香典返し いくらから。 香典返しはいくらから贈る?香典返しにおすすめの品物やマナーを解説|終活ねっと

高額な香典をいただいた時のお香典お返しマナー

香典返し いくらから

このことから察しますに、ご質問者さまの周囲も『半返し』が『一般的』なのではないかと思います。 私が住んでいる地域(愛知県名古屋市)では、香典返しは『満中陰に合わせて』『半返し』をするのが一般的です。 ただ、同じ愛知県でも、『その場返し』といって、お葬式の際に香典を持参された方にだけ1,500円程度の品を『香典返し』として渡す地域もあり、最近では「後日面倒ではないから」という理由で、そうされるご家庭も増えているそうです。 通夜式やお葬式の参列者にお渡しする「ちょっとしたハンカチとカード」は、私が住んでいる地域では『会葬お礼』といい、香典の有無に係わらず、通夜式やお葬式に参列してくださった方全員にお渡しします。 会葬お礼の品はだいたい500円~1,000円が一般的です。 私の親族(母、祖母、伯母)が亡くなった際も、満中陰の際に、原則『半返し』にしました。 香典の額は、3,000円が一番多いです。 次いで5,000円ですね。 ですから、3,000円のお香典をいただいた方には1,500円、5,000円の方には2,500円…というカンジです。 専門の業者がたくさんカタログなどを持ってきましたし、割引もありましたから、実際に「払った額」としては、香典の半額以下でしたけれど。 原価(割引前の価格・正規で買った場合の価格)で半額程度、と考えられればよろしいかと思います。 原則『半返し』にした…と書きましたのは、「私の常識」では、香典の最低額が3,000円だったのですが、4人連名で5,000円という香典がありまして、その方たちに600円程度のものをお返しする訳にもいかず(カタログにもそのような値段の商品が掲載されていなかったので)、1,000円程度の品物を返しました。 Q 私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの兄弟が継いだ形で両親と同居しています。 親が健在のうちからこんなことを考えるのはどうかとも思う反面、両方の親ともかなり高齢になってきて、健康上の問題も出てきて入院することも度々となっており、いずれは来る日の事を考えておかなければとも思い、質問いたします。 親が亡くなり葬儀となった場合、喪主は同居していた兄弟がするのが自然だと思うのですが、実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか、それとも葬儀に出席する側の人間として喪主にお香典を出すのか、どちらなのでしょうか。 それによって、お金のことも含めて、心づもりしておかなければならないことが全く違ってくると思うのです。 ネットで「親の葬儀」などのキーワードで検索すると、「お香典は10万円が相場」とか出てきますが、実の子供として、また、喪主の実の兄弟として、それでいいのだろうか、という疑問もあります。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー >私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの… 兄弟は、子供のうちは確かに「家族」ですが、お互いが結婚して独立したら「近い親戚」に成り下がります。 >実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか… 葬儀や法事は、一族郎党の共催行事ではありません。 あくまでも喪主・喪家の単独行事です。 集まった香典は喪主のものであり、葬儀社やお寺などの支払いを済ませて残ったお金は喪主のポケットに入ります。 逆に、香典だけで支払分に足りなければ、補填するのは喪主の責であり、親戚が赤字を肩代わりする必用はありません。 要するに、葬儀や法事を営むことは、いずれ故人と同じ墓に入る者の責務なのです。 故人と同じ墓に入ることはできない分家した者や他家へ嫁いだ者は、あくまでもお参り客に過ぎないのです。 >それとも葬儀に出席する側の人間として喪主にお香典を出すのか… 喪主・喪家にもっとも近い親戚として、香典とともに供花や供物などが必用です。 >「お香典は10万円が相場」とか出てきますが、実の子供として、また、喪主の実の兄弟として、それでいいのだろうか… 10万円では足りないとお考えなのですか。 まあ、あなたの懐にお金が有り余っているならいくらでも出せば良いですけど、親戚間での冠婚葬祭は、ギブアンドテークが建前です。 慶事にしろ弔事にしろ、一度金品をもらったら、近い将来に相手方で同じようなことがあったとき、同じようにお返しをするのです。 多ければ多いほどよいというわけでは決してなく、多すぎてももらったほうで迷惑することがあるのです。 冠婚葬祭をド派手にやる地域でなければ、香典 5万円に供物や供花なども含めて 10万円弱も用意しておけばじゅうぶんでしょう。 >私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの… 兄弟は、子供のうちは確かに「家族」ですが、お互いが結婚して独立したら「近い親戚」に成り下がります。 >実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか… 葬儀や法事は、一族郎党の共催行事ではありません。 あくまでも喪主・喪家の単独行事です。 集まった香典は喪主のものであり、葬儀社やお寺などの支払いを済ませて残ったお金は喪主のポケットに入ります。... Q こんばんは、よろしくおねがいします。 入社してまだ間もなく、社会のマナーというものがよくわかって おりません。 アドバイスをおねがいします。 私の勤めている会社では、その人の身内が亡くなった際、 会社から香典をもらっているそうです。 あと掲示板にも個人の名前や葬儀の案内などが掲示されます。 質問したいことは、 1、この香典に対する会社へのお返しは? 2、会社関係の人が葬儀に来てくれた際にかける言葉は? 3、後日出社した際に、社長、上司、先輩へのお礼の言葉は? です。 1、3について 会社からのお金で香典を頂くということで、みんなで食べられるような お菓子が無難なのでしょうか(従業員は300人くらいです)。 香典返しは社長や上司だけには個別に渡すべきですか? あと、社長と、こういう事を管理している総務の部長さんとかにも挨拶 しにいったほうがいいのでしょうか? その場合の言葉は、 「先日は~ 故人 の為に香典を頂きありがとうございました。 無事葬儀も終えることができました。 」みたいな感じでよいですか? でもたった二言しか思いつきません、この後にはどんな言葉を続ければ いいでしょうか? 有給をもらった際は、自分の上司のところにも行くべきですよね? 2について 斎場に来てくれた際は、「忙しいところはるばる来てくれてありがとうございます」みたいな口語でいいですか? たとえばお経の最中で自分が前の方の席に座ってる時、会社の人たちが来てくれた場合は、席をはずしてでもその人たちの所に行くべきですか。 声を掛けれずに帰っちゃったっていうのはよくないですよね? 会社の先輩にも聞いてみるつもりですが、 どうぞよろしくお願いします。 こんばんは、よろしくおねがいします。 入社してまだ間もなく、社会のマナーというものがよくわかって おりません。 アドバイスをおねがいします。 私の勤めている会社では、その人の身内が亡くなった際、 会社から香典をもらっているそうです。 あと掲示板にも個人の名前や葬儀の案内などが掲示されます。 質問したいことは、 1、この香典に対する会社へのお返しは? 2、会社関係の人が葬儀に来てくれた際にかける言葉は? 3、後日出社した際に、社長、上司、先輩へのお礼の言葉は? です。 A ベストアンサー 1.会社の慶弔規定で出ている香典ならば、基本的にはお返しは不要です。 ただ、社長や上司、同僚などが個人的にされたお香典に対しては喪主よりお香典返しが必要です。 自宅の住所がわかればご自宅に、わからなければ会社でお渡しすることになります。 ただし喪主より。 2.読経中に席をはずす必要はありません。 式前、または式後に挨拶すればいいことです。 「本日はお越しいただきおそれいります。 」でよろしいかと。 また参列者のなかには焼香だけすませてお帰りになる方もいらっしゃるので(あまりに参列者が多くて一人ずつの応対ができないこともある)、当日ご挨拶ができなくても仕方ありません。 3.出社すればまず上司に「このたびは私事にてお休みをいただき有難うございます。 おかげさまで無事葬儀も終了し、本日より出社いたします。 しばらくは葬儀後の処理等でご迷惑をおかけするかもしれませんが、その節はどうぞよろしくお願いいたします。 」などお話すればいいかと思います。 まあ、喪主であるかないかで葬儀後の忙しさは変わってきますが。 お香典のことはふれなくてもいいです。 従業員300名ほどの会社で新入社員が社長と直にお話できるんですか?できるならばご挨拶されてもいいでしょうけど、社長からすれば「君は誰だっけ?」かも。。。 総務には手続き等でお世話になるなら、その時に挨拶すればいいと思います。 1.会社の慶弔規定で出ている香典ならば、基本的にはお返しは不要です。 ただ、社長や上司、同僚などが個人的にされたお香典に対しては喪主よりお香典返しが必要です。 自宅の住所がわかればご自宅に、わからなければ会社でお渡しすることになります。 ただし喪主より。 2.読経中に席をはずす必要はありません。 式前、または式後に挨拶すればいいことです。 「本日はお越しいただきおそれ... Q すみません、初めての家族の葬儀で不慣れなもので教えてください。 今朝父が亡くなり、今日がお通夜だったのですが、会社からいただいたお香典・お花・弔電へのお礼の仕方でわからないことがあります。 1 私は派遣で働いていますが、派遣先の会社 本社は私の勤務地とは別のところ の社長のお名前で弔電をいただきました。 お通夜には勤務地の責任者の方や別の部署の方も来てくださいました。 派遣先の会社は部門ごとに会社名が違っていて、各会社の名義でお香典をいただきました。 この場合の香典返しはどうすればよいのでしょうか。 また、月曜日には出社するつもりですが、お礼のご挨拶などはどのようにすればよいのでしょうか。 2 私の従弟 父から見たら甥の息子 の勤め先の会社からもお香典をいただきました。 私自身、どこに勤めているのかよく知らないぐらいだったので会社の場所 いくつか支店があるようです も知りません。 バタバタしていて従弟に詳しく聞く暇がなかったのですが、どのようにお礼すべきでしょうか。 質問ばかりですみません。 相手に失礼があってはいけないのでちゃんとお礼をしたいのですが、マナーがよく分からなくて… ちなみに斎場などではなく自宅で、接待も家族だけでやるような簡素な通夜葬式なので、そういうプロの方がいないです… よろしくお願いいたします。 すみません、初めての家族の葬儀で不慣れなもので教えてください。 今朝父が亡くなり、今日がお通夜だったのですが、会社からいただいたお香典・お花・弔電へのお礼の仕方でわからないことがあります。 1 私は派遣で働いていますが、派遣先の会社 本社は私の勤務地とは別のところ の社長のお名前で弔電をいただきました。 お通夜には勤務地の責任者の方や別の部署の方も来てくださいました。 派遣先の会社は部門ごとに会社名が違っていて、各会社の名義でお香典をいただきました。 この場合の香典返しは... A ベストアンサー まず、御悔やみ申し上げます。 1 会社名の香典返しは不要です。 理由として、会社名での香典 供花や供物など含む や御祝儀及び御祝い金などは「慶弔予算内」で処理してるので個人から出てる訳ではないからです。 但し、役職者個人名での香典はポケットマネーから出すことがあるので、個人名での香典は香典返しをする必要があります。 但し、個人名での香典があった場合は 1 同様の考えで香典返しは必要です。 なお、忌引き休暇明けに出社した際には「この度は、ご丁寧にありがとうございました」程度の挨拶で充分です。 余計なことは言わず、尋ねられたことだけに簡潔に応じるだけで良いです。 Q 四十九日まで、初七日や逮夜以外の日に、家族はどのように供養すればよいか教えてください。 数日前、喪主として母の葬儀を終えました。 (ちなみに父はずいぶん昔に亡くなっています) 今のところわからないまま、家族で毎夜般若心経を3回唱えています。 (般若心経の本がたまたま家にあったので、なんとなく3回です) 宗教は、私自身は信仰はありません。 私の実家(母の婚家)は浄土真宗です。 亡くなった母の実家は真言宗です。 葬儀は音楽葬という形でお坊さんはお願いしませんでした。 引っ越しを期に(浄土真宗)の檀家ではなくなり、仏壇は置いていません。 お盆やお彼岸はお墓参りだけで、自宅で祀ることはしていません。 現在、遺骨はローボードの上で、写真とろうそく立て・線香立て・花入れを並べています。 これもわからないまま、なんとなくです。 (住宅事情で後飾り壇・中陰壇というものを設置できません。 ) 仏壇があった頃は平常、仏飯器と華瓶を仏壇に供えていました。 この時期も同じようにしてもよいのかどうか。 故人の好物などを供えてもよいのかもわかりません。 お参りに来られる方も呼ぶべき人もいませんので、対面を気にする必要はありません。 信仰している宗教はないのだから好きなようにしていいのじゃないかと思いつつ、腑に落ちないまま日が過ぎています。 最初に初七日・逮夜・四十九日といった言葉を使いましたが、法要や、お骨やお墓をどうするかもまだ考えていません。 十分に悲しんで母との別れを納得したいです。 含めて助言をいただけたらと思います。 よろしくお願いします。 四十九日まで、初七日や逮夜以外の日に、家族はどのように供養すればよいか教えてください。 数日前、喪主として母の葬儀を終えました。 (ちなみに父はずいぶん昔に亡くなっています) 今のところわからないまま、家族で毎夜般若心経を3回唱えています。 (般若心経の本がたまたま家にあったので、なんとなく3回です) 宗教は、私自身は信仰はありません。 私の実家(母の婚家)は浄土真宗です。 亡くなった母の実家は真言宗です。 葬儀は音楽葬という形でお坊さんはお願いしませんでした。 引っ越しを期に(浄... A ベストアンサー お母様を亡くされてご愁傷様です。 人間は死んだら物体になるだけと思っていますし、宗教はビジネスだと思っている者です。 そんな人間の意見なので参考まで。 三谷幸喜さんが若くして他界された、俳優の伊藤俊人さんの葬儀で、「人間は2回死にます。 1回は肉体的な死。 そして、もう1回は友人たちがその人のことを語らなくなった時です。 僕たちは君のことを語り続けます」と言う内容の弔電を述べられました。 また、居酒屋で知り合った男性は他界された奥様のことを今でも心から愛していると話されていました。 奥様が他界される1週間前、病床で私は生まれ育った故郷の墓に入りたいと言われたので離婚届を提出され、奥様を故郷の菩提寺に供養されたそうです。 お墓参りには中々、行けないけど、奥様と過ごした写真を部屋中に貼られているそうで毎日、行って来ます、ただいま、と声を掛けられ、、その日の出来事を奥様の写真に話しをされているそうです。 何が言いたいのかと言うと供養の方法等どうでもよいのです。 ただ、悲しみが癒えるまでお母様との思い出に浸り、納得が行ったときにお墓に供養されればいいのです。 そして、たまには故人を思い出すことが大切だと思います。 大体、多くの日本人はクリスマスを祝った1週間後に初詣に行き、春になったらお墓参りしているんです。 質問者様がどうかわかりませんが、そんな宗教にいい加減な人が仏教の供養方法にこだわっても無意味だと思いませんか? お墓は、離婚をされていなければお父様のお墓に供養されればいいです。 ただ、遠くてお参りできないのなら近所に建てるのも良い思います。 質問者様がご結婚されていて息子さんがいらっしゃるのなら、外墓地を探されるのもよいし、未婚、あるいは息子さんがいらっしゃらないのであれば納骨堂での永代供養墓というのもあります。 納骨堂は比較的、費用を安く抑えられると思います。 お墓に納骨する時期ですが、一般的には四十九日前にされる方が多いですが、それを過ぎたらいつ納骨しても同じです。 ただ、永代供養墓の場合、契約期間が、十三回忌までとか三十三回忌までとなっているので手元にお骨を置いて供養する期間が長ければ、お墓の使用期間が短くなります。 納骨堂の場合、使用期間を過ぎると合祀墓に合祀されます。 話が前後しますが、故人を忘れないために、法事を行い、子孫に故人を語り継いでいく、そのことで故人の2度目の死を避ける事ができます。 お母様を亡くされてご愁傷様です。 人間は死んだら物体になるだけと思っていますし、宗教はビジネスだと思っている者です。 そんな人間の意見なので参考まで。 三谷幸喜さんが若くして他界された、俳優の伊藤俊人さんの葬儀で、「人間は2回死にます。 1回は肉体的な死。 そして、もう1回は友人たちがその人のことを語らなくなった時です。 僕たちは君のことを語り続けます」と言う内容の弔電を述べられました。 また、居酒屋で知り合った男性は他界された奥様のことを今でも心から愛していると話されて... Q 末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。 これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。 母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。 肝臓にも転移しており既に手遅れでした。 今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが 4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。 あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。 肺へも転移し、咳がひどいです。 今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。 急に食欲もなくなりました。 一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。 母はこれからどうなっていくのでしょうか。 苦しみが増しますか? 意識は最後まであるものですか? 自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか? この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。 文章がうまくまとまっていなくてすみません。 少しでも心の準備ができればと思います。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用 が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。 大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。 腎臓の機能が低下すれば…… 脳の機能が低下すれば…… つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、 ということです。 何が起きても不思議ではない、ということです。 「苦しみが増しますか?」 軽くなるということはないでしょう。 出てきた苦しみを押さえるということになります。 「意識は最後まであるものですか?」 わかりません。 先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている 場合もあります。 「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」 状況によりますが、オムツということも考えてください。 尿はカテーテルを留置することになります。 残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、 「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを しないという選択肢もあります。 末期症状は、医師や看護師がよく知っています。 まずは、医師や看護師と相談してください。 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化... Q 49日過ぎにする香典返しの金額で悩んでいます。 半返しとも聞きますし、三分の一とも聞きますし。 身内には薄く、他人には厚くと言うのもあるそうで、 色々な人に色々な事を言われて迷っています。 1・・・10万円の人 2・・・5万円の人 3・・・3万円の人 4・・・2万円の人 5・・・1万円の人 6・・・5千円の人 7・・・3万円の香典+1万円の見舞金 8. 1万円の香典+1万円の見舞金 9. 1万円の香典+5千円の見舞金 10. 5千円の香典+5千円の見舞金 二年半前に入院し、一年半入院、去年自宅療養になり 見舞金への快気祝いはどうしようかと思いながら 10ヶ月経ち、今回入院して亡くなりました。 見舞金と言うのは二年半前の時のものです。 年齢は70歳。 喪主は未婚の娘です。 これからお金もいるだろうから、あんまり使うなと 言われたりもしますが、あまり非常識な事もしたくないし。 父の事を考えるとドンドン金額増えて行くのですが 私の事を思ってくれてか周りから チャチャを入れられたりして迷ってしまいます。 最低ラインだと、どんな感じになるのでしょうか? 49日過ぎにする香典返しの金額で悩んでいます。 半返しとも聞きますし、三分の一とも聞きますし。 身内には薄く、他人には厚くと言うのもあるそうで、 色々な人に色々な事を言われて迷っています。 1・・・10万円の人 2・・・5万円の人 3・・・3万円の人 4・・・2万円の人 5・・・1万円の人 6・・・5千円の人 7・・・3万円の香典+1万円の見舞金 8. 1万円の香典+1万円の見舞金 9. 1万円の香典+5千円の見舞金 10. 5千円の香典+5千円の見舞金 二年半前に入院し、一年半入院... A ベストアンサー 兄が脳腫瘍で亡くなりましたが、そのときの状況でも。 病院で血圧を測定する機械に触れましたが、上が60を切ると機械が電子音を出して緊急性を表していました。 また、血中の酸素濃度が95%を下回ると危険な状態と言えるようです。 逆に言うと、95%を上回るように酸素を送り込む必要があります。 こういった状態のとき、脈拍数は180と非常に高い数値を示していました。 血圧や血中酸素濃度が低いにもかかわらず脈拍数が落ちてきたら非常に危険だと言えるでしょう。 本当に死の直前では、呼吸が見るからに弱弱しくなり、呼吸が止まることがどんどんと多くなりました。 呼びかけると思い出したかのように呼吸を始める感じでしたが、まさに「息を引き取る」という表現そのままに死へ至りました。 全体としては、「血中酸素濃度の低下」「急激な血圧の低下」「呼吸の力強さの低下」の順で危険度が増す感じでした。 あくまで脳腫瘍の例ですが、参考になればと思います。 Q はじめまして。 先日祖母が亡くなり、葬儀(葬儀の時に初七日も一緒に)が終わりました。 我が家は、父(60歳)と兄と私の三人になりました。 父はあまり冠婚葬祭など詳しくなくて、現在困ることがたくさんあります。 葬儀は家族葬ということで、ごくごく身内でしました。 その時は、葬儀社の方がいろいろ教えて下さり、なんとか終えることが出来ました。 お布施は葬儀10万円 初七日1万円 (葬儀社の方が参考ですが・・・と金額を言われました) お寺さんは、葬儀の日は朝10時から結婚式があるとのことで、 9時前に葬儀を始め、初七日までのお経?をすべて1時間くらいで終わらせてすぐ帰られました。 枕経と通夜はちゃんときていただいてます。 数日後に、七日ごとの法要があります。 お寺さんから連絡をいただき、平日午後七時に来られるとのことでした。 (お寺との連絡等は父がしています) これから毎週来られると思います。 おそらく、父と私の二人だけしかいません。 父が仕事で遅くなれば私だけの時があるかもしれません。 わからないことだらけなので、教えて下さい。 1、七日ごとに来られる際に、毎回お布施をお渡しするのでしょうか? する場合、いくらすればいいのでしょうか? もしくは、49日にまとめてすればいいのでしょうか?その際の金額は? 2、お茶をお出しする気でいるのですが、午後七時って、夕飯時ですよね。。。 お食事の用意もするものなのでしょうか? 3、お経が終わったら、お茶とお菓子を出しますが、 来られたときにもすぐに一回目を出すものですか? お菓子は、一個300円位する和菓子? それとも一個100円くらいのスーパーで売っているもの? お出しするのは、一つですか?二つですか? 4、お寺さんのお着替えの部屋とか必要なのでしょうか? 我が家には、生活感溢れる部屋しかないのですが・・・ その他、気をつけなければならないこと、しなければならないことなど、 細かいことでも教えていただければうれしいです。 読みにくい文章ですがどうぞ宜しくお願い致します。 はじめまして。 先日祖母が亡くなり、葬儀(葬儀の時に初七日も一緒に)が終わりました。 我が家は、父(60歳)と兄と私の三人になりました。 父はあまり冠婚葬祭など詳しくなくて、現在困ることがたくさんあります。 葬儀は家族葬ということで、ごくごく身内でしました。 その時は、葬儀社の方がいろいろ教えて下さり、なんとか終えることが出来ました。 お布施は葬儀10万円 初七日1万円 (葬儀社の方が参考ですが・・・と金額を言われました) お寺さんは、葬儀の日は朝10時から結婚式があるとのことで... A ベストアンサー 前の回答者様の方が明らかに詳しそうなので私の回答は不要そうですが 笑 、 同じく今年家族が亡くなり、浄土真宗で七日ごとの法要がありましたので、ご参考に… 1. お布施はその都度でなくとも纏めてでも構わないのでは…とは思います。 が、わざわざ足をお運びいただくので、1回ずつの方が丁寧ではあるかなと思います。 わが家も7時でしたが、お食事はありませんでした。 食事時とは言え、世の中で食事の時間が正確に決まっているわけではないので、 毎週のことですしそこまで必要ない気もしますが… 七日ごとのお経は日にちがずらせないので、スケジュールの都合上、 あちらもこちらも夜が空けやすい…という理由でこの時間なのだと認識してます。 気になられるのであれば、お寺の方に思い切ってお尋ねになるのも手かと思います。 夕食時なので食事を準備させて頂こうかと思いますが、ご迷惑でしょうか?などといった感じで… その家とご縁さんとの付き合い方にもよりますが、 うちはかなり親しくフランクなので、聞ける感じの関係です。 お茶は、わが家はいつでも、来られた時とお経が終わった時の2回出します。 お菓子は義母はいつも2つ出しています。 が、これは多分決まりではないので1つでも大丈夫と思います。 実家は浄土宗ですが、1つです。 これは多分宗派は関係ないかなと… 最初のお茶の時はまずお菓子は召し上がらないので、 お経が始める時にお茶のみお下げし、お経の後にお茶だけ出す…という風にやってます。 わざわざ高いお菓子を買ってきて出したりはしてませんが、 頂き物などちょうど良いものがなければ、やはりわざわざ買ってきていました。 スーパーで買ってきたようなのではなく、和菓子屋さんで買ってます。 高価なもの 上生菓子とか は不要だと思います。 本来は個別包装でも取ってお出しするのが正式ですが、そのままの方が持ち帰りやすいので。 お着替えの部屋は不要だと思います。 普段のお坊さんのお着物から、袈裟などの部分的なものを着替えられるだけなので、 いつもその場で座ったまま着替えられています。 同じ宗派でもそのお寺によって違う部分もありますので、 「こうするのが正解です」というのは難しいとは思いますが… 少しでも参考になれば幸いです。 毎週来て頂けるなら、これを機に分からないことを全部お尋ねしておくのもいいと思います。 わが家のご縁さんはお話をたくさんしてくださる方で、 義母もその都度疑問に思ったことはお尋ねしていました。 こういう機会でないと、疑問に思うこと自体発生しないというのもありますし。 お布施はその都度でなくとも纏めてでも構わないのでは…とは思います。 が、わざわざ足をお運びいただくので、1回ずつの方が丁寧ではあるかなと思います。 Q 通夜で主に会社関係の人からおおよそ3000円の香典を10人ほど頂いております。 当日にいらした方には1500円ほどの茶・酒・砂糖をお返ししておりますが、ここでいくつか質問があります。 その場にいなかったもので、後から事実を知って戸惑っている次第です。 地域は東京・多摩で、当方の会社は東京にあります。 地域によって異なりますので、一般的な受け止め方で結構です。 1 当日いらした方へは香典返しをする必要はあるのでしょうか?喪主にきいても当日のお返しが会葬御礼なのか、即日返しなのか認識がはっきりしておりません。 2 3000円ですと計算上のお返し額が1000円-1500円程度になりますが、1000円の中に送料を含めるとめぼしいお返しも難しいですし、割合を高めるなどをされているのでしょうか? 私自身が会社の関係で3000円をお納めしたときには、どう考えても2000円以上のものが来ていたことがありました。 何分経験が少ないので、アドバイスをお願いします. 通夜で主に会社関係の人からおおよそ3000円の香典を10人ほど頂いております。 当日にいらした方には1500円ほどの茶・酒・砂糖をお返ししておりますが、ここでいくつか質問があります。 その場にいなかったもので、後から事実を知って戸惑っている次第です。 地域は東京・多摩で、当方の会社は東京にあります。 地域によって異なりますので、一般的な受け止め方で結構です。 1 当日いらした方へは香典返しをする必要はあるのでしょうか?喪主にきいても当日のお返しが会葬御礼なのか、即日返しなのか認識がはっきり... A ベストアンサー 東京や都下ですと、通夜も翌日の葬儀・告別式も同じようにどちらかに行けばというような、本来とは間違った状態が一般化しています。 ところが、儀式の方は昔ながらの習慣のままです。 お通夜の際の弔問客へのつやぶるまいと「酒・砂糖」の通夜返しや「ハンカチ」等の会葬御礼は、香典返しではありません。 したがって、お通夜に会社関係の方が3000円とか5000円の香典持参でおみえになりますと、後で香典の半返しをした結果、結果的に施主は赤字となってしまうことが多いです。 ご質問では「お茶」が入っていますが、これが1000円程度のものであればこれが即日返しの「香典返し」であると考えられますし、そうでなければ、通夜返しを高めに設定して(葬儀社にそのようにうまく誘導されて)しまったものと思います。 2 でご自身が「どう考えても2000円以上のものが来ていた」と言われているようなケースは、正式に後から香典返しをする場合には(東京・都下等)では、一般的で、施主が大赤字のパターンです。 3 は、どちらでも良いです 以上、職業柄、各施主さん方の愚痴など後から耳にした内容を参考に記載しました。 東京や都下ですと、通夜も翌日の葬儀・告別式も同じようにどちらかに行けばというような、本来とは間違った状態が一般化しています。 ところが、儀式の方は昔ながらの習慣のままです。 お通夜の際の弔問客へのつやぶるまいと「酒・砂糖」の通夜返しや「ハンカチ」等の会葬御礼は、香典返しではありません。 したがって、お通夜に会社関係の方が3000円とか5000円の香典持参でおみえになりますと、後で香典の半返しをした結果、結果的に施主は赤字となってしまうことが多いです。 ご質問では「お茶」が入ってい...

次の

親族への香典返し。お花を頂いた場合や、故人が生活保護を受けていた時について。

香典返し いくらから

香典返しの金額の相場は地域によって異なる? 半返しの由来は? 香典返しの金額は、いただいた香典の半分程度を返す「半返し(半分返し)」が一般的といわれています。 一説によると、昔は葬儀を終えるといただいた香典の半分程度が残ったため、その分をお世話になった方にお返ししたり、菩提寺に寄進したりしたのが半返しの由来とされています。 東京は半返しで、大阪は3分の1返しが相場? 昔は葬儀や通夜の参列者は近隣の人たちのみで執り行われ、関東では半返し、関西では3分の1返しが一般的とされていた時期もあったようです。 しかし、今では全国各地から参列者が訪れ、また半返しの考え方が全国的に広まっていることから、単純に東と西とで分けて決めることは難しいようです。 基本的には半返しと考えておけば、問題ないでしょう。 例えば、1万円の香典をいただいた場合、5000円くらいの香典返しをお贈りすれば、半返しをしたことになります。 ただ、弔事のルールがゆるやかになってきたとはいえ、地域や親族内のしきたりを大事にしている方も少なくありません。 いくらを目安にお返しをすればいいのかよくわからない場合は、事前に地元の家族や親戚などに確認しておくのが無難です。 「3分の1返し」でよいケースとは? 一家の主が亡くなった場合 香典返しは半返しが一般的ではありますが、3分の1でもよいというケースもあります。 例えば、 一家の働き手が亡くなったり、子どもが未成年だったりする場合は、「香典返しに使うより今後の生活に使ってください」という配慮から、香典返しは3分の1返しもしくは香典返しをしなくてよいとされています。 香典返しの品物をお渡ししない場合も、お礼状・挨拶状をお送りするなどして、お礼の気持ちを伝えるとより丁寧です。 親族・身内から多額の香典をもらった場合 親族や身内から5万円や10万円といった多額の香典をいただくことがあります。 これには 「葬儀の足しに」という意味合いが込められていますので、必ずしも半返しにこだわらなくてもよいとされています。 四十九日法要後に3分の1から4分の1程度の香典返しの品をお贈りするとよいでしょう。 しかしながら高額な香典返しの場合は、品物が限られていたり、好みと違う品物をお贈りすると迷惑になることもあります。 そこで、近年では 多彩な品物の中から好きなものを選べるカタログギフトがよく選ばれています。 カタログギフトであれば、お返しの額が明確に分からない点もメリットといえるでしょう。 当日返しは2000円~3000円程度が目安 最近は、葬儀の日にお返しする「当日返し」で香典のお返しをするケースも増えてきています。 香典返しの金額は原則として香典の額に応じて異なりますが、当日返しの場合は香典の金額がわかりません。 そのため、香典の相場と照らし合わせて一律の品物をお渡しすることになります。 香典額は、故人が肉親の以外の場合は5000円や1万円が相場とされていますので、当日返しは2000円~3000円程度の品物を選ぶケースが多くみられます。 しかし、1万円の香典をいただいた場合は当日分だけでは足りませんので、 四十九日法要のあとに改めて2500円くらいの品物を贈り、合わせて5000円くらいになるようにお返しをするのが一般的です。

次の

香典返し 会社》香典返し 会社関係・連名・有志

香典返し いくらから

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• まず、 1万円の香典に対し香典返しは必要なのかどうかについて解説していきます。 香典返しの金額相場もご紹介します。 香典返しは贈るべき 香典を頂いたら香典返しを贈って感謝の気持ちを表すのがマナーです。 香典には相互扶助の意味合いがあり、地域の繋がりが深かった昔は、不幸があった時にお互いの家で助け合ってきました。 したがって香典返しという形をとらなくても「困ったときはお互いさま」の精神が必然的に成立していたのです。 現代社会ではその精神が形式化し、香典を頂いたらその都度お礼をするという流れが定着しています。 故人とゆかりのあった方が、故人を悼んで香典を包んでくれたのです。 地域に特別な風習がない限りは、 必ず香典返しを贈ってお礼を伝えましょう。 以下の記事で香典返しを辞退する場合の理由や対応について解説をしていますのでこちらも併せてご覧ください。 香典返しの品物は、「不祝儀を残さないように」という意味から、使えばなくなる消えものが選ばれます。 食べればなくなる食料品や、毎日使う日用品などは香典返しの定番の品です。 最近は香典返しにカタログギフトを贈ることも増えました。 1万円の香典に対するおすすめの香典返しをご紹介します。 食料品 お茶やお菓子のような食料品は、広い年代の方が楽しめるという点から人気です。 お茶といえば以前は緑茶が定番でしたが、今はコーヒーや紅茶など種類が増えて相手の好みに合わせられるようになっています。 お菓子でしたら、おかきや饅頭のような和菓子、クッキーやゼリーといった洋菓子など、たくさんある中から選ぶことができます。 5000円程度のお返しなら、下に紹介するアソートセットのように、お茶とお菓子が詰め合わせになったものもおすすめです。 香典返しは贈る方法にもマナーがあります。 ここでは、 香典返しの一般的なマナーについて解説します。 のし・表書き 香典返しの品物にはのしをかけます。 弔事に使われるのしには慶事に用いるの熨斗(のし)の印がつきません。 水引は黒白の結びきりのものが多いですが、慶弔両方に使えるあわじ結びもありますし、西日本の地域では黄白の水引を使うこともあります。 表書きは「志」とするのが一般的です。 西日本では四十九日の忌明けに贈る香典返しを「満中陰志」とするところもあります。 神式やキリスト教式では「偲び草」などの表書きが使われることがあります。 名前の部分は故人の苗字である「〇〇」か「〇〇家」、もしくは喪主のフルネームを書きます。 以下の記事では香典返しの熨斗や表書きについて詳しく解説していますので、こちらも合わせてお読みください。 贈る時期 香典返しは 四十九日の法要を終えてから1カ月以内に贈るのが一般的とされています。 四十九日までに香典返しを手配しておいて、法要を終えたら贈るという方も多いでしょう。 葬儀に参列していただいた日にお返しの品物をお渡しする、当日返し(即日返し)という方法をとることもあります。 この場合は一律2000~3000円相当のものを香典返しに贈ることが多いため、香典の金額が5000円までの方へは当日に半返しができます。 香典の金額が1万円以上の方へは、半返しに届かなかった金額分の品物を、忌明け後に改めて贈ります。 以下の記事では、香典返しの適切な時期ついて詳しく紹介しています。 こちらもあわせてご覧ください。 香典返しは3分の1から半額程度の半返しをするのがマナーであり、1万円の香典を頂いた場合は、基本的に5000円くらいの品物をお返しする。 1万円の香典に対するお返しの品には、お茶やお菓子が個包装で詰め合わせになったセット、上質なタオルのセット、5000円程度のカタログギフトがおすすめである。 香典返しには弔事用のしを掛け、「志」など宗教や地域に合わせた表書きと名前を書き入れる。 香典返しは四十九日の法要を終えてから、遅くとも1カ月以内に贈るのが一般的であるが、葬儀に参列していただいた日にお返しをする当日返し(即日返し)という方法もある。 香典返しを郵送する場合は、参列や香典に対するお礼などを述べた挨拶状を添える。 香典返しの品物選びにお悩みの方の参考になれば幸いです。 「終活ねっと」では、他にも香典返しに関する記事を多数掲載しております。 ぜひ合わせてお読みください。 最後までお読みいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の