棒針 模様 編み。 【棒針編み】表目と裏目だけでいろいろな模様

【棒針】アラン模様セーターデザインアレンジ画像集17選!解説付き

棒針 模様 編み

表目と裏目だけの地模様 おなじみのメリヤス編み ひたすら表目だけが並ぶメリヤス編みは、よく見かける編み地です。 端が裏目の方向に丸まります。 腹巻帽子ではひたすら裏目だけがならぶ裏メリヤス編みが表面になるように配置しましたが、裏面は表目が並ぶメリヤス編みです。 輪編みであれば、編み図通りに表目(もしくは裏目)だけを編みます。 往復編みのときは、裏を見て編む段(編み図の左から右に向かって編む段)で、編み図で表目になっているところは実際には裏目を、編み図で裏目になっているところは実際には表目を編みます。 往復編みでメリヤス編みをするときの裏面を見て編む段は、メリヤス編みなら裏目を、裏メリヤス編みなら表目を編みます。 表も裏も同じ模様になる地模様 ガーター編み 一段ごとに表目と裏目が交互に並びます。 メリヤス編みに比べるとぽってりとした厚みがあります。 編地が丸まることもありません。 輪編みのときは表目と裏目を一段ごとに交互に編みますが、往復編みの場合はひたすら表目だけを編むとできあがります。 往復編みで裏目だけをひたすら編んでもやはりガーター編みになりますが、編みあがりが早いのは表目です。 かのこ編み 表目と裏目が交互に並ぶかのこ編みは、ぽこぽこの粒が現れます。 編地が丸まることもなく、ぽこぽこした地模様がかわいらしいので、わたしはかのこ編みが好きです。 腹巻帽子では1目1段のかのこ編みにしましたが、2目2段のかのこ編みもあります。 ゴム編み 表目と裏目がストライブのように並びます。 伸縮性が出るので、ニット帽のかぶり口、セーターのすそ・衿ぐり・袖口などに使われます。 腹巻帽子では、1目ずつ表目と裏目をくり返す、1目ゴム編みにしました。 2目ゴム編み、3目ゴム編みなどもあります。 スパイラル模様 なわ編みをしていないのに、なわ編みのような編み地になります。 ゴム編みを規則的にずらしていくだけで、伸縮性のあるスパイラル模様が現れます。 腹巻帽子では、3目ゴム編みを5段ごとにずらして編みました。 表目と裏目だけで描く模様 ダイヤ ダイヤ形のモチーフを縦に三つ並べました。 腹巻帽子ではダイヤの部分をかのこ編みにするタイプと、裏目を連ねるタイプを両方編みました。 木 アラン模様でよく見かける「生命の木」をイメージしました。 逆さにすると、木の葉のようにも見えます。 幹にあたる木の中心は表目のねじり目です。 枝は裏目だけですが、幹も全て裏目にすると両脇の表目に埋もれてしまうので、ここだけは表目のねじり目にしました。 雪 雪の結晶をイメージした模様を裏目で編みました。 模様の浮き上がり方がちょっと弱かったなと思います。 組み合わせ次第で無限のアレンジ 表目と裏目という、ごく基本の編み方だけでも、間隔や目数の組み合わせ方でさまざまな編み地になります。 ニット作家のベルンド・ケストラーさんの著書には、表目と裏目の奥深さと可能性が紹介されています。

次の

模様編みの編み方とは?簡単な編み物の種類15選!編み図や記号も

棒針 模様 編み

こんにちは、Knit BRANCHです。 最近は日も短くなってきました。 朝、早起きすればまだ暗く、夕方の訪れも早くなったなぁと感じます。 暑い日寒い日色々ですが、やはり仙台はもう秋ですね。 今回は棒針編みで編み込みをするときの、糸の渡し方のポイントについてまとめます。 編み込み模様とは、裏側で糸を渡しながら、2色以上で編む模様です。 写真はカーディガンを編むために試し編みをしているものです。 編み込み模様を編むときのコツ 今回は横に糸を渡す編み込みで、かつ、1段を2色で編む場合の編み方です。 編み込みのポイントは2つあると思っています。 どんどん編んでいくうちに、糸が絡んできて、仕方なく糸を切って続きを編むということはありませんか? 裏を渡っている糸が上になったり下になったり、行ったり来たりしていては糸がからんでしまいます。 これからは、2色の糸を上の糸、下の糸と決めてから編みましょう。 2 本の糸が平行になるように、上を進む糸、下を進む糸をそれぞれ決めておきます。 例えば上の模様の場合、白は常に上を進み、模様を作っている糸が下を進んでいます。 同じように糸を引き編んでいても、裏を渡っているときに 上を進むのか下を進むのかによって、模様の出方が変わります。 もっとはっきり言ってしまえば、 下を渡る糸の方がよりはっきり見えると思います。 どうしても上の糸の色の方が目が詰まってしまい、ほんの少しだけ目が小さくなってしまうからです。 そのため、 目立たせたい色を下に、地糸(背景となる色)を上にしましょう 私はそれぞれの糸を右手と左手に分けて編んでいるので、左手に目立たせたい色をかけて編み、地糸を編むときは右手で編みます。 編んでみるとこんな感じです。 普段左手に糸をかけているので、途中までは地糸となる紺色を左手にかけていました。 何となく模様がはっきりしないな、おかしいなということで気が付き、途中からかける糸を反対にしたところ・・・ 黄色で囲んだところのように、模様がよりはっきり出るようになりました。 試し編みなので、途中で上下を変えていますが、実際に編むときは統一感が出るよう、一度決めた位置は変えないようにしましょうね。 セーターの身頃など 往復で編むときは、表から見て編むときも、裏から見て編むときも、糸の上下の位置は変えずに編んでいきます。 裏はこんな感じで糸が渡ります。 表から見ると、配色糸が目立ちますが、裏からは逆に白の地糸がよく見えています。 カーディガン用なので、少し編み目はゆるめです。 例えば手袋なら、もっと細い針で細かくぎゅっと編んでみてもいいのかなと思います。 並太くらいの糸をいつもより細い針で編んでみると、編み目が詰まり模様もくっきりして、編み込みのおもしろさを感じていただけるのではと思います。 まずは試し編みをしてみましょう。 裏に渡る糸が均等になるように、ちょっとだけ気をつけながら。 編み込みで編んだものは糸が2重にわたり、ふっくらとして暖かいです。 寒い冬に向けて、編んでみませんか? 今回はパピーのシェットランドを5号で編んでいます。 糸割れも少なく色も豊富で、編み込みに使いやすい糸です。

次の

初心者の為の棒針編みの始め方 簡単なのにおしゃれな柄編み「鹿の子編み」の編み方

棒針 模様 編み

棒針編み 基礎 メリヤス編み 枠の縦方向が「段」を表し、1段、2段…と数えます 枠の横方向が「目」を表し、1目、2目…と数えます この図では、表目17目15段を編むを表しています。 今回は、「編み地から針を外す」までを行うため、最後の段は伏せ留めをする様にテキストを書いています。 編み図にはその表記は省略しています。 初心者でも簡単!棒針編み表目の編み方【動画】 では、実際の「表目」編み方を動画で確認しましょう。 作り目の仕方は、「」内で紹介しています。 【表目の編み方ポイント】• 左の針に掛かっている一番左端の糸 (1目めと呼ぶ)• 左手にかかっている糸を針の向こう側に置く• 1目めに右の針を 手前から向こうに入れる• 左手にかかっている糸を上から引っ掛けて、こちら側に引き出す• 左針を抜く 初心者でも簡単!棒針編み裏目の編み方【動画】 【裏目の編み方ポイント】• 左手にかかっている糸を針の手前に置く• 1目めに向こう側からこちらに右の針を入れる• 上から糸を引っ掛けて、向こう側に引き出す• 左針を抜く 注意点• 糸を置く位置を注意しましょう。 違うところに置くと糸が渡り、目が増えたようになります。 編み終わった目は、左針から抜きます。 これを忘れると目が増えてしまいます。 表目と裏目が編めるようになりましたね。 表編み・裏編み~メリヤス編み・裏メリヤス編み~.

次の