おもてなし 料理 和食。 特集「おもてなし料理」│キリンレシピノート

おもてなし料理 鷹 (オモテナシリョウリ タカ)

おもてなし 料理 和食

パーティの主役!メインになる、おもてなし料理 おもてなし料理のメインにはやっぱり、華やかさとボリュームが欲しいところ。 テーブルに並べた瞬間に「美味しそう!」と声が上がりそうな、ごちそうレシピを集めました。 厚さ1cmごとに1分で面ごとに焼き、アルミホイルで包んで余熱で中まで火を通します。 タマネギやお好みのキノコを炒めてトマトソースを作り、食べたい分だけミートボールを煮込めば完成です。 メインを盛り上げる名脇役!前菜やおつまみのレシピ 小腹を空かせた子どもたちのおやつに、ビールやワインのおつまみに。 メインを待つ間に気軽につまめる、サイドディッシュのレシピを集めました。 揚げずに簡単、甘くてヘルシー!子どもに人気のカボチャコロッケ 甘みのあるカボチャとまろやかなクリームチーズの組み合わせがおいしい、焼いて作るコロッケ。 フライパンでパン粉を炒め、ボール状に丸めたコロッケのタネを転がしてパン粉をまぶします。 低カロリーなので、ダイエット中の人にもおすすめ。 マグロと長芋のタリアータ 焼いた肉を薄く切って皿に盛り付ける、シンプルなイタリア料理「タリアータ」をマグロで作るレシピ。 マグロは醤油、バルサミコなどで漬け込んでおき、表面を焼いてカットしたら器に並べます。 使う材料はなんとポテトチップス! 水に数分漬けてふやかしてから生地と合わせて型に入れ、焼きます。 生クリームに塩を少々入れてホイップしたクリームを添えてどうぞ。

次の

白ごはん.com:おもてなしから基本まで いちばん丁寧な和食レシピサイト

おもてなし 料理 和食

下ごしらえとして玉ねぎ、パプリカ、しいたけの大きさを揃え、1cmほどの角切りにします。 にんにくは粗みじん切りにしておきます。 弱火に熱したフライパンにサラダ油 分量外 をひき、にんにくを入れて焦がさないように炒め、香りを出します。 そこへ牛豚合いびき肉を入れて炒め、色が変わってきたら玉ねぎを加えます。 玉ねぎが透き通ってきたら、パプリカ、しいたけをそこへ入れて炒めます。 フライパンの火を強めて、Aの調味料を入れ、具に味が絡んできたら、バジルを指でちぎりながら加えて、さっと炒めます。 次に目玉焼きを作ります。 フライパンにたっぷりの油を入れて火をつけ、生卵を割り入れ、両面を揚げ焼きにします。 そこに塩とこしょうで味をつけます。 お皿にごはんをよそい、先ほどのひき肉と卵を盛り付けます。 お好みでパプリカパウダーをかければ、簡単おもてなしランチの出来上がりです。 きゅうりやトマトなどの野菜を添えてもいいです。 下ごしらえとしてたけのこ、玉ねぎ、にんにくをみじん切りにします。 トマトはさいの目切り、レタス細切りにしておきます。 次にタコミートを作ります。 フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎとにんにくを炒めます。 香りが立ってきたらひき肉をそこへ加えてほぐすようにして炒め、Aの調味料を入れて全体に味をなじませるように炒めます。 お皿にご飯を盛り、レタスをのせ、チーズを散らします。 その上に先ほどのタコミートと切ったトマトをのせます。 中央にアボカドの半割りし、種の部分に空いた穴に卵黄を落とせば簡単おもてなしタコライスの出来上がりです。 トルティーヤチップスを添えて、粗びき黒こしょう、ナッツ、パプリカパウダー、タバスコ(分量外)をふってもいいですね。 豚バラ肉は食べやすい大きさに切り、玉ねぎはくし切りにしておきます。 温泉たまごを2つ作っておきます。 フライパンにごま油を入れて中火で熱し、先ほどの豚バラ肉と玉ねぎを入れ炒めます。 丼にごはんを盛り、具材をのせ、中央に温泉たまごを割り入れれば簡単豚丼ランチの出来上がりです。 ほうれん草や春菊、小松菜などのナムルを添えてもいいですね。 まずはそぼろを作ります。 フライパンにサラダ油を少量入れ加熱し、合挽きのひき肉を炒め、色が変わってきたら、塩こしょうを少々入れます。 全体に火が通ったらそこへしょうゆ、みりん、顆粒だしを加え、水分がなくなるまで炒めます。 卵を溶き、砂糖を入れて混ぜ合わせます。 別のフライパンにサラダ油を入れてしっかりと温め、そこへ卵を一気に加え、卵の底が固まり始めたら火を消し、余熱で5秒、さっと混ぜ皿に取り出します。 丼にご飯を盛り、そぼろと卵、みじん切りにしたきゅうりのぬか漬けを盛り付ければ、簡単おもてなしランチの出来上がりです。 きれいに盛るためには丼の上にお箸などを渡し、肉、きゅうり、卵と境目が一直線になるようにしてみてください。 人参、しいたけ、白ネギはみじん切りに、ニラは1㎝幅に切っておきます。 豆腐は食べやすい大きさに切ります。 熱したフライパンにサラダ油を入れ、白ネギを炒めます。 香りが立ってきたら、合挽き肉を入れてほぐしながら加熱します。 丼にご飯を盛り、その上に具をのせ、卵黄を真ん中にのせれば完成です。 下準備としてたっぷりのお湯を大鍋に沸かし、塩を大さじ2(分量外)を入れます。 菜の花は洗って別鍋でさっと下茹でし、葉と茎に分け、茎はみじん切りにしておきます。 にんにくは薄切りに、長ネギは粗みじん切りにしておきます。 アサリは塩水の中に入れてしばらく放置し、砂抜きします。 次にソースを作ります。 フライパンにオリーブオイル入れ、弱火でじっくりにんにくを炒めます。 色が変わってきたら、鷹の爪と先ほどの長ネギを加えてさらに炒めます。 そこへ砂抜きしたアサリを入れて蓋をします。 アサリの口が開いてきたら、フライパンにみじん切りした菜の花の茎の部分を入れ、白ワインを振り入れ、アルコールを飛ばします。 その後、バターを加えてソースをよくなじませます。 沸騰した大鍋でパスタを茹でます。 種類はなんでも良いですが、規定の時間の30秒前に鍋からあげましょう。 あたたまったソースの中に菜の花の葉と茹で上がったパスタを入れ、よく混ぜます。 フライパンを振ってソースを乳化させてください。 お皿にパスタをよそいます。 菜の花やアサリ、鷹の爪はパスタの上に乗せて華やかにしましょう。 おもてなしパスタランチの出来上がりです。 下準備として、冷凍うどんは電子レンジ600Wで2分加熱しておきます。 ベーコンは拍子切りにし、青ネギは小口切りにしておきます。 卵は溶いておきましょう。 フライパンにバターを入れ、切っておいたベーコンを炒めます。 ベーコンに焼き色がついてきたら、牛乳、白だしをそこへ加えて温めます。 ふつふつしてきたら、そこへ溶き卵とうどんを入れて火を止め、ソースを絡めます。 お皿にうどんを盛ったら、中央に種をのぞいたアボカドの薄切りを上に乗せ、種の穴に卵黄を入れ、仕上げに、粉チーズ、青ネギ、ブラックペッパーを振りかければ簡単おもてなしランチの出来上がりです。 下準備としてAの調味料を合わせます。 あたたかいご飯にAを回しかけ、うちわなどで仰ぎながら混ぜて酢めしをつくっておきます。 次は具材の下ごしらえです。 まぐろ、サーモン、厚焼きたまご、きゅうりはさいの目切りにします。 これを先ほどの酢めしに入れて具材が崩れないように混ぜます。 巻きすの上に海苔1枚を縦長に置き、奥を3cm、手前を1cmずつあけて具材の入った酢飯を1cmほどの高さに広げます。 手前から奥に向かってしっかり巻きましょう。 巻き終わりを下にして30分ほどおいてなじませてください。 それを輪切りにして大皿に盛れば、簡単おもてなしのり巻きの出来上がりです。 手まり寿司.

次の

【和食/おもてなし料理】簡単・人気・定番!おすすめ!パーティー料理の献立レシピ、おもてなし料理「おもてなし料理の和食は、ちらし寿司や炊き込みご飯、おにぎりセット!?おもてなしを成功させる和風な料理特集」

おもてなし 料理 和食

料理レシピサイトがたくさんある中で、和食レシピを本として手元に置くメリットとは何なのでしょうか。 まず、本は 料理研究家やプロの料理人が執筆・監修したものが主流で、玉石混合のネット上のレシピに比べ、信頼性が高くハズレが少ないという点があります。 食材の本来の味を活かす傾向の強い和食は、繊細な味付けや調理が必要になるもの。 きちんとした和食を作ろうと思うと、しっかりとした基礎が必要です。 そのため、プロの手が入った、信頼できるレシピが手元にあるほうが良いですよ。 また、本はネットのレシピと違い、 掲載元や投稿者都合で消えず、ずっと手元に残せるというメリットも。 美味しかったあの料理のレシピがどこを探してもない、なんてこともありません。 ぜひ自分にピッタリの和食レシピ本を見つけて、和食づくりにお役立てくださいね。 瀬尾幸子 商品名 ロジカル和食 一流料理長の 和食宝典 Mizukiの今どき和食 料理の手ほどき さしすせそ みそ 忙しい人でもすぐに作れる 冷めてもおいしい和のおかず ベターホームの和食の基本 油揚げ、豆腐、こんにゃく だしの教科書 はじめてでもおいしく作れる和食 みそ汁はおかずです 特徴 和食の「なぜ?」にお答え。 和食料理が得意になるレシピ本 超一流料理人たちが教える、すぐ実践できる本格料理 簡単なのに美味しい!時短で作れる、今どき和食 定番から変わり種まで、味噌を使ったレシピがたっぷり 料理を作り置きする人におすすめ!野菜を使ったヘルシー料... 初心者でもわかりやすい!五七五で書かれた解説レシピ 身近な素材を使って、シンプルで質のいい食事を 和食の基本、だしのことなら何でもお任せ! 毎日の献立から季節ものまで、そばにあると嬉しいレシピ集 一杯のみそ汁だって立派なおかずに! 最安値.

次の