バイク保険 相場。 保険料シミュレーション

ホンダ ジャイロキャノピーの自賠責と任意保険料を調べてみた

バイク保険 相場

ファミリーバイク特約の保険料の相場は?安い会社は? ファミリーバイク特約の保険料は、保険会社によってけっこう差があります。 しかし、具体的な保険料は後ほど確認していただくとして、おおざっぱな相場としては、「自損事故型」が10,000円前後、「人身傷害型」が20,000円~30,000円といったところです。 ファミリーバイク特約には2つのタイプがあって、料金の高い「人身傷害型」の方が補償が充実しています。 対人・対物の補償はいずれのタイプも同じですが、バイクの運転者や同乗者がケガをしたときの補償は「人身傷害型」の方が内容的に上です。 保険料の最安レベルは、おとなの自動車保険 セゾン損保 とJA共済 農協 とこくみん共済 旧全労済 です。 代理店型保険会社は高めです。 主要な保険会社13社のファミリーバイク特約の保険料をご案内します。 元保険代理店代表です。 現在はブログ記事作成を日課にしています。 自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。 さて、7月ですね。 新型コロナは日本でも一進一退ですが、世界的には今パンデミックのピークにあるのかもしれない状況です。 怖いです。 わたしは洗面所に手洗い泡石鹸を6種類並べて毎日30回以上手を洗っています。 手洗い後の肌荒れ防止のためにアロエ美容液みたいなものも3種類用意しています。 完全に病気です。 楽しいです。 泡石鹸はミヨシ石鹸の「無添加 せっけん 泡のハンドソープ」というのが一番使い心地がいいです。 いつも3プッシュで洗いますが、超微小な泡が立ち、すすぎではヌルヌルが他のどの泡石鹸より素早く取れます。 ただ香りが欲しい時はまた別のものを使います。 ドラッグストアに行くとハンドソープのコーナーを必ずチェックします。 手洗い病は当分のあいだ続きそうです。 こんなことしかできません。

次の

バイク保険の相場 20歳以下の場合

バイク保険 相場

カワサキNinja250(250cc)。 また最も安い国内通販型と最も高い国内損保では1万円以上の差がつきました。 補償は同じなので、実際の加入時にはよく吟味して加入したいものです。 250ccバイクは16歳からでも免許を取れる! 保険料相場は? 事故は若い人だけが起こすわけではありませんが、年齢別リスクで見ると21歳未満の若い人はハイリスクとみなされます。 事故を起こしやすい世代が保険に加入すると、どうしても保険料が高くなってしまうのです。 実際にどのくらい保険料がアップするのか、年齢条件を全年齢補償にし、先ほどと同一の保険会社で見積もりを出してみました。 他の条件は全て同じです。 保険会社ではそのような不測の事態に備えるため任意保険を発売しています。 保険料は高くなりますが、加入しなければ大変なことになります。 もし任意保険に入ってなかったらどうなる? 自賠責保険のみ加入の場合、以下の補償となります。 対人賠償のみ補償(保険金は被害者1名に付き) 死亡時:限度額3000万円 傷害時:限度額120万円 後遺障害:限度額4000万円 これは被害者に支払われる保険金です。 しかし、事故で人が亡くなった場合、賠償金が1億円以上になるケースは決して珍しくありません。 不足分は自腹で支払うしかないのです。 しかも自賠責保険だけではライダーへの補償はゼロ。 任意保険なら搭乗者傷害保険、人身傷害保険などで対応することができます。 バイク購入時には、任意保険も組み込んだ予算を考えておきましょう! 【関連記事】.

次の

バイク保険の保険料の相場はいくら?|チューリッヒ

バイク保険 相場

バイク任意保険:みなさんにおすすめできるのは3社のみ このページでは「バイク保険御三家」であるアクサダイレクト・チューリッヒ・三井ダイレクトの3社をみなさんにおすすめしたいと思います。 この3社をおすすめする理由は簡単で、他に選択肢がないからです。 まず、バイクの任意保険を取り扱っている保険会社を一覧表でご紹介します。 ご覧のように、通販型保険会社では「バイク保険御三家」と呼ばれるアクサダイレクト・チューリッヒ・三井ダイレクトの3社のみです。 「バイク保険御三家」というネーミングはわたしが勝手に付けたものですが、これには正当な根拠があります。 それは上記保険会社の中で最も本気でバイク保険に取り組んでいる保険会社がこの3社だからです。 たとえば、ホームページ上でバイク任意保険の見積もり試算ができるのは「バイク保険御三家」と全労済だけです。 大手代理店型の損保ジャパン・東京海上日動・三井住友海上・あいおいニッセイの4社は、自動車保険の見積もり試算はできますがバイク任意保険の見積もり試算はホームページ上でできません。 しかし「バイク保険」の記載が一切見当たらない会社もあります 要は、まるでやる気がないのです。 わたしも、記事を書く上で、ホームページや約款を見ても不明な場合は各保険会社に電話で問い合わせることが何度かあります。 その際、「バイク保険御三家」の受け答えは、「 ああ、こういう質問に慣れているんだな」ということが伝わってくるのに対して、その他保険会社や共済の受け答えは、いずれも「 え、何、その質問」というオペレーターが戸惑う息遣いがわかるものでした。 具体的には、50ccのバイク任意保険に入っていた人が400ccのバイクに乗り換える場合、任意保険をそのまま使えるのか、つまり50ccから400ccに等級継承ができるのかできないのか、これを各保険会社に電話で質問した時のことです。 しかし大手代理店型保険会社4社とJA共済は、即答ではなく、マニュアルを確認したのか上司に相談したのか、しばらくしてから回答がありました。 全労済は比較的慣れているようでしたが、やや説明内容に不正確な点がありました。 誤解のないように付け加えておきますが、わたしは、質問に対して即答するのがマルで調べてから答えるのがバツと言っているのではありません。 あやふやな内容を即答されるよりしっかり確認してから答えてくれるほうがずっとありがたいことで、即答できるできないは重要ではありません。 わたしが申し上げたいことは、「バイク保険御三家」のオペレーターは明らかにバイク保険に慣れているということです。 手馴れていて、普段からよく受ける質問に粛々と答えるという印象を受けました。 それに対して、他のオペレーターはバイク保険そのものに苦手意識を持っていると感じたのです。 わたしは自動車保険の記事を書くときもやはり各保険会社に電話で何度も質問していますが、自動車保険のときはもっとやり取りがスムーズです。 ですから、こういう結論になります。 アクサダイレクト・チューリッヒ・三井ダイレクトの3社はバイク保険を本気で販売しようという意思を持っている。 その他はとりあえず商品ラインナップにバイク保険を入れてはいるけれど本気で販売するつもりはない。 そもそも大手代理店型保険会社4社のバイク任意保険に対するスタンスは、ちょうどトヨタのディーラーが軽自動車を扱うのと同じスタンスです。 トヨタは軽自動車を生産していませんが、ディーラーで軽自動車を扱っていないと、長年トヨタ車に乗ってきて高齢になったので軽自動車に乗り換えようという顧客を他のディーラーに取られてしまいます。 あるいは、父親や母親がトヨタ車のユーザーである家庭で、息子や娘が最初の車として軽自動車を選ぶ場合、トヨタのディーラーに軽自動車がなければ他社のディーラーに流れていってしまいます。 そこで、傘下にあるダイハツの軽自動車を名前だけ変えて 見た目もちょっとだけ変えて トヨタのディーラーでOEM販売しているわけです。 大手代理店型保険会社も同様のスタンスです。 主力は自動車保険なのでバイク任意保険にそれほどエネルギーを注ぐつもりはないのですが、しかし、自動車保険等の既契約者またはその家族がバイクに乗る場合、もしもバイク保険を用意していないと他の保険会社に流れていってしまいます。 そこで、やむを得ずバイク任意保険も取り扱っているわけです。 たとえば、「三井住友海上 バイク保険」のワードでグーグル検索してみてください。 広告を除く いくら系列の保険会社とはいえ、他社です。 要は、グーグルの検索アルゴリズムを司るAIは、三井住友海上のホームページにはバイク保険に関するコンテンツが存在しないことから、まるで相手にしていないのです。 三井住友海上のスタッフには日頃から電話質問などでお世話になっている身で、こんなことを指摘して大変恐縮です。 ご容赦いただきたいと思います。 いずれにしても、以上の理由から、以下このページではアクサダイレクト・チューリッヒ・三井ダイレクトの3社のみを扱います。 なお、大手代理店型保険会社のバイク保険は、内容的には非常に優れていて、「バイク保険御三家」に劣るところはまったくありませんので、自動車保険等ですでに契約があり代理店さんとのお付き合いがある方は、見積もりから契約までスムーズに進むと思います。 上記比較表でおおよその保険料相場がわかると思います。 アクサダイレクトと三井ダイレクトはほぼ同水準です。 チューリッヒは全年齢が突出して高いです。 ただし、チューリッヒは30才以上を選択できますし、大型バイクでは優位になるケースが多いです。 いずれにしても、バイク任意保険は免許取り立ての若い人が新規で加入する場合はけっこう値段は高くなります。 そのかわりに、無事故で数年経過していくと、無事故割引が進行するだけでなく、年齢条件もより有利な条件に移行するので、保険料はかなり安くなります。 将来的にずっとバイクに乗り続ける予定の人には単体のバイク任意保険をおすすめします。 いっぽう、今はバイクだけれどそのうちに自動車に乗り換える見込みの方には自動車保険の特約であるファミリーバイク特約をおすすめします。 東京海上日動を除いた大手代理店型保険会社の見積もりもできますが、即座に結果がわかるのではなく、代理店からの電話で見積もりを出しますし、契約もあいだに代理店が入ります。 ただし、「宿泊・帰宅費用」「ペット宿泊費用」「修理後車両引取費用」は三井ダイレクトでは提供していません。 この点は判断が分かれるところかもしれません。 とは言え、トラブルが発生した場合の初期対応に関しては3社に大きな違いはないので、後は保険料の問題になるかもしれません。 バイク任意保険:「バイク保険御三家」の年齢条件を比較 アクサダイレクト・チューリッヒ・三井ダイレクトでは設定できる年齢条件に違いがあります。 もっとも細分化されているのがチューリッヒです。 前の項目の保険料比較ではややチューリッヒの分が悪かったのですが、 26才以上とか30才以上で加入する場合はチューリッヒが優位に立つかもしれません。 以下参考になさってください。 車両保険はチューリッヒのみ付帯可能ですが、車やバイクが相手の事故(車対車)に限定されます。 その際、相手の車と運転者または所有者が特定される場合のみ補償されます。 また盗難は対象外になるので注意してください。 人身傷害保険は過失割合に関係なく治療費の全額・休業損害・精神的損害・逸失利益・後遺障害の介護料などが出る補償なので、保険料は高くなりますが加入をおすすめします。 もらい事故では自分の保険会社は示談交渉してくれませんから(法的に不可)、弁護士に示談交渉を丸投げできます。 バイク任意保険:結局3社のうちのどこがベストか? 自動車保険と同じようにバイク保険も年齢条件、等級、補償内容で保険料は大きく変動します。 ですが、大まかな傾向としては、年齢が若い人はアクサダイレクトか三井ダイレクトが安いと思います。 30才以上の方ならチューリッヒがいいかもしれません。 また250cc超のバイクの場合もチューリッヒがいいかもしれません。 いずれにしても、正確な保険料は実際に見積もりしてみないとわかりません。 基本補償やロードサービスに関しては3社とも大差ありませんから、やはり、決め手は保険料だと思います。 下記の一括見積もりサイトではアクサダイレクト・チューリッヒ・三井ダイレクトの3社の保険料を一度の入力で一括して比較できます。 バイク任意保険:原付バイクならファミリーバイク特約もアリ あなたがお乗りのバイクが125cc以下の原付バイクなら、単体のバイク任意保険だけでなく自動車保険の特約であるファミリーバイク特約も選択肢に入ります。 ) ファミリーバイク特約: 補償内容その他• ファミリーバイク特約は自動車保険(任意保険)の特約です。 原付バイク(125cc以下のバイク)で事故を起こした時に使えます。 バイクは 家族が所有するバイク(台数制限なし)でも 友人から借りたバイクでも対象になります。 家族が所有するバイクに台数制限はないので、契約時点で1台所有していて、その後の保険期間中に2台目、3台目のバイクを新たに所有し、その追加したバイクで事故を起こしてもこの特約が使えます。 被保険者(補償の対象になる人)は「 記名被保険者」「 記名被保険者の配偶者」「 記名被保険者またはその配偶者の同居の親族」「 記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子」です。 たとえば父・母・息子の3人家族で父の車の自動車保険にファミリーバイク特約を付けた場合、父・母・息子の3人がこの特約の被保険者になります。 ファミリーバイク特約の補償内容は基本的に 主契約である自動車保険の補償内容がそのまま適用されます。 次の説明を参照してください• ファミリーバイク特約には「 自損事故型」と「 人身傷害型」の2種類あって、補償内容はそれぞれ次のようになります。 上記2つの補償を比較すると、相手に対する補償はどちらも同じですが、バイク運転者のケガに対する補償は人身傷害型の方が自損事故型より手厚くなっていて、その分保険料も高くなります。 ファミリーバイク特約にはバイク自体の損害に対する補償はありません( 車両保険なし)。 ファミリーバイク特約を使って保険金の支払いを受けても翌年度の等級には影響しません( ノーカウント事故扱い)。 主契約(つまり自動車保険)の 年齢条件や運転者限定には一切影響を受けず、被保険者の範囲に含まれる人でなおかつバイクの免許を持っている人であれば誰でもこの特約の補償が受けられます。 単体のバイク任意保険と異なりファミリーバイク特約はほぼ全ての保険会社が扱っていて、保険料の違いはあるものの、内容的に特に優劣はありません。 現在あなたが加入している自動車保険がどの会社であってもほぼ同じ内容のファミリーバイク特約に加入できます。

次の