術時の麻酔が原因で髄液が漏れ、ひどい頭痛に悩まされることに。 初産でママになった直後にこんなに痛い思いをするなんて…本当に大変だった(涙)!」 2.回復には思ったより時間がかかる 「病院から退院するとき、医師に『当分は 1度に 100メートル以上歩いちゃだめ!』と注意された。 でも正直『何言ってんだか』って思ったわ。 私は駐車が難しい街・ニューヨークに住んでいるのよ!って。 病院の出口までは夫が車いすを押してくれたけど、家の近所の駐車場から自宅のあるアパートまでは 10分は歩かなきゃいけないのに。 第 2子は普通分娩(経膣分娩)だったから出産後 2時間で普通に歩きまわっていたけど、この帝王切開だった初産後は何をするのも痛かった! 家に帰ったら授乳もしなくてはならないし、まさにバトルの始まり。 お腹の傷口がふさがった後も、約半年は焼けるような痛みが残ったわ。 傷痕に赤ちゃんの足がちょっと当たったり、ゆるゆるのヨガパンツの縫い目がこすれたりするだけで、画びょうで何万回もチクチク刺されるような痛みが走った。 痛みが気にならない程度になったのは約 1年後。 加えて、お腹を内側からえぐられるような痛みもあったのをよく覚えてる」 3.医者が手術中に内臓を動かしてるって…知ってた? 「帝王切開って、スプラッタ映画もどきの部分も多少あるのよ。 私の場合、途中までは赤ちゃんを産道から押し出そうとしていた。 でも突然帝王切開することになったから、つまり赤ちゃんの位置を(何らかの方法で)急きょ変えたってことになる。 どうやったのか詳細は知らないけど…でも私だけじゃなくて、同じ日に帝王切開手術したママたちが、みんな『お腹の中が何かヘン!』と言いだしたから驚いた! 内臓が通常の位置より後ろの方に引っかかって動かないような感覚だったの。 の場合、膀胱と腸を子宮の脇にずらすので、移動した臓器は元の位置に戻る必要があるとのこと。 こういった情報は、帝王切開が『何でもないこと!』と思っている人たちにぜひ知らせるべき!」 4.帝王切開も「自然分娩」と考えるべき 「すべての出産は自然に起きる生理現象だし、どんな出産方法も自然分娩の 1つであるはず。 どこから赤ちゃんが出てきても、麻酔をしてもしなくても、完璧な出産なんてそもそも存在しないもの。 『もっとこうすればよかった』『こうだったらよかったのに』なんて考えるのはナンセンス! 」 5.帝王切開で生んだことを恥じている、なんてことは断じてない! 「恥じてもいないし特に誇りにも思っていないわ。 でも帝王切開だったことを残念に思っている女性がたくさんいるのも事実。 普通分娩で出産できなかったことを気に病んでる人もいれば、手術の傷痕を全然気にしていない人もいる。 出産に選択肢があることで安心する人もいる。 こういったことはもっとオープンに話されるべきだと思う」 6.帝王切開も「奇跡の出産」の 1つ 「普通分娩の最中に瞑想していたとか、となったとか、しながら禅の境地に達した…みたいな話、聞いたことがある人もいるのでは? もちろん帝王切開でだって、似たような"ヒッピー風"(?)の出産も可能。 手術中に『この音楽をかけて』と指定する人だっているし、手術台の上で催眠出産の呼吸法を繰り返していた人だっている。 普通分娩で出産する予定だったとしても、私みたいに最後の最後に帝王切開になったというケースはいくらでもある。 だから帝王切開になったらどうしようと出産前にクヨクヨ考えるのは時間の無駄。 どんな方法であれ、赤ちゃんが生まれてきてくれたらそれは"奇跡"なのだから!」 7.帝王切開の次に普通分娩をする人もいる 「これは本当、だって私がその例だから。 この話をすると『そんなことって可能なの?』とよく言われるわ。 帝王切開後の普通分娩( VBAC: )を躊躇する医師もたくさんいるけど、プロセスそのものはとても安全だったし、懸念される子宮破裂が発生する確率は 100人に 1人と言われているんだとか。 ただ前回の帝王切開の状況と、現在の健康状態は、 VBACに適しているかに影響するみたい。 もし普通分娩を試したいなら、医師や助産婦に相談して。 でももしあなたにとって VBACが適さなくても、焦ったり嘆いたりしないで。 私もたくさんのママ友に『予定帝王切開っていつ出産するのか先に分かるから、つまりちゃんと出産の準備ができるってこと。 それってすごく助かることよ』ってたくさん言われたわ。 Translation:.

次の

帝王切開術後2年経った後、傷跡奥の痛みについて

帝王 切開 傷口 痛い

帝王切開の痛みはいつまであるの? 帝王切開は、麻酔をしておなかを開く手術なので、術後に痛みが生じます。 痛みは2種類あり、ひとつは開腹手術による傷あとの痛み。 もうひとつは、子宮収縮による痛みで、いわゆる「後陣痛(こうじんつう)」です。 後陣痛は、経腟分娩でも痛みを感じるのですが、帝王切開では感じ方が違います。 開腹手術による傷あとの痛み 帝王切開の手術は、麻酔をして、下腹部の皮膚、皮膚の下にある脂肪組織、筋膜、腹膜、子宮壁を切開します。 開腹してから5分前後で、赤ちゃんが子宮から取り出されます。 胎盤も取り出したら、切開部を縫合し、手術が終了します。 麻酔をかけてから1時間くらいです。 手術中は麻酔が効いているので痛みはありませんが、麻酔が切れたら縫合した部分がズキズキ、チクチクと痛み出します。 子宮収縮による痛み(後陣痛) 赤ちゃんを取り出したあとの子宮収縮による痛みを「後陣痛」といいます。 胎盤を出したあとに起こり、その後も子宮が元の大きさに戻るために収縮し、そのたびに痛みます。 帝王切開の場合は、麻酔が切れたあとに傷口の痛みとともに後陣痛を感じるようになります。 傷あとがズキズキ、チクチクと痛むのとは違い、後陣痛は生理痛のような、下腹や腰の鈍い痛みを感じ、子宮内に溜まっている不要な分泌物(悪露・おろ)を排出します。 悪露は産後すぐは赤色で、その後、茶色、黄色と色が変化し、4~6週間後には透明なおりものに変わります。 帝王切開は、陣痛を待たずに手術を行うことが多いので、後陣痛の痛みをより強く感じる傾向があります。 また、開腹手術による傷が子宮にあるために痛みも強く感じやすいようです。 時間経過とともにだんだん弱くなりますが、産後しばらくは授乳のたびに感じることもあります。 これは赤ちゃんが乳首を吸う刺激で、脳から分泌されるオキシトシンというホルモンが子宮の収縮を促すからです。 帝王切開の痛みの感じ方の変化 入院中の痛みの感じ方 手術の麻酔が切れたら、注射や座薬などの鎮痛剤を投与します。 痛みは徐々に治まりますが、痛いときは我慢せず、医師やスタッフに伝えましょう。 手術の傷あと、後陣痛ともに日が経つにつれ落ち着いてきます。 帝王切開の入院は8日前後。 入院最終日の診察で異常がなければ退院できます。 退院後の痛みの感じ方 退院するころには痛み止めは必要ないことが多いのですが、心配な人は医師に相談して処方してもらいましょう。 手術の傷口が完全に治癒するまでは6ヶ月~1年かかります。 体質によって、傷あとがケロイド化してしまう人も。 その場合は受診しましょう。 後陣痛は、術後数日で治まりますが、妊娠・出産によって変化した子宮は、一般的に産後約8週間で妊娠前の状態に戻る(子宮復古・しきゅうふっこ)と言われています。 帝王切開の場合、産後の回復がゆっくりめですが、経腟分娩の場合と特別な違いはありません。 退院したからといって無理せず、家族の協力を得て、1ヶ月健診までは安静に過ごしてください。 初産で開腹手術も初めてだったので、術前は不安でいっぱいでしたが、先生がしっかり説明してくれたので覚悟を決めて手術を受けました。 術後は、傷口の痛みと後陣痛に悩まされましたが、子どものお世話で精いっぱいでいつのまにか痛みは紛れていきました(T・Sさん 37歳)。 生まれたのは、陣痛が始まって2日目だったので、気力も体力も消耗。 手術の記憶もありませんが、無事に生まれてきてくれて心の底から安堵しました。 傷の痛みは徐々に慣れていきましたが、産後3ヶ月ぐらいは傷口をかばいながら生活していました(S・Sさん 34歳)。 帝王切開後の生活はどうなる!? 帝王切開の場合は、傷あとの痛みがまだ残っているので、育児や家事は無理をせず、家族のサポートなどが必要です。 赤ちゃんのお世話以外は、家事代行、食材やお弁当の宅配サービスなどを上手に活用しましょう。 赤ちゃんのお世話 授乳 授乳は3時間おきが目安といいますが、最初は一度にたくさん飲めないので、少し飲んで、30分ほどでまたおなかが空いて飲む、の繰り返しになる場合も。 おなかの傷に赤ちゃんが当たると痛いので、授乳クッションでガードしたり、横抱きにするといいでしょう。 家族と役割分担して協力し合いましょう。 おむつ替え おむつを替えるときにかがみこむ姿勢になりますが、その際におなかの傷が痛みます。 しばらくは無理をせずに、家族に協力してもらいましょう。 抱っこ 抱っこをするときは腹筋を使うので、おなかの傷が痛みます。 無理せず、授乳クッションを使うなどしながら抱っこするといいでしょう。 沐浴 赤ちゃんを沐浴させるときに、お湯や着替えの準備、入浴、湯上りのおへその消毒や着替えなど、一連の流れをひとりで行うのはたいへんです。 おなかの痛みがあるうちは、無理をせず、家族と協力して行いましょう。 仕事が忙しいパパや同居している家族などがいなくて、周りの協力を得にくい場合は、国のガイドラインによって市区町村が行っている「産後ケア事業」を活用してみても。 主に助産師・保健師・看護師が行い、出産直後から産後4ヶ月を目安に受けることができます。 ・宿泊型…病院や診療所などに宿泊しながらケアを受ける ・アウトリーチ型…担当者と日程調整して、自分の家に来てもらう ・デイサービス型…病院や診療所に行ってケアを受ける 構成・取材・文/白木紀子 校正/主婦の友社.

次の

帝王切開術後の傷口の痛みはいつまで続く?子宮収縮・後陣痛も説明!

帝王 切開 傷口 痛い

帝王切開の痛みはいつまであるの? 帝王切開は、麻酔をしておなかを開く手術なので、術後に痛みが生じます。 痛みは2種類あり、ひとつは開腹手術による傷あとの痛み。 もうひとつは、子宮収縮による痛みで、いわゆる「後陣痛(こうじんつう)」です。 後陣痛は、経腟分娩でも痛みを感じるのですが、帝王切開では感じ方が違います。 開腹手術による傷あとの痛み 帝王切開の手術は、麻酔をして、下腹部の皮膚、皮膚の下にある脂肪組織、筋膜、腹膜、子宮壁を切開します。 開腹してから5分前後で、赤ちゃんが子宮から取り出されます。 胎盤も取り出したら、切開部を縫合し、手術が終了します。 麻酔をかけてから1時間くらいです。 手術中は麻酔が効いているので痛みはありませんが、麻酔が切れたら縫合した部分がズキズキ、チクチクと痛み出します。 子宮収縮による痛み(後陣痛) 赤ちゃんを取り出したあとの子宮収縮による痛みを「後陣痛」といいます。 胎盤を出したあとに起こり、その後も子宮が元の大きさに戻るために収縮し、そのたびに痛みます。 帝王切開の場合は、麻酔が切れたあとに傷口の痛みとともに後陣痛を感じるようになります。 傷あとがズキズキ、チクチクと痛むのとは違い、後陣痛は生理痛のような、下腹や腰の鈍い痛みを感じ、子宮内に溜まっている不要な分泌物(悪露・おろ)を排出します。 悪露は産後すぐは赤色で、その後、茶色、黄色と色が変化し、4~6週間後には透明なおりものに変わります。 帝王切開は、陣痛を待たずに手術を行うことが多いので、後陣痛の痛みをより強く感じる傾向があります。 また、開腹手術による傷が子宮にあるために痛みも強く感じやすいようです。 時間経過とともにだんだん弱くなりますが、産後しばらくは授乳のたびに感じることもあります。 これは赤ちゃんが乳首を吸う刺激で、脳から分泌されるオキシトシンというホルモンが子宮の収縮を促すからです。 帝王切開の痛みの感じ方の変化 入院中の痛みの感じ方 手術の麻酔が切れたら、注射や座薬などの鎮痛剤を投与します。 痛みは徐々に治まりますが、痛いときは我慢せず、医師やスタッフに伝えましょう。 手術の傷あと、後陣痛ともに日が経つにつれ落ち着いてきます。 帝王切開の入院は8日前後。 入院最終日の診察で異常がなければ退院できます。 退院後の痛みの感じ方 退院するころには痛み止めは必要ないことが多いのですが、心配な人は医師に相談して処方してもらいましょう。 手術の傷口が完全に治癒するまでは6ヶ月~1年かかります。 体質によって、傷あとがケロイド化してしまう人も。 その場合は受診しましょう。 後陣痛は、術後数日で治まりますが、妊娠・出産によって変化した子宮は、一般的に産後約8週間で妊娠前の状態に戻る(子宮復古・しきゅうふっこ)と言われています。 帝王切開の場合、産後の回復がゆっくりめですが、経腟分娩の場合と特別な違いはありません。 退院したからといって無理せず、家族の協力を得て、1ヶ月健診までは安静に過ごしてください。 初産で開腹手術も初めてだったので、術前は不安でいっぱいでしたが、先生がしっかり説明してくれたので覚悟を決めて手術を受けました。 術後は、傷口の痛みと後陣痛に悩まされましたが、子どものお世話で精いっぱいでいつのまにか痛みは紛れていきました(T・Sさん 37歳)。 生まれたのは、陣痛が始まって2日目だったので、気力も体力も消耗。 手術の記憶もありませんが、無事に生まれてきてくれて心の底から安堵しました。 傷の痛みは徐々に慣れていきましたが、産後3ヶ月ぐらいは傷口をかばいながら生活していました(S・Sさん 34歳)。 帝王切開後の生活はどうなる!? 帝王切開の場合は、傷あとの痛みがまだ残っているので、育児や家事は無理をせず、家族のサポートなどが必要です。 赤ちゃんのお世話以外は、家事代行、食材やお弁当の宅配サービスなどを上手に活用しましょう。 赤ちゃんのお世話 授乳 授乳は3時間おきが目安といいますが、最初は一度にたくさん飲めないので、少し飲んで、30分ほどでまたおなかが空いて飲む、の繰り返しになる場合も。 おなかの傷に赤ちゃんが当たると痛いので、授乳クッションでガードしたり、横抱きにするといいでしょう。 家族と役割分担して協力し合いましょう。 おむつ替え おむつを替えるときにかがみこむ姿勢になりますが、その際におなかの傷が痛みます。 しばらくは無理をせずに、家族に協力してもらいましょう。 抱っこ 抱っこをするときは腹筋を使うので、おなかの傷が痛みます。 無理せず、授乳クッションを使うなどしながら抱っこするといいでしょう。 沐浴 赤ちゃんを沐浴させるときに、お湯や着替えの準備、入浴、湯上りのおへその消毒や着替えなど、一連の流れをひとりで行うのはたいへんです。 おなかの痛みがあるうちは、無理をせず、家族と協力して行いましょう。 仕事が忙しいパパや同居している家族などがいなくて、周りの協力を得にくい場合は、国のガイドラインによって市区町村が行っている「産後ケア事業」を活用してみても。 主に助産師・保健師・看護師が行い、出産直後から産後4ヶ月を目安に受けることができます。 ・宿泊型…病院や診療所などに宿泊しながらケアを受ける ・アウトリーチ型…担当者と日程調整して、自分の家に来てもらう ・デイサービス型…病院や診療所に行ってケアを受ける 構成・取材・文/白木紀子 校正/主婦の友社.

次の