ランモバ ヨルムンガンド。 【ランモバ】ヨルムンガンド攻略|遥か太古の咆哮【ラングリッサーモバイル】

【ランモバ】ヨルムンガンドの眼の詳細・評価まとめ

ランモバ ヨルムンガンド

入手方法 入手方法 装備ガチャ、、ショップ、その他イベントなどのSSR装備報酬 評価 使用環境 評価 PvE戦 8. 特 にスキルの発動タイミングが戦闘前なのでその戦闘時から相手のバフが無くなっている点が強力です。 戦闘に入る必要があるので範囲攻撃スキルには発動しないので注意しましょう。 バフ1つは安定しない 取り除きたいバフの例では超絶強化時につく【攻撃、知力上昇】バフ、【2マス先までかばう】バフが上げられますが、大体攻撃時には複数のバフが付いていて狙ったバフを取り除くというのはかなり運がよくないと難しいですです。 しかしあるタイミングで狙ったバフを取り除きたいという時には バフ取り除きスキルと組み合わせる事でバフの取り除く数を増やし、狙ったバフも高確率で取り除く事が可能になります。 そういったキャラに装備させると性能以上の活躍を見せてくれます。 結論:複数本あって損はない武器 攻撃強化のラインも合格レベルで、バフの取り除きは運が良ければ強力な効果を発揮します。 限界突破終了後に2本目が手に入っても次の母体として取っておく価値はある武器です。 おすすめキャラ例 キャラ おすすめポイント ヒーロー スキル剣魂や大喝と言ったバフ取り除きスキル使用時のバフの取り除く数を更に1つ増やすことで狙ったバフを取り除き、弱体化させることが出来るようになります。 エンペラー、勇者 パッシブスキル「覇気」で攻撃時に相手のバフを取り除けるのでこの武器と組み合わせる事で毎ターン敵のバフを2個取り除けるようになります。 また火力と耐久のバランスがいいので火力を上げつついい具合に打たれ強くする事も出来ます。 剣聖 スキル大喝使用時に敵のバフを3つ取ることが出来るようになります。 またパッシブスキルと組み合わせる事で更にバフの取り除きが出来るようになり、スキル使用時には4つ、通常攻撃時に2つ取り除くことが出来るようになります。 おすすめ記事•

次の

【ランモバ】ヨルムンガンドの眼の詳細・評価まとめ

ランモバ ヨルムンガンド

装備しているスキルは上記画像の通り。 ジュグラーのスキル「野獣の脅威」は後半を見据えて「ファーストエイド」か「巨竜の障壁」で固定ダメージを無効させた方が良いかもしれません。 次に動かし方です。 ただし、PH偶数の時は鱗甲変化で近接攻撃と遠距離攻撃を交互にしないと、与えるダメージが減少してしまうので、弓兵のラーナにリアナの再行動をかける場合を除き、待機又は「海のガーディアン」でターンを進めます。 後半になるとヨルムンガンドの攻撃が強力になってくるので、海のガーディアンで被ダメージを抑える必要があります、この時に前述の「ファーストエイド」「巨竜の障壁」が活きてくると思います。 後半はヒーラーの回復が追い付かなくなりますので「ファーストエイド」「巨竜の障壁」があると助かりますが、アクセサリーで固定ダメージ無効のものを装備すると多少楽になりますが、ジュグラーとルナ以外は攻撃を盛ることができないので、悩ましいところです。 クラレットはアタッカーとして働いてもらいます! PH奇数の場合は特に気にすることなく、雷閃を使って再度攻撃をしますが、PH偶数だと近接攻撃と遠距離攻撃で交互に攻撃するため、PH偶数の時の雷閃はヨルムンガンドの強力攻撃から逃げる時に使います。 スキル「乗風」は強力ですが、移動しないといけないので、パーティー全体をどのように動かすかを考えながらクラレットを動かす必要があります。 ティアリスのタレントを受けつつ攻撃すると攻撃後もHPが回復するので、ティアリスの動き方もそれを意識して動くことになります。 ルナもクラレット同様アタッカーです! スキルの「竜巻」や「再移動」のおかげで攻撃後も移動できるので、動かせやすいキャラです! クラレットの「乗風」のせいでクラレットはたくさん移動しないといけないので、その動きを邪魔しない位置取りをすることができる縁の下の力持ちとして活躍してくれます。 クラレットと同じく聖天馬飛兵で被ダメージも少なめなので、すごく助かります! ナームはPH偶数で必要不可欠なアタッカーです! レアリティSRですが、体防具コンクルージョン無でも意外と持ちます! コンクルージョンの都合がつけば装備させようと思います! PH偶数の時は近接攻撃のクラレットとルナの間にナームの攻撃を挟むのが基本になりますが、リアナの再行動があれば最初にジュグラーの「おたけび」を入れることができるので、PH偶数の時の再行動はナームに使うと良いかと思います。 自分は「照準」「迂回」のスキルのおかげで、PH偶数でのヨルムンガンドの強力攻撃の範囲外へ逃げるように立ち回ることができました。 ティアリスはサポートとヒーラーとして働いてもらいます! PH奇数の時は「進撃加護」をクラレットに付加したり、タレントスキルをアタッカーにばら撒いてヨルムンガンドとの戦闘後に自動回復してもらいます。 最後まで戦うと2時間ぐらいかかりますし・・・。 (ゲームしながら動画みたりしてますがw) 他のワールドボスもSランクが取れたら、また備忘録としてブログ記事にしようと思います!.

次の

遥か太古の咆哮ではルナの「竜巻」効果中でも「攻撃指揮」の効果が乗る

ランモバ ヨルムンガンド

ヨルムンガンド用メモ ptメンバーは近接3遠隔1回復2で想定。 これは今の自分の編成がそうだからというのも有るが、近接3の方がダメは稼ぎやすいとは思う。 ヨルムンガンドの特徴 タレント• 行動終了時、すべての敵に攻撃力の0. 2倍の範囲ダメージを与える。 攻撃された時、戦闘後に「毒液」を与える。 毒液:行動終了時、ヨルムンガンドの攻撃力の0. 3倍の固定ダメージを受ける。 2ターン 解除不可 タレントで毎ターン範囲攻撃を受けるので、ターン開始時の初動が辛い。 ジュグラーが居ればかなり楽になるが、居ない場合はヒーラーで回復してから行動するしか無いかな。 ジュグラー人権の原因その1。 また、ヨルムンガンドを攻撃したキャラには「毒液」が付与される。 行動終了時に固定ダメージを受ける様になるので非常に厄介。 「毒液」は重複可なので、基本的には2つ付いてる状態。 さらに、被範囲ダメも増加するので厄介極まりないデバフ。 範囲攻撃を受ける際は、出来るだけ「毒液」が付いてるキャラは巻き込まない様に気を付けたい。 ジュグラー人権の原因その2。 また、ヨルムンガンドの3マス以内に自部隊が2体未満の場合、与ダメ500%上昇のバフがヨルムンガンドに付く。 開幕攻撃する時は気を付ける。 通常攻撃 近接優先の通常攻撃。 基本的にはそのまま受けるだけ。 反撃ダメを稼ぐためにも、壁役は火力が高いキャラに任せたい。 この後の2ターンは、通常攻撃を誘発させる為ヒーラーを隣接させ辛くなる。 その為、このターンにティアリスバフをアタッカーに配布しておきたい所。 通常攻撃のタゲの優先順は、ヨルムンガンドの右下上左の順。 また、攻撃すると近接、遠距離の被ダメを軽減するバフを交互に張る為、 近接と遠距離で交互に攻撃する必要がある。 ちなみに、スタンしてる時は攻撃しても被ダメ軽減のバフは張り替えないので気を付けたい。 通常攻撃 奇数phと同じなので、動き方も基本同じ。 やはり、この行動中ににティアリスバフをアタッカーに配布しておきたい所。 洪水氾濫 単体に5倍の物理攻撃。 タゲは遠距離優先。 まともに受けるのは厳しいので避けるのが無難。 幸い射程2マスなので、攻撃範囲外に逃げるのは簡単。 ただ逃げるとダメを稼げなくてもったいないので、ルナの再移動や射程3マスの攻撃などでダメを稼いでおきたい所。 受ける場合は、防御力を上げるよりもコンクルなどの割合軽減系を総動員した方が良さげ。 もちろんヒドラボウや攻撃力ダウンのデバフも忘れない。

次の