オ アンダ ジャパン mt4。 オアンダ・オープンオーダーMT4インジケーター登場

MT4ならOANDA JAPAN一択!数少ないMT4で一番の理由

オ アンダ ジャパン mt4

OANDAオープンオーダーをMT4のチャート上で OANDAの人気ツールの一つにオープンオーダーがあります。 このオープンオーダーはOANDAグループの顧客のオーダーをグラフ化し、簡単にチェックすることができ、リミット、サポートの水準の予測に役立つほか、大きなストップ注文がどこに溜まっているかを探ることができる便利なツールです。 OANDAでは、この度、WEBサイトでしか見ることのできなかった、オープンオーダーをMT4のチャート上で表示することができるインディケーターを作成することに成功しました。 このツールを使用すれば、OANDAのMT4のチャート上でオーダーを確認することができ、どこに厚めなオーダーが入っているのかをチャートの上で簡単に確認することができます。 また、注文は、チャート上の重要なポイントに近い場所に集まる傾向があるため、なぜそこに注文が多いのかを探っていくことでチャートを読む力がつくかもしれません。 実際にMT4上に表示してみると、下のキャプチャーのようになります。 (ちなみにオーダーは20分ごとの更新となります) オレンジのバーが売り注文、ブルーのバーが買い注文となります。 近くにある厚めな注文がある水準には横線が引かれ、視覚的に接近したのが解りやすくなっています。 もちろん、このオーダーはOANDAグループの顧客のものだけなので、市場の全部のオーダーというわけではありません。 そのため、値動きに影響を与えない場合もありますが、大きなオーダーが入る場所はチャート上の重要なポイントであることが多く、他の市場参加者も近いところにオーダーを入れている場合も多々あり、短期的に市場にインパクトを与えることも多いため、特に短期トレーダーの方は有効的に活用できるかもしれません。 It is not investment advice or a solution to buy or sell securities. Opinions are the authors; not necessarily that of OANDA Corporation or any of its affiliates, subsidiaries, officers or directors. Leveraged trading is high risk and not suitable for all. You could lose all of your deposited funds. Related posts: 店頭外国為替証拠金取引 FX は元本保証の金融商品ではありません。 為替変動、金利変動等により、損失が生じるおそれがあります。 また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。 当初証拠金必要額は、個人の場合取引金額の4%以上、法人の場合取引金額の2%以上です。 法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額以上の委託証拠金額が必要となります。 為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。 口座管理費及び取引手数料は無料です。 取引レート及びスワップポイントには売値と買値の提示価格に差(スプレッド)が生じます。 各通貨の金利変動により、スワップポイントが受取りから支払い等に転じる ことがあります。 当社との契約形態は店頭外国為替証拠金取引となります。 取引開始にあたっては契約締結前交付書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。 本サイトには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本サイトは、オアンダが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。 当社は、本サイトが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。 オアンダおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。 オアンダおよび当社は、本サイトに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。 )を被った場合でも、一切の責任を負いません。 本サイトに記載された意見は執筆者自身のものであり、必ずしも当社又はOANDA Corporationのものではありません。 本サイトの一部は、当社の親会社であるOANDA Corporationが作成したものの邦訳です。 本サイトに関して、英語版と日本語版に不一致がある場合には英語版が優先します。 All rights reserved. All Registered Trade Marks used on this Website, whether marked as Trade Marks or not marked, are declared to belong to their respective owner s. OANDA Corporation owns Trade Marks of all its "FX" products.

次の

MT4が使えるおすすめの国内FX業者一覧|FX

オ アンダ ジャパン mt4

タグ 初心者向きコラム 外為オンライン YJFX! ワイジェイFX! FXプライム byGMO FXブロードネット GMOクリック証券 トレイダーズ証券 DMM. com証券 DMM FX 外為ジャパン LINE FX 外為どっとコム セントラル短資FX マネックス証券 FOREX. com インヴァスト証券 JFX ヒロセ通商 岡三オンライン証券 マネーパートナーズ マネースクエア ひまわり証券 IG証券 その他FX会社 FX くりっく365 くりっく株365 スプレッド スワップポイント 1000通貨・少額 シストレ(自動売買) スマホアプリ アプリ機能比較 iPad テクニカル指標 売買シグナル 未来予想チャート メルマガ セミナー・イベント 制度 リスク管理 オーダー情報 お得な情報 他金融商品との違い トレード手法 価格動向 定番のチャート分析 デモトレード 高金利通貨 比較 取引ツール リピート系注文 口座開設 通貨ペア MT4 チャートツール 初心者 注文方法 取引方法 外国為替市場 ファンダメンタルズ分析 マーケット情報 経済指標 バイナリーオプション ノックアウト・オプション CFD CFD銘柄 目次• OANDA japanの口コミや評判は? 2019年で設立22周年を迎えたOANDA Japan(以下OANDA)は、1995年にアメリカで設立され世界8拠点で展開する信頼のFX会社です。 日本の金融庁をはじめ、イギリス、オーストラリア、シンガポール、カナダと世界8都市と、それぞれの規制に沿ったFXサービスを展開しています。 ネットでOANDAユーザーの声を見ると、極端に悪い口コミはほとんど見受けられませんでした。 そのかわり、使うトレーダーのレベル、手法によって向き・不向きがあるのがOANDAの特徴です。 まず1通貨対応により少額取引できるのは非常に魅力的ですが、初心者向きの業者ではありません。 取引ツールには使いこなしに慣れが必要であり、英語表記も多いので、中級以上の玄人向き業者となります。 デイトレードでもスワップポイントが付くのは魅力的ですが、付与されるスワップポイントは高くないので、中長期売買には向きません。 しかし非常に高機能なツールを揃えており、約定力も高く、なかなかのハイスペックなFX業者です。 FXの仕組みがわかってきた方でしたら、サブ口座として始めてみて、少しづつ扱い方に慣れていくのがおすすめです。 メリット・デメリット まずは、OANDAの口座や取引ツールの長所や短所から見ていきましょう。 OANDAのデメリット• コースによってスプレッド、取引条件が異なる。 スキャルピング禁止していないが、過度な取引の場合は口座凍結の恐れあり。 取引ツールは基本英語表記で、高機能ゆえに使いこなすには慣れが必要。 スワップポイントはあまり高くない。 注文方法が少ない。 派手な現金キャッシュバックは開催されていない。 とにかく練習感覚で実践を積みたい方には、OANDAは最適な業者です。 海外系事業者ながらも手数料体系は無料なので、余計なコストを心配することなく取引できる業者となります。 なお複数の取引コースが用意されており、最小取引単位やスプレッド、通貨ペアはコースによって異なる点には注意が必要です。 約定力が高く、短期売買向きの業者 OANDAが創業以来ずっと注力してきたのが、注文をしっかり通す力「約定力」です。 顧客がストレスフリーに取引できるように、NDD方式といってインターバンク市場とダイレクトに繋がる注文方式を採用しています。 NDD方式は、ディーラーを介さないため約定拒否がなく、スピーディーに約定する特徴があります。 マーケットオーダー(成行注文)は約定率100%、約定スピードは0. 057秒と早いので、OANDAはデイトレなど短期売買との相性も抜群です。 一応スキャルピングも可能となっており、厳密には禁止されていません。 ただし悪質と思われる売買をすると、口座凍結の恐れもありますのでご注意ください。 コース別スプレッド・通貨ペア数・通貨単位 OANDAには3つのコースがありますが、ここでは要点をまとめて解説します。 プライマリー口座• ベーシックコース• プロコース 両コースは取引システム「fxTrade」「MT4」どちらも使うことができ、fxTradeが1通貨対応口座で、MT4は1,000通貨から取引ができます。 この2つのコースは「最大発注数量」と「スプレッド」が違うだけで、それ以外のスペックは共通です。 プロコースは最大発注数量が多いことに比例して、スプレッドも広くなります。 そのため、これからOANDAで取引を始める方は、まずはベーシックコースからスタートするのがおすすめです。 追加口座:東京サーバーコース 東京サーバーコースは追加でお申込みできるオプション口座です。 NDD方式はこちらの東京サーバーコースのみが適用となります。 プライマリー口座に比べて28通貨ペアと少なくなりますし、10,000通貨単位ですので少額取引はできません。 そのかわりOANDAでもっとも狭いスプレッドで、なおかつ約定力があるのが東京サーバーコースの特徴です。 各コースを比較 各コースのスペックを一覧でまとめました。 4銭原則固定 0. 7銭原則固定 1. 4銭原則固定 1. 0銭原則固定 0. 5pips原則固定 プロコース 0. 8銭 原則固定 1. 3銭 原則固定 2. 8銭 原則固定 1. 6銭 原則固定 0. 8pips 原則固定 東京サーバーコース (500K) 0. 3銭 原則固定 0. 4〜0. 7銭 0. 8〜1. 2銭 0. 6〜0. 7銭 0. 4〜0. 5pips ベーシックコース、プロコースは少額取引できるのが魅力です。 低スプレッドだが最小10,000通貨となる東京サーバーコースにはいつでも切り替えができますので、変更するのはOANDAでの取引に慣れてからでもいいと思います。 コースの変更方法 まずは「本番口座ログイン」にログインしましょう。 そうすると画面中央下にある「取引コースの変更」からベーシックコース・プロコースの変更ができます。 東京サーバーへの切り替えは、画面右下にある「MT4アカウントの作成(東京サーバー)」からお申込みをしてください。 スワップポイント OANDA Japanのスワップポイントですが、東京サーバー、NYサーバーでスワップポイントが異なり、他社と比べても高くはありません。 NYサーバーよりも東京サーバーの好条件ですが、それでも他社に比べると劣ります。 NYサーバーに関しては買いスワップポイント、売りスワップポイントともに「マイナススワップ」の通貨ペアが多く、中長期保有には不向きです。 最新のスワップポイントはでご確認ください。 高機能ツールが豊富 それではOANDAが提供する取引ツールをみていきましょう。 取引ツールの豊富なOANDAは、複数端末でのログインに対応しています。 そのため、PC2台や2つのスマホアプリで同時にログインできる仕様となっています。 またサブ口座機能があり、複数アカウントで使い分けることも可能です。 MT4 OANDAでもっとも人気のある取引ツール、MT4。 日足は5本・6本から選択でき、デフォルトで40種類以上のインディケーターが用意されています。 通常のMT4だと30種類程度ですが、OANDAならインディケーターが最初から豊富に備わっているのがポイントです。 MT4取引画面 OANDAのMT4では、1週間分の日足は6本ではなく「5本表示」ですので、6本表示に比べてより高精度の分析が可能です。 さらにOANDA特設サイト「OANDA Lab」からは、50種類以上のオリジナルMT4用インディケーターをダウンロード可能です。 Web版・fxTradeはTradingViewを搭載 こちらは、OANDAのオリジナル取引システム「fxTrade」のWebブラウザ版です。 Web版は人気の「TradingView(トレーディングビュー)」がチャートに組み込まれているのが特徴です。 Web版「fxTrade」の取引画面 上の画像のように、fxTradeではチャート上で直感的に発注することも可能です。 80種類以上のインディケーター、50種類以上の描画ツールを搭載しており、フィボナッチやエリオット波動など、プロ顔負けの高度なチャート分析も自由自在です。 なお国内ではOANDAがTradingView本家のチャートに初対応しています。 TradingView上でOANDA口座を連携させれば、TradingViewから直接トレードができます。 手順は以下のトレーディングビュー公式ブログでご確認ください。 参考リンク(外部サイト) デスクトップ版・fxTrade デスクトップ版「fxTrade」はもともとOANDAで用意されている取引ツールです。 TradingViewやオートチャーティストもツール上から起動できます。 デスクトップ版「fxTrade」の取引画面 MT4を使うほどではなく、Web版に慣れないと感じた方はデスクトップ版から始めてみてもいいかも知れません。 ローソク足のほか足種は平均足など9種類、32種類のテクニカル指標、11種類のライン描画と、国内系業者のアプリとは一線を画す多機能アプリとなっています。 iPhoneアプリ MT4 のチャート スマホアプリでは、fxTradeとMT4で同時ログインができますので、場面に応じて使い分けるのもいいですね。 オートチャーティスト 取引ツールではありませんが、どの通貨ペアに取引機会が発生しているかを知らせてくれるのがこのオートチャーティストです。 オートチャーティストはダブルトップ、三角保ち合いなどのチャートパターン、フィボナッチパターンを自動検出し、シグナルの発生を成功確率とともに知らせてくれる、というもの。 高機能な売買シグナルツールですので、チャートパターンの勉強として活用するのもいいでしょう。 MT4以外のツールであれば、どの端末からでも閲覧できます。 分析・為替情報が充実「OANDA FXラボ」 情報提供に特化した特設サイトが、OANDA FXラボです。 こちらではさまざまな情報を取得できますが、代表的な分析ツールや為替情報をピックアップしてご紹介します。 もう一方のオープンポジションは、未決済ポジションのボリュームを示すものです。 その価格帯にどのくらいの注文・ポジションが溜まっているかをみて、売買戦略に役立てることができます。 例えばこちらは、ヘッドアンドショルダーなどオートチャーティストによるシグナルをMT4上に表示できるインディケーターです。 MT4インディケーター版のオートチャーティスト 上記はチャネルですが、このようにMT4上で素早くチャートパターンを自動検出してくれます。 またOANDA Labでは、海外法人OANDA Corporation(日本語非対応)提供による分析ツールの起動もできます。 他社でも提供されていますが、OANDAのはグラフィカルで見やすいですし、データの更新頻度が早いのでおすすめです。 Top 100 Forex Traders Statistics こちらのトレードデータ統計では、直近24時間で利益を上げている上位100名、負けているワースト100名のデータを閲覧できます。 勝敗の分かれ目となる情報を参照してヒントを得るのもいいですね。 これからOANDAユーザーになる方は、こういったツールを使って分析時間を短縮し、効率的にトレードしていきましょう。 マーケットレポート マーケットレポートでは、トレンドラインやオープンポジションを用いた売買戦略が日々配信されています。 マーケットレポートの例 月2〜4回程度の不定期配信ですが、会員の方は注目すべきマーケットレポートをメール配信で見ることも可能です。 セミナー情報 OANDAではセミナーを開催していますが、開催頻度が少なく、先着10名など限定されたセミナーも多いため、誰でも必ず受講できる訳ではありません。 参加希望の方は、会員になったのち、マイページ内で決まった期限までにお申し込みしてください。 キャンペーン FXのキャンペーンというと現金キャッシュバックが有名ですが、OANDAでは現金キャッシュ、食品プレゼントなどのキャンペーンはあまり行われていません。 その代わり、条件達成に応じてFX参考書やインディケーターなどをキャンペーンで受け取ることができます。 OANDAのキャンペーン例 特にEAとインディケーターのキャンペーンが豊富なので、MT4ユーザーの方は積極的に活用していきましょう。

次の

MT4ならOANDA JAPAN一択!数少ないMT4で一番の理由

オ アンダ ジャパン mt4

この記事でわかること• オアンダジャパンとはどんなFX業者なのか? オアンダジャパンは海外に拠点を置くOANDAという海外のFX業者の日本法人です。 親会社は外資系のFX業者ですが、日本国内で金融先物取引業者としての登録をしているので金融庁の監視下のもとに営業活動を行っているFX業者です。 少し特殊な背景があるオアンダジャパンという外資系のFX業者に見受けられる3つの特徴についてまとめてみました。 通貨ペアは70種類以上• 1通貨単位からFXに取り組める• 100%の信託保全を保証 この3つの特徴の中で1番ポイントになるのは、1通貨単位からFXに取り組めることです。 国内のほとんどのFX業者の最小取引単位数が1万通貨であることを考えるとオアンダジャパンの取引条件は利用者にとって非常に都合が良いものと言えます。 通貨ペアに関しましても71種類と多いので他のFX業者よりもぴったりな通貨ペアを見つけやすいという特徴があります。 100%の信託保全を打ち出しているので仮にオアンダジャパンが倒産したとしても預け入れたお金が戻ってくるので安心して証拠金を預け入れることができます。 オアンダジャパンは、通貨ペア、最小単位数、100%の信託保全のどこをとっても口座開設者にとって非常に使い勝手が良いFX業者といえるでしょう。 スプレッド、上限レバレッジ、スワップを一挙公開 ここでは利用者の評判が高いオアンダジャパンのスプレッド、上限レバレッジ、スワップの特徴について紹介していきます。 最初はスプレッドから見ていきますが、日本円とアメリカドル間のスプレッド単価は0. 4銭、ユーロと円のスプレッド単価は0. 7銭となっています。 このスプレッド単価は日本国内の一般的なFX業者の半分以下の基準ですのでオアンダジャパンのスワップ基準は非常に優れています。 低スプレッドのFX業者をお探しの方にとってオアンダジャパンはぴったりなFX業者と言えます。 上限レバレッジに関しましては一般的な国内のFX業者と同じように25倍となっています。 最後にスワップポイントですが、オアンダジャパンのスワップポイントは秒単位で発生します。 秒単位でスワップが発生するのでスキャルピングやデイトレード型のFXにもスワップポイントによる利益が狙えます。 この特徴があるのでオアンダジャパンのFX口座はデイトレーダーに人気があります。 MT4という最先端の取引環境を提供 オアンダジャパンの特徴の1つとしてMT4という愛称で世界中のトレーダーに愛用されているMeta Trader4という取引ツールを採用していることがあります。 一般的な取引ツールと違ってMT4にはこれから紹介する3つの特徴があります。 緻密なテクニカル分析を行える• 自動売買を自由自在に行える• チャートが読みやすい 1つ1つ簡単に説明しますが、MT4には50種類を超えるテクニカル分析を行えますので為替動向を高い精度で分析することができます。 50以上のテクニカル分析の中から適切な分析を行えば今後の為替の動向をある程度正確に予測することができます。 2つ目の自動売買に関してですが、MT4は自動売買用のソフトをインストールすることができます。 自動売買ソフトを利用すれば、ソフトに書かれているプログラム通りの通貨の売買を自動で行うことができます。 3つ目の特徴であるチャートに関しましてはチャートの形状を変更できますし、チャートの流れにラインを引くこともできます。 他のトレードツールと比較するとチャートの動きが見やすいので今後の戦略を立てやすいという特徴があります。 ここまで紹介してきましたようにMT4はテクニカル分析、自動売買、チャートの読みやすさが際立つ取引ツールですが、国内のFX業者にはほとんど導入されていません。 MT4という人気ツールを導入しているオアンダジャパンは取引ツールの面においても他の国内業者よりも優れているとえます。 口コミから見るオアンダジャパンの評判 ここまでオアンダジャパンのFXサービスの特徴について紹介してきましたが、サービスの特徴だけでは具体的な評判はわからないですよね。 オアンダジャパンの評判を知るには、実際にオアンダジャパンのFX口座を開設したことがある人に聞くのが一番です。 そこでここからはインターネット上でよく見られるオアンダジャパンのFX口座の口コミ評判について紹介していきます。 オアンダジャパンの口コミ評判を探すとポジティブ評判もいまひとつな評判も見つかりました。 まずはポジティブな評判に目を向けてみますが、オアンダジャパンのポジティブな口コミ評判を調べてみるとこれから紹介する5つの点が目立ちました。 1通貨単位から取引できるのが嬉しい• 約定拒否がない点が頼もしい• 約定スピードが速いのがありがたい• 通貨ペアが豊富なので選択肢が多い• スプレッドが他社より低い 5つの代表的なポジティブな評価の中でも特に利用者の評判が良いのはオアンダジャパンの約定力の高さです。 オアンダジャパンはFX口座開設者に「約定拒否をしないこと」を公言しているので約定ボタンを押せばその約定はきちんと決まります。 国内のFX業者の中には約定力が低く相場が荒れている時には平気で「約定拒否」をする業者があることを考えると「約定拒否なし」を公言しているオアンダジャパンは特殊と言えます。 他に際立つポイントとしてスプレッドの低さと通貨ペアの種類があります。 スプレッドに関しましては一般的な国内業者の半分以下の水準ですし、71種類という通貨ペアは国内のFX業者の中でトップクラス。 しかもオアンダジャパンの最低通貨数はなんと1通貨です。 1通貨単位からFXの取引ができる国内のFX業者は筆者の知る限りオアンダジャパンとSBIFXトレードだけです。 手数料が安く最低通貨数が少なく約定力が高いのでデイトレード型のFXを行うトレーダーからの評判が非常に高いです。 逆にいまひとつな評判に目を通してみるとインターネット上ではこれから紹介する4つの評判が見受けられました。 サポートの電話対応がひどい• 24時間サポートがないのが残念• スプレッドの広がりがやや気になる• スマホでの取引がやりづらい ここで紹介した4つの評判の信憑性は定かではありませんが、インターネット上でこういった声がいくつか見られたのは事実です。 特にチェックしたいのは24時間体制でのサポートがないことです。 オアンダジャパンのサポート窓口は月曜日から金曜日までの朝8時から夜8時となっています。 24時間体制でのサポートがないのでサポート時間外に何かしらの問題が起きても対応してもらえるのは翌日以降となります。 現在のオアンダジャパンのキャンペーン情報 ここではオアンダジャパンがFX口座の開設者に提供しているキャンペーン情報を紹介していきます。 オアンダジャパンのFX口座の開設キャンペーンは時期によって大きく異なるのですが、代表的なキャンペーン特典はこれから紹介する3つに分かれます。 EAソフトの無料提供キャンペーン• MT4に利用できるカスタマイズツールの無料提供• 取引額に応じたキャッシュバックキャンペーン 特によく見られるのが1と2のトレードに役立つツールの無料提供です。 1のEAソフトというのはMT4というオアンダジャパンの取引ツールで利用することができる自動売買ソフトです。 オアンダジャパンが提供するEAソフトを利用すれば、MT4が得意な自動売買を一層効果的に使うことができます。 2のカスタマイズツールというのは、オアンダジャパンが提供しているMT4の機能をより便利にできるツールです。 過去にオアンダジャパンが提供したカスタマイズツールの1つとして特殊なチャート分析ツールがあります。 このチャート分析ツールを利用すれば、チャートの波を分析することでより効果的なテクニカル分析を行うことができます。 1と2のツールとも正規のルートで購入するとそれなりに値が張るツールです。 本来なら数万円の値段がする便利なツールを定期的に口座開設者に無料提供しているのがオアンダジャパンの大きな魅力の1つです。 唯一の課題は国内のFX業者であること ここまでオアンダジャパンというFX業者の特徴を紹介してきました。 オアンダジャパンは利用者の評判が非常に高いので口座開設を検討する価値がある優秀なFX業者です。 もちろん国内でトップクラスに評判が高いオアンダジャパンも万能ではなく課題はいくつかあります。 代表的な課題はオアンダジャパンのFX口座の上限レバレッジです。 オアンダジャパンは金融庁が定めたルールに基づいた上で営業活動を行っているので上限レバレッジを25倍に設定しています。 25倍を超えるレバレッジを設定することができないのでFX最大の魅力であるレバレッジ効果を十分に堪能することができません。 FXでレバレッジを使いこなしたい方は、上限レバレッジが高くてレバレッジ選択の幅が広い海外のFX口座を開設した方が良いでしょう。 ちなみに色々な海外FX業者がある中で筆者のおすすめは、ゲムフォレックス。 最大レバレッジはオアンダジャパンの40倍の1000倍ですのでオアンダジャパンのFX口座よりもはるかにレバレッジ効果を堪能できます。 レバレッジの高さだけでなく約定力の高さとボーナス特典の豪華さもオアンダジャパンをはるかに上回ります。 筆者自身も個人用FX口座を開設しましたが、FX口座としてのスペックの高さには「一口座開設者」として満足しております。

次の