捻挫 早く 治す 方法。 捻挫を早く治す方法!接骨院の先生が教えてくれた正しい知識をシェア

足首捻挫を早く治す方法!プロが教える捻挫グセを残さない応急処置のコツ

捻挫 早く 治す 方法

グギッ!やっちゃった! 誰もが一度は経験のある「足首のねんざ」。 でも「たかがねんざでしょ。 冷やして2、3日安静にしておけば大丈夫」 なんて思っていたら大間違い! 何十年もたってから、足関節がガタガタ、しまいには手術なんてことも。 また、原因不明だった腰痛やひざ痛が、 実は若い頃のねんざのせいだったという人もいました。 そこで、ねんざを一度でもしたことのある人、必見! 自分の足首が、「危険かどうか」判断する簡単な方法があったんです。 それは、靴の裏を見ること。 靴底の減り方が、左右アンバランスな人は要注意。 もしかしたら、足首ぐらぐらのサインかも知れません。 靴底の減りが左右アンバランスな人は、 靭帯 じんたい が緩んだ状態のままの可能性が高いんです。 実は、ひどいねんざは、前距腓靱帯 ぜんきょひじんたい という、 ヒトが二足歩行をするようになって獲得した、 特別な靭帯を損傷した状態。 そうすると、歩行に際して、必要以上に足首がぐらつき、 不具合の原因につながることがあるんです。 若いうちは、足の筋肉が足首を支えているため、 不具合が出ないで済んでいたのが、 年を取って筋肉が衰えると、足首がぐらぐらになり、 ひどい人は、足関節の軟骨がこすれ、手術なんてことに。 でも、大丈夫。 一度緩んでしまった靭帯はもとに戻りませんが、 リハビリをしっかりやれば、ねんざの再発や、足関節の手術、 なんてことにならないようにできるんです。 そのやり方は簡単。 1日5分、かかとを上げるだけ。 詳しいやり方は、お役立ち情報で。 今回番組では、かかと上げをおすすめしました。 必要な道具は、コイン、あるいはコインサイズの厚紙を2枚だけ。 床に肩幅ほどの間隔を開けてコイン(厚紙)を置き、親指の付け根で踏むようにして立ちます。 親指の付け根で踏んでいることを意識しながら、つま先立ちを行います。 足の裏を外側に向けるイメージです。 絶対に足の裏を内側に向けてはいけません。 じん帯の切れた部分が広がるため、かえってじん帯が緩んでしまいます。 また、腓骨筋群を鍛える効果もなくなります。 特に、立てないほど痛いねんざをした後は、足裏が内側を向かないようサポーターなどをつけて行ってください。 20回を1日2セット、ためしてみてください。 まずは医師の診断・治療を受け、運動の許可を得た上で行ってください。

次の

捻挫を早く治す方法!接骨院の先生が教えてくれた正しい知識をシェア

捻挫 早く 治す 方法

そもそも捻挫とは? 子供が足首などを捻挫したときの対処方法を考えていく前に、まずは捻挫がどのようなケガなのかを理解しておきましょう。 そもそも捻挫とは、骨と骨を繋いでいる関節部分(靭帯・腱・軟骨など)に、運動許容範囲を超えた負荷がかかることで起きるケガです。 関節のある部位ならどこでも起きる可能性がありますが、実際には足首や手首などで発生しやすいケガです。 捻挫は少なからず内出血や炎症を引き起こします。 そのため、捻挫をすると関節周辺に痛みや腫れが発生するのです。 また、捻挫にもさまざまな損傷レベルがあります。 一時的に靭帯が伸びているだけの軽傷のケースが多いのですが、部分的に靭帯が切れているような重傷のケースも少なくありません。 また、単なる捻挫だと思っていたら、靱帯断裂・脱臼・骨折を伴っていることもあります。 子供が捻挫したときの正しい応急処置は? 捻挫は迅速に応急処置をすることが大切です。 最初に適切な応急処置ができれば、捻挫の早期回復につながります。 もし子供が足首など捻挫してしまったら 「RICE処置(ライスしょち)」を思い出してください。 RICE処置とは応急処置の基本で、下記の4つの原則の頭文字をとったものです。 まずは何とか気持ちを落ち着かせてあげてください。 そして、患部をできるだけ動かさないように教えます。 患部を無闇に動かし続けると、内出血や炎症が悪化してしまうからです。 Ice(冷却する) 捻挫の応急処置で最も重要なのが冷却(アイシング)です。 すぐに患部を冷却することで、内出血や炎症を最小限に抑えることができます。 もし子供が足首などを捻挫してしまったら、できるだけ迅速に患部を冷却してあげましょう。 具体的にはキンキンに冷えた氷水の入ったバケツを用意します。 そして、そこに約15~20分ほど患部を入れてあげます。 また、氷をたっぷりと入れたビニール袋(2重・3重にするとよい)などで患部を冷やしてあげるのでもOKです。 ただ凍傷には十分に注意してください。 すぐに氷を用意できない場合には、流しっぱなしにした水道水に患部をつけることでも、一定の冷却効果を得ることができます。 Compression(圧迫・固定する) できれば捻挫をした関節周辺を包帯やテーピングで適度に圧迫してあげると、患部への血流が止まるため、内出血や炎症を抑える効果を得られます。 また、 患部の関節を固定することで、余計に靭帯などを傷つける心配がなくなります。 ただ包帯やテーピングをあまりきつくしすぎないようにしましょう。 健康な細胞まで壊死してしまうことがあります。 また、子供が痛がる場合、応急処置の段階で患部を無理に圧迫・固定する必要はありません。 Elevation(挙上する) 患部が心臓より低い位置にあると、患部に血液がどんどん流れるため、捻挫の内出血や炎症が助長されます。 そのため、もし子供が捻挫をしてしまったら、患部を心臓より高い位置に保てるようにしてあげましょう。 たとえば、足首の捻挫であれば手ごろなイスやクッション・枕などに足をのせてあげるとよいです。 スポンサーリンク 子供が捻挫をしたら病院に連れていくべきなのか? もし子供が足首など捻挫をしてしまったら、自己判断せずに病院に連れていくほうがよいでしょう。 というのも、どのくらい捻挫で関節組織を損傷したのかは、なかなか見た目だけで判断できないからです。 前述した通り一時的に靭帯が伸びているだけの軽傷の捻挫がほとんどですが、部分的に靭帯が切れているような重傷の捻挫ということも少なくありません。 また、単なる捻挫だと思っていたら、靱帯断裂・脱臼・骨折を伴っていることもあります。 特に子供が下記のような状態のときには必ず病院を連れていきましょう。 「特に問題はなかった」と確認するだけでも、病院を受診させる価値はあります。 捻挫をした関節周辺がパンパンに張れている(通常時の1. 5倍以上が目安)• 捻挫をした関節が明らかに変形している• 捻挫をした関節を動かそうとすると非常に痛そうである• 捻挫をした関節を自力で動かせない• 捻挫をした関節がいつまでも痛そうにしている なお、子供の捻挫でも病院の 整形外科に連れていきましょう。 整形外科は骨・関節・靭帯・腱・神経・筋肉などの運動器を専門としていますから、適切な診察をしてくれるでしょう。 逆に子捻の捻挫の診察で整骨院や接骨院には連れていくべきではありません。 というのも、捻挫の症状を正確に診断するために必要なレントゲン撮影は、整骨院や接骨院ではできないからです。 もちろん、子供の捻挫の治療やリハビリの段階で信頼できる整骨院や接骨院に連れていくのはよいでしょう。 また、 小児科ではレントゲン機器を置いていないことがあります。 おそらく近所の整形外科を紹介してくれるはずですが、それだと二度手間になってしまうでしょう。 最初から整形外科に連れていったほうがよいかもしれません。 スポンサーリンク 子供が捻挫をしたときはどのように生活させればよいか? では子供が足首などを捻挫したときは、どのように生活をさせればよいのでしょうか? 捻挫の治療ではとにかく患部を固定することが大切です。 患部の関節を固定することで、靭帯・腱・軟骨などの修復がスムーズに進みやすくなるからです。 逆に患部の関節を無闇に動かしてしまうと、靭帯・腱・軟骨などがなかなか修復しません。 捻挫の内出血や炎症などの症状が悪化してしまうこともあります。 結果的に捻挫の完治が遅れてしまうでしょう…。 したがって、子供が足首などを捻挫したときには、できるだけ安静させてください。 もちろん、子供が捻挫をしているときにはスポーツなどをさせていはいけません。 子供は屋外で元気に遊びたがると思いますが、できるだけ室内で患部の関節を動かさずにできる遊びをさせましょう。 幼稚園・保育園や学校にも子供が捻挫をしたことをしっかりと伝えます。 そして、無闇に子供が動き回らないようにしっかりと観てもらいましょう。 また、 子供が捻挫をしたばかりのときには、お風呂は控えさせましょう。 特に湯船につかってはいけません。 というのも、お風呂で患部を温めてしまうと、捻挫の内出血や炎症が悪化してしまうからです。 どうしても身体をキレイにしてあげたいときには、サッとシャワーを浴びさせるようにします。 最後に いかがでしたか?子供が足首などを捻挫したときの対処方法をお伝えしてきました。 子供が捻挫をするとパニックになることもあると思いますが、大人が冷静に対処してあげましょう。

次の

足首捻挫を早く治す方法!プロが教える捻挫グセを残さない応急処置のコツ

捻挫 早く 治す 方法

足首捻挫を発症してしまった場合は、何よりもまず 「応急処置」を、的確、かつ迅速に行うことが重要です。 足首捻挫の治療の根本は、9割り以上がこの応急処置の実践により左右されます。 応急処置が適切になされた場合、復帰までの治療期間は実に大きく短縮されます。 捻挫を早く治す方法としては、この応急処置の早期実施が何よりの対策となります。 病院ではギプス固定などで足関節の可動を制限し早期回復を目指しますが、整形外科などに行く前に自分で最低限の処置を行う事がポイントとなるのです。 尚、早期に完治させたい場合は応急処置後に温熱療法や保存療法などの各種治療法の実践と合わせてグルタミン含有サプリメントなどからグルタミンを摂取し内面からの回復を積極的に図っていく事も重要です。 グルタミンは筋力トレーニングに励んでいるアスリートであれば 「プロテイン」「クレアチン」とともに重要な要素をもつアミノ酸として知られる成分です。 これは激しいトレーニング後に枯渇するグルタミンを積極的に補給する事でグルタミン再合成時に発生する筋肉分解を抑制する目的があるためです。 また、グルタミンは外科手術を行った患者の傷口の回復を早める効果があることが確認されており医療の現場でも術後の早期回復を目的として使用されているアミノ酸成分の一種でもあります。 足関節の捻挫は、靭帯組織の部分断裂もしくは完全断裂を伴う障害である為、外科手術同様傷口の早期修復が現場や実践中のスポーツ競技への早期復帰につながります。 【Ice=アイシング】 アイシングは順番的に2番目となっていますが、捻挫の応急処置では最重要課題となります。 アイシングの目的は、患部に集まる血流の流れを鈍化させることにあります。 他の3つが仮にできなくてもアイシングは最優先で行います。 アイシングのポイントは何よりも温度です。 熱を最大に奪う温度はゼロ度です。 これ以上でもこれ以下でも効果は半減します。 ゼロ度はちょうど溶けかかっている氷の温度に相当します。 バケツに水を入れ氷をたくさん入れることでゼロ度の状態を容易に作ることができます。 アイシングパックを使用する場合は氷と水が入れられるもので対応し、ゼロ度以下のアイスブロックなどを直接充てることは効果も低く凍傷の危険性もある為避けましょう。 コールドスプレーは捻挫の応急処置に関しては残念ながら効果はないと言っても良いでしょう。 【Elevation=挙上】 挙上のポイントは心臓よりも受傷した患部を高い位置に置くことです。 足首の捻挫の場合は、あおむけで横になり、足をイスなどの上に乗せアイシングパックなどで患部を冷やすと効果的です。 心臓より高い位置に置く理由は重力の問題です。 心臓から拍出される血液は重力の影響を受け、高い位置へ送り込む血流は弱くなることが確認されております。 例えば体育館などで捻挫を発症してしまった場合の応急処置では、まず患部のアイシングができる環境を整えます。 具体的にはバケツに水を入れて患部を冷やしたり、アイシングパックに氷を入れて患部を冷やすなどの処置です。 どれも準備できない場合は水道の蛇口の流水で冷やすだけでも復帰までの期間は変わってきます。 捻挫の処置ではRICE処置全てを実践できるのがベストではありますが、難しい場合は最悪でも 「アイシング」と 「安静」の2つだけは実践した状態で病院に行くようにしたいものです。

次の