ナナイロ エレクトリック。 アジカン&エルレ&テナーの対バンライブ「ナナイロエレクトリックツアー」大阪・愛知・神奈川で開催(ファッションプレス)

ナナイロ エレクトリックツアー in aichi sky expo レポ ELLEGARDEN ストレイテナー ASIAN KUNG

ナナイロ エレクトリック

NANA-IRO ELECTRIC TOURとは、 ASIAN KUNG-FU GENERATION、STRAIGHTENER、 そしてELLEGARDENの対バンツアーのこと。 15年ぶりにこの3バンドが誰ひとり欠けることなく集結し 対バンツアーを開催した。 ナナイロの話をする前に、語られなければいけない話が ひとつ。 ELLEGARDENというバンドの復活だ。 10年という大好きなロックバンドがライブをしない期間としてはあまりに長く、そして辛いであろう期間。 わたしは10年前からエルレが好きなわけではないし、 そもそも10年前の記憶なんて無いに等しい。 わたしなんかが10年間待ち続けたひとの気持ちを 推し量ることは出来ないけど、それでも活動再開が発表 されたあの日は、復活を心の底から待っていた全員が 泣き出しそうなほど嬉しくて幸せだったと思う。 むしろ泣いたひともいたと思う。 おかえりなさい、ELLEGARDEN。 あなたたちのライブを観ることがわたしの夢のひとつ でした。 そして、ナナイロとわたしの話。 わたしの頭は出来が良くないので、セットリストも あやふやでMCも一言一句間違えずに書き記すことが 出来ないけど、ナナイロに参加した証として遺してみる。 テナーはまっすぐで芯が通った音楽をするひとたちだと 思っていて。 あの日もあの声とあの音でわたしを少しだけ 強く、まっすぐな人間にしてくれた。 キラーチューンの 連発で、わたしがテナーと出逢った歌も披露してくれた。 自分の好きな歌がライブで披露されるというのは、 テンションがぶち上がらない筈がない。 演奏はバチバチに格好いいのに、MCになると途端にゆるくなるあの感じも、急に泣かせにくる時も、全部まとめて 心地よい空気感だった。 失礼を承知で言うが、このメンツのなかで1番歌を知らないバンドがアジカンだった。 わたしが知っている曲が終わって、内心 ドキドキしていたけれど、さすがベテランと言うべきか、 心にすとんと落ちてきて心配なんていらなかった。 オールスタンディングの会場を揺らすのもリズムにのせる のもいとも簡単にしてしまうこのバンドを観て、だから 愛されているのかと納得した。 活動再開を発表したあの日までに、何度か 「今年復活する」という話が出ていた。 そのどれもが嘘で 終わってしまって、変に希望を持たせたひとを憎みつつ、 活動再開なんてありえないと勝手に思っていた。 インテックス大阪にいたあの日も、始まるまで全く信じることが出来なかったし、ロゴが映し出されたときも実感が 全然湧かなかった。 ライブが始まってしまうと周りのひとが見えなくなるほど夢中になって、自然と口角が上がって 楽しくてたまらなかった。 あの時の気持ちをなんと呼べばいいのだろうか。 あの日、インテックス大阪でテナーとアジカンとエルレが くれた時間はどこを切り取っても素敵なもので、幸せが 溢れていて、わたしにとってとても大切な宝物だ。 その宝物はずっと心の中に閉まってあって、泣きたい時や 辛くて逃げ出してしてしまいたくなった時に、振り返って 勇気をもらっている。 バンドを続けることは綺麗事だけでは成り立たなくて わたしが想像も出来ないほどの苦労と挫折と苦しみが あると思うけれど、ずっと続くことを願ってしまう。 このご時世でライブが中止になり、ライブハウスをはじめとするライブ会場の経営が問題視されているけれど、 どうかこの波を乗り越えて、あの場所で、誰もが幸せになれるあの場所でまた笑い合える日々が来ますように。 投稿いただいたコメントはロッキング・オンが公開可否審査を行った上で掲載します。 コメントの前に、かならずを読んでください。 音楽文事務局が不適当と判断したコメントについては掲載しない場合がございます。 また、一度掲載されたコメントも、音楽文事務局の判断で削除させていただく場合がございます。 ご了承の上ご利用ください。 コメントの掲載基準や掲載可否についてのお問い合わせにはご対応いたしかねます。 ご了承ください。 利用規約に違反している可能性があるコメントを見つけた際は、当該コメントの「…」ボタンより「報告する」を押してお知らせください。 お知らせいただいたコメントは1件ずつ確認し、対処いたします。 犯罪予告や名誉棄損、侮辱、信用棄損、業務妨害罪などに該当する場合など、コメントの内容によっては警察に通報する場合があります。 本コメント機能はベータ版となります。 予告なく終了する場合がございます。 ご了承ください。

次の

アジカン&エルレ&テナーの対バンライブ「ナナイロエレクトリックツアー」大阪・愛知・神奈川で開催

ナナイロ エレクトリック

もくじ• ナナイロエレクトリックツアーのグッズの種類は? ナナイロエレクトリックツアーですが、 アジカン、エレルガーデン、ストレイテナーの 対バンツアーになるんですが これがなんと15年ぶりということで ファンの方にとっては夢のようなツアーなんです! ナナイロエレクトリックの開催は歓喜しかないし、テンション上がる要素しかないんだけれど、今となってはおっさんホイホイのこのイベントが全日平日開催という鬼畜仕様のため、色んなものと睨めっこしている今。 予めご了承ください。 アジアンカンフージェネレーションのツアーグッズ まずはアジカン。 10年は長かったな。 エレル復活を見れずに死んでいった同士も沢山いた事だろう。 なにせエルレはそういう人達の音楽だったからね。 — ミスター a. 春よりさらにゆるっと。 夏らしい配色で色んなアイテムに展開いただいております。 ロンTはタイポグラフィと袖にはテナーメンバーのイラスト入り。 Tシャツは楽曲「スパイラル」をイメージしたグラフィックになっております。 本日の出演するJAPAN JAM 2019から販売開始になります。

次の

ナナイロ エレクトリックツアー in aichi sky expo レポ ELLEGARDEN ストレイテナー ASIAN KUNG

ナナイロ エレクトリック

タイテ次第で人気バンドなら必ず起こる まあ、起こるべくして起こったなと思った。 この3バンドの中でどのバンドが一番人気なのかというと、 ELLEGARDENだ。 ヘッドライナークラスの エルレが常にトリを務めるイベントならそう問題は起こらない。 大阪では エルレがトリだったのでそこまで騒がしくなかったように思えるけど、 名古屋では起こるべくして起こってる。 このイベントはこの3バンドが3会場とも出演順が変わる。 10月23日(水)のでは ELLEGARDENの出演順は2番目だった。 この日トリを飾った ストレイテナーの ナカヤマシンペイが感じたことがあのツイートだ。 色んな人がいたと思う。 もちろん エルレが終わって満足して「 自主的に」帰った人、そして交通機関の関係で「 仕方なく」帰った人も。 もしかしたらこの日のトップバッターの アジカンを「 自主的に」観なかった人もいたかもしれない。 しかし、諸事情で アジカンの時間に間に合わなくて、「 仕方なく」エルレから観た人もいるかもしれない。 帰りの電車の都合とか色々あるよね。 そうじゃない人ももちろんいると思うけど、止むに止まれず帰っちゃったんだなぁ、って思ってる方が精神衛生的にいいよね。 RT — デミさん Takenoco0803 もし本当に「 自主的に」観てないとしたら、 アジカンや テナーのファンからしたらあまりいい気分はしないだろう。 「 エルレが主役のイベントじゃねえから!主催は アジカンだから!!」そう思ってる人もたくさんいる。 ちなみに最後の11月1日、 横浜アリーナでは エルレはトップバッターだ。 ひょっとしたら エルレが終わったらごっそり人がいなくなるかもしれない。 でも、多分そんなことはない。 この3バンドでのツアーの意味を知ってる人はとても多いから。 というような、そんな綺麗事をここでは語るつもりはない。 そういう人もいるよ、きっと。 ELLEGARDENしか興味がない人からしたら、 アジカンと テナーを知らない人からしたら、それはとても退屈な時間だし、 ナカヤマシンペイの言うようにその余韻のまま帰りたいって人もいるかもしれない。 3バンドの関係性を知っても知らなくても観るべきイベントだと思いますが、強制はできない。 コラボもするだろうし、きっとこの夜しか観れない光景が見れるだろうけど、強制はできない。 だって、それは どのイベントでもフェスでも同じなのでは?とも思うから。 例えば今年の。 トリ前が人気絶頂の WANIMAで大トリが ROTTENGRAFFTYだったが、この時かなりの人が帰ったと聞く。 (ちなみに サタニックは終わるのが遅いから交通事情もありますよ…) 極論を言うとそういうことだ。 同じチケット代を払ってても、そのチケットの価値は人それぞれだ。 ワンマンならその価値は限りなく同じだが、イベントやフェスは違う。 かくいう俺だって、対バン相手のバンドの演奏がイマイチハマらなくて、途中で抜けて外にいたこともある。 ナナイロのメンツでは ELLEGARDENの人気が一番高い。 でも、 アジカンも テナーも人気があるバンドだ。 イベントによってはトリを飾れるくらい人気も実力もあるバンドだ。 だからなんでしょうね、 エルレだけ観て帰る人に対して過剰に反応してしまうのは。 2018年の復活ツアーの時、対バンが アジカンや テナーになるんじゃないか?って話もファンの間では出た。 それくらいこの3バンドの組み合わせは思い入れのある人は多い。 だからこそ ONE OK ROCKがゲストに決まった時の反応も思い出す。 3月に行われた ALLiSTERのツアー、そのゲストで登場した ELLEGARDEN。 この時も、 エルレが終わった後「 自主的に」帰った人もきっといる。 でも、 ALLiSTERとの関係性にピンときてない人はそんなの関係ないよね。 その日、復活後初めて エルレを観た俺も、余韻に浸りながら帰路につこうとする人の気持ちもわからないでもない。 破壊力がものすげえから、今の ELLEGARDENは。 エルレを観れてない人が早く観れますように 結局 エルレがトリではないイベントではこういうことは必ず起こってるんだろうし、それは他の人気バンドでもまた然りなのでは。 まあでも ナナイロが特別なツアーで、それなのに残り2バンドを「 自主的に」観ないで帰る人の気持ちがわからない、という人の気持ちもわからなくはないですけどね。 チケットを取れてない人もいるし、依然として復活した ELLEGARDENを観れてない人もいるから。 そう、 一番傷つくのはまだ観れてない人だ。 だから、観たい人が観れる環境に早くなればいいなと思います。 おそらく2020年も ELLEGARDENは単発でライブをするはずだし、同じ2020年、 MONOEYESのアルバムを作ることを公言している 細美さんは、2021年には エルレの音源を出すことでしょう。 そしてツアーもやってくれることでしょう。 なんて希望的観測をぶちあげましたが、その時には全国津々浦々の人が観れる機会がきっとやってくる。 チケット取れるかほんとにわからないけどね….

次の