ナルト 転生 夢小説。 NARUTO[ナルト]SS おすすめ二次小説作品まとめ【随時更新】

波風ミナト (なみかぜみなと)とは【ピクシブ百科事典】

ナルト 転生 夢小説

【転生したらスライムだった件】ユニークスキル 「大賢者」と暴風竜ヴェルドラ 魔力感知 当初、ただのスライムである主人公は周りが見えません。 そんな折、暴風竜ヴェルドラが話しかけてきます。 その時は、発声もできないために念話でやりとりが行われるのですが、姿が見えない事には始まらないと、「魔力感知」のスキルのことを教えてくれます。 そこでエクストラスキル「魔力感知」を獲得し、見ることも聞くことも可能になるのですが、魔力を感知する膨大な情報量を管理するために、「大賢者」と同期させます。 これにより一気に周りの景色を把握する事が可能になります。 これは目で見たものとは違い、視野も格段に広いことを、後々人型になったリムルが目で見た際に呟いています。 無限牢獄 暴風竜ヴェルドラは勇者の「絶対切断」と「無限牢獄」により封印されてしまい、動く事ができなくなります。 「無限牢獄」は物理ダメージによる破壊が不可能なため、「捕食者」により捕食し、「大賢者」により「無限牢獄」を解析してヴェルドラの封印を解く事を提案し、ヴェルドラもそれにうなずきます。 この「無限牢獄」が解析されたのは、リムルが真なる魔王に進化した事がきっかけです。 リムルと出会った1年後くらいですね。 【転生したらスライムだった件】ユニークスキル 「大賢者」と「変質者」 シズエ・イザワを捕食したことにより得た、ユニークスキル 「変質者」の能力は、統合と分離であり、この能力で精霊イフリートとシズは一つの存在へと「変質」(同化)させていました。 このスキル、実は「大賢者」からするとかなり有用であり、一気にスキルの統合が行われます。 リムルの持つ各種耐性と「範囲結界」をリンクすることにより常時「多重結界」を発動可能になったのものこの「変質者」の統合の力でした。 【転生したらスライムだった件】ユニークスキル 「大賢者」からアルティメットスキル「智慧之王」へ シオンが殺されたことにより魔王になる決意を固めたリムル。 この時にテンペストを襲った兵士を生贄として捧げます。 魔王になるための生贄の数は1万以上必要です。 無事(?)真なる魔王になったリムルはシオンを蘇生させます。 その時、ユニークスキル 「大賢者」はアルティメットスキル「智慧之王」へと進化します。 その後、「未来攻撃予測」もできるようになるのですが、「智慧之王」はリムルが教えるという単語から、シエルと名付け、神智核シエルが出来上がります。 これにより「世界の言葉」すらも隠蔽する事が可能になります。 七つの美徳と七つの大罪 真なる魔王になった時、「智慧之王」と「暴食之王」という二つのアルティメットスキルを得るのですが、これは「智慧之王」は七つの美徳の一つで「暴食之王」は七つの大罪の一つですね。 他のキャラクターが残りの美徳と大罪を持っていますので、これを知っていながら物語を見ていくのも面白いかもしれません。 【転生したらスライムだった件】ユニークスキル 「大賢者」最後に 転生する際に得たこのスキルは、ガイドやサポートの役割をしてくれています。 ただ、決断というのは自分でしないといけないようですね。 ただ、このスキルは徐々にチートっぷりが増していきます。 最終的にはリムルは唯一絶対神にでもなるんじゃないかなってくらいですね。 今後どのようになっていくか、楽しみですね。 転生したらスライムだった件 に関する関連商品 転スラ グッズ アニメ放送に伴い、改めて関連グッズが増えてきましたね!転スラグッズは色々と発売されていますが、今回はアニメミル編集部が注目してるグッズを紹介します!気になる方はぜひご覧ください!.

次の

暁 〜小説投稿サイト〜: 転生旅行: 第玖話[中忍試験②。大蛇丸「サスケ君の試合は観たいわね」]

ナルト 転生 夢小説

原作との相違点 我愛羅 家族仲が良いため情緒不安定ではない。 テマリ 弟の世話を焼くのが楽しい。 カンクロウ いまだ人形と入れ替わっている、兄弟に本体を見られたことが無い。 風影 死んで無い。 まさかの持久戦でテマリのチャクラ切れによる風遁の切れ目に日向クギが突撃し、 テマリを関節技で抑えて降伏勧告していた。 柔術すら使わないのか。 日向クギ勝利 2試合目 油女シノ対うちはねね 虫分身の術で50人近くに分身した油女シノがねねちゃんを押していたが、 写輪眼を解放してからは本体に直接攻撃を当て続けてねねちゃんが勝利した。 回避と攻撃の先読み、技の模倣。 写輪眼って普通にチートだよね。 万華鏡写輪眼は使うと目が悪くなるから、 正直写輪眼の方が好き。 知り合いに万華鏡写輪眼使いが居れば交換するんだけどね。 イタチしかいねぇ。 勝者うちはねね 3試合目 フウ対白 まさかの両方忍術も幻術も無しのガチンコ接近戦の殴り合いだった。 盛り上がったけども正直どうでしょう。 勝者はフウ。 技巧派の白にとって真正面からの殴り合いは得意ではなかったようだ。 4試合目 うちはコタロウ対うずまきナルト うちはコタロウの完封勝利かと思われたが、 九尾のチャクラを使用したのか、 目に見えるレベルのチャクラを身にまとい戦闘を開始し、 うちはコタロウを倒していた。 早いなおい。 勝者うずまきナルト 5試合目 私対油女シオ 油女の虫操作だと聞いたので、 口寄せでヒノを呼び出し、 溶遁チャクラモードで突撃させた。 虫が近づくだけで蒸発していくから勝負にならないと油女シオが降伏。 私の勝ち 6試合目 ウタカタ対日向ネジ ウタカタが粘性の高いシャボンを大量に出し、 日向ネジの動きを封じて遠距離からシャボンで倒した。 日向家対策その1近づかれない。 泡沫の勝ち 7試合目 奈良シカマル対日向ナット おおう、 近接物理戦の敵相手だと影まねの術って正直微妙、 チーム戦だったら無類の強さ誇るけどそれでも実力差が有り過ぎると弾かれるし。 今回も弾かれてから戦闘を続けて何回も弾かれてようやく捕獲したと思ったら降伏。 まあかなり頑張ったと思うよ。 柔術使いに一回も攻撃を当てられないで拘束したうえで敗北宣言。 接近戦しながら罠とか仕掛けて攻撃のタイミングをそらして避けるとかよくやるよ。 日向ナットの勝ち 8試合目 我愛羅対多由也 砂の防御も音の前では無力だったが、 幻術を掛けても一尾さんが解除する、 音波攻撃も砂の壁を何層にも分けて張る事によって音を分散して防いでいた。 Gソードで切りかかったが砂の鎧第二層に防がれる。 マジか。 Gソード防ぐってかなり硬いな。 一層目の自動防御は抜いたけど。 彼って得点で行くと50点ぐらいの防御力が有るって事か。 その段階で多由也が降参。 有効な攻撃が無いから仕方ないね。 我愛羅の勝利 9試合目 油女シキ対うちはサンダユウ まさかの脳筋系油女女子。 直接殴りに行ってサンダユウを制圧。 見た目が可憐な少女だから観客が完全に唖然としてた。 むしろ八門遁甲開いてやがる。 油女シキの勝ち。 予想ではうちはが勝つと思ってたんだけどね。 てか全員写輪眼開眼してるんだけどうちは一族の優秀なのしか生き残らなかったのか? 10試合目 日向クギ対うちはねね 双方が白眼と写輪眼をフルに使った高度な接近戦で、 先にチャクラが切れたクギが一瞬動きを止めてねねちゃんの掌底が顎に決まり決着。 試合の後ねねちゃんは疲れ切って倒れてた。 勝者うちはねね 11試合目 フウ対うずまきナルト 人柱力同士の戦いか。 まあこっちの子は知られてないけど。 影分身対鱗粉影分身の戦いで、 数対数の戦争みたいな戦闘だった。 素のチャクラ量が多いナルトと、 技量が高いフウの戦闘の結果、 フウが優勢になったがナルトが九尾の力に覚醒して押し切られてフウの敗北。 尾獣化使えるけど禁止してごめんねフウちゃん。 勝者うずまきナルト。 12試合目 私対ウタカタ 戦闘地帯全てを大量のシャボンが浮き、 回避箇所が無かったため風遁を使ってどかしたら超至近距離からGソードによる居合。 死ぬかと思った。 間合いの伸びる居合とかいじめか。 変わり身で躱して。 絶と目くらましの術で姿を消し奇襲を仕掛けるも、 全方位シャボンバリアで防いだ。 ウタカタのおにーさん強くなったなぁ 八門遁甲を発動させてバリアごと殴って終わらせた。 Gソードまで溶かすのかあのシャボン。 攻撃力だけなら侮れない。 応用も効くし結構な上能力だよね。 勝者私。 13試合目 日向ナット対我愛羅 意外にも日向ナット大健闘。 柔術と相性が悪いと思ってたけど、 柔が駄目なら剛だと言った感じで殴りかかって行ってた。 それでいいのか日向家。 最終的に会場全ての砂を操られ場外に離脱し失格負け。 我愛羅の勝利 14試合目 油女シキ対うちはサスケ うちはサスケの雷切に対して八門遁甲で応戦。 特に苦戦無く油女シキが勝つと思われたが、 会場全体に幻術が発生、 何かしらの襲撃が起きた模様で、 試合が中止になった。 次のページに続いている。

次の

おすすめナルトSSまとめてみた「厳選8選」│ネットで暇つぶし

ナルト 転生 夢小説

オレはとりあえず、九尾…九喇嘛と和解しないことには始まらないと思い、あのあと和解を試みた 最初の内は「おい」とか、「ここから出せ」とか、「四代目のガキ」とか言ってたけど今はオレの一番の理解者であると同時に相棒でもある 九喇嘛『ナルトよ、今お前何か失礼なこと考えてなかったか?』 ナルト「 いや、九喇嘛と最初に話した時のことを思い出してただけだってばよ 」 九喇嘛『そうか…。 ならワシは寝るぞ』 そう言って九喇嘛は寝てしまった。 まぁ、今ではこんな感じでお互い気兼ねなく接している仲だ…もちろん、この事は誰も知らない オレは九喇嘛と和解したあとくらいから九喇嘛の知識や力を借りて修行するようになった 忍としての基本的な忍術、体術、チャクラコントロールを体得した そしてここ最近は三代目のじーちゃんに忍術の修行をつけてくれるよう頼んでいるのだが、いつもはぐらかされていた…。 ナルト side out [newpage] ヒルゼン side ここ最近ナルトのヤツが毎日のように修行をつけてくれと言ってきておるが、まだあやつには早い それに力を付けてしまえば確実に今よりひどい迫害を受けるであろう…。 ワシはそれが心配なのじゃ ナルトよどうか不甲斐ないワシを許してくれ…。 ヒルゼン side out ナルト side オレはある夜、九喇嘛と尾獣モードの能力を上げようと思い修行をしていた…、すると…。 九喇嘛『気づいたか?ナルト』 ナルト「 あぁ、どうやら、誰か他里の忍者に誘拐されそうになっているみたいだな 」 九喇嘛『どうするのじゃ?ナルト』 ナルト「 もちろん、助けに行くってばよ! 」 そう言ってオレは尾獣モードのまま、トップスピードで犯人の所へ走って行った ナルト side out ??? side へへへ、これでようやく任務完了だ。 後はこいつをオレたちの里に連れて帰れば… ???「ちょっと、いきなり何するのよ!! 早くあたしを解放しなさいよ!」 他里の忍「そうはいかねーなー、こちとらやっと手に入れた"白眼"をそうやすやすと手放すワケねーだろ?」 ???「"白眼"?アンタ何言ってんの?あたしは"白眼"なんてワケのわからないものは使えないわよ!」 他里の忍「はぁ!? どういうことだ!お前日向一族の娘じゃねーのか!? 」 ???「日向一族?あたしは日向じゃないわよ!あたしは"山中"一族のいのって言うのよ!」 他里の忍「な、何だってーー!? 」 他里の忍 side out [newpage] いの side あたしは今日、ママに頼まれたおつかいを済ませて家へ帰っているとこだ 場所は何か大きい屋敷の近く、そー言えば"日向"って表札に書かれていたわね いの「あーあ、遅くなっちゃったなぁ~。 ママに叱られなければ良いけど…。 」 そう呟きながら通って来た道を、歩いていると…、いきなり口をふさがれ抱えられていた いの「ンー、ンー! え、何?何なの!? 」 ???「へへへ、やった、やったぞ!これでオレは…。 」 何かブツブツ言ってる、怖いよ…。 助けて、パパ、ママ…。 私は必死に泣くのを我慢しながら祈っていた そしてこの私を連れ去った人の話を聞いているうちに、この人はどうやらあたしを"日向"ってとこの子と間違えてたらしい いの「日向一族?あたしは日向一族じゃないわよ!あたしは"山中"一族のいのって言うのよ!」 ???「な、何だってーー!? 」 私は精一杯強がりながら言ってやった。 良かった誤解は解けたようだし、これで帰れるわね! いの side out ??? side くそ、くそ、日向一族の娘かと思ったら違う、一族の娘かよ。 くっそ~マジで腹立つなぁ…。 ???「…そーか、テメェは日向一族の娘じゃないんだな?」 いの「そ、そーよ、分かったんならあたしを…!!! 」 仕方ないか…。 オレはホルスターからクナイを取り出し、 ???「悪いな、計画知られてしまった以上、お前を生かしておくことは出来ない。 だから…おとなしく死んでくれ!」 オレはそのクナイでその子を殺しにかかった ??? side out いの side どうして?どうして?何であたしがこんな目に逢わなくちゃいけないの?嫌!まだ死にたくない!助けて、パパ、ママ…。 誰でも良いから… いの「助けて…。 」 そう呟いた瞬間…。 ドカッ! ???「ぐぁっ!」 あたしを誘拐した忍者が吹っ飛んでいった ???「よう、怪我はねーか?」 そうあたしに声をかけて来たのは… ???「まぁ、見たとこ怪我はしてないっぽいし、良かったってばよ!」 金色に輝く… ???「もう大丈夫だ、助けに来たぜ!」 あたしと同じくらいの少年だった…。 オレはとりあえず、九尾…九喇嘛と和解しないことには始まらないと思い、あのあと和解を試みた 最初の内は「おい」とか、「ここから出せ」とか、「四代目のガキ」とか言ってたけど今はオレの一番の理解者であると同時に相棒でもある 九喇嘛『ナルトよ、今お前何か失礼なこと考えてなかったか?』 ナルト「 いや、九喇嘛と最初に話した時のことを思い出してただけだってばよ 」 九喇嘛『そうか…。 ならワシは寝るぞ』 そう言って九喇嘛は寝てしまった。 まぁ、今ではこんな感じでお互い気兼ねなく接している仲だ…もちろん、この事は誰も知らない オレは九喇嘛と和解したあとくらいから九喇嘛の知識や力を借りて修行するようになった 忍としての基本的な忍術、体術、チャクラコントロールを体得した そしてここ最近は三代目のじーちゃんに忍術の修行をつけてくれるよう頼んでいるのだが、いつもはぐらかされていた…。 ナルト side out [newpage] ヒルゼン side ここ最近ナルトのヤツが毎日のように修行をつけてくれと言ってきておるが、まだあやつには早い それに力を付けてしまえば確実に今よりひどい迫害を受けるであろう…。 ワシはそれが心配なのじゃ ナルトよどうか不甲斐ないワシを許してくれ…。 ヒルゼン side out ナルト side オレはある夜、九喇嘛と尾獣モードの能力を上げようと思い修行をしていた…、すると…。 九喇嘛『気づいたか?ナルト』 ナルト「 あぁ、どうやら、誰か他里の忍者に誘拐されそうになっているみたいだな 」 九喇嘛『どうするのじゃ?ナルト』 ナルト「 もちろん、助けに行くってばよ! 」 そう言ってオレは尾獣モードのまま、トップスピードで犯人の所へ走って行った ナルト side out ??? side へへへ、これでようやく任務完了だ。 後はこいつをオレたちの里に連れて帰れば… ???「ちょっと、いきなり何するのよ!! 早くあたしを解放しなさいよ!」 他里の忍「そうはいかねーなー、こちとらやっと手に入れた"白眼"をそうやすやすと手放すワケねーだろ?」 ???「"白眼"?アンタ何言ってんの?あたしは"白眼"なんてワケのわからないものは使えないわよ!」 他里の忍「はぁ!? どういうことだ!お前日向一族の娘じゃねーのか!? 」 ???「日向一族?あたしは日向じゃないわよ!あたしは"山中"一族のいのって言うのよ!」 他里の忍「な、何だってーー!? 」 他里の忍 side out[newpage] いの side あたしは今日、ママに頼まれたおつかいを済ませて家へ帰っているとこだ 場所は何か大きい屋敷の近く、そー言えば"日向"って表札に書かれていたわね いの「あーあ、遅くなっちゃったなぁ~。 ママに叱られなければ良いけど…。 」 そう呟きながら通って来た道を、歩いていると…、いきなり口をふさがれ抱えられていた いの「ンー、ンー! え、何?何なの!? 」 ???「へへへ、やった、やったぞ!これでオレは…。 」 何かブツブツ言ってる、怖いよ…。 助けて、パパ、ママ…。 私は必死に泣くのを我慢しながら祈っていた そしてこの私を連れ去った人の話を聞いているうちに、この人はどうやらあたしを"日向"ってとこの子と間違えてたらしい いの「日向一族?あたしは日向一族じゃないわよ!あたしは"山中"一族のいのって言うのよ!」 ???「な、何だってーー!? 」 私は精一杯強がりながら言ってやった。 良かった誤解は解けたようだし、これで帰れるわね! いの side out ??? side くそ、くそ、日向一族の娘かと思ったら違う、一族の娘かよ。 くっそ~マジで腹立つなぁ…。 ???「…そーか、テメェは日向一族の娘じゃないんだな?」 いの「そ、そーよ、分かったんならあたしを…!!! 」 仕方ないか…。 オレはホルスターからクナイを取り出し、 ???「悪いな、計画知られてしまった以上、お前を生かしておくことは出来ない。 だから…おとなしく死んでくれ!」 オレはそのクナイでその子を殺しにかかった ??? side out いの side どうして?どうして?何であたしがこんな目に逢わなくちゃいけないの?嫌!まだ死にたくない!助けて、パパ、ママ…。 誰でも良いから… いの「助けて…。 」 そう呟いた瞬間…。 ドカッ! ???「ぐぁっ!」 あたしを誘拐した忍者が吹っ飛んでいった ???「よう、怪我はねーか?」 そうあたしに声をかけて来たのは… ???「まぁ、見たとこ怪我はしてないっぽいし、良かったってばよ!」 金色に輝く… ???「もう大丈夫だ、助けに来たぜ!」 あたしと同じくらいの少年だった…。

次の