レタックス 電報。 郵便局の弔電の文例・送り方・料金|レタックス/窓口/土日

郵便局のレタックスとは?電報との違いや送り方、文例や書き方を徹底解説!

レタックス 電報

電話(固定電話・携帯電話)• インターネット(PC・スマホ)• FAX(専用用紙)• 郵便局窓口(専用用紙) いずれかの方法で申し込みできますが、それぞれによって• 申し込み窓口• 受付時間• レタックス料金(割引)• 支払い方法 が違いますので詳しく解説していきます。 電話からの申し込み方法 電話からのレタックス申し込みは、 0120-953953(通話料無料)または 03-6860-8888にかけます。 電報と同じように送りたいレタックスの種類や用途・メッセージ・送り先の情報などをオペレーターに直接伝えます。 FAXでの申し込み方法 日本郵便はファックスを利用したレタックス申し込みサービスも用意されていますが、事前に 差し出しを希望する取扱郵便局に専用の承認請求書を提出することが必要となります。 料金支払方法は料金後納に限り、事前に郵便局で料金後納承認請求手続が必要となります。 詳しいお手続きは、最寄りの郵便局へお問い合わせください。 郵便局窓口での申し込み方法 最寄りの郵便局の窓口からレタックスを申し込むこともできます。 郵便窓口でお渡しする専用の原稿用紙にご記入の上、差し出してください。 インターネットでの申し込み方法 パソコンやスマホからネットで申し込みする場合は、日本郵便のレタックス申込サイト「Webレタックス」へアクセスします。 サイトにはレタックス台紙の詳細が写真付きで説明してあるので、 贈るイメージがしやすいのが特長。 メッセージの文例集も豊富に用意してあり、電話と違って相手がいないので 納得のいくまで文章を考えられるのもメリットです。 また、 支払い方法を2種類から選ぶことができるのも便利です。 電話での申し込み方法はオペレーターが案内してくれますので、ここでは「インターネットからの申し込みの流れ」だけ簡単に解説したいと思います。 レタックス~ネット申し込みの流れ PCサイト スマートフォンサイト 1. 日本郵便のレタックス申込みサイトにアクセス 日本郵便 レタックス申込みサイト「Webレタックス」にアクセスします。 「用途」「台紙」を選ぶ サイトにアクセスしたら「用途 お祝い・お悔やみ・その他 」と用途に沿った「台紙」を選びます。 「Webレタックス」には「かんたん作成」と「こだわり作成」があり、「かんたん作成」では多数のテキスト文例・画像文例を用いてレタックスの作成ができます。 「こだわり作成」では専用フォームからワープロソフトのように自由にレイアウトができます。 但し、投稿フォームはFlashを採用していますのでiPhoneなどのFlash非対応のスマートフォンからは「こだわり作成」の利用はできません。 文例を選択し、本文を編集する 用途と台紙を決定したら、文例を選択し本文を編集します。 「本文を編集する」項目で フォントの選択 明朝体・ゴシック体・毛筆行書 や スタイル・レイアウトの調整 文字の色・サイズ・縦書横書き ができます。 「プレビューに反映する」ボタンを押すことで仕上がりを確認することができます。 差出人・宛先・配達指定日を入力する 本文を作成したら差出人・宛先情報を入力します。 宛先入力ページでは、「配達指定日」と「時間帯希望」の設定ができます。 申し込み内容を確認したら、 「Webゆうびん」への会員登録をします。 2回目以降は「Webゆうびん」へログインします。 料金を確認し、支払い方法を選択する 料金を確認し、支払い方法を選択します。 「Webレタックス」の支払いは、「 クレジットカード支払い」と「 料金後納」から選べます。 料金後納の場合には、事前に書類手続により事前に取扱局の承認を受けるほか、新東京郵便局への他局差出承認を受ける必要があります。 お手続をいただけば、毎月のご利用料金を翌月に口座振込や請求書によりお支払いいただけます。 決済方法を確認することで申し込み完了となります。 レタックスの受付時間は? 電話(フリーダイヤル0120-953953)での電報申し込みは、 受付時間【8時~22時】 で、年末年始も含め年中無休で受付しています。 インターネットからの申し込みは、もちろん 24時間受付していますが、申し込み時間によって配達日時が変わります。 例えば、 15:30までに差し出しの場合(一部地域は13:30まで)、当日の配達が間に合いますが、それ以降だと翌日の配達になります。 レタックスは海外へ送れるの? 2017年11月現在、日本郵便は 海外へのレタックスの送付に対応していません。 レタックスは日本国内からの申込み、かつ日本国内宛てのものに限り申し込みできます。 レタックスの料金・支払い方法 料金体系(メッセージ料金)は? 日本郵便のレタックスは料金の中に、• レタックス台紙料金• 結婚式お祝いのレタックス料金(一例) たとえば、友人の結婚式に下記のような祝電メッセージをWebレタックス申し込みで送る場合、 ご結婚おめでとうございます これからもお二人で仲睦まじく 暖かい家庭を築かれますよう 心よりお祈り申し上げます ここまで52文字 慶弔用レタックスは台紙で料金が決まります。 、 慶祝用封筒・リボン慶祝用台紙を選択した場合、料金:512円(税込み) となります。 レタックスには 512円の慶祝用台紙から、5062円のうるし風(扇)・慶祝用台紙まで多数用意されています レタックスの割引料金 レタックスは、電話や郵便窓口から申し込むよりも インターネットから申し込みしたほうが80円ほど安くなります。 文字数は何文字まで? レタックスは特に文字数に制限はありません。 但し、コールセンターへの電話での申し込みで通信文の文字数が15文字を超過する場合 5文字までごとに93円加算されますので、 長い文章は料金も高額になることを計算してメッセージを決めましょう。 またWeb、窓口、その他からのお申し込みで通信文が用紙が2枚以上となる場合(追加できる通信文用紙の枚数は4枚まで は所定の加算料金が必要となります。 Web 白黒印刷 1枚ごとに31円• 郵便窓口・郵便局への電話・郵便局へのFAX・ポスト投函 1枚ごとに100円• Web カラー印刷 1枚ごとに51円 ちなみに、結婚式電報など祝電のメッセージ文例では、60文字~100文字までが文字数の相場となっています。 レタックスの支払い方法は? レタックスの支払い方法は、申し込み方法によって変わりますので注意が必要です。 クレジットカードでの支払い インターネット(PC・スマートフォン) サイト、コールセンターへの電話から申し込みの場合は、クレジットカードでの支払いが可能です。 料金後納(請求書払い等) インターネット、郵便窓口、FAX、郵便局への電話への申し込みなら、料金後納も可能です。 電話料金との合算支払い 固定電話から「0120-953953」でレタックスを申し込みする際は、電話料金からの支払いができます。 ただし、お客さまのご利用状況によってはお取り扱いできない場合がありますので、詳細はソフトバンクテレコム株式会社へお問い合わせください。 レタックス料金支払い方法について、詳しくは公式サイトをご確認ください。 日本郵便 レタックスの送り方・料金まとめ 電話・ネットで気軽に申し込みできる レタックスと言えば昔は郵便局や電話からだけの受付でしたが、最近はインターネット(とくにスマホ)からの申し込みができるので、 台紙選びやメッセージ作成も気軽にできるサービスになっています。 お得で便利なネット申し込みがおすすめ! 日本郵便のレタックス申し込みサイト「Webレタックス」からネット申し込みすると、郵便窓口・電話に比べて お安く注文ができます。 最近の電報会社には、 メッセージ料金込みで1,000円台の格安なサービスもあるので、シーンにあわせて選ぶのがおすすめです。

次の

結婚式のお祝いに電報(祝電)を贈る

レタックス 電報

注意料金後納を利用する場合、事前に日本郵便と料金後納契約を行っておく必要があります。 レタックスの最大のメリット 一言で言えば、電報は文字数により料金が変動しますが、レタックスは文字数による料金の変動がない事です。 文字数で料金の変動がある場合、なかなか決まった文字数の中で伝えたい気持ちを表現するのは難しいですが、レタックスだど文字数に制限がありませんので、伝えたい言葉で気持ちを伝える事ができます。 Webレタックスは、「かんたんフォトフレーム」というオプションを使うと、スマホやパソコンに保存されている画像や写真を使うことができますので、視覚でもストレートに気持ちを表現する事ができます。 Webからの利用方法 郵便局へのFAX 郵便局にFAXにてレタックスを利用を申し込む際、事前に差出しを希望する取扱郵便局に専用の承認請求書を提出しておく必要があります。 差出しの際は、原稿とレタックス差出票を、承認を受けた郵便局あてに送信していただければ完了となります。 支払い方法は、料金後納のみとなります。 郵便局への電話 郵便局に電話にてレタックスを利用を申し込む際、事前に差出しを希望する取扱郵便局に専用の承認請求書を提出しておく必要があります。 差出しの際は、電報と同じように、電話でどの原稿を送るか指定してください。 支払い方法は、料金後納のみとなります。 ポスト投かん 適当な封筒にレタックス代金相当分の切手を貼付し、通信文、差出人と受取人の住所、氏名を書いたレタックス用紙を入れて投函してください。 封筒の表にあて名は記入せず、「レタックス」又は「電子郵便」と朱記してください。 記入例 よくある質問と回答 何時までに申し込みすれば当日配達可能ですか? 原則として15:30分となっておりますが、一部地域では13:30までとなります。 引受時間は局により異なりますので、のページにて郵便番号を入力して確認してみてください。 Webレタックスは、土日祝日でも配達を行うのですか? 土日祝でも配達を行います。 お届け先が不在の場合どうなりますか? レタックスは対面配達ではありませんので、原則的に郵便受箱へ配達します。 郵便受箱が設置されてない場合、郵便受箱に入らない場合などは、通常通り不在通知書入れて持ち戻ります。 海外へも送付可能ですか? 国内限定となります。

次の

お悔やみ用の文例一覧

レタックス 電報

お世話になった方や親戚の突然の訃報を受けた場合、通夜や葬儀に参列するのが一般的です。 しかしどうしても通夜や葬儀に参列することができない場合があります。 そのようなときは、弔電つまりお悔やみ電報を送ることをおすすめします。 弔電というと以前はNTTを利用する方が多かったでしょう。 現在は通信会社を始め色々な会社が参入し、電報サービスを行っています。 そして身近な郵便局にも弔電を出せるレタックスというサービスがあります。 ここでは郵便局での弔電のサービス内容や送り方を文例などを含めて、ご紹介します。 もしもの時のために参考にして下さい。 レタックスとは?弔電を送れる? 郵便局で取り扱うレタックスとは、どのようなものなのでしょうか。 電報との大きな違いは、手書きのメッセージやオリジナルの文章、イラストが送れることです。 もちろん用意された定型の文章を送ることも可能です。 弔電の場合は、定型の文章を利用する機会が多いでしょう。 レタックスを申し込むと配達先の地域を担当する集配郵便局へコンピュータで送信され、配達郵便局は受信情報を印刷し、それを封書の形にして相手先へ届けます。 はがきなど手紙でお悔みを伝える時は? 訃報を葬儀か終わった後で知った場合などは、どのようにしたら良いのでしょうか。 最近は家族葬を行う方も多く、葬儀が終わった後で訃報を知ることがあります。 弔電を送ることができなかった場合は、手紙や電話でお悔みの気持ちを伝えます。 電話ではうまく気持ちが伝えられない場合は、文書で送ると良いでしょう。 文書を送る場合、時候の挨拶や拝啓などの頭語は入れず、お悔みの気持ちを簡潔に書きましょう。 はがきで取り急ぎ送ったり、手紙を送ると良いでしょう。 不幸が重ならないという意味で封筒は二重のものではなく、一重のものを使用します。 白い封筒と便箋が望ましいですが、華美な物は避け、黒色の筆記用具を使い縦書きで書きます。 文章の構成は、お悔やみの言葉・通夜や葬儀に参列できなかったお詫び・遺族を気遣う言葉の順で書きましょう。 また香典を同封するときは、そのことも書き記します。 香典は不祝儀袋に入れて、現金書留を利用します。 レタックスの申し込み方法は? Webでレタックスを申し込む場合は、どのようにするのでしょうか。 まず先に「Webゆうびん」への登録が必要になります。 WebゆうびんとはWebレタックス以外にもWeb速達やWebレターなどのサービスが利用できます。 また日本郵便株式会社のWebサイトで、追跡サービスにより配達状況の確認が可能なので安心です。 登録する時は、住所氏名などの必要事項とメールアドレス、クレジットカードもしくは新東京郵便局差出承認済みの料金後納のお客様番号を入力します。 またWebからの申し込みは、郵便局の窓口申し込みなどに比べて、利用料金が低く価格設定されています。 Webでの申し込みは、自宅や職場などから手続きが可能なので、なかなか郵便局まで行けないという方におすすめの方法です。 下記のWebゆうびんご利用の流れを参考にして下さい。 電話やポストへの投函で申し込む レタックスはコールセンターへの電話やポストへの投函によって、申し込むことも可能です。 郵便局が近くにない、営業時間内に郵便局に行けないという場合に便利な方法です。 コールセンターでレタックスを申し込む場合は、事前に登録の必要がないので、突然の訃報で弔電を送るときに良い方法です。 受付は年中無休で時間は8時から22時です。 コールセンターでは、相手先や申し込み者の情報、支払方法、台紙や文面の選択などを行います。 ポストへの投函でレタックスを申し込む場合は、適当な封筒に料金分の切手を貼り、文章と差出人・受取人の住所と氏名を書いたレタックス用紙を入れて投函します。 その際の注意点は、封筒の表に「レタックス」か「電子郵便」と赤字で書き、宛名は書きません。 この方法は、事前にレタックスの用紙が必要なので、いつも用紙が準備されている職場などに向いている方法です。 レタックスの利用料金の支払方法は、どのようなものがあるのでしょうか。 郵便局での料金支払い方法のひとつに料金後納がありますが、事前に郵便局で料金後納承認請求手続が必要になります。 くわしい手続きは最寄りの郵便局に問い合わせて下さい。 郵便局の窓口でレタックスを申し込む場合は、現金や切手での支払い、および料金後納が可能です。 Webの場合はクレジットカードと料金後納という方法が利用できます。 コールセンターの場合は、クレジットカードと電話料金との合算払いが可能です。 電話料金との合算払いは、ソフトバンクテレコム株式会社の「おとくライン」や「クイックライン」を利用している方が使えます。 自分が利用できるかどうか確認が必要です。 ポストへの投函は利用料金分の切手を使用します。 必ず利用料金の確認をして、不足分がないようにします。 レタックスは当日でも大丈夫? 訃報を知ったとき、当日のレタックスによる弔電の配達は可能なのでしょうか。 15時30分までに申し込むと当日の配達が可能です。 一部地域では13時30分が締切となっていますので、必ず事前に確認しましょう。 土日祝日でも郵便局でレタックスを利用できる? 訃報は突然のことが多いので、弔電を送ろうとする時間が平日の昼間とは限りません。 土日祝日、また夜間の場合でも郵便局のレタックスによる弔電は利用できるのでしょうか。 集配を行っている一部の郵便局は、郵便窓口が営業しています。 24時間営業のところもあるので、近くにある場合はレタックスによる弔電の申し込みが可能です。 HPで各郵便局の営業時間や営業日を確認して利用しましょう。 コールセンターは、前述したように年中無休で受け付けていますが、営業時間は8~22時です。 コールセンターの時間外の場合は、Web申し込みかポストへの投函を利用しましょう。 レタックスによる弔電の利用料金は? レタックスで弔電を送ったとき、利用料金はどのようになっているのでしょうか。 レタックスの利用料金についてご紹介します。 レタックスの料金は台紙によって決まっています。 シンプルな台紙は512円~、おし花の台紙は1,462円~、刺繍台紙は1,972円~、織物台紙は3,002円~、うるし台紙は5,062円~です。 すべてWebで申し込みした場合の料金です。 その他の方法は、プラスの料金が必要です。 台紙以外には、定形サイズの封筒へA4紙を三つ折りで封入し、送ることも可能です。 自分の予算などに合わせて、ふさわしい台紙を選びましょう。 郵便局のレタックスは、NTTの弔電に比べると用意されている台紙の種類が多くありません。 逆に迷うことがなく急がなければならない弔電には、向いているサービスと言えます。 弔電の文章はどうする? 弔電を送ろうとしたとき、送る文章をどうしたらよいか悩むことが多いでしょう。 ここでは弔電の文章について、文例を含めて紹介します。 弔電の文章を考える場合の参考にして下さい。 文面を考える際に注意したい点は、弔電を送る相手が故人ではなく喪主もしくは家族になることです。 そのことをふまえて、文章を考えましょう。 また葬儀開始の3時間前までには弔電が届くように手配しましょう。 レタックスの文例 レタックスでは、弔電用に現在19の文例がシーン別に用意されています。 台紙と同じく文例も多くなく、シンプルなものが用意されています。 状況や故人との関係を考えて選びましょう。 申し込みの際、レタックスの文例集の番号を伝えるとスムーズに申し込みができます。 また用意された文例を利用して、自分なりの文章で弔意を表すことも良いでしょう。 レタックスの特徴として、手書きの文章やイラストを送れるということがあります。 自分の文字で弔意を表したい方は、レタックスを利用すると良いでしょう。 やむを得ぬ事情でお別れに伺えず、残念でなりません。 ご家族の悲しみは計り知れないものとお察しいたします。 残されたご家族の皆様のご心情はいかばかりかとお察しいたします。 弔問かなわぬ非礼をお詫びし、遠方より謹んで哀悼の意を表します。 郵便局で弔電と香典を一緒に送れる?.

次の