ルイージマンション3 ベースラボ どこ。 Switch ルイージマンション3 恐怖のホテルライフ始めたよ 感想 その1

【ルイージマンション3】オバキューム強化までの攻略チャート

ルイージマンション3 ベースラボ どこ

概要 [ ] 専用ソフト第1弾で、の一つとして本体と同時発売された。 『』の登場キャラクターであるを操作して、を吸い込む、オバキュームを使い、不気味な屋敷に住むオバケ達を吸い込んで退治しながら、行方不明になったを探していく。 これまでのシリーズにおいて脇役だったルイージが初めて単独で主役となった作品で、パッケージ裏や広告などでもその事が大いに紹介された。 『』のオバケといえばだが、本作にはテレサ以外にも様々なオバケが登場する。 日本発のゲームソフトであるが、ゲームの舞台でもあるタイトルの「マンション」はで通常用いられるの「」ではなく、などの原義の「」「」を指すものとして用いられている。 開発経緯 [ ] 本作はニンテンドーゲームキューブ本体と同時発売であり、開発途中の映像もテレビ番組等で放映されていた。 当初お化け屋敷の中という設定の中で動き回っていたのはマリオであったが、当時からルイージを起用したデモ画面も存在しており、結局ルイージバージョンが実用化された。 本ソフトの3D対応版が開発されていたが、ゲームキューブの3D対応が見送られたことによってお蔵入りになった。 3D対応は後述するニンテンドー3DS版で実装された。 ストーリー [ ] ある日、ルイージの元に届いた「大きなお屋敷をプレゼント」という通知。 ルイージは地図を頼りにその屋敷に行ったものの、そこにあったのは想像していた豪華な屋敷とは似ても似つかない、不気味なお化け屋敷だった。 先に屋敷に入って行方不明となっていたマリオを探すため、持参した懐中電灯とオヤマー博士にもらった「オバキューム」「ゲームボーイホラー」を頼りに屋敷の扉を開く。 登場キャラクター [ ] マリオの双子の弟。 本作の主役。 臆病な性格で、特にオバケに対してはとても怖がりである。 お化けの研究をしている博士。 オバキュームや、オバケを絵にするマシンを開発した。 独特の言葉で喋り、特徴的な髪型をしている。 ルイージの双子の兄。 ルイージのマイホームゲット祝いのパーティに誘われたが、先に屋敷に向かい、行方不明になった。 なお、これまでの作品で言葉を一切発さなかった彼が一言セリフを発する場面がある。 の兵士的存在。 彼らもマリオを探すために屋敷内におり、屋敷の何箇所かで出会う。 話しかけるとセーブができる。 オバケ 今作の敵キャラ。 様々な種類がいる。 ボスクラスのオバケはエリアクリア後、肖像画として封じ込める。 「」を参照 ゲームシステム [ ] オバキューム が発明した、オバケを吸い取ることができる掃除機。 探索中は吸い込み口に懐中電灯を装着している。 ライトをオバケに狙って照射すると一時的にフリーズする為、その隙を狙って吸い込む。 また、ドアを吸い込むとガタガタ揺れるが、ニセモノのドアは揺れないので見分ける事ができる。 エレメントメダル 火、水、氷のエレメントメダルがあり、入手するとそれに対応するエレメントが出現するようになる。 オバキュームで火、水、氷の各エレメントを吸い込むと、それぞれ火、水、冷気をオバキュームから放出したり、勢いよく塊を発射できるようになる。 それぞれ以下のような特徴がある。 火 - 燭台に火を灯せる・ニセモノのドアを燃やし、一時的に消滅できる• 水 - 燃えているドアを鎮火できる・敵のボーマの爆発を防げる• 氷 - 水を凍らせて水漏れを防げる ゲームボーイホラー 外観はに似ている。 地図の表示、怪しい場所の調査(サーチ)、吸い込んだオバケの表示など多機能。 鏡をサーチするとエントランスにワープする事ができる。 通信機としての機能もあり、時折オヤ・マー博士からの着信がある。 この時、のバイブレーション機能のようにコントローラが振動する演出がある。 テレサレーダーが搭載されており、本体上部のランプが以下の3色で表示される。 青(点灯)- テレサはいない• 黄(点滅)- テレサが部屋にいる• 赤(激しく点滅)- テレサが近くにいる ただし、テレサレーダーはテレサの顔が描かれたボールや爆弾などにも反応してしまうので、実際に家具を調べてみないと分からない。 部屋の鍵 屋敷のいたるところにあり、使うと鍵のかかった部屋に入れる。 鍵があれば開くというわけではなく、鍵ごとに使う事の出来るドアが決まっており、入手した後ゲームボーイホラーで確認できる。 ボスを倒して手に入る鍵はやや豪華(のマークが描かれている)なデザインになっている。 オバケ絵になるマシーン オヤ・マー博士の発明品。 ルイージが使用するアイテムではなく、エリア成績の記録時に登場する。 本来目に見えないオバケの形を作り、肖像画として封じ込める機械。 手順を逆さまにして使えば肖像画に封じ込められた存在を復元させることも可能(ラスボスであるキングテレサを吸い込んだ後、肖像画に閉じ込められていたマリオを、オバケ絵になるマシーンを手順を逆さまにして使用し、復元させるシーンが見られる。 しかし戻される途中で感覚があるのか悲鳴を上げている)。 肖像画のオバケを吸い込む時に出るパールの大きさによって、絵や額縁が金・銀・銅の3段階に変化し、中のオバケも色に応じて表情や姿勢が変化する(ボスはルイージの残り体力で決まる)。 登場する場所 [ ] マンション [ ] 地上4階建てと地下1階の構造をしている。 ほとんどの部屋は施錠されており、すぐに入ることのできる場所は大抵暗く、オバケがいる。 オバケ退治などでカギが手に入るようになっているが、一部ニセモノのドアもあり、一度でも開けてしまうと壁との下敷きになり体力が減る。 蔦が絡みついたドアは入る事が出来ず触れると体力が減るが、条件を満たすと蔦が消滅して入れるようになる。 至るところでセーブポイントの役割を担うキノピオがいる他、ゲームボーイホラーでサーチすることでエントランスに戻ることのできる鏡が設置されている。 オヤ・マー研究所(ラボ) [ ] 基本的にゲーム開始前 マンションに突入する前 の拠点のように登場し、今まで吸い込んだオバケの肖像画を閲覧できる「ギャラリー」と、オバキュームの操作をトレーニングできる「訓練場」がある。 なお、トレーニング前の操作説明の画面でしばらく待つと、「」で使用されている「けけソング」の一節が流れる。 ニンテンドー3DS版 [ ] ルイージマンション ジャンル 対応機種 開発元 発売元 任天堂 陸克己 音楽 美術 人数 1人 〜 2人 メディア ニンテンドー3DS専用カード 発売日 2018年 2018年 2018年 対象年齢 : A : : 7 売上本数 9万本 [ ] に任天堂が発売した用ソフト。 この項目では、主に移植にともなう変更点・追加点を記述する。 システム [ ] ゲームキューブ版のメインモードと2人で遊ぶモードがある。 ソフトが1本あればトレーニングとボスリトライが遊べ、ソフトが2本あればそれらに加えて屋敷の全エリアの探索もできる。 2Pはルイージそっくりの姿で全身が緑色の「グーイージ」を操作する。 に対応しており、キャラクターによって異なる効果でルイージをサポートしてくれる。 また、でプレイすると、Cスティックでの操作が追加される。 キャラクター [ ] オヤ・マー博士 『ルイージマンション2』と『ルイージマンション3』の間の時間軸のオヤ・マー博士。 ゴーゴーカメラを改造し、未来から通信してきて「グーイージ」を送り込んでくる。 会話中のテーマ曲も『ルイージマンション2』のものが使われている。 また『ルイージマンション3』の公式サイトにある「オヤ・マー博士の研究日誌」によると本作はゲームキューブ版の並行世界ではないかと思われる内容が書かれている。 グーイージ 全身が緑色でルイージのような形をしている。 未来のオヤ・マー博士が開発し、「グー」と呼ばれる物質がルイージの形になった。 後の『ルイージマンション3』ではルイージの相棒として登場する。 アイテム [ ] オバキューム 設定画面で、ゲームキューブ版のようにライトを当てるとオバケが驚く「オリジナル」と、『ルイージマンション2』のようにAボタン(またはNew3DSのZRボタン)で強い光を放つとオバケが驚く「ストロボ」に切り替える事が出来る。 ゲームボーイホラー マップやアイテムなどが『』のように下画面に表示されるようになった。 オヤ・マー研究所(ラボ) [ ] ギャラリー 一度倒したオバケと何度でも戦えるボスリトライが追加された。 肖像画を調べることで挑戦を行うことができる。 良い成績を残すことで、肖像画のランクを更新することができる。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• メディアクリエイト 現在はページが更新されており見ることは出来ない。 VGChartz• ニンテンドー3DSj公式サイト. 任天堂. 2013年3月27日閲覧。 3DS版「ルイージマンション」公式サイト. 任天堂. 2018年11月7日閲覧。 任天堂 2018年3月9日. 2018年3月9日閲覧。 Nintendo of America. 2018年9月14日閲覧。 Nintendo of Europe. 2018年9月14日閲覧。 Nintendo of Australia. 2018年9月14日閲覧。 任天堂株式会社. 2018年9月14日閲覧。 Nintendo 公式チャンネル Youtube 2018年9月13日. 2018年9月14日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

ひつじの休日~ルイージマンション3 3階(ショッピングフロア)~

ルイージマンション3 ベースラボ どこ

ルイージマンション3とは 【どんなゲーム?】 掃除機でオバケを吸い込む ルイージマンションシリーズの最新作。 今作ではホテルが舞台となっており、マリオたちを助けるためにルイージが奮闘します。 マップには様々なギミックが仕掛けられており、 知恵を振り絞って謎を解くパズル要素が含まれています。 またオバケに限らず掃除機であらゆるものを吸い込めるので、 探索の楽しさにも定評のあるホラーゲームです。 マップの探索が好きな方、頭を使うゲームが好きな方にはおすすめのゲームです。 【前作未プレイでも大丈夫?】 ルイージマンション「3」ということなので、前作未プレイだと楽しめないのではないかと不安な方もいるかと思います。 結論から言わせて頂くと 前作未プレイでも問題なく楽しめます。 一部このキャラクター誰?といった疑問は出てくると思いますが、このシリーズの物語はいずれもかなりシンプルに作られています。 ゲームを遊んでいれば自然と理解出来るレベルなので何も心配することはありません。 それでも不安という方は以下の3つを覚えておきましょう。 「オヤ・マー博士はオバケの研究家」• 「ルイージに寄り添うオバケのような犬はオバ犬。 2で出会った」• 「ルイージは過去にキングテレサを絵 額縁 に封印した」 これだけで十分理解出来るでしょう。 各フロアの作り込みが丁寧• マップの探索が楽しい• 戦闘のテンポがよくなった• ルイージやオバケの挙動が可愛い• 小ネタが豊富• 謎解きのバリエーションが豊富• ゲームの雰囲気が抜群• ほどよく頭を使って遊べる• ホラーゲームが苦手な方でも安心• 前作未プレイでも問題なし• 良くも悪くもシリーズの正統進化• 大きな変化はあまり感じない• 人によってはマンネリを感じるのかも 実際にプレイした時の様子と解説 【プレイ開始】 それではプレイ開始! 物語は山道をバスで移動しているところから始まります。 ルイージたちは特別キャンペーンとしてホテル「ラストリゾート」へ招待の手紙を受け取っていたのです。 険しい道のりをウキウキで進み、ようやくいかにも高級そうなホテルに到着。 フロントでチェックインを済ませます。 するとこのホテルのオーナー 「パウダネス・コナー」が登場。 オーナー自ら客室へと案内してくれるそうです。 しかもルイージたちは何故かVIP待遇。 何か怪しい感じもしますが、とりあえず案内に従い客室へ向かいます。 ルイージの部屋はこんな感じでめっちゃ綺麗。 光の表現が眩しくてとってもキラキラしています。 とりあえず一息つくためにベットで休みましょう。 するとピーチ姫の悲鳴が聞こえてきます。 ルイージは慌てて目を覚ましますが、そこは先程と雰囲気が真逆も真逆。 まるでお化け屋敷かのようなホテルへと姿を変えていたのです。 状況がよくわからないルイージ。 とにかくホテルの探索へと向かいます。 エレベーター付近に差し掛かると、先程客室へと案内してくれたオーナー「パウダネス・コナー」と遭遇します。 なんとコナーはキングテレサを解放し、ルイージを絵の額縁へと封印しようとしていたのです。 ルイージはあまりの恐怖に全力で逃走。 こんな感じで逃げまくります。 しかし残念なことに逃げた先はダクトがあるだけの行き止まり。 ルイージはダクトへ逃げる他に選択肢がなく、そしてそのまま落下。 ルイージマンション3本編の幕開けです。 【オバキュームを入手】 落下した先から探索を進めていくと、 待ってました!オバキューム! 操作方法はAボタンでフラッシュ、ZRで吸い込み、ZLで逆に吐き出します。 そしてこれは本作からの新機能。 ZRとZLを同時押しすると軽くジャンプすることが出来ます。 それとこのような緑のランプにフラッシュを当てるとギミックを動かすことも可能です。 マップには様々な場所にお金やアイテムが隠されており、それらを見つけるのもシリーズならではの楽しみ方といったところです。 色んな場所を吸い込んだり吐き出したりしてみましょう。 そんな感じで先に進むと戦闘チュートリアルが始まりました。 シリーズではお馴染みですが、 オバケにフラッシュを当てると吸い込み可能な状態になります。 100という数字はオバケの体力となっており、吸い込み中にオバケが逃げる方向に対して逆にスティックを傾けると数字が減っていきます。 0になると無事に吸い込みは成功、シンプルでわかりやすいシステムです。 後はテクニックの一つとして、今作からの新要素 「スラム」という技があります。 オバケを吸い込んでいる際に地面へ叩きつけるといったもので、オバケの体力を減らすことが出来るのはもちろんのこと、 オバケ同士をぶつけて効率よくダメージを稼ぐことが可能です。 オバケが複数体いる場面では積極的に使っていきたいところです。 【オヤ・マー博士を救出】 戦闘チュートリアルを終えて先へ進むと、オヤ・マー博士が額縁に封印されているのを見つけます。 オヤ・マー博士とはオバキュームを発明したシリーズではお馴染みの重要キャラクターです。 救出するために奥へと進みましょう。 色々ありましたがそこらへんは割愛。 探索を続けていると何やら虹色の光を放つ特殊なライトを見つけます。 どうやらこの光を絵に当てると絵に描かれているものが具現化するようです。 例えば絵にコインが描かれていた場合はその絵からコインが出てくるといった具合です。 その他にも見えない宝箱を出現させたりといった別の使い方も出来ます。 とにかくこれでオヤ・マー博士の救出が可能になりました! 虹色の光を当てて無事に救出! 独特な喋り方が懐かしいです…。 オヤ・マー博士はこのホテルから逃げようと言ってきますが、 ルイージはマリオたちを見捨てるわけにはいきません。 オヤ・マー博士はそれを承諾。 何やら提案があるらしく、オヤ・マー博士の車があるという駐車場へ連れて行きます。 駐車場に到着するとボスとなるオバケと遭遇。 倒すとエレベーターのボタンを落としました。 説明していませんでしたが、ホテル内ではエレベーターが使えます。 しかしどういうわけかボタンがほとんど抜かれていたのです。 ボタンを回収して探索範囲が広がっていくようですね。 【ベースラボ】 オバケ退治が終了したので車へ向かうと、オヤ・マー博士が謎の物体を取り出します。 何これ?といった様子のルイージ。 しかしその瞬間、謎の物体が人の入れるサイズのラボへと姿を変えます。 早速中に入ってみましょう。 ラボで話を聞くとオヤ・マー博士もルイージたちと同じくコナーに騙されていたようです。 そして過去にルイージが捕まえたオバケたちが解放されてしまっていることを知ります。 ルイージはマリオたちの捜索と一緒にそのオバケたちを再び捕まえることになるのでした。 しかしそうはいってもこのホテルはオバケが巣食う危険な場所です。 そういうわけで、 オヤ・マー博士はルイージにバーチャルブーたる通信機を授けます。 これでオヤ・マー博士と通話し放題! +ボタンでマップの確認も出来るようになりました! ちなみに ラボでは設定の変更やギャラリーの閲覧が可能です。 ギャラリーは捕まえたオバケが見れたり、宝石という収集要素の確認などが行える機能です。 宝石は確認できる限りで102個もありました。 かなりボリュームがありそうです。 【探索の流れ】 オヤ・マー博士からバーチャルブーの他に モニターデバイスというものを受け取ります。 これをエレベーターに取り付けてきて欲しいと言われたので向かいましょう。 どう使うのかは取り付けてからのお楽しみです。 取り付け完了。 このデバイスはエレベーターからフロアの地図データを読み込むことが出来る装置のようです。 つまり先程手に入れたエレベーターのボタンを差し込むと、差し込んだ階のマップがわかるようになります。 更にこの装置はバーチャルブーと連動しており、 いつでもマップの確認が可能になるとのことです。 マップはこんな感じで確認できます。 というわけで次は5階に行ってオヤ・マー博士のカバンを取ってくる流れになります。 しかし基本的な部分はもう説明したので、ここらへんで解説は終わりです。 まだまだ説明しきれていない要素も多いですが、全てを説明すると長くなり過ぎます…。 最後に探索の流れをざっくりまとめておきます。 「ボスを倒してボタンを入手」 2. 「入手したボタンで探索範囲を広げる」 3. 「オバケを捕まえつつマリオたちを捜索」 画像や解説を見て面白そうだなと思ったら是非遊んでみて下さい! 最後に 【遊んでみた感想と評価】 まだまだ序盤ですが実際に遊んでみた感想をまとめます。 まずプレイして最初にすごいと感じた部分はその小ネタの多さです。 例えばトイレを調べるとびっくり箱のように手が出てきたり、タンスを調べると爆竹が飛び出て音が鳴ったりします。 こういった細かい演出があらゆるところに散りばめられており、 探索のマンネリを感じさせないように作られています。 お金やアイテムもこれでもかというほどに配置されているので、 オバキュームで吸い込む作業が楽しくて仕方がありません。 またギミックに至っても凝ったものが多く、かといって難し過ぎるといわけではない。 そこらへんはさすが任天堂さんのゲームといったところで、 ほどよく頭を使ってゲームが楽しめるのも高評価です。 探索が好きな方や謎解きが好きな方なら間違いなく楽しめる作品だと感じました。 とは言ってもまだまだ序盤の感想なので、クリアした後にまた詳しく感想を書きたいと思っています。 とりあえず 今の段階ではシリーズ正統進化の神ゲーといった印象です。

次の

【ルイージマンション3 攻略】鉄格子の檻から出るには…!グーイージの実験・特訓・操作方法・『テラータワー』解放

ルイージマンション3 ベースラボ どこ

もくじ• 二人同時プレイの条件 ストーリーモードを2人で遊べるようになる条件として、まず5階ゲストルームフロアのボス『ミスリー(メイドのオバケ)』を倒したあと、地下1階駐車場のオヤ・マー博士のところでグーイージを使えるようにしてもらう必要があります。 流れとしては 1. テレサから逃げ切ってプロローグを終了後、オバキューム使い方のチュートリアルを終わらせる。 1階フロアの絵の中に閉じ込められたオヤ・マー博士を助け出し、地下1階のボスを倒す。 エレベーター5階のボタンをゲットできるので、5階の各部屋を探索後に現れるボス(ミスリー)を倒す。 いったん地下1階のオヤ・マー博士のいるベースラボに行ってグーイージを使えるようにしてもらう。 ここまで行くと二人プレイができるようになります。 楽しんで探索しながら進めても30~40分ほどあればグーイージを使えるようになるので、ゲームを交代しながらオバキュームの操作に慣れつつ進めると同時プレイできるようになった時にいっそう楽しめるかと思います。 二人同時プレイの始め方 ストーリー二人同時プレイを始める条件については冒頭で述べたとおりです。 ではさっそく始めていきましょう。 まずはRコントローラーの(+)ボタンを押してVB画面を開き、【ふたりでプレイ】を選択して、Aボタンを押します。 次の画面でも【ふたりでプレイ】を選択し、Aボタンを押します。 下画像の画面が開くので、ルイージでプレイしたい人が先に【L+Rボタン】を同時押しします。 補足として、Joy-conおすそわけで遊ぶ場合はこの画面が出た段階でL・Rコントローラーを本体から外すとコントローラ認証を省くことができるため、二人プレイまでの時間を短縮できるのでおすすめです。 次にグーイージでプレイする人が【L+Rボタン】を同時押しします。 最後に、画面下に表示された指示に従い、ルイージを選択した人がコントローラー右端のボタンを押せば設定完了です。 ストーリープレイ画面に戻り、グーイージをプレイする人が操作スティックを押し込めば、グーイージが現れて二人同時プレイを始められます。 一人プレイへの戻し方 次は一人プレイへの戻し方です。 戻すのは二人プレイを始めるよりも非常にシンプルです。 Rコントローラの(+)ボタンを押し、VB画面を開いて【ひとりでプレイ】を選択し、コントローラー右端のボタンを押します。 コントローラーの【L+Rボタン】を同時押しします。 コントローラーが認識され、下画像の画面になったらAボタンを押すと設定完了です。 さいごに 文字で説明すると何だかややこしそうに見えますが、一度やってみると非常にかんたんな設定なのですぐに覚えられると思います。 私が家族とプレイした感想としては、Joy-conおすそわけで遊ぶ場合L・Rボタンの数が減りますが、操作は一人プレイでも二人プレイでもほぼ違和感無くできると言った印象です。 テラータワーやプレイランドもJoy-conおすそわけでのプレイが可能です。 遊び方については別記事でまとめていますので、興味のある方は参考にしてみてください。

次の