美的感覚狂い町。 【山形旅行】オリエンタルカーペット工場見学&山辺グルメ|じゃらんニュース

フランス、アルザス地方の旅へ

美的感覚狂い町

・メキシコのホテルにあるトイレよりも綺麗で使い心地がよさそう。 ・俺の家のトイレより綺麗だ。 ・自分達の仕事に対するプライドから来てるものが多いと思う。 ・こんなトイレがアメリカにあったら、鏡にはヒビが入り、ライトは壊されてるだろう。 ・公衆トイレもこんな綺麗に保たれてるのか。 素晴らしいね! ・アメリカのトイレもこうだったらいいのにな・・・。 ・床が小便でびちょびちょになってない男性用トイレ・・日本はマジで未来にあるな。 ・これより綺麗な公衆トイレは今まで見たことがない。 ・こんなトイレを作るのは金がとてもかかったろうな。 誰が払ったんだろう? ・東京でかなり古く、少し汚れたように見えるトイレはいくつか見たけど、一般的に多くの公衆トイレはとても清潔だったよ。 最高だね! ・あぁ!日本人の美的感覚はたまらない・・・動画をシェアしてくれてありがとう! ・以前、日本を訪れた際、深夜バスで大阪から東京まで向かっていたんだ。 1時間半ぐらい走った後かな、バスがサービスエリアに止まったので、用を足したくて仕方がなかった俺はトイレへ駆け込んだ。 そして仰天したよ。 なんて綺麗なんだと。 トイレの展示場か何かに入ったのかのようだった。 とにかく日本での旅は本当によかったよ。 先日、高速道路の手洗い用洗面台を小便器として放尿していた中国人団体旅行者の一人がいた。 the equipments are all for washing our hands. got it? やめろ!それは小便用じゃない。 それらの設備は手洗い用だ。 分かったか? 」と英語で言ったところ、若い男で英語が通じたようで「知らなかった」と英語で弁明した。 雰囲気ではどうも知っているよう。 観光業者達は「爆買い」とか言って喜んでいるようだが、他の一般日本人は中国人団体旅行客には多いに迷惑している。 利益を上げているんだから、商工会議所等を通じて予算を計上し、添乗員等を通じて中国人旅行者に守るべき事柄をきちんと注意喚起して欲しい。 金儲けはするが、問題が生じたら知らんぷりは通らないぞ。 状況を知らずに後に入って来て放尿された洗面台を使った日本人が病気にでもなったら大変だ。 日本列島の主は日本人だ。 鳩山脳でもない限り「日本人だけのものじゃない」とは思わない。

次の

熊本丸刈り訴訟とは

美的感覚狂い町

弊社は、昭和7年に創業者が町の屋根屋として始めました。 当初は、会社ではなく頼まれた仕事をする屋根職人として始めました。 徐々に安定するようになり、昭和39年には、現在の滋賀県栗東市林429に拠点を置き、有限会社加藤建材として邁進してまいりました。 創業者は言います。 「瓦1枚1枚に反りが異なり、それだけに仕上がりは難しいが手がけるものは、美的感覚をもった芸術品だと」 お蔭様で、商を始めて、創業90年。 会社設立55年を迎えることができました。 そして、滋賀県No. 1の屋根工事業となることができました。 これもひとえに地域の方々の支えがあってこそだと思っております。 家を建築する際、屋根はあまり目につかないため、重要視されていないのが現状です。 屋根があって雨露を防ぎ夏の暑さから冬の寒さから家を守り、快適な住環境を作る重要なパーツです。 弊社は、お客様の財産を屋根から守る!という精神で卓越した技術を誇示し、お客様に商品として提供し、満足をしていただきたい思いで頑張っております。 また、一方で滋賀県瓦工事組合を設立し、昭和49年6月当社2階にて滋賀県瓦工事協同組合高等職業訓練校を創立し、後進の育成に当たってまいりました。 この世代、職人技を守る技術が減少していくなか、当社は、国家資格を取得し、十分な知識と技術を備えた社員でお屋根をお守りします。 二代目社長の口癖で「自分の家だと思って施工するように!」をモットーに今後も地域に密着し喜んでいただけるように技術を磨き続けていく所存でございます。 皆様のご指導ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い致します。 代表 加藤 建造 1932年5月 滋賀県甲賀郡石部町 現:滋賀県湖南市石部東 にて独立瓦葺業を開始 1964年10月 滋賀県栗太郡栗東町高野 現:滋賀県栗東市林 にて有限会社加藤建材設立 1966年8月 屋根工事業 登録 屋 り 第3045号屋 1966年12月 滋賀県教育委員会文化財保護課の指名業者に指定される 1970年6月 瓦、建材 サイディング等 部門設立。 現在は瓦のみ 1971年5月 滋賀県瓦工事協同組合設立 組合結成の発起人会設立 1973年10月 屋根工事業 許可 認証取得 般-54 第30181号 1974年6月 当社にて滋賀県瓦工事協同組合高等職業訓練校を創立 1985年12月 滋賀県瓦工事協同組合事務所を守山市木浜町100番地に置く 1988年10月 所管県事務所に合わせ許可番号変更 般-63 第21552号 1996年12月 国宝彦根城天守「平成の大修理」施工 後に彦根市長より感謝状授与 2014年10月 創業82年、設立50周年を迎える.

次の

外国人「日本人の美的感覚はたまらない」「日本はマジで未来にあるな」日本でこんな公衆トイレがあったよ!

美的感覚狂い町

大学院 大学院からのお知らせ 心理臨床学専攻 特別講演会を開催いたしました。 2018. 10 大阪大学大学院 内藤智之氏に「ヒトの美的感性の可視化と人工知能への実装について」 という演題で特別講演をしていただきました。 内藤先生は、本学発達教育学部心理学科の神経生理学・生理心理学などの授業を受け持っていただいています。 視覚の認知機能の美的感覚など感性を可視化する技術を研究されており、 その技術についてや、人工知能にある人の感性を移植して、そこから人の感性を知る研究について講演いただきました。 大脳の大多数が視覚に関与しているのだが、なぜ物体がわかるのかという物体認識のメカニズムが解明されていないなか、 人が価値判断としている感性について、デザインの良し悪しがなぜ生まれるのかという着目から 様々な実験を経て人種・性別・文化差などで感性の違いが生まれることなど分析データーを見せていただきました。 例えば、世界的に有名な画家の絵画をみて、視覚情報がどういう経路で感性となるのか絵画の感覚を、 因子分析にして大脳の知覚的処理、認知的処理、無意識的処理になるなど色の統計量で印象の操作ができることがわかりました。 美と醜の感じ方は個人差があり、特に顔の美醜の判断基準についての実験において人は、選挙、伴侶、就職プロモーション、偏見など・・・実生活では影響するかと思いますが、 例えば、選挙において、候補者が有能であるか否かを投票前の印象と実際の得票を比較して例外もあるが相関があった結果が紹介されました。 また、女性は、女性を見るとき、何歳に見えるのかが美の基準になっているのですが、 男性は男性を見るとき、年齢が美の基準にはなっていない結果や 女性は顔の美について多様性があるため、美女と野獣のカップルが成立するのかも等、 美醜の分析では、車や家のデザインなど商業的な可能性も紹介されました。 質問では、虹の色の数について文化差や因子ファクターについて、 何歳から美醜感覚があるのか、対人恐怖症において「怖い」は醜になるのかなどもでました。 想像以上に優秀な人工知能が、人の感性を再現できるようになる具体的なお話で人工知能の実用化が近いことが垣間見えたように思います。 感性の可視化の技術が、人工知能へ実装されることで臨床現場にも有用であるかもしれないと人工知能の具体的な可能性についてお話いただきました。 内藤先生には、非常に高度な専門的な話題にも関わらず、非常にわかりやすく選択された言葉でご講演いただき、 学生、教職員ともども大変興味深く聴講させていただきました、ありがとうございました。 内藤先生のこれから益々のご活躍をお祈りしたいと思います。

次の