退職願 手書き。 退職届・退職願の横書きでの書き方

退職届・退職願はやっぱり手書きじゃないとダメ?法律は関係あるの?

退職願 手書き

ここがポイント• 一方、会社が退職願を承認し、退職が確定した後に使用するのが退職届となります。 事務手続きの記録として提出する場合がほとんどです。 もし、会社規定の書面があれば使用しましょう。 辞表は一般社員が使うことはまずありません。 会社の運営に関わるような役員や、公務員の方が使用します。 まれに、退職願や退職届を提出した後に、「退職を撤回したい」と会社にかけあう人がいますが、退職願が会社に承認される前であれば、撤回できる可能性があります。 会社に承認された後は、ほぼ撤回はできません。 ご注意ください。 意外と知らない!退職の違い ひとことで「退職」といっても、「自己都合退職」「希望退職」など、実はいろいろあります。 どのような意味なのか、このタイミングでチェックしておきましょう。 退職願・退職届の提出先・タイミング 退職までの一般的な流れ 「退職願・退職届は、いつまでに会社へ提出すればいい?」「退職すると言った後、どれくらいの期間で退職できるの?」他、退職までの一般的な流れをご紹介します。 2周間前取引先(社外)へ挨拶まわり 担当へ引き継ぎ• 退職日貸与品の返却 退職書類の受け取り 退職願・退職届の渡し方・タイミング・伝え方 退職願・退職届は、直属の上司の方に渡します。 人目のない会議室などで渡すと良いでしょう。 また、事前に退職日を交渉して決定しておくとスムーズに手続きが進むはずです。 その他、悩みがちな退職に関わるポイント 退職願・退職届の書き方 退職願・退職届を出す前の準備 ここでは、退職願と退職届を書き始める前に知っておきたいこと、実際に書く上で必要となる物について確認していきましょう。 最初に就業規則を確認 会社の就業規則には退職願や退職届を提出する期限が記載されている場合が多く、中には退職希望日の二ヶ月前までに提出する決まりのある会社もあります。 法的には、退職2週間前の申請で問題はないのですが、念の為、就業規則は必ず確認してください。 準備する物• 白い封筒• 白い便箋• 筆記用具(黒色)• クリアファイル 退職願・退職届は白色の無地の封筒に入れましょう。 便箋の色も読みやすい白色にし、黒色の筆記用具で記載します。 封筒は使用する用紙のサイズに合う大きさを用意し、持ち運ぶ際にはクリアファイルにいれておきましょう。 退職願・退職届の書き方・ポイント.

次の

退職願の美しい手書きの仕方!

退職願 手書き

Contents• 退職届・退職願の横書きでの書き方 退職届・退職願の横書きは、日付や宛名を文章の上に記入する、ビジネス文書の作成に近くなります。 必要な道具• 黒ボールペンまたは万年筆• 白無地の便箋または用紙(A4かB5)• 白無地の封筒(長形3号または長形4号) 封筒と用紙の関係は、• B5用紙に長形4型の封筒• A4用紙に長形3型の封筒 手書きで作成する場合は白無地の便箋を使います。 便箋がなければコピー用紙でも構いません。 罫線が入っている便箋を使う場合は、ビジネス用のシンプルなものを選んでください。 退職届・退職願は白用紙と考えている方も多いため、色付きや柄付きの用紙は避けた方が無難です。 パソコンで作成する場合も氏名は手書きが基本 パソコンで作成した退職届や退職願が認められる場合でも、氏名は手書きが基本です。 氏名を手書きすることで、間違いなく本人が書いたという証明になります。 横書きの場合は英数字で書いた方が、見た目が綺麗です。 会社名・役名とフルネームに敬称(「殿」か「様」)を付け、左詰めで書いてください。 印鑑は、三文判か実印を押印(シャチハタはNG)してください。 ただし横書きの場合は、「私儀、」を省くこともあります。 — 注意点 — 会社都合の場合は退職届や退職願を提出する必要はありません。 どうしても提出する必要がある場合でも、退職理由が会社都合なら、「一身上の都合」とは書かないでください。 一身上の都合と書いてしまうと、「自己都合による退職」にされてしまう可能性があります。 また会社都合の場合は「退職願」を提出してはいけません。 また文末は、退職届は報告なので「退職いたします」、退職願はお伺いを立てるため「退職いたしたく、お願い申し上げます」と書きます。 作成後の封筒への入れ方は、こちら「」を見てください。 最後に パソコンで文章を作成することが多くなり、退職届や退職願も横書きを可とする会社が増えました。 とはいえ、また退職届や退職願は縦書きが一般的です。 会社から横書きを求められない限り、退職届や退職願は手書き・縦書きで作成するようにしてください。

次の

辞表と退職届と退職願の違いと書き方、パソコンで書いた結果

退職願 手書き

退職届を手書きすると誠意がつたわるって? 退職届って、会社に誠意をつたえる役割もおわされているんですか? 今どき手書きの文章にこだわるのは、それなりの字がかける達筆な人とか、普段から書き慣れている人くらいですよ。 もっとも、いくら下手な字でも、詫び状などであれば手書きした方が詫びる誠意が相手につたわりやすいのは確かです。 だけど、「退職届に誠意をつたえる役目ももたせよう」、なんて考えはいりません。 書くことに自信のある人は手書きすればよし。 そうでなければ、パソコンでさっさと作成してプリントアウトしましょう。 はこちらに書きました。 退職届をパソコンで作成するときのマナー パソコンで文面を作成しても、これだけは手書きにしてほしいのが署名です。 自分の名前までパソコンで入力するのはダメとはいいませんが、やめてください。 一般的な書類の中には、名前が印刷されていてハンコを押すだけのものもあります。 からいえば、それでも通用するのですが、 それでも重要な契約書ともなれば、最後の名前の部分は、署名するのが当然とされています。 誠意という言葉をだすのであれば、退職届に署名捺印するのが誠意であり、一つのけじめであると考えます。 自分の名前だけなら、筆不精の人でも書きなれていて書くことに抵抗はないはずです。 スポンサーリンク 退職届を会社指定の様式でだすようにいわれた場合 会社が退職届の書式を指定してくるのは、ある意味親切なことかもしれません。 法的には「余計なお世話だ」と逆らうこともできますが、無駄に感情的なしこりを作ることはありません。 会社の指示に従いがんばって手書きしましょう。 でもじん兵衛は、指定の用紙をスキャナーで読みとって、パソコン上で記入していく方法を模索するかもしれません。 それとも、指定の雛形をそっくりそのままエクセルで作成して、とにかく手書きをしなくていい方法を考えるかもです。 たいした文字数でもありませんから、手書きしたほうが時間も労力も少なくすむのですが、それだけ手書きが苦手な人間もいるということです。 どうせなら、パソコンで入力できる所定のテンプレートをダウンロードできるようにしておいてほしいものです。 退職届に印鑑は必要か? 印鑑なしでも退職の意思をつたえる効力にはまったく影響ありませんので、退職届に印鑑なしでも構いません。 ただ、日本の社会はハンコで成り立っているところがあります。 本人が間違いなく作成したものであることの証として署名捺印が行われるのです。 手渡しでなら本人がだしたものだと容易に判断できますが、郵送の場合には署名捺印が本人がだしたものであることを判断する目安になります。 社会通念にもとづき、名前の下に印鑑を押すことは当然であり、印鑑を押すことで退職の意思伝達が完了すると考えています。 退職届の印鑑の位置 印鑑の位置で迷うのは、 印鑑の一部を、名前にかぶせるのか、それとも、名前にかぶせない位置で押すのか、ということです。 名前にかぶせたり、かぶせなかったり、と様々な押し方を見ていると迷ってしまいます。 正しくは、どちらにすべきという決まりがないので、どちらでも良いです。 ただ考え方としては、二通りあります。 1・印鑑証明書を添付しない場合 退職届のような書類には、陰影の一部を少し名前にかぶせて 押します。 これはスキャナーによって陰影を写し取られ複製されて悪用されることを防 ぐためです。 ただし、誰もが買える出来合いの認印を使っているのならそこまで心配する 必要はないですから、どちらでもいいです。 できたら、認印といえども自分独自のハンコを作り、名前にかぶせて押して ください。 2・印鑑証明書を添付する場合 借用書、売買契約書などの重要書類には、印鑑証明の届けがだされてある印 鑑(実印)が求められます。 この実印を押す場合には、陰影が名前にかぶらないように押します。 前の説明とは違ってくるのですが、理由は、押された陰影と印鑑証明の陰影 とを容易に比較確認できるようにしておくためです。 名前にかぶっていては、本人の実印かどうかの判別が難しくなります。 こちらの記事に印鑑の押し方についてもまとめましたのでご参考にしてください >> スポンサーリンク 退職届に押す印鑑はシャチハタでもよいか? 結論からいえば、 退職届の印鑑にシャチハタは不向きです。 シャチハタに使われているインクは、使用に適した特殊なインクが使われていますので、色あせしやすく少しづつ消えていく特徴があります。 保管期間が定められている書類には適していません。 シャチハタではなく、認印に朱肉を付けて押してください。 まとめ 「退職届は手書きじゃないとダメなのか?」 いえいえ、そんなことはありません。 退職届の様式は法律でなにも定められていません。 退職届を出さないといけないという定めもありません。 口頭で伝えるだけで退職はできます。 ただ後々のトラブルを避けるためにも、書面で退職届あるいは退職願をを出すのが一般化しています。 パソコンで作成しても問題はありませんが、本人の意思であることをはっきりさせるためにも署名捺印はするべきです。 スポンサーリンク.

次の