プロバイダ au光。 騙されるな!2020年7月auひかりで最もお得なキャンペーン

BIGLOBE

プロバイダ au光

キャッシュバックはいくら貰えるのか?• サポートなどのサービス内容は充実しているのか? 月額料金は変わらない auひかりの月額料金はプロバイダ込みの料金となっています。 プロバイダはどこを選んでも月額料金は変わらないのです。 フレッツ光では『回線料金+プロバイダ料金』となりますが、 auひかりではプロバイダの利用料金は個別にはかかりません。 通信速度は変わらない auひかりではプロバイダによって大きな速度の違いはありません。 地域でインターネットを利用しているユーザーが多く、 混み合っている場合、速度が低下したり繋がりにくくなってしまう可能性は考えられます。 つまり、どこのプロバイダを選べば通信速度が速いか?というよりは地域で混み合っていないプロバイダを選ぶことが重要になってきます。 『So-net』『BIGLOBE』などは速度が遅いという口コミもあったりしますが、利用者が多いので、不満に感じる人が出るのもしょうがないところがあります。 auひかりで利用できるプロバイダは大手プロバイダのみとなっておりますので、どのプロバイダを選んだとしても通信速度面では満足できるでしょう。 キャッシュバックキャンペーンで選ぶ 各プロバイダのキャンペーン内容は大きく異なります。 選ぶプロバイダによってもらえるキャッシュバック額が変わるので、総額費用で数万円差が出てしまう可能性があるのです。 キャッシュバック0円• キャッシュバック50,000円 では、5万円以上損をしてしまいます。 しかし、プロバイダの公式から申し込む場合と、代理店を通す場合でもキャッシュバック金額が異なりますので、後ほど一番おすすめの申込み先もご案内します。 キャッシュバック額で比較 プロバイダ キャッシュバック額 So-net 50,000円 BIGLOBE 50,000円 DIT 38,000円 nifty 30,000円 au one net 10,000円 Tcom 0円 ASAHIネット 0円 auひかりのプロバイダをキャッシュバックで比較すると、『So-net』と『BIGLOBE』がお得になります。 So-netもBIGLOBEもキャッシュバックの代わりに月額料金が安くなるキャンペーンも行っています。 サポート・オプションサービスで比較• 無料メールアドレス数・・・プロバイダから貰えるメールアドレスの数• メールボックスの容量・・・保存できるメールの容量• セキュリティサービス・・・セキュリティのオプション• リモートサポート・・・遠隔サポートサービス• 訪問サポート・・・自宅訪問でのサポート So-netは セキュリティサービスと、リモートサポートが12ヶ月間無料になります。 BIGLOBEは セキュリティサービスが3ヶ月間無料、訪問サポートが申し込み翌月末まで何回でも無料となっています。 果たしてオプションは本当に必要なのか? 無料メールアドレスの数に関してですが、最近はプロバイダのメールアドレスを使う人は減ってきています。 GmailやYahooメールを利用すれば無料でいくつでも使えますし、今後プロバイダを変更しても無料で使い続けることができるというメリットがあります。 セキュリティ対策に関しても毎月利用料金がかかるものよりも買い切りのソフトを購入してしまった方がお得になりますので、あまりプロバイダのセキュリティ対策はお得に感じません。 オプションよりもキャッシュバックを重視することをおすすめします。 auひかりのおすすめプロバイダ3選 1. So-net auひかりで最もおすすめできるプロバイダはSo-netです。 高額キャッシュバック50,000円か月額料金割引を選択できるキャンペーンを実施しています。 キャッシュバックも 利用開始3ヶ月後に受け取ることができるのも嬉しいですね。 月額料金割引を選択した場合、一戸建ては3年間3,500円、マンションは2年間2,100円の利用料金となります。 So-netはオプションサービス・サポートが充実しているのも特徴的です。 『カスペルスキーセキュリティ(月額利用料金500円)』が12ヶ月間無料になります。 インターネットやパソコンの疑問を解決してくれる『So-net安心サポート(月額利用料金300円)』が12ヶ月無料。 水回り・鍵・ガラスなどの生活トラブルのサポートサービス『So-net くらしのお守りワイド(月額利用料金450円)』が12ヶ月無料。 キャッシュバック+サービス内容、両方共充実していて高速通信ができますのでおすすめのプロバイダです。 18Mbps 上り速度:641. BIGLOBE BIGLOBEはSo-netの次におすすめできるプロバイダです。 キャッシュバック最大50,000円か月額大幅値引きの特典を選ぶことができます。 キャッシュバックは11ヶ月目に30,000円、24ヶ月目に20,000円とSo-netよりも受け取り時期は遅くなります。 月額大幅値引きを選んだ場合、一戸建てなら月額料金はずっと4,900円、マンションなら月額料金は2年間2,300円と格安ですが、 So-netの方が安いです。 オプションサービスは、セキュリティが最大3ヶ月間無料となります。 BIGLOBEの場合、下記代理店を通していただくことで無戦LANルーターのプレゼントや、代理店のキャッシュバックを受け取ることができます。 au one net au one netはKDDIのプロバイダで、スマホ・携帯・インターネット・プロバイダを全てauでまとめることができますので、支払いも簡単です。 プロバイダと回線が別になることでお問い合わせ先も別になるというデメリットがありましたが、au one netでしたら全てをauで解決することができます。 しかし、キャッシュバックが1万円しか無いというデメリットがありますので、あくまでauにまとめたい人向けとなります。 So-netでauひかりを申し込む方法 auひかりをおすすめプロバイダ『So-net』で申し込む方法を解説していきます。 プロバイダの公式ページから申し込む So-netの公式ページからauひかりの申し込みをします。 右上の『申し込み』をクリックします。 So-net 光 auひかり 提供エリアの確認をする• エリア判定OKなら申込みへ 利用場所のタイプ、キャッシュバックキャンペーン、料金プランを選択します。 auひかり電話サービスを申し込むか選択します。 (利用開始後でも申し込みできます。 ) 一戸建ての場合は高速サービス(5ギガ、10ギガ)が選択できます。 5ギガは3年無料、10ギガは2年無料となりますが、auスマートバリューを利用される方は5ギガが永久無料になるので、5ギガがおすすめです。 あとは必要事項を入力して新規申し込み完了となります。 補足:auひかりのプロバイダを変更したい場合 『混雑してインターネット速度が出ない』などの理由でauひかりのプロバイダを変更したい人もいるかと思います。 auひかりではプロバイダは回線とセットになっていますので、プロバイダだけ変更することはできません。 プロバイダを乗り換えたい場合は、一度auひかりを解約して、再契約するしかありません。 auひかりの解約金はかなり高いですので、プロバイダの乗り換えのために解約をすることはあまりおすすめできません。 解約にかかる費用 auひかりは2年契約と3年契約があり途中での解約は以下の違約金がかかります。 ホーム ずっとギガ放題(3年)・・・15,000円• ホーム ギガ放題(2年)・・・9,500円• マンション お得プランA(2年)・・・7,000円• 工事費の残額・・・30,000円〜37,000円の残債分 違約金の他に工事費の残債分が一括請求されます。 プロバイダがDTIと Tcomの場合は最低6ヶ月の縛りがありますので、途中解約でも6ヶ月分支払う必要があります。 auひかりの申し込みはプロバイダの公式サイトからもできますが、代理店を通してもお得な特典が付くのです。 auひかりのキャンペーンには以下の3つの特典があります。

次の

プロバイダ全8社を本気で比較!auひかりを最もお得に使う全知識

プロバイダ au光

So-net• BIGLOBE• @nifty• auonenet• TCOM• DTI• ASAHIネット• GMOとくとくBB これだけ複数あると 『結局どこのプロバイダ がいいの?』と、悩んでしまう方がほとんどでしょう。 実際、ネットを利用する上でプロバイダによる目に見えるような大きな違いはありません。 特にauひかりの場合、どこのプロバイダで申し込んでも 基本的に月額料金が同じなため、なかなか決められない方が多いはずです。 しかし、auひかりはプロバイダによって 申し込み時の乗り換えキャンペーンの特典が大きく違います。 場合によっては、プロバイダが違うだけで キャッシュバックなどで数万円損をしてしまう危険もあるので、しっかり内容を確認したうえで申し込みましょう。 このページでは、auひかり対応プロバイダの詳細やキャッシュバックなどキャンペーン特典の比較をしています。 目次 auひかりのプロバイダの役割について auひかりに限らず、ネットを利用するうえでプロバイダの契約は必要です。 プロバイダとは、光ファイバーなど物理的な設備を使ってインターネットのサービスを提供している会社になります。 auひかりでは、光ファイバーケーブルやONUといった機器はKDDIが用意します。 そのKDDIが用意した設備を使って、ネットへ繋げる役割をしているのがプロバイダです。 auひかりの対応プロバイダは8社あるため、どこがお得なのか比較しながらみてきましょう。 auひかり対応プロバイダキャッシュバック比較 auひかりのプロバイダによる大きな違いはキャンペーン内容です。 auひかりでは8社の対応プロバイダがありますが、各プロバイダが独自にキャンペーンを実施しており、キャンペーン特典はそれぞれ違います。 各プロバイダのキャンペーンをきちんと比較したうえで、自分にピッタリのプロバイダを選びましょう。 戸建て:77,020円• マンション:73,680円 キャッシュバック• 戸建て:12,350円• マンション:32,550円 BIGLOBE キャッシュバック 50,000円 DTI キャッシュバック 38,000円 au one net キャッシュバック 10,000円 TCOM なし - So-net• キャンペーン内容 戸建て: 総額77,020円還元 マンション: 総額73,680円還元 公式申し込みページ: ソニーグループのプロバイダでセキュリティや信頼性に関して評判が良く、auひかりユーザーの6割がSo-netを利用しているほど根強い人気があります。 また、auひかりに対応している8つのプロバイダの中で 最も 高額な特典をを提供しているのがSo-netです。 月額大幅割引キャンペーン So-net公式ページでは、独自のキャンペーンとして月額料金の大幅割引が適用されます。 戸建てタイプで3年間、 3,480円で利用でき、マンションでは2年間、 1,980円で利用可能です。 期間中の割引額を合計すると戸建てタイプで 77,020円となり、マンションタイプでは総額 73,680円が割引されます。 キャンペーンによる還元額では、他プロバイダと比べて圧倒的とも言える金額のため、キャンペーンのお得度を重視される方には持ってこいでしょう。 公式申し込みページ: GMOとくとくBB• 言わば、auひかりの隠れプロバイダとなります。 このキャッシュバックは、戸建て、マンションともに共通の金額になるため、 住居タイプで金額が変わることはありません。 現金で直接キャンペーン特典を受け取りたい方には、お勧めのプロバイダです。 公式申し込みページ: nifty• キャンペーン内容 30,100円キャッシュバック 戸建て、マンション関わらず 30,100円のキャッシュバックが受け取れます。 ただし、キャッシュバックを受け取るためには、niftyメールに届くお知らせに従って手続きが必要なので注意が必要です。 キャッシュバックは、auひかりが開通してから12か月目と24か月目に分かれて振込されるので、手続きを忘れないようにしましょう。 公式申し込みページ: ASAHIネット• キャンペーン内容 戸建て: 総額12,350円割引 マンション: 総額32,550円割引 ASAHIネットでは、So-net同様月額料金の割引が受けられます。 割引の総額は 32,550円になるため、戸建てタイプよりもマンションタイプの方がお得度は高いと言って良いでしょう。 ただ、同じ割引キャンペーンとして と比較すると、少し物足りなく感じてしまうかもしれません。 公式申し込みページ: BIGLOBE• キャンペーン内容 50,000円キャッシュバック BIGLOBEではauひかりプロバイダの中でも、かなり高額なキャッシュバックが提供されています。 還元金額はauひかりの申し込みのみで、50,000円です。 auひかりでキャッシュバックを受け取りたい場合、プロバイダから直接申し込みすると比較的金額が低くなると言われています。 ただ、BIGLOBEの場合、キャッシュバックの場合でも比較的高額な金額が受け取れます。 公式申し込みページ: DTI キャンペーン内容 38,000円キャッシュバック ドリーム・トレイン・インターネットが提供するDTIは、フレッツ光など様々なサービスに対応する老舗プロバイダです。 auひかりのプロバイダとしては、新規申し込み者に対し 38,000円のキャッシュバックを実施しています。 また、開通月の月額料金も無料になるため、 還元額は実質40,000円を超えると考えてよいでしょう。 戸建て・マンションといった住居タイプに関係なく適用されるので、auひかりの提供エリアにお住まいならどなたでも申込み可能です。 公式申し込みページ: au one net• キャンペーン内容 10,000円キャッシュバック auひかりを提供しているKDDIが独自で運営しているプロバイダです。 昔はDIONと言うプロバイダ名で、かなりの知名度がありましたが、 KDDIの携帯電話事業であるauにサービス名を統一する目的でau one netに改名されました。 KDDIが直接運営しているため、au one netの申込み受付はで行われています。 2020年7月現在、KDDI公式サイトからau one netを申込んだ場合、 10,000円のキャッシュバックが受取れます。 ただ、他プロバイダが実施するキャッシュバックキャンペーンに比較するとお得度は低く感じてしまうかもしれません。 公式申し込みページ: TCOM• キャンペーン内容 なし 東海エリアでは有名な@TCOMですが、2020年7月現在キャッシュバックなど 特典付きのキャンペーンは実施されていません。 どんなプロバイダから申込んでも共通で適用される初期工事費の割引は対象となります。 しかし、それ以外の直接的な還元が受けられるキャンペーンは行われていないため、他プロバイダに比較するとお得度にかける印象を受けてしまいます。 @TOCMに馴染みがあったり、こだわりを持っているなら例外ですが、キャンペーンを重視される方にはお勧めとは言えないでしょう。 公式申し込みページ: auひかりのプロバイダによる違いは?速度や料金の比較 プロバイダによってキャンペーンに大きな違いがあることは分かりましたが、その他の違いはあるのでしょうか? auひかりを申し込みをする上で最も気になるのが光回線の速度や料金の違いでしょう。 結論から言うと、速度や基本料金に関してはほぼ違いはありません。 プロバイダが違うと速度も変わる? auひかりの速度は最大1Gbpsですが、当然実際に1Gbpsで通信ができるわけではありません。 auひかりに限らず世界中どこインターネットサービスでも、実際に使える速度は、最大速度よりも落ちてしまいます。 それではプロバイダによって実際に使える速度に違いが出るのでしょうか? 実は光回線の速度は プロバイダよりも回線事業者の影響が大きくなります。 auひかりの回線を提供しているのKDDI側できちんと設備投資が行われていれば速度は速くなります。 プロバイダ側もバックボーンを改善するなど速度に関する改善は行われていますが、影響は微々たるものです。 そのため、 速度に関してプロバイダの違いによる影響は少なく、ほとんど気にする必要が無いと言えます。 auひかりの速度について詳しくはをご覧ください。 auひかりの料金はどこのプロバイダでも同じ! 冒頭で解説した通り、auひかりは基本的にどこのプロバイダで申し込みをしても 月額料金は変わりません。 月額料金が変わるのは、戸建てタイプであれば2年契約である「ギガ得プラン」や3年契約の「ずっとギガ得プラン」など、 契約年数によって変わってきます。 1年目:5,100円• 2年目:5,000円• 3年目以降:4,900円 3年 ギガ得プラン• 5,200円 2年 通常プラン• 6,300円 なし マンションタイプであれば、お住まいの集合住宅に導入されている設備によって料金プランが変わります。 つまり、建物によってプランが決まっているため、 好きなプランを選ぶことはできません。 なお、今までフレッツ光を使っていた方は 「プロバイダ料金が別に請求されるのでは?」と思う方も多いと思います。 auひかりでは、プロバイダ料金がすでに月額料金に含まれているので、プロバイダ料金は不要です。 また、月額料金はauひかりの回線事業者であるKDDIがすべて決めているため、 プロバイダによる料金の違いはありません。 しかし、プロバイダが独自に実施する割引キャンペーンによって、実際の請求金額が変わる場合はあります。 例えばプロバイダの で申し込みすると、大幅割引として 月額3,480円で利用できます。 プロバイダによってauひかりの提供エリアは変わる? 基本的にauひかりの提供エリアはKDDIの設備が整っている地域で提供されています。 そのため、プロバイダによって使えるエリアが左右される事はありません。 プロバイダによる違いはありませんが、 地域によってauひかり自体が使えない場合もあります。 auひかり非対応エリア• 関西…大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県、滋賀県• 東海…静岡県、愛知県、岐阜県、三重県、長野県• 沖縄県 上記のエリアでは、KDDIと提携をしている電力会社系列の光回線が提供されているため、競合しないためにauひかりは非対応エリアとしています。 ただ、提供NGにしているのは戸建てタイプになり、マンションタイプは申込み可能です。 もちろん、auひかりのマンションタイプに対応した建物限定ではありますが、全く利用出来ないというわけでは無いようです。 詳しいエリアチェックの方法は、で確認できます。 【プロバイダ別】オプションサービス一覧 auひかりは、速度や月額料金に関してはプロバイダによる大きな違いはありません。 しかし、プロバイダごとでオプションなど細かいサービスの違いはあります。 しかし、プロバイダが提供するメールアドレスやホームページなどのサービスは近年利用する人が激減しています。 そのため、auひかりのプロバイダを選ぶポイントとしては大きく重要視する必要はないかもしれません。 また、人によっては気になるのが支払い方法です。 クレジットカードやKDDIまとめて請求に関しては全プロバイダで対応していいるので特に問題はないでしょう。 ただ、GMOとくとくBB、ASAHIネット、@TCOMでは口座振替を行っていないため、口座振替を希望する方は注意しなければなりません。 支払い方法に関する詳細は、KDDIの公式ページでご確認ください。 auひかりでプロバイダの乗り換えは可能? フレッツ光などであれば、プロバイダと回線の契約が完全に分かれていたので、フレッツ光はそのままでプロバイダのみを乗り換えることが簡単でした。 しかし、auひかりの場合、プロバイダとauひかりの契約が一体となっており、プロバイダのみ単独で解約することができません。 プロバイダの解約は、 auひかり自体を解約することになるのです。 もし、どうしてもプロバイダのみ変更したい場合、auひかりを一度解約したうえで再申込みをしなければなりませんが、 時期によっては高額な解約金が発生する可能性があります。 また、auひかりは契約時に37,500円の工事費を60回の分割で支払う必要があります。 そのため、auひかりのプロバイダ乗り換えは非常にハードルが高いため、基本的に厳しいと考えて良いでしょう。 一度プロバイダを決めてしまうと、 auひかりを解約するまで変更はできないため、契約時は自分に合ったプロバイダ選びをすることが大切です。 関連記事 詳しくは auひかり公式プロバイダおすすめキャンペーン auひかりに対応しているプロバイダは8つあります。 どこで申し込んでも月額料金などに違いはないので、それぞれのキャンペーン内容を比較して出来る限りお得なプロバイダから申し込みを行いましょう。 プロバイダ申し込み以外にも代理店から申し込みをする方法も存在します。 しかし、代理店はauひかりの取次を行うだけなので、KDDIや各プロバイダとは無関係の会社です。 そのため、高額なオプションサービスに申し込みをさせられたり、最悪キャッシュバックが受け取れないなどの 代理店特有のトラブルが発生するリスクもあります。 こう言った代理店トラブルが心配な方は プロバイダへ直接申し込みをするのがお勧めです。 auひかりに対応したプロバイダの中でも特に人気が高いのがSONYグループのプロバイダであるSo-netです。 信頼性やサポート面での安心感から、 auひかりユーザーの実に6割がSo-netを選択していると言われるほどの人気プロバイダとなります。 また、So-netはなどの高速回線も提供しており、速度面でも定評があります。 キャンペーン: 月額大幅割引 戸建て:総額 77,020円 マンション:総額 73,680円• 戸建てタイプ月額料金: 3,480円• マンションタイプ月額料金: 1,980円 一般的にauひかりの料金は回線事業者であるKDDIが決めているので、どこで申し込んでも基本料金は同じです。 ただ、すでにご紹介したように、プロバイダごとにキャンペーンで割引金額がことなるため、結果的に支払う料金は違ってきます。 So-netの場合、通常の割引金額も高い上に、ソネットポイントが還元されるので総合的に他のプロバイダよりもお得に申し込むことが可能です。 通常auひかりの月額料金は戸建てタイプで4,900~5,100円です。 So-net公式から申し込みすると3年間、 3,480円で利用できます。 マンションタイプの場合、通常は3,800円ですが、So-net公式申し込みでは2年間、 1,980円で利用可能です。 割引期間の割引金額をすべて合計すると戸建てタイプで 77,020円、マンションタイプでは 73,680円となります。 そのため、他のプロバイダなどでキャッシュバックを受け取るよりも So-netで月額割引キャンペーンを適用した方がお得と言えるでしょう。 申し込みページ: 申込方法について解説: auひかりを代理店から申し込むとお得? 各プロバイダではキャッシュバックなどのキャンペーンが行われています。 ただ、 これらのキャンペーンはプロバイダのホームページなどから申し込んだ場合のみ適用されます。 しかし、auひかりはプロバイダへ直接申し込みを行う以外にKDDIの正規代理店からの申し込みも可能です。 この代理店経由で申し込みをしても、最終的な契約自体はプロバイダと行うので大きな違いは無いでしょう。 ただ、1つだけ違うのが申し込み時に行われているキャッシュバックキャンペーンの内容です。 代理店から申し込みを行うとプロバイダが行っているキャンペーンが適用されません。 そのため、一見損をするように思えますが、実はプロバイダキャンペーンの代わりに 代理店の独自のキャンペーンが適用されます。 この代理店の独自キャンペーンは、代理店によってはプロバイダのキャンペーンよりもお得な場合もあります。 しかし、気を付けて申し込まないと逆に損をしてしまうこともあるので注意が必要です。 auひかりを代理店経由で申し込みをする場合、代理店によっては6万円や8万円、時には10万円を超える金額をキャッシュバックしている会社も存在します。 しかし、このような異常な高額なキャッシュバックを受け取るために、 オプションサービスに強制加入させられることがほとんどです。 このオプションは最低利用期間なども存在するので、高額なキャッシュバックを貰ったとしても、月額料金も高額になってしまい意味がありません。 また、仮にオプション申し込みの義務がなかったとしても、 2〜3人の紹介者を用意しなければならないなど、厳しい条件をクリアする必要があります。 条件に合致しなかった場合でもキャッシュバックは貰えますが、 5,000〜10,000円程度の小額なキャッシュバックしか貰えません。 ここでは、auひかりの申し込みだけで無条件で高額なキャッシュバックが受け取れる代理店を紹介します。 キャンペーン: ネットのみ: 45,000円キャッシュバック ネット+電話: 52,000円キャッシュバック マンションタイプは上記から5,000円減額• 戸建てタイプ月額料金: 4,900~5,100円• マンションタイプ月額料金: 3,800円 通常の代理店では高額なキャッシュバックのためにオプション申し込みや、紹介者を用意する必要があります。 また、開通後に申請手続きが必要になるため、うっかり忘れてしまうと、キャッシュバックが貰えないなどのトラブルになります。 NNコミュニケーションズは、キャッシュバックを受け取るためにオプション申し込みや、紹介者などを用意する必要がありません。 キャッシュバックは、戸建て…最大52,000円、マンション…最大45,000円もの金額を受け取ることができます。 特にマンションでは、別記事『』でも解説している通り、比較的他社のキャッシュバックが少ない中で、高額な還元をしているのでお得度は高いでしょう。 また、申し込みと同時に、 キャッシュバックの申請手続きも自動的に完了するので、開通後に面倒な手続きをする必要もありません。 そのため、申込者全員がキャッシュバックを受け取れるシステムを確立しており、キャッシュバック還元率100%を維持している代理店です。 申込者の立場にたった、分かりやすいキャンペーン内容や、申し込み後の細かいサポートでも定評があり、 KDDIから表彰されるほどの実績を残しています。 詳しくは、をご覧ください。 申し込みページ:• キャンペーン: ネットのみ: 40,000円キャッシュバック ネット+電話: 47,000円キャッシュバック マンションタイプは上記から5,000円減額• 戸建てタイプ月額料金: 4,900~5,100円• マンションタイプ月額料金: 3,800円 NNコミュニケーションズと同じように、キャッシュバック受け取りの手続きを簡略化し、申込者全員がキャッシュバックを受け取れるようにしている代理店です。 auひかりの申し込みだけで 40,000円、ひかり電話のオプションを付けると7,000円プラスされ 47,000円が受け取れます。 ただ、NNコミュニケーションズと比べると キャッシュバックが安くなってしまいます。 キャッシュバックは低いですが、その代りに 高速通信に対応したNEC製のWi-Fiルーターがプレゼントされます。 キャンペーンでプレゼントされるNEC製Wi-Fiルーター WG1200CR Wi-Fiの最新規格である ac規格に対応しているため、auひかりのギガ回線を無駄なく活かす事が可能です。 Wi-Fiルーターが無くても、auひかりの接続機器であるホームゲートウェイにはWi-Fi機能が付いています。 しかし、このホームゲートウェイのWi-Fi機能を使うためには 月額500円のWi-Fi利用料を支払わなければなりません。 しかも、ホームゲートウェイで内臓されているWi-Fi機能は n規格と呼ばれる1世代前の規格なので、 速度が遅くなってしまう欠点があります。 ac規格対応のWi-Fiルーターを1台手に入れてしまえば、 ノートパソコンに限らず、スマホやタブレットでも、無料で最新の高速Wi-Fiに接続する事ができます。 株式会社NEXTのキャンペーンは、 Wi-Fiルーターをお持ちでない方や、古いモデルのWi-Fiルーターで速度に満足が出来ない方におすすめのキャンペーン内容になっています。 申し込みページ:.

次の

[最新]光回線のおすすめプロバイダ7選| 最もお得な契約方法とは

プロバイダ au光

毎日のメールチェックからwebページの閲覧や動画サイトの視聴、突然やってくるOSのアップデートとインターネットでやりとりするデータ量は増えるばかりです。 接続する機器もパソコンだけでなく家ではWiFiで接続したいスマホやタブレット、アンテナで受信しているテレビもネットにつながっています。 大量・高速で安定したネット接続には欠かせない光回線は、光電話や光テレビなどのオプション、工事や2年・3年といった契約期間や携帯回線とのセット割引など多様な選択肢があり、契約期間中の移転や解約の条件もさまざまです。 本記事では、色々なブランドの光回線の構成・提供条件やセット割引などの条件をご案内します。 価格は特記以外、税抜きです。 光回線は大きく3つに分けられる 光回線はインターネットに接続するプロバイダまでの手段で、他にはADSLやモバイル回線、ケーブルテレビ回線などがあります。 本家はNTTのフレッツ光 フレッツ光はNTTの光回線で、NTT東日本の場合、通信速度が最大1Gbpsのフレッツ光 ネクスト(戸建て)ギガファミリースマートタイプで月額5. 700円+プロバイダ料金です。 2年契約では月額4,700円ですが 更新月以外は解約時に9,500円かかります。 移転先でフレッツ光を継続して使用する場合は、解約金は発生しません。 集合住宅でギガマンションスマートタイプが使える場合、月額3,350円+プロバイダー料金、2年契約では3,050円です。 NTT東日本・NTT西日本で全国的に提供されていてWebサイトには控えめなサイズの「簡単エリア確認」のバナーがあります。 月額基本料500円の「ひかり電話」や月額基本料660円の「フレッツテレビ」もインターネットと同時に使用できます。 初期費用は戸建てタイプの場合、契約料800円+工事費18,000円で、光電話は現在の電話番号のままフレッツ光の新設と同時に工事する場合、3,000円です。 多数の代理店によって、工事費無料やキャッシュバックのキャンペーンが行われてきましたが、2016年の電気通信事業法の一部改正でクーリングオフ制度が導入されるなどして、転機を迎えます。 プロバイダまでの光回線はフレッツ光と同じで、固定電話やテレビのサービスも用意されています。 独自の回線も誕生 フレッツ光ネクストの最大1Gbpsより高速な光回線を提供するNURO光やauひかり が登場しています。 光回線の契約はとても複雑に感じる 光回線はインターネットだけでなく固定電話やテレビを同時に使え、プロバイダやオプションの選択肢があり、インターネット・プロバイダや携帯とのセット割引プランもあるため、かなり複雑です。 最近伸びている独自回線について auひかり auひかりは一戸建て向けの「auひかり ホーム」で最大1Gbpsのサービスの他、「auひかり マンション」や最大10Gbpsの「auひかり ホームX」と最大5Gbpsの「auひかり ホームV」を提供しています。 複数のプロバイダに対応しています。 NURO NUROは、戸建て及び7階建て以下の集合住宅が対象で最大2Gbpsの「NURO 光」や下り最大10Gbpsの「NURO 光 10G」、8階建て以上の集合住宅に対応する「NURO 光 for マンション」を提供しています。 提供エリアも拡大中 auひかりの「auひかり ホーム」は中部エリアの岐阜県・愛知県・静岡県・ 三重県、関西エリアの滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・ 福井県では提供されていません。 auひかりホーム10ギガ・5ギガヘの申し込み可能エリアは、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部エリアです。 NURO光のサービス提供エリアは関東1都6県(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)、東海4県(愛知、静岡、岐阜、三重)、関西2府3県(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)です。 スマホとのセットが1番お得になる スマホと契約を併せると各社共に積極的に割引が適応されます。 キャリアごとに様々なキャンペーンやキャッシュバックが発生し1番お得な料金になることが多いです。 代理店が複数存在する 携帯電話会社は各社が光回線とのセット割引プランを設定しています。 docomoのドコモ光は20社以上のプロバイダと提携していて、プロバイダ経由で申し込むと、各社が提示している異なる特典やキャッシュバックを受けられ場合があります。 auのauひかり は7社以上のプロバイダと提携していて、申し込み時に経由するHPによって異なるキャンペーンが適用される場合があります。 SoftBankはSoftBank 光 でプロバイダはYahoo! BBです。 SoftBankの「おうち割 光セット」はNUROとのセットでも適用されます。 携帯電話の回線別おすすめの光回線 各社ごと多くのプロバイダーと提携しているため、選択するのが非常に難しくなってきます。 SoftBank、au、ドコモの3台キャリアごとのおすすめする回線の選び方をご説明します。 SoftBankユーザーの場合 Softbankで関東圏・東海4県・関西2府3県住まいならNURO光 関東1都6県(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬)、東海4県(愛知・静岡・岐阜・三重)、関西2府3県(京都・大阪、兵庫・滋賀・奈良)に住んでいるSoftBankユーザーなら、「NURO 光」がおすすめです。 戸建てタイプで最大2Gbpsの「NURO光」を2年契約の場合、光回線使用料+プロバイダ料金+高速無線LAN機器レンタル料金+セキュリティーサービスすべて込みで月額4,743円です。 プロバイダはSo-netです。 SoftBankの「おうち割 光セット」はインターネットサービス1回線につき10回線までのスマートフォン・ケータイ・タブレット・WiFiルーターが対象で、離れて住む家族の回線にも適用されます。 割引額は、スマホのデータ定額50G・20G・5Gの場合、1,000円です。 NURO光の良いところは速度 NUROは、戸建て及び7階建て以下の集合住宅が対象で最大2Gbpsの「NURO 光」や下り最大10Gbpsno「NURO 光 10G」、8階建て以上の集合住宅に対応する「NURO 光 for マンション」を提供しています。 NURO光は、戸建てタイプの場合すべて込みで月額4,743円なので、Softbankユーザーでなくても速さを重視したい方に、おすすめです。 Softbankユーザーで関東圏・東海4県・関西2府3県以外の方はSoftbank光 SoftBankユーザーでNURO光の提供されていない住所・住居形態の方にはフレッツ光と光コラボのSoftbank光がおすすめです。 戸建てタイプの2年契約で月額基本料はYahoo! BBのプロバイダ料金込みで5,200円です。 離れて住む家族の回線も含め10回線まで「おうち割光セット」に組み込めます。 auユーザーなら auひかり auひかりは速度1Gbpsとなっています。 しかし、1Gbpsとはいえ、auは独自の光ファイバー回線を使用しているので、他の1Gbpsの回線よりも速いといわれています。 1Gbpsでもより速い方がいいという人にはauひかりがおすすめです。 auひかりの月額料金 auひかり 月額料金 戸建て 5,100円 マンション 3,800円 auひかりの月額料金は、マンションタイプが3,800円、戸建てタイプは5,100円です。 フレッツ光と違い、プロバイダ料コミコミの金額なのがわかりやすいですね。 契約年数による料金変動もないため、安心して契約できます。 出典: auひかりには、「 auスマートバリュー」という割引サービスがあります。 工事費用は分割で月額料金から割引されるので、実質無料です。 auスマホ2,000円割引 auひかりは、auスマートバリューの対象となっています。 そのため、auのスマホを契約されている方はスマホの月額料金から最大2,000円の割引を受けることができます。 乗り換え時30,000円還元 他社からの乗り換えの場合、条件を満たすことで最大30,000円の還元を受けることができます。 そのため、乗り換えでもお得に始めることができます。 auユーザーならso-net光も so-net光は戸建て向け3年の定期契約の場合、月額3,780円です。 「So-net 光 コラボレーション」と「So-net 光 コラボ電話」をセットで契約した場合「auスマートバリュー」の割引対象になります。 so-net光の提供エリアは全国です。 auユーザーは nifty光も安くなる nifty光は光コラボで戸建て向け2年契約の場合、開通翌月から24ヶ月間は月額4,500円、割引終了後は5,200円です。 ただし、フレッツ 光ネクストギガ・スマートタイプを利用する場合、ホームゲートウェイレンタル月額300円がかかります。 提供エリアは全国です。 auユーザーはビッグローブ光も割引対象 は光コラボで戸建て向け3年契約の場合、月額4,980円です。 「ビッグローブ光電話」をセットで契約した場合「auスマートバリュー」の割引対象になります。 docomoユーザーであればドコモ光 ドコモ光は「戸建てタイプ」で最大1Gbps の2年契約の場合、タイプAは月額5,200円、タイプBは月額5. 400円、「マンションタイプ」だとタイプAは月額4,000円,タイプBは月額4,200円です。 プロバイダ契約・料金は別になっている単独タイプは月額5,000円、ドコモ光ミニはデータ量により月額2,700円から5,700円です。 また提供エリアは限られますがケーブルテレビの設備を使う「ドコモ光タイプC」もタイプAと同じ料金です。 2018年3月1日から提携を開始した「多摩ケーブルネットワーク」は下り最大2. 5Gbps・上り最大1. 25Gbpsで、他は最大1Gbpsです。 光回線を契約する前に気をつけるポイント 回線の契約を行うと1年~3年程度の期間縛りが発生する場合が多く、期間内の解約は違約金が発生する場合が多いため契約前に慎重に契約先を見極める必要があります。 運営元が信用できるか 広いエリアで光回線を24時間・365日、維持・運営していくのは大仕事です。 設備の故障や事故・災害で通信ができなくなった時には、予め用意してある予備の系統に迂回し、速やかに復旧作業をしなければなりません。 NTT・auならば設備・運営体制が整っていて信頼できます。 プロバイダもやっぱり大手が安心 インターネットは混雑が激しいと異常に遅くなり動画がコマ落ちしたりします。 プロバイダの設備に余裕があったほうが安心です。 混雑が少ない高速接続:IPv6を使うには、プロバイダとルーターの対応が必要です。 光コラボの「ドコモ光」は26社、「auひかり」は7社から選択できますが、「ソフトバンク光」のプロバイダーは「Yahoo! BB」のみです。 プロバイダも光コラボを提供しているケースがおおいので、今契約しているプロバイダをチェックしてみましょう。 料金がお得になるか 光回線とプロバイダが別契約の方 現在、フレッツ光とプロバイダを別々に契約している方は、同じプロバイダのまま光コラボに切り替えれば料金が安くなります。 光電話は固定電話より安い500円の追加料金で使え、IPv6に対応した光電話対応ルーターになります。 集合住宅の方 集合住宅が対象の光回線プランは設備を複数戸で共用するため戸建て向けに比べ割安ですが、予め対応してない建物では一定の契約希望者が必要です。 NURO光のwebページには「エントリー数が4人以上集まった物件から、管理組合または物件オーナーと交渉をおこないます」とあります。 キャンペーンを利用しよう 新規や乗り換えに、工事費無料やキャッシュバックのキャンペーンが行われています。 工事費や乗り換え時にかかる解約金を上回る高額のキャッシュバックもありますが、光回線契約のオプションに加入しないともらえないものもあるので、注意が必要です。 分割払いの途中で解約する場合は残額を一括払いする必要があります。 「にねん割」契約の場合は更新月を除き解約金がかかります。 フレッツ光の解約金はかかりませんが、工事費の残額は引き継がれます。 土日・祝日および年末年始に派遣工事日を指定した場合は追加派遣料:3,000円が必要です。 最大60回の分割払いも可能です。 分割払いの途中で解約する場合は残額を一括払いする必要があります。 年定期契約の場合、契約満了月の翌月および翌々月以外は解約時に戸建てタイプ:13,000円、マンションタイプ:8,000円の解約金がかかります。 光コラボのビッグローブ光の場合 ビッグローブ光はフレッツ光を転用する場合は、申し込み手数料:3,000円でフレッツ光の解約金はかかりません。 解約時には残額を一括払いする必要があります。 「ビッグローブ光(3年プラン)」には引越し先での工事費〇円の特典があります。 定期利用期間の最終月以外は解約時に違約金20,000円(不課税)がかかります。 一括払いまたは60回払いになり、途中解約の場合は残額を一括払いする必要があります。 2年契約の場合、更新期間以外は契約解除料9,500円がかかります。 ただし、引越しで解約する場合は、引越し先で「auひかりホーム」か「auひかりマンション」を継続使用すれば契約解除料はかかりません。 2年契約で契約解除料は9,500円です。

次の