キジトラ 可愛い。 キジトラ|里親募集|ジモティー

[野良猫]人気の白キジトラ!可愛い声を聞かせてくれました![street cat]Popular white pheasant tiger! He gave me a cute voice!

キジトラ 可愛い

そもそもキジトラって何?猫の種類なの? 「キジトラ」そう聞くと、マンチカンやスコティッシュフォールド、メインクーンなどの猫の種類のように感じてしまいますが、キジトラとは猫の被毛の柄や色のことであり、ねこの種類ではないようです。 キジトラと呼ばれる猫は、全身に黒とこげ茶の縞模様の被毛を持つ猫のことで、キジトラのトラは虎の模様と似ていることから、キジトラのキジは、キジのメスと柄の模様が似ていることから、名付けられたそうです。 また「トラ」とつく猫の柄には• 灰色に黒っぽい縞模様のサバトラ• 薄茶色に茶色の縞模様の茶トラ などの猫がいて、キジトラとサバトラは見分けがつきにくい、とも言われているようです。 また、キジトラの中にもさらに種類があり• キジトラ模様だけれどベースが白色なキジトラを、キジ白• キジトラの模様があっちこっちに飛んでいるキジトラを、トビキジ と、呼ばれているそうです。 キジトラのルーツ 実は世界で最初の、家で飼われた猫がキジトラだったってご存知ですか? 猫を飼うようになった、紀元前5000年頃の古代エジプトでは、ネズミなどの駆除の為に山猫を飼いならしたようなのですが、その猫がリビアヤマネコと呼ばれる猫で、人に懐くためペットとして飼われることになったのだそうです。 その、リビアヤマネコの毛色が、キジトラだったそうで、その為、当時王墓に納められていた猫のミイラは、すべてキジトラの猫だったようです。 その後、今から1300年程前に、やはりネズミ駆除の為に、日本に初めて猫が輸入されたのですが、その猫もやはりキジトラの毛色のリビアヤマネコ。 世界でも日本でも、最初の家猫はキジトラの猫だったようです。 キジトラの歴史はとても深いものなのですね。 日本に最初にやってきた猫、猫のはじまりであるキジネコ、何だか威厳のようなものを感じてしまいますよね。 キジトラの特徴は? キジトラと呼ばれる、猫。 キジトラ柄であることは、だいたいわかりますが、詳しくはどんな特徴があるのでしょうか。 キジトラは日本にいる猫の中で、新種の遺伝子の影響を受けていない被毛の猫であることと、先にも触れたように家猫の起源であるリビアヤマネコとほぼ、同じ毛色を持つことから、 最も野生に近い猫「野生型」と呼ばれているそうです。 その為、個体差はありますが、• 体が大きい猫が多く体力がある• 丈夫で病気をしにくい• 病気になっても回復力が早くて強い など、体力に自信がある猫が多いようです。 また、見た目の詳しい特徴としては、こちらも個体差はありますが• 口の周りが白い• 鼻が茶色• お腹にも縞模様がある• 肉球は黒か濃い茶色• 尻尾の先の色が濃い などがあるようです。 顔に白い色が入ってくると、鼻の色がピンクになることもあるそうです。 ピンクの鼻、可愛いですよね。 それに、何より体が丈夫な猫が多いというのは、一緒に暮らすにあたってとても安心ですよね。 キジトラの性格は? 先にも触れましたが、猫の祖先とも言われているキジトラ。 その為、 猫の血がとても濃く野生に近い為、警戒心が強いようです。 怖がりで臆病とも言えるようで、仲良くなるには少し時間がかるそうです。 そんなキジトラの性格を詳しく紹介していきますね• 警戒心が強く慣れるのに時間がかかる• 一度心を許したら甘えん坊• 他の猫と仲良くするのが苦手• マイペース• 活発 どうやら、警戒心が強いだけではないようですね、ひとつずつ見ていきましょう 警戒心が強く慣れるのに時間がかかる やはり、野生型と言われている猫なのでその分、警戒心はとても強く、そう簡単には心を開かないようです。 家族として迎え入れても最初のうちは逃げたり、唸ったりしてしまうこともあるそう。 これは、怖がりで臆病であることの表れでもあるようで• 新しい家や環境が安心できる場所なのか• 飼い主である人間を信頼していいのか などと、チェックしている状態なのだそうです。 無理に仲良くなろうとしないで、猫のペースに合わせて、根気強く付き合ってあげることがいいようです。 一度心を許したら甘えん坊 警戒心が強くてなかなか心を開かないキジトラですが、一度心を許して慣れたらかなりの甘えん坊に様変わり!飼い主さんにベッタリになるそうです。 じっくりチェックして「この家やこの人は大丈夫」そう、きっと見極めたのでしょうね。 飼い主として、こんなに嬉しいことはないですよね! 存分に甘えさせてあげるといいようですよ。 他の猫と仲良くするのが苦手 キジトラの警戒心の強さは、猫に対しても同じだそうです。 なかなか仲良くしようとせず、喧嘩になってしまうことも、多々あるのだとか。 また、体力があるので相手の猫に思わぬケガなどを負わせてしまう恐れもある為、できれば多頭飼いではなく、ひとりでリラックスできる環境が望ましいようです。 マイペース 警戒心が強いキジトラですが、環境に慣れてしまえば、ひとりでのんびりマイペースに過ごすことが多いそうです。 安心してボーっと寛いでいることもあるそう。 こんな両極端の様子に、メロメロになってしまいそうですよね。 活発 これも先に触れた、野生型であることから来ているようなのですが、キジトラは体力がある為、行動がとても活発なようです。 特にオスは、野生の面が強く積極的に前へ行くタイプが多いようです。 一方、メスのキジトラは怖がりなタイプが多いようです。 もちろん個体差もあるようですが、警戒心が強いけれど、一度心を許すと甘えん坊・・いわゆるツンデレちゃんなのでしょうか。 そんなキジトラの可愛い様子に、翻弄されてしまいそうですよね キジトラを飼う際の注意点はある? 警戒心が強くて、活発なキジトラ。 特に注意すべきところはどんなところなのでしょうか、キジトラならではの特徴や性格も関係してくるようです。 一緒に見ていきましょう• 先住の猫や子供がいる場合は注意する• 運動をたくさんできるようにしてあげる• すぐに慣れなくても焦らない• 危険なものは片付ける• 日頃の観察はしっかりする などがあるようです、具体的に説明すると 先住の猫や子供がいる場合は注意する 先にも何度も触れましたが、キジトラは警戒心が強い為、人や猫に慣れるまで時時間がかかります。 その為、まだ慣れていないうちに、 猫や子供から思いがけない行動をとられると、怖がってストレスを感じてしまったり、驚いて攻撃してしまったりすることもあるそうです。 はじめはキジトラを隔離しておくなど、少しずつ慣らしていくことがいいようです。 運動をたくさんできるようにしてあげる キジトラは野生型で活発!運動も大好きなので、 たくさん運動を出来るようにしてあげることが大切なようです。 キャットタワーを設置して、上下運動が出来るようにする、オモチャで遊んであげるのもいいですよね。 爪とぎもかなり力強いそうなので、爪とぎは必ず設置してあげてくださいね。 すぐに慣れなくても焦らない なかなか家やあなたに慣れなくても、決してあなたのこが嫌いなわけではありません。 これもキジトラの警戒強さからきているもの。 無理にスキンシップをはかろうと、抱っこしたり追いかけまわしたりせず、 焦らず気長に見守っていてあげることがいいようです。 倒れそうなもの、 壊されたら困るものは、キジトラの届かないところに片付けたほうがいいようです。 日頃の観察はしっかりする なかなか懐かなかったり、あまりスキンシップが好きではなかったりするキジトラ。 その為、体調の異変に気付かずに、病気の発見が遅れてしまうこともあるそうです。 日頃から、スキンシップは難しくても 様子をよく見て観察し、異変があったら、すぐに動物病院を受診するようにしましょう。 キジトラならではの注意点もかなりありますよね、かなり運動量も必要なようです。 夜中の大運動会、ちょっと見てみたいですよね。 キジトラの寿命は? 猫の寿命は、個体差や環境もあり一概には言い切れないようですが、 平均寿命としては15年前後になるようです。 また、外に出られる猫より、室内飼いの猫の方が長生きで、オスよりもメスの方が長生きのようです。 特に、キジトラのような日本猫や雑種の猫は、丈夫で長生きと言われているそうですよ。 まとめ キジトラ、とても魅力的な猫であることがわかりましたよね。 警戒心の強さから、はじめは少し大変なこともあるかもしれませんが、慣れてきたら甘えん坊だなんて、とても可愛いです。 キジトラのルーツの奥深さにも驚きました。 警戒心の強さや活発であるところも、野生の猫であることが起因している、という点も興味深いですよね。 キジトラの魅力にハマってしまいそうな予感がしませんか? キジトラの特徴や性格をしっかり把握して、一日も早くデレデレの甘えん坊ちゃんにしてあげてくださいね。 に戻る.

次の

キジトラの性格は野生的で甘えん坊!初心者には向いてない!?

キジトラ 可愛い

【目次】人が大好きな甘えん坊猫!「キジトラ」模様のネコの歴史や特徴、性格 キジトラとは にもいろいろな種類があり、それぞれの によって模様はさまざまです。 キジトラという模様は、日本ネコに多くあらわれる模様といわれています。 縞模様のネコの中で、こげ茶色の縞模様がある猫のことを総じて「キジトラ」と呼んでいます。 日本猫保存会が定める「キジトラ」の公認被毛色 動物研究家である「平岩米吉」氏らにより立ち上げられた、日本猫を保護することを目的として立ち上げられた「日本猫保存会」では、日本猫の保存・保護をおこなうだけではなく、日本猫の模様について公認被毛色をそれぞれに定めています。 キジトラの公認被毛色は以下のとおりです。 ・模様 マッカレル・タビー ・地色 赤茶色 ・模様の色 黒、または黒褐色 ・目の色 金色 日本猫保存会は、キジトラの模様に関しては、全体的に鳥の「雉(キジ)」のような色調をしていると補足をしています。 「タビー」の意味 ちなみに「タビー」とは、英語で「tabby」と標記し、トラのような縞模様を指しています。 主に動物の体毛にあらわれる縞模様のことを「タビー」と称します。 ですが、「タビー」という言葉をネットの翻訳サイトで翻訳してみても、「縞模様」などの翻訳結果にはなりません。 そのまま「タビー」のように表示されます。 しかし、「名詞」としては「虎猫」などと使われるガイドが出てきますので、世界でも通じる言葉となっています。 キジトラは「ブラウンタビー」 日本猫保存会では「マッカレル・タビー」と定められていますが、英語表記では「brown tabby(ブラウンタビー)」と呼ばれています。 確かに実際のキジトラのネコをみてみると、日本猫保存会の定める「黒、または黒褐色」よりも、茶色の縞模様のイメージが強くなります。 ブラウンタビーと言うと、「茶トラ」をイメージしますが、茶トラは「red tabby」となります。 縞模様のネコのルーツを探る 縞模様のネコをどれだけご存知でしょうか。 キジトラだけが縞模様のネコではないことはすでにお気づきかもしれません。 他の縞模様のネコについてや、縞模様のネコのルーツについてお話ししてみましょう。 縞模様のその他のネコ 縞模様のネコはどれも同じではと思っておられた方もきっといらっしゃるはずです。 ですが日本猫の縞模様にはいくつかのパターンが存在し、それぞれに名前が付けられているのです。 ・サバトラ 「silver tabby(シルバータビー)」 ・ 「red tabby(レッドタビー)」 これに今回お話ししている「キジトラ」を加えて、縞ネコ三大勢力とでも銘打っておきましょう。 参考までに、この3つの縞模様の公認被毛色についてもご紹介しておきましょう。 ・サバトラ 模様「マッカレル・タビー」全体に黒く、魚の「鯖(さば)」のような色調。 地色はブルーグレイで、模様は黒。 目色は金色。 ・茶トラ 「 」というものは公認被毛色には存在せず、「赤トラ」となります。 模様「マッカレル・タビー」全体的に赤の濃淡で形成された縞模様。 地色は淡いオレンジ色、縞模様は濃いオレンジ色をしている。 目色は金色。 マッカレルとは ここまでに繰り返し登場している「マッカレル」は、「Mackerel」を英語表記されます。 意味は、体の両側に縦縞模様が切れ目なく入っていることを指します。 これは魚の「鯖(さば)」となる「mackerel」からきていると言われています。 縞模様のネコのルーツ キジトラに限らず、縞模様のネコのルーツを辿ると「リビアヤマネコ」の名前があがってきます。 リビアヤマネコとは、「ヤマネコ」の亜種です。 現在は愛玩用として世界中で幅広く愛され飼育されている「イエネコ」の先祖であると考えられています。 日本最古のネコは「リビアヤマネコ」かもしれない このリビアヤマネコ、実は日本に輸入された最古のネコではないかと言われています。 話は今から1300年ほど前にさかのぼります。 唐の国(現在の「中国」)から「益獣(えきじゅう)」としてネコは日本へと連れてこられました。 益獣とは、人々の生活に利益をもたらすことのできる動物という意味があります。 なぜネコが「益獣」として中国から連れてこられてかと言うと、簡単に言えば「ネズミ駆除」のためです。 今でこそ、イエネコがネズミ駆除として重宝されることは減りましたが、当時は大変有益なことだったのです。 ネズミの数はおそらく今よりも多く、そのネズミたちが貴重な文献や書物を齧ってしまうことに人々は頭を抱えていました。 ネコはネズミには興味を示しますが、紙に興味を示すことはありません。 そうなると、ネコはうってつけのネズミハンターとなるのです。 そしてこの時やってきたネコが、「リビアヤマネコ」であったのではないかという説があるのです。 リビアヤマネコの模様は、限りなくキジトラに近い縦縞模様です。 このことにより歴史が古いと考えられ、現在でもネコの縞模様に「キジトラ」が多い理由だと考えられています。 他にも縞模様のネコは存在しますが、キジトラが一番多いと言われているのにはこのような理由があったのです。 キジトラの特徴 背骨に沿って伸びる真っ直ぐなライン。 そこから左右に切れ目なく伸びる横のライン。 これがネコの縞模様の特徴です。 キジトラも例に漏れず同様です。 背骨に沿って伸びる1本のラインを海外では「スピンライン(Spin line)」と呼んでいます。 縞模様の太さや数に関しては、すべて均等なわけではなく、個体によって差が大きく異なります。 キジトラに多い特徴 キジトラだけの特徴としてあげられるのが、口の周りの毛が白くなりやすい傾向があるということです。 全てのキジトラのネコがそうとは限りませんが、あくまでも確率が高いと言われています。 鼻は茶色く、尻尾のほうにある縞模様は、先っぽだけ濃くなっていることも特徴としてあげられます。 額に刻まれた「M」模様や、魅力的なアイライン キジトラの額にはくっきりとした「M」の字に似た縞模様があるのも特徴です。 目元には「クレオパトラライン」と呼ばれる横縞のラインが、目尻から顔の脇の部分にくっきりと入っています。 キジトラの性格 柄によってネコの性格が変わるということはあまり知られていません。 では、キジトラはどのような性格を持っているのでしょうか。 どうやらキジトラのネコには2種類の性格があるようです。 ・野性味あふれるやんちゃタイプ ・まるで人たらしな甘えん坊タイプ まるで真逆のこの2つのタイプのキジトラネコが、どのような性格をしているのかみてみましょう。 野性味あふれるやんちゃタイプ イエネコではなく、ネコのそもそものルーツを辿っていくと出て来るのが「イリオモテヤマネコ」です。 ネコ科ベンガルヤマネコ属の「ベンガルネコ」の亜種と言われ、沖縄県の西表島で発見されたあの「イリオモテヤマネコ」です。 キジトラのやんちゃタイプはこの「イリオモテヤマネコ」の血を強く受け継いでいるものが多いのです。 とにかく活発で行動的。 「やんちゃ」と言う言葉以外、当てはらまらないのではと言うほど元気いっぱいです。 遊ぶことが大好きなだけでなく、他のネコや人間とも積極的にかかわりたい好奇心旺盛な部分も持っています。 ですが、警戒心が強い一面があるのでなかなか人に心を許すことはありません。 少々気の強い部分もあるため、慣れるまでは手がかかることもあるようです。 まるで人たらしな甘えん坊タイプ キジトラは本来警戒心が強く、性格もきついと言われていますが、甘えん坊タイプのキジトラネコはそれを全く感じさせません。 とにかく人が大好きで、飼い主さんのあとをついて歩くのも、キジトラネコに多い特徴です。 隙があれば、飼い主さんや人にスリスリとすり寄ってきます。 人に触られることを好む甘えん坊タイプのキジトラネコは、抱っこされるのも大好きでそのような拘束も大歓迎です。 お腹をみせてごろりと横になり、愛くるしさを振りまくのもお手の物。 野性味あふれるタイプとは真逆で、上手に人の心を鷲掴みにしてしまうハンターとでも言うべきでしょう。 キジトラをペットとして飼うには 野性味あふれるちゃんちゃさんのキジトラネコを飼う場合、絶対に注意してほしいのが、遊べない事によるストレスです。 体を動かすことが大好きなやんちゃタイプのキジトラネコは、遊べないとなると過度のストレスを抱えてしまう可能性が出てきます。 動物にとってストレスは命の危機にもつながる一大事になり兼ねません。 最低でも1日に数分は、思いっきり走らせてあげたり、飼い主さんが一緒に遊んであげてください。 また、やんちゃタイプは慣れるまで、人とのかかわり方や距離にも注意が必要です。 関係性が成立すれば、甘えん坊タイプ並みにべたべたスリスリしてくれるようになりますが、そうなるまではあまり束縛しないよう心がけてください。 ついつい構ってしまう小さなお子さんがいるご家庭などは、特に注意が必要です。 甘えん坊タイプのほうは特に難しいことはありません。 逆にとにかく構ってあげることが飼うときのポイントです。 甘えん坊で人間が大好きということは、孤独を嫌います。 あまりほうっておくと寂しくてそこからストレスを抱えてしまう可能性もあります。 他にもネコがいるご家庭や、お子さんがおられるご家庭には、キジトラネコの甘えん坊タイプはうってつけです。 甘やかしすぎにも注意 ですが、甘えん坊だからといって、子猫の時から甘やかしすぎるとメンタル面に悪い影響を及ぼす場合もあります。 「分離不安症」という病気になってしまうと、少しでも飼い主さんが目の届く範囲にいないとパニックを起こします。 大きな声でいつまでも泣きわめいたり、いつもはちゃんとトイレでおこなう排せつをそこらじゅうでしたりなどをしてしまいます。 甘えてくるのが可愛くても、きちんと距離感を保つことも飼育するうえでは大切なことなのです。 キジトラはとても飼いやすい キジトラはやんちゃタイプでも比較的に人に慣れるのが早い為、ペットとして飼育するには大変適しています。 日本で古来から愛されてきただけあり、もしかすると日本人にとって最も相性の良い種類のネコと言えるかもしれません。 性格的に飼いやすいのも魅力ですが、遺伝子変異の影響を受けない純血タイプであることもペットに適している理由です。 キジトラのネコは、日本国内に生息する猫の中でも、唯一「新種の遺伝子」の影響を受けていないと言われています。 これは簡単なことのようで、そうではありません。 遺伝子がもたらす影響と言うのは計り知れないものがあるのです。 よその種の遺伝子の影響を受けないということは、固体を強くし、病気をしにくい丈夫な体を持っていることにも繋がります。 もちろん、個体差はありますので弱いキジトラのネコもいることでしょう。 しかし一般的にみると丈夫であることは確かなのです。 純血種となるキジトラネコは、野生に最も近いネコであると言われています。 そのため専門学的な観点で言えば、キジトラは「野生型」に分類されています。 キジトラの模様に関する遺伝子の話 キジトラの遺伝子の話が出ましたので、キジトラの持つ模様についての遺伝子の話をしておきましょう。 あくまでも新種の遺伝子の影響を受けていないだけであって、遺伝子そのものの影響はあったということです。 キジトラの縞模様を形成しているのは「アグーチ遺伝子」と呼ばれる遺伝子です。 このアグーチ遺伝子が働いた結果、キジトラは縞模様を形成することとなります。 ですがアグーチ遺伝子は、縞模様を作る働きをするわけではありません。 キジトラなどの縞模様はあくまでもアグーチ遺伝子の突然変異の結果なのです。 アグーチ遺伝子は、逆に縞模様の形成をしなくさせたり、毛の色を変化させてしまう突然変異をもたらします。 恐らく、縞模様意外のネコが誕生したのも、このアグーチ遺伝子の影響ではないかと言われているのです。 ちなみにアグーチ遺伝子がキジトラの模様に影響を与えた時に、白い毛が混じった個体が出るなどのレアケースの突然変異もあるようです。 また、毛並みがふわふわしている固体や、薄い縞模様になっている固体なども確認されています。 沢山の人に可愛がられ愛される、それがキジトラのネコ 愛猫家であることでも有名な芸能人の中川翔子さんの飼っていた「マミタス」もキジトラでした。 人気司会者としても名高い「タモリ」さんのおうちの「パトラ」もキジトラです。 その他にも土屋アンナさんや、俳優の市川由衣さんや藤崎奈々子さん、鈴木砂羽さん。 愛猫家として有名な、爆笑問題の田中さんなどもキジトラを飼っていることで有名です。 有名人だけでなく、多くの人に愛されるキジトラのネコの魅力がお分かりいただけたでしょうか? 人と寄り添い、人と共に生きていくことが上手なキジトラネコの良さを、ぜひ広めてみんなで可愛がっていきましょう。

次の

キジトラの性格は野生的で甘えん坊!初心者には向いてない!?

キジトラ 可愛い

キジトラは警戒心の強い性格と、ツンデレな性格、甘えん坊な性格の3つのタイプがある。 運動が好きな子が多く、元気で病気もしにくいが終始甘えているわけではない。 鳥のキジに名前の由来を持ち、亜種として「キジ白」「トビキジ」などがいる キジトラの性格にはどのようなタイプが存在しているのでしょうか。 日本で最も多い品種と言われているキジトラですが、その子その子によってもちろん性格に違いがあります。 一般的には歴史上、キジトラの性格は気性が荒く野生の本能が残っていると言われています。 これからキジトラを飼いたい方は、その性格や注意点を知ってキジトラに好かれる飼い主になるよう努めましょう。 2020年04月09日 更新 30023 view• 私ごとですが、今飼っている猫がキジトラです。 元々は野良猫(地域猫?)で、家に迎え入れる数年前から、近所をうろうろしていました。 野良猫なのに異常に人懐っこい性格で(簡単に抱っこさせた)、反対に人間に何かされるのではないか、とずっと気がかりでした。 ある日、おでこに殴られたような傷を見つけ、それを機に家に迎えることを考え始めました。 猫を飼うのは初めてで、当時は二匹の犬もいたので随分と迷いましたが、思い切って迎え入れると、もうずっと前から一緒に暮らしていたような甘えっぷりでした。 今のところ大きな病気もなく、トイレの失敗も一度もなく、穏やかで、甘えん坊な性格ですので、初めて猫を飼う私にはぴったりの品種でした。 その反面、最近、近所で見かけるキジトラは警戒心が強く、少しでも近づくと歯をむき出して威嚇します。 同じキジトラでも、全然違う性格です。 個体差があるので、何とも言えませんが、「いつか甘えてくれるかも!?」と夢と希望を持って、気長に待てる人にはおすすめの猫だと思います。 キジトラさんは本当によくみます。 あの柄は個人的にも野性味あふれていて、まさしくねこちゃん、という柄なので好きです。 しかし、意外にも本当に野生に近い部分があるのですね。 また、名前の由来が、鳥のキジからきているのは初めて聞きました。 ねこちゃんの柄はその性格にも関わっていますよね。 白い部分が多い子は警戒心が強いとか、逆に黒い子は人懐っこい子がおおいなど。 キジトラさんは結構個体差が大きい気がします。 すごく人懐っこくって、抱っこも好き、誰でもとにかくよっていく子もいれば、すごくシャイで神経質な子もいます。 今まであったらキジトラさんも、どちらのタイプもいました。 人もそうですが、性格は個人個人で違うからこそ面白いのであって、そんなところもねこちゃんのいいところですよね。 我が家にはキジトラが2匹いますが、1匹はメス。 もう1匹はオスで、そのためか性格が全く違います。 メス猫の方は・・・ツンデレ、ビビり、人見知り、怒りっぽい オス猫の方は・・・甘えん坊、人なつっこい、怒ったことがない という感じです。 こうして書いてみると一見オス猫の方が絶対にいいと思われがちですが・・・ 笑 でも、普段ツンデレなメス猫がゴロゴロいいながら甘えてきたときは、本当に心から嬉しくなりますし、可愛さもより一層増しますよ^^ キジトラのメス猫では、うちの子みたいに怒りっぽいビビりな子もいるとおもいますから、来客が多いおうちには向いてないかもしれません。 我が家のキジトラのメスは、人が来る気配を感じると必ず隠れます。 それに比べてオス猫は玄関までくっついてきて、可愛い声でお客さんをお出迎えしてくれます^^ キジトラは、犬の訓練所に見習いに行っていたときに所長さんが飼っていたので世話してきました。 ものすごく、なつきました。 ゴロゴロゆって引っ付きまわっていました! でも、ツンデレなとこもあり、それがまた可愛いです。 人懐っこくて、人が好きですし、他の動物とも仲良かったです。 わんちゃんたちともなかよくて、大型犬の背中に乗ったりもしました! 遊んであげる時も気長に、しています。 またたびや猫じゃらしやひもで遊ばせます。 可愛いです。 ごはんも野菜をたくさん食べますし、フードも食べます。 運動も好きで、走り回りキャットタワーにも登ってはかけ降りて遊んでいます。 心臓が悪くなり、治療をしました。 時々、発作が出ていましたが、そのたびに、獣医さんに見てもらっていたのですぐに、元気になっていました。 キジトラは魅力的な猫ちゃんです。

次の