超 チート な おっさん が 異 世界 無双 する 話。 チート能力で無双確定!?反抗期の息子と母の異世界転移物語が新しすぎる!

異世界転生、能力を見抜けずパーティを追放した奴等を見返す系が流行るwwww

超 チート な おっさん が 異 世界 無双 する 話

転生賢者の異世界ライフ ~第二の職業を得て、世界最強になりました~ 9巻 巨大ドラゴンをテイムし最強魔法で"真竜"に挑め! ステータスやスキルのある異世界に召喚された、現代日本のブラック企業に勤める佐野ユージ。 不遇職「テイマー」になり、最弱の「スライム」をテイム。 しかし不思議な魔導書のおかげで「賢者」になると、スライムのスキルと魔法の組み合わせで異世界最強に! 世界を滅ぼそうと画策する秘密組織『救済の蒼月』。 彼らのアジトの奥にあったのは「万物浄化装置」。 大陸を破壊するという、その装置の動力源は巨大なドラゴンだった。 テイマースキルでドラゴンと意思疎通し、敵意がないことを確認。 ユージとスライムの連携でドラゴンを救出せよ! 「小説家になろう」発! 原作者書き下ろしショートストーリーも収録! 2020年8月7日発売 B6判 本体600円+ 税• 関連書籍 失格紋の最強賢者 ~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~ 11巻 異世界最強の力で、5000匹の魔物を撃退せよ! かつて【賢者】と呼ばれた魔法使いが、魔法戦闘に最適な紋章を求めて未来へ転生。 しかし魔法理論が退化した未来では、望んだ紋章は「失格紋」と呼ばれ蔑まれていた。 紋章の情報を歪め、魔法理論を退化させたのは魔族。 ある魔族を探知するため魔道具を求め他国へ進撃! 魔道具がある地域に入るには、ギルドでAランクになる必要があった。 爆速でランクアップを果たすマティアスたちだが、試験の途中で思いがけない強敵に出会う! 「小説家になろう」発! 超人気異世界「紋章」ファンタジー!! 原作者書き下ろしショートストーリーも収録! 2020年6月12日発売 B6判 本体600円+ 税• 最強の力を手に入れる、待望の第2巻!! 生前プレイしていたVRMMOによく似た世界に転生した青年・エルド。 この世界の誰も知らない最強職「賢者」へと転職するために前世の知識とスキルを駆使して冒険者として活躍していた。 転職のため、神殿にたどり着いたエルドだったがその場所は廃虚と化しゴロツキたちのたまり場になっていた…!? 原作者書き下ろしショートストーリーも収録!! 2020年8月7日発売 B6判 本体600円+ 税•

次の

おっさんが異世界で無双したりしなかったり

超 チート な おっさん が 異 世界 無双 する 話

とあるゲームメーカーで働いていた中年、新代(あらしろ)レイジ。 異世界に転生し、若者に生まれ変わったものの……冒険者としての戦闘能力も、職人としても生産能力もないと判定された彼は、とある屋敷の使用人としてひっそりと働く日々を送っていた。 異世界にもゲームは存在していたのだが、上流階級の芸術品で、内容も大昔のものだった。 異世界[恋愛] 完結済:全47部分• 冒険 チート ゲーム ハーレム 無双 成り上がり 主人公最強 恋愛 もの作り• R15 残酷な描写あり• 読了時間:約334分(166,697文字)• 『引きこもれば引きこもるほど、チヤホヤされる!?』 スーパーロボットごと異世界に転移した引きこもりのオッサン。 行き先の異世界で無人のゴーレムと間違われてしまう。 さっそく盗賊に襲われるのだが、ゴーレムの皮をかぶったスーパーロボットだから負けようがない。 圧倒的な力で退け、囚われの孤児院の少女たちからお礼のキスをもらう。 そして孤児院で一緒に暮らし始めたはいいものの、少女たちから懐かれまくってしまう。 キスしながら一緒に風呂やベッドに入るって聞かないんです!」• ハイファンタジー[ファンタジー] 完結済:全78部分• 冒険 無双 主人公最強 チート ハーレム ロボット 魔法 引きこもり スキル スローライフ おっさん• R15 残酷な描写あり• 読了時間:約509分(254,087文字)• 成人の儀式でステータスオープンした少年は、誰にも読めないステータスから「アンノウン」と呼ばれてしまう。 しかしこの世界にはない様々なスキルを使うことができ、圧倒的な力を持っていた。 少年の目標は、灰色に閉ざされた世界の塔を登り、神の領域へと到達すること。 挿絵をONにしてお楽しみください。 ハイファンタジー[ファンタジー] 連載:全152部分• 青春 異能力バトル ヒーロー 冒険 チート 主人公最強 無双 ハーレム 最強スキル 最強ステータス 奴隷 最強装備 異世界召喚 超能力 最強魔法• R15 残酷な描写あり• 読了時間:約1,022分(510,742文字)• 五人の女の子が力をあわせて困難に立ち向かう、なかよし冒険記! 基本ほのぼの、たまにドキドキ、な微炭酸ファンタジー! 力を合わせてがんばる女の子たちが好きな方に、オススメです!• ハイファンタジー[ファンタジー] 完結済:全315部分• R15 ガールズラブ 残酷な描写あり• 読了時間:約2,372分(1,185,560文字)• 『学校や職場の嫌なヤツ、破壊したいと思ったこと…ありませんか?』 これは嫌なヤツを指一本で破壊し、良いヤツ(女の子)を指一本で昇天させる少年のお話。 異世界転生した少年のジョブは「指圧師」。 強敵を指一本で地獄に送り、女の子を指一本で天国に導くという最強ジョブだった。 だが異世界では指圧の概念がないため、学園ではFランクという最低評価を受け、落ちこぼれとしての日々を送っていた。 そこへ学園占拠を目論むテロリストが襲来したことで、少年の本気が解放される。 指一本でのテロリスト撃破にとどまらず、やがて複数の国を支配。 指一本で女たちを虜にする、世界最強のハーレム王へと成り上がっていく…!• ハイファンタジー[ファンタジー] 完結済:全101部分• 悪役令嬢 スクールラブ 青春 異能力バトル ヒーロー ラブコメ チート 無双 主人公最強 ギャグ 男主人公 ハーレム 学園 西洋 魔法• R15 残酷な描写あり• 読了時間:約761分(380,450文字)• 神様から天空城をもらった少年が、美少女天使やモフモフの聖獣とともに、のんびり世界を創っていく。 神様少年のスカイハイ・スローライフストーリー! 死後『賽の河原』へと降り立った少年。 絶望が支配する世界で、知恵と行動力を駆使して鬼たち相手に無双していると、神様がやって来た。 「キミには才能があるから、神様になる気はないか?」 そして少年は、神様からもらった天空城で、見習い神様ライフをはじめる。 人を創り出し、そして人がゴミのようになる力をも手に入れる……! でも少年はマイペース。 小人と仲良くなったり、畑仕事をしたり……時には神の力を振りかざしてモンスターを倒し、まったりと生きていく。 ハイファンタジー[ファンタジー] 完結済:全52部分• 異世界 天空城 スローライフ まったり 男主人公 転生 ファンタジー ペット ほのぼの 神様 チート 無双• R15 残酷な描写あり• 読了時間:約382分(190,838文字)• 少年、寿三十郎は16歳の誕生日に、父親から不思議な力を受け継ぐ。 それは女の子の部屋をVRで覗けるという、チート能力だった。 手に入れた能力で、さっそく三十郎は今をときめく人気声優の部屋に足を踏み入れる。 チート能力なので、本人が部屋にいてもバレることもない…! 覗きまくることによりレベルアップしていき、クラスのあの子の着替えどころか、ついには風呂場まで入れるようになる。 そして垣間見る、クラスメイトの誰にも言えないこと……地味子の外見からは想像もつかない正体や、巨乳ギャルが抱えるコンプレックス。 その秘密を暴き、女の子たちとの関係を深めていく。 スクールカースト最下位だったはずが、リア充のみならず、ついには学校にハーレム同好会を設立するようになるまでの物語。 現実世界[恋愛] 完結済:全117部分• 青春 ラブコメ ギャグ 男主人公 学園 ハーレム チート VR エロ 地味子 ギャル 声優 覗き 男の娘• R15 残酷な描写あり• 読了時間:約467分(233,263文字)• 伝説の聖獣(普段は犬か猫の姿)とともに、パパとママの帰りを待つ少女。 最初はのんびりとしたお留守番だったのですが、嵐の夜に家を失ってしまいます。 でも、少女はくじけず、聖獣とともにサバイバル生活を始めました。 帰ってくるパパとママに「おかえりなさい」を言うために…。 ハイファンタジー[ファンタジー] 完結済:全44部分• 冒険 ハイファンタジー 女主人公 犬 猫 ほのぼの• R15 残酷な描写あり• 読了時間:約248分(123,659文字).

次の

【完結済】異世界転生・転移系アニメのおすすめ まとめ

超 チート な おっさん が 異 世界 無双 する 話

それからのことを少し話そうと思う。 俺が討伐証明部位としてコカトリスの頭部を持ち帰ると、冒険者ギルドは凄まじい騒ぎになっていた。 これは後になって分かった話なのだが、どうやら俺が倒したコカトリスは産卵期を迎えたメスの個体だったらしい。 その証拠にコカトリスが寝床にしていた巣の中には、大きなタマゴが入っていた。 メスの個体なのにアフロディーテに発情したことには少し驚いたが、今にして思えば納得である。 エサとなる獲物を木の枝に差して放置していたのは、子育てに備えてのことだったのだろう。 倒したコカトリスの鱗は、高値で売ることが出来るらしいので剥ぎ取った素材はシエルに渡すことにした。 彼女も今回の依頼を手伝ってくれたわけだし、丁度良い見返りを用意できて好都合だろう。 ~~~~~~~~~~~~ コカトリスを討伐してから数日後。 冒険者ギルドから約束通りの300万コルを受け取った俺は、シエルの借金を返済するためにバクラジャ商会にまで足を運んでいた。 「ダメだ。 これっぽっちの額では全く足りねえなぁ」 借金取りの男は俺から金貨が300枚キッチリ入った袋を受け取った上で、下劣な笑みを浮かべていた。 「……どういうことですか?」 「お金持ちの冒険者さんよ~。 利息っていう言葉を知っているか? 昔の借金がいつまでも同額のまま維持するわけがねえだろうよ」 「なるほど。 利息という言葉は知っています。 ちなみにその額は後どれくらい残っているんですか?」 「うーん。 ちょっと待っていろ。 今計算するから」 モヒカンの男は欠伸を噛み殺したような表情で手元の書類に目を通す。 「まぁ、ザッと300万コルってところだな。 そんだけの額が用意できるっていうなら今度こそ奴隷にする話はなしにしてもいいぜ」 「…………」 そこまで聞いたところで俺は確信した。 この男は最初から借金の返済に応じるつもりはない。 この短期間で300万コルという大金を用意したことから、向こうは俺のことを良いところの坊ちゃんか何かと勘違いしているのだろう。 いずれにせよ俺から絞り取れるだけ絞り取るつもりであることは間違いない。 「どうする? そうだなぁ。 今回の実績もあるし、次は2週間ほど時間をくれてやろう」 「ふざけるな。 そんな要求が通るわけ……」 「払うッスよ」 意外なことに俺の言葉を遮ったのは、その場に同伴していたシエルであった。 シエルはドシリという景気の良い音を立てながらも、金貨の入った袋をテーブルの上に置く。 「……なっ」 「これで自分は自由ッスね! 今日までご迷惑をおかけして申し訳ないッス」 「き、貴様っ!? これほどの大金をどうやって!? 」 慌てるモヒカン男には目もくれずにシエルは音を立てずに席を立つ。 「ソータさん。 行きましょう」 「あ、ああ」 憑き物が落ちたかのような清々しい笑顔を浮かべながらもシエルは、俺の袖を引っ張って店の出口に足を運ぶ。 それにしても300万コルなんていう大金……彼女はどうやって用意したのだろうか? 手持ちのコカトリスの鱗を売っても30万コルくらいにしかならないと聞いていたのだが。 「ちょっと待て。 今のは間違い! 冗談だ! 計算しなおしたら利息は500万コルあったぜ! だから、これっぽっちの額ではお前を奴隷として売る話は白紙に戻せねえな!」 借金取りの男は、足取りを早くして扉の前に立ち俺たちの退路を塞ぎ始める。 この野郎……何処まで鬼畜なんだ! 俺から300万、シエルから300万、合わせて600万コルも手に入れたのだから素直に引けば良いだろうに。 往生際が悪いにも程があるだろ……。 いや、違うな。 この焦り方を見ると、既にシエルの身柄の引き受け先との商談がまとまった後だと見るのが正解か。 どんなに大金を積まれても契約を撤回できないという状況にあるのだと仮定すれば、色々と納得ができる部分がある。 「……ソータさん」 「大丈夫。 こう見えて俺は超強いからな。 安心しろって」 不安気な眼差しで袖を引っ張るシエルに対して、励ましの言葉をかけてやる。 以前とは違って、今度はキチンと安心させてやることが出来たのかもしれない。 シエルは無言のまま首を縦に振った。 「そこを退けよ。 外道が!」 「……ハンッ! 引けと言われて引くバカはいねえよ! お前は黙って俺のためにカネを用意すればいいんだよ!」 借金取りの男は、懐から取り出した短剣を手にして脅しにかかる。 これ以上は何か話したところで時間の無駄だろう。 そうだな。 この男を懲らしめるのには、ちょうど良い魔物がいる。 「いけ。 ワーウルフ」 ボールの中から召喚されたワーウルフは、扉の前に立つ男を思い切り殴り飛ばす。 「……グバァッ!」 悲痛な呻き声を漏らした男は、そのまま5メートルほど吹っ飛ぶと顔面から血を流してヒクヒクと体を痙攣させていた 「警告しておく。 二度と俺たちの前に姿を現すな。 次に会ったら確実に頭を潰すからな?」 「……オボッ。 オボボッ」 口から血の泡を吹き出した男は涙目になりながらもコクリと首を縦に振る。 この様子だと……せっかく手に入れた大金も治療費に消えてしまいそうだな。 シエルと彼女を取り巻く問題を解決することができた。 部下の横暴な行為を止めることが出来て、ワーウルフ(元バクラジャさん)も涙を流して喜んでいるに違いない。

次の