九星気学 相性 無料。 九星気学占いでわかる性格と相性【早見表付き】

九星気学占いでわかる性格と相性【早見表付き】

九星気学 相性 無料

九星占いとは 人がこの世に生を受けたときに天から授かったエネルギーの形を、誕生日をもとに東洋思想の基本である「木」「火」「土」「金」「水」にもとずいて体系化し、運勢判断に用いる九つの星に分けて表したのが九星占いです。 中国では人間は大気の中で生き、大気の中で一生を過ごしていくので大気と密接な関係があると考えられていました。 その大気を九つに分類して生まれたときの大気を定め、性格や相性を占っていくのが九星占いです。 人はどんな大気の中で活動するかで同じ努力をしてもおのずと吉凶が生じてくると考えられています。 九つに分類された星は毎年、毎月、方位ごとに一定の法則で大気を支配しています。 九星には「一白水星」「二黒土星」「三碧木星」「四緑木星」「五黄土星」「六白金星」「七赤金星」「八白土星」「九紫火星」の九つがあります。 生まれた年を支配する星を 「本命星」といい、それはその人が生まれながらにもっているエネルギー、つまり本質をあらわしています。 また、生まれた月を支配する星を 「月命星」といい、その人が生まれながらにもっているエネルギー、つまり行動を表しています。 この二つの星が影響しあって一つの人格が生まれるわけです。 一般的に本命星の影響が6〜7割に対して月命星の影響は3〜4割とみています。 特に20歳くらいまでは月命星の示す表面的な性格が大きく作用しています。 そして精神的に成長すると共に本命星の影響を強く受けるようになるのです。 すべての人は本命星と月命星、両方の影響を受けているのです。 また、その割合は人によりまちまちです。 九星による占いは、暦などに使われていて日本に浸透しています。

次の

九星気学【相性占い早見表2020年】本命星と月命星を無料でチェック

九星気学 相性 無料

4 本命星の調べ方や九星気学からわかるそれぞれの本命星の特徴や性格、相性の良い本命星 自分の星を知る 本命星の調べ方や九星気学からわかるそれぞれの本命星の特徴や性格、相性の良い星を知るには、まず自分の星を知ることが何よりも重要です。 「九星気学で本命星を調べるには、何に注意すれば良いの?」「九星気学をあまり知らない…」という人も少なくありません。 九星気学で本命星を調べるには、旧暦を活用するため、普通の生まれ年で見ると自分の運命星を間違う可能性があります。 九星気学では、節分が一年の終わり。 そのため、1月1日~2月3日生まれの人は、自分の生まれ年の一つ前を見ます。 九星気学で用いられる旧暦では、元旦が2月4日。 一年の終わりが2月3日となり、始まりが2月4日となるのです。 九星気学の九つの星である、「一白水星(いっぱくすいせい)」「二黒土星(じこくどせい)」「三碧木星(さんぺきもくせい)」「四緑木星(しろくもくせい)」「五黄土星(ごおうどせい)」「六白金星(ろっぱくきんせい)」「七赤金星(しちせききんせい)」「八白土星(はっぱくどせい)」「九紫火星(きゅうしかせい)」から導き出します。 気の流れを知る 気の流れを知ることは、本命星の調べ方や九星気学からわかるそれぞれの星の特徴や性格、相性の良い運命星を知ることです。 「九星気学って何を知ることができるの?」「自分の本命星の意味がよくわからない」という人も多くいます。 九星気学には、九つの星が持つ気があるのです。 本命星であるあなたの生まれ年には、それぞれ気の流れが違い、生まれた瞬間に自分が受けた気が本命の星です。 九星気学には、方位も重要になります。 一年の中でもあなたの吉方位の方角や凶方位を知ることも大事なことに挙げられるのです。 あなたが持つ気の流れと、方位が持つエネルギーの流れを知り、自分の運勢を高めることができます。 九星気学で見る本命星から自分の吉方位を生活の中にも取り入れるようにしましょう。 そうすれば良い事が舞い込む、ピンチをチャンスに変えられる物事が訪れるのです。 九つの星が持つ傾向 本命星の調べ方や九星気学からわかるそれぞれの本命星の特徴や性格、相性の良い本命星は九つの星が持つ傾向で分かります。 一白水星は、思慮深く、慎重に恋愛を進めますが、自分の考えを相手に伝えることがなかなか出来ないタイプなので恋人を不安にさせることも。 二黒土星…積極的なタイプではありませんが、穏やかであり愛情深い人なので、関係を積み重ねるほど愛されます。 三碧木星…好奇心旺盛で何事にも全力を尽くすポジティブな特徴を持ちますが、悪い方向に進むと恋人を悲しませる浮気をしてしまうことがあるので注意が必要。 四緑木星…穏やかな性格で恋愛相手には安心感を求めるタイプであり、恋人との関係性には信頼できる相手が絶対条件ということも。 五黄土星…愛情深く好きになるとどんどん相手の魅力に引き込まれる傾向がある、一途な人です。 六白金星…完璧主義者ですが、自分には厳しいですが、恋人には癒しを求めるタイプで、目の前の事に集中した時には相手を放っておくことも。 七赤金星…好奇心旺盛でありサービス精神もあるため、異性に最もモテるタイプであるため、この星の人と付き合うと心配が絶えないということも少なくありません。 八白土星…好きな人との関係性を重要にするタイプだから、お互いが何でも知っている関係を望み、何でも話してほしく、話したい誠実さがあります。 九紫火星…センスがありモテるタイプですが大好きな恋人がいても、一人の時間も大事にしたいから、離れている時でも安心でき、ずっと一緒にいなくても良い相手を選びがちです。 自分と恋愛相性が良い相手 自分と恋愛相性が良い相手を、本命星の調べ方や九星気学からわかるそれぞれの本命星の特徴や性格、相性の良い本命星で導き出します。 九星気学ではそれぞれの星が持つエネルギーがあり、その中には合わない気もあるのです。 恋愛にはお互いが持つ気が関係性を深めるのか、それとも相手を傷つけるだけで終わってしまうのかも全く違います。 その中でも自分と恋愛相手との心の繋がりを深められる本命星を持つ相手。 一緒にいる時間だけを楽しめれば良い相性もあります。 また、恋愛関係には体の相性が最も合う本命星もそれぞれに違いがあるのです。 自分の本命星と相手の星が持つ特徴や恋愛傾向を知りながら、お互いに良い関係を保てる人を正しく見極めましょう。 本命星ごとに恋愛で最も重要視している点に違いがあります。 あなたが何を相手に求めたいのかも大事ですが、恋愛相手との恋愛相性は欠かせないものです。 自分の恋愛傾向と相手が求めていることが合うものなのかを本命星から導き出すと、より良い関係へと進展させていくことができます。 あなたに最も恋愛で合う本命星を知り、今後の恋愛事に活かしていきましょう。 占い師sakuraのワンポイントアドバイス 九星気学を利用して自分と相手を占うことは、お互いの恋愛傾向を知れるものとなり、未来に起こる幸せを知ることができます。 あなたが運命星を知ることがきっかけとなり、幸せを手にできる可能性があるのです。 決められた運命の定めを知ることは、未来で起こりえる幸福や運命の相手を導き、引き寄せられる行いとなります。 これまで知らないあなたの運命を九つの星と特徴から知り、自身の恋愛に活かすことで幸せを手にできるのです。 運命は定められたものですが、あなたが相性の良い相手と関わることで確実に未来を変えられます。 本命星で導き出したあなたの本質を理解し、「私はこういう性格だから、こうしよう」行動を変えることも一つの方法です。 見えてきた答えに近付く為には、ただ待っているだけではいけません。 理解を深め、行動を起こし、自分の魅力を高める努力をしましょう。 本命星が秘める自分の性格や特徴を正しく知り、あなたの恋愛に確実に活かせるようにしてください。 好きな人の本命星やあなたの運命の相手の星を知ることは、自分自身が恋愛での幸せを掴むために大事な行いとなるので調べていきましょう。 気の流れを知り、あなたの運勢を高めよう あなたや彼の気の流れを知り、あなたの運勢を高めてください。 気の流れを知らなければ、何をどう変えれば良くなるのか分かりません。 そのためには、二人の本当の相性や性格を知ることもとても重要なものです。 こちらの九星気学の早見表を参考にし、また鑑定結果にあるあなただけのアドバイスを活用して幸せな未来を導き出しましょう。

次の

九星気学・男女の相性は?体の相性は?【早見表】

九星気学 相性 無料

九星気学とは?運勢と相性を占う 九星気学とは、生年月日とそこから割り出される干支、火・水・土・木・金からなる五行説を組み合わせた占いで、運勢や誰かとの相性、方位の吉凶を知るための占術として生み出されました。 「九星」という字から東洋占星術の一種だと思われがちですが、九星とは星座ではなく9種類に分類されたエネルギー(気)を意味します。 九星気学では、このエネルギーの循環を干支と五行説で読み解くことで、運勢や吉凶、相性を占うのです。 干支とは、天のエネルギーをあらわす「十干」と地のエネルギーをあらわす「十二支」を組み合わせたもので、「甲子(きのえね)」や「丙午(ひのえうま)」など、60通りの組み合わせがあります。 また、五行説とは天地に存在する物体や気体などあらゆるものを構成する「火・水・土・木・金」の5つの要素をあらわすとされ、この五行説に「陰と陽」の考え方、…たとえば、昼と夜、男と女、善と悪、静と動のように、世界には相反する2つの物が存在するという二元論を加え、「陰陽五行説」とも言われています。 十二支と十干をそれぞれ陰陽五行に分類し、それを火・水・土・木・金と循環する形に当てはめた時、良い影響を及ぼす五行同士を「相生」といい、「相性が良い」と同じ意味があります。 また、木と木、金と金のように、同じ属性を「比和」といい、相生と同じように良い影響を与え合う関係です。 一方、お互いに対立し、悪い影響を及ぼすものを「相剋」といい、反発し合う「相性が悪い」組み合わせです。 火・水・土・木・金を均等に円形に並べた時、お互いに隣り合う五行同士は相生となり、お互いに向かい合う五行同士は相剋の関係になります。 古代中国で発祥し、日本に伝来した 九星気学は、古代中国の易経において最古のものといわれる「河図(かと)」「洛書(らくしょ)」からの流れを受け継ぐ、東洋占術の統括的なものと考えられています。 古代中国で発祥し、538年に日本に方位術として伝来。 明治42年に園田真次郎によって気学としてまとめられました。 龍の頭をした馬(龍馬)の体に描かれていた模様とされる河図は、1・3・5・7・9の奇数を天の数、2・4・6・8・10の偶数を地の数として10数図をつくるもので、一般的には「卍(まんじ)」が有名です。 数字の組み合わせが十字架の形となり、キリスト教の文化圏では守護のシンボルとして使われていました。 「八卦(はっけ、はっか)」は、天地自然の事物事象をあらわしているとされる、「乾・兌・離・振・巽・坎・艮・坤」と方位を当てはめ、運勢や吉凶を占いました。 九星気学で使用されている後天定位盤はこの方位盤を参考に作られており、九星気学における方位の吉凶のとらえ方には八卦の影響が色濃く残っています。 本命星、月命星、日命星とは? 九星気学には、本命星、月命星、日命星があり、年齢によって見る星が変わってきます。 それは私たちの運気が絶えず循環して運勢や相性が変化しているためです。 7歳までは日命星、8~18歳の頃は月命星、それ以降は本命星で運気を見て、それぞれの運勢や相性を占っていきます。 運気の循環は年、月、日、時間ごとにめぐっており、運勢や相性が変化していくのです。 その年に満ちている運気を「年の気」、その月に満ちている運気を「月の気」、その日に満ちている運気を「日の気」と呼びます。 私達は気のエネルギーから様々な影響を受け、運勢や相性が定まっていきます。 また、生まれた時に満ちていた気によって、私たちがどんな運命を辿るのかがある程度決まってしまうのです。 そのため、九星気学では生まれた年、月、日が「どんな気に満ちていたのか」を詳細に調べることがその人の運勢や相性を見るために大切な要素となります。 また、本命星のことを「生年精気」、月命星を「生月精気」、日命星を「生日精気」とも呼びます。 九星気学で吉凶を占うには、まず後天定位盤に9つの数字を当てはめ、吉方位、凶方位を左右する九星がどこに位置するかを見て行きます。 方位盤には南、南西、西、西北、北、北東、東、東南の8つの方位と中央に九星が当てはめられています。 方位盤は、私達が普段使う地図とは方位が逆に位置しており、上が南、下が北、右に西、左に東の配置になっています。 また、九星を割り出す場合に生年月日が必要ですが、私達が現在使っている太陽暦の暦と九星気学で使う暦は異なります。 通常、一年は元旦(1月1日)から始まりますが、九星気学では立春(2月4日前後)が1年の始まりとなる旧暦とも呼ばれる太陰太陽暦を使います。 その為、九星を割り出す際は、立春までのあいだは、旧暦では年が明けていないので、年盤表で方位を調べる時は前年のものを見るようにします。 また、月の初めの節日は現在の暦の4~8日になるので、それ以前の日付は前月と考えてください。 凶殺方位とは? 九星気学で導かれる吉凶に凶殺というものがあり、運勢や相性に悪影響を及ぼす方位を凶殺方位といいます。 凶殺方位とは、引っ越しや旅行、買い物、デートなど何か行動する時の運勢が低迷し、必ず悪い結果を招いてしまう方位のことです。 凶方位の怖ろしさは、その影響がすぐに表れるとは限らないというところです。 たとえば、凶方位に引っ越してしまった場合、悪い影響を少しずつ受け続け、引っ越しから何年か経ったあとにとても悪い事があらわれたり、人間関係が徐々に悪化したりするなど、運勢や相性が変化したのを後々実感することもあります。 どうしても凶殺方位に向かわなければいけない場合は、滞在時間を最低限にして速やかに立ち去ることをお勧めします。 また、吉方位と凶方位はひとつの方位に固定されているわけではありません。 九星は、年ごと、月ごと、日ごと、時刻ごとにめぐっていくので、九星が今どの方位に位置しているのかは、年盤、月盤、日盤、時刻盤表を調べて、運勢や相性を知る必要があります。 その人にだけ作用する凶方位は、本命星や月命星の九星が運行する「精気殺」、精気殺の反対側に当たる「対気殺」、本命星や月命星の九星と相剋関係にある九星が運行する「相克方位」があるのですが、凶方位には全ての人にとって共通するものもあります。 それが、方位盤に五黄土星が運航する「五黄殺気」と五黄殺気の反対側に当たる「悪殺気(暗剣殺)」、五行の水と火の強烈な相克関係から生じる「水火殺」、その年・月・日の十二支の反対側に当たる「歳破」「月破」「日破」の6つです。 中でも、強く悪い影響を与えるのが五黄殺気と悪殺気で、九星方位気学では「二大凶方位」と言われています。 凶方位による運勢や相性の悪影響を受けない最善の方法は、何といってもその場に向かわないこと。 事前に自分の凶方位を把握し、運気の低下する方角へは向かわないように心がけましょう。 当サイトで運勢や相性をチェックし、素敵な人生にするためのヒントにして下さい!.

次の