コロナ セックス。 ニューヨーク当局が新型コロナ時代のセックス指針を公開「最も安全な相手は自分自身」

どうしてもヤリたい場合は…どうすればいいの!?〈コロナ時代のセックスガイド〉

コロナ セックス

<新型コロナウイルスの感染者が急増しているニューヨーク市の保健局が、市民のセックスライフに助言。 どこまで禁欲的なのか、その中身は?> 新型コロナウイルスが猛威を振るうなか、ニューヨーク市保健局は感染を防ぐセーフセックスに関するガイダンスをウエブサイトで公開した。 このガイダンスは、「ニューヨーク市民は家にとどまり、ウイルスの拡散を防ぐために他の人との接触を最小限にするべきだ」という警告から始まる。 しかし「セックスを楽しみ」、かつウイルスの「感染拡大を避ける」方法もある、と提案。 「最も安全なセックスパートナーは自分自身です」と述べた。 「マスターベーションなら新型コロナウイルスを拡散するリスクはない。 本誌の取材に対して保健局は、このガイダンスの内容は「定期的に更新される」こと、そして「セックスをしてもかまわない」ことを市民に知ってほしいと語った。 「セクスティングも検討すべき」 ガイダンスによれば、自宅隔離と社会距離戦略(ソーシャル・ディスタンシング)が実施されている期間中は「身近な人とセックスをする」ことが重要で、マスターベーションの次に「安全なパートナーは、一緒に住んでいる人」だという。 「セックスをはじめ、濃厚な接触を少数の身近な人だけに限定することは、新型コロナウイルスの拡散を防ぐ」うえで役に立つとし、「外の人とのセックスをふくむ濃厚な接触をする」のは避けるべきと警告する。 さらに、「市民はビデオデートやセクスティング(スマートフォンで性的な映像を送る)、チャットルーム」など、対面での性行為の代替手段を検討してほしいと呼びかけている。 現在のところ、新型コロナウイルスが性交で感染する可能性を示す証拠はない。 だが、キスや親密な接触など、セックスに伴う行動には感染の危険があると医師は言う。 ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は21日の記者会見で、入院患者の急増に対応するためにニューヨーク市内の大型展示場ジャビッツセンターを臨時の病院施設に転用する考えを明らかにした。 さらに州内で、1人あたりの検査数で中国や韓国を上回る4万5437件の検査を実施した結果、1万356人に陽性反応が見られたことを発表した。 「検査を増やせばそれだけ感染者の数も増える」と、クオモは警告した。 「新しい感染者数の増加は、実施した検査の数を反映しているだけだ」 ニューヨークのビル・デブラシオ市長は3月20日、ニューヨーク市が感染拡大の「中心地」になっていると語った。 (翻訳:栗原紀子).

次の

性行為と新型コロナウイルス感染症|五反田・性病検査の感染症内科クリニック

コロナ セックス

あまり報道されていないようですが、 ソープやファッションヘルスで働く女性や男性たちの 新型コロナの感性比率はかなり高いと言われています。 お店側からは、感染した従業員たちには決して風俗関係であることを 明かさないように言われているそうです。 また、客たちの感性した人たちも、風俗を利用したことは 明かすことほとんどないそうです。 どうやら、今回の新型コロナは、 ツバを介して感染する可能性がかなり高くなってきています。 風俗の危険性はそこに潜んでいるようです。 人の口内には、このウイルスが取り付きやすい受容体が数多く存在し、 特に舌においてはそれが堅調であることがわかってきました。 そのために、PCR検査も鼻の粘膜液の綿棒採取よりも 唾液検体採取のほうが感度が高く有効であることが報告され、 近く唾液によるPCR検査も始まります。 新型コロナは、感染者の放出する唾液によって拡散されていると 推測されてきています。 そのために、感染者がツバを外に放出するような場面に 長時間見を身を晒すことで自分も感染するということになっていきます。 ライブハウス・コンサート・イベント、宴会・飲み会、スポーツクラブ、 クラブ・バー、接客業種などが危険度がかなり高くなり、 その中でも風俗関係は、サービスが濃厚になればなるほど、 デープキスのサービスで満足度が高まれば高まるほど 感染率が高くなるという構図となっていきます。 では、当面、我々男たちは、 ワクチンが開発されるまで女性との濃厚接触を 控えなくてはならないのでしょうか? 快楽を堪能するためには、 敢えて大きな危険を犯さなくてはならないのでしょうか? 安心してください。 ここに一つだけ安全なセックスのやり方があります。 海外のある研究で次のような報告が上がっています。 膣粘膜には、 新型コロナの受容体は認められなかった と。 これはつまり、ペニスと膣の接触では新型コロナは伝染しないことを意味しています。 通常、ウイルスは粘膜を介して感染することが多いのですが、 なんと喜ばしい報告でしょうか!! しかし、ここで我々が、注意すべきは、 あくまでもペニスの膣への挿入だけでは移らないということです。 つまり、女性と会話やキスをすることなく、 ペニスをバギナに挿入するだけの、 出すだけセックス行えば感染しないということです。 勿論、女性に大きな悦びの声を挙げさせるような 濃厚な愛撫も控えるべきでしょう。 喘ぎ声でツバが飛んでしまいます。 愛の囁きもご法度です。 身体も舐めてはイケません。 前戯愛撫は全て省略して、 すぐにペニスを挿入して女性が感じる前に早く終わるしかありません。 更に、万全を期するなら、 女性と正対することのない後背位をお勧めします。 あれだけ、非難の的であったパチンコ屋さんで クラスターが発生してないのは みんなマスクして前を向き、 しゃべることなくモクモクと遊んでいるからです。 ここにも楽しむための法則が隠れています。 とにかく、危険なことは相手の唾液です。 そして膣壁は安全です。 そこで取るべき手段は一つです。 女にマスクさせて、しゃべることなくモクモクと ペニスを出し入れし、射精したら動物のように直ぐに離れるのです。 感じやすい女性には、口の中に小タオルを入れて、 その上からマスクをしてしまいます。 女性と愛の余韻を楽しむことも、この際、諦めてください。 それはまるでオナホールでのオナニーと同じかも知れませんが、 まだまだ本物の方が味がいいのは確かです。 世の多くの男性の、 もはや妻や彼女と喋るのはウンザリという御仁には 喜ばしいセックス法になるでしょう。 また、コロナが恐ろしくて、 ペニスが縮んでしまっている男性は この無口後背位挿入法で是非、元気を取り戻してください。 ただし、上記のメソッドは個人的な見解であって 臨床的に証明された訳ではなく、 コロナ感染しないことを保証するもではありません。

次の

ニューヨーク当局が新型コロナ時代のセックス指針を公開「最も安全な相手は自分自身」

コロナ セックス

セックスと新型コロナウイルス感染に関するガイダンス ニューヨーク州保健局のガイダンス文書(2020年3月27日付)では、自宅待機の中でもセックスを楽しみ、かつ新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を防ぐためのヒントとして、以下のような指標を示している。 新型コロナウイルスは咳やくしゃみなどによって、半径6フィート(約2m)以内の人に飛沫感染する可能性がある• 新型コロナウイルスは感染者の「唾液」「粘液」との直接接触によって感染する可能性がある• 感染者の糞便から新型コロナウイルスが検出されている• 現地点では精子や膣液から新型コロナウイルスが検出された事例はない• 自分自身が最も安全なセックスパートナーである。 自慰(オナニー、マスターベーション)によるセルフセックスは感染を広げない• オナニーをする場合でも、前後に石鹸と水(または温水)で20秒間手を洗うようにする• 次にリスクが少ないのは、同棲しているパートナーである• セックスを含む濃厚接触を少数の身内に限定することが、拡散の予防に繋がる• お互い同意し合えるパートナーとだけセックスをしよう• 配偶者や特定のパートナー以外とセックスする場合は、相手を出来るだけ少なく限定するべき• キスはとても簡単に新型コロナウイルスを感染させてしまう行為である• キスなどの濃厚接触は身内や限定されたパートナーだけに留めるべきである• リミング(アナルを舐める)は糞便中のウイルスが口に入る可能性があるので避けるべきである• コンドームやデンタルダムの利用は、唾液や糞便との接触を少なくしてくれる• 特にオーラルセックス(フェラチオ)やアナルセックスをする時に効果的である• パートナーとのセックスの前後においても、石鹸と水で手を少なくとも約20秒間洗うことが重要• パートナーと大人のオモチャを使った場合には、石鹸と温水で洗浄をして下さい• 自分や相手が新型コロナに感染している場合には、セックスはもちろんのこと、特にキスは避けるべきである• 新型コロナの諸症状とされる発熱、咳、喉の痛み、息切れなど、感染の疑いがある場合にもセックスやキスを避けるべきである• コンドームやPrEP 曝露前予防内服 、検出限界値未満のウイルス量(UVL)を保持していることはHIV感染予防に有効である• その他の性感染症(STIs)の予防においても、コンドームは有効である• では、上でご紹介した「セックスと新型コロナウイルスに関するガイダンス」を元に、我々はどのような性生活を送るのが理想的であるか、知っておくべき性の知識に見ていきましょう。 新型コロナウイルスの感染予防とセックスを楽しむために 一つの答えとして、新型コロナウイルスの感性が拡大していく中で、基本的には濃厚接触となるセックスは避けるべきであるでしょう。 当記事を執筆した時点(2020年4月2日)においては日本政府における緊急事態宣言の勧告はなくとも、既に自宅待機を強いられている欧米諸国のあり様はすぐ先にある我々の生活であるかもしれません。 欧米諸国に比べて、生活に密接しているセックスや性事情に対してオープンではない傾向にある日本であるからこそ、「セックスと新型コロナウイルス」という問題についても考えられるキッカケになればと思っています。 自分が感染して傷つかないためにも、大切なパートナーを感染させて傷つけてしまわないためにも。 「現時点で学べること」と「現時点で出来る限りの対策」を知っておくことが大切ですよね。 濃厚接触となるセックスは極力避けるべきである 新型コロナウイルスへの感染を予防するためには、濃厚接触となるセックスは極力避けるべきでしょう。 現時点でセックスによる新型コロナウイルスの感染を示す証拠はありません。 ですが、 セックスに伴う唾液の交換となるキスや、お互いの顔や身体に触れ合う直接接触などは、感染の危険を高める行為であるからです。 ガイダンスにある通り、最も安全であるセックスはオナニーやマスターベーションなどのセルフセックスです。 さらなる感染拡大を防ぐためにも、直近1~2週間(2020年4月2日現在から)においては自慰までに留めておくことようにしましょう。 限定した人とだけセックスするべき 自分以外の相手とセックスをする場合は、限定された人とだけセックスをするべきです。 その理由は、お互いの感染リスクを抑えるためだけではなく、万が一感染した場合でも、最小限の拡散に留めておけるから、感染源の特定に繋げることが出来るからです。 不特定多数の人とキスやセックスをしない• 一緒に住むパートナーは、自分の次に安全なパートナーである• カップルや夫婦であっても、必ず同意の上でセックスをする 同棲カップルや居住を共にする夫婦は、普段の生活において感染リスクの高い距離(約2m以内)で接していることが多いでしょうから、パートナー同士が感染していなければ、お互いを感染させるリスクは低いと言えます。 しかし、感染していても無症状であることもあれば、「自宅待機命令」と「不要不急の外出自粛」とでは、パートナーが外からウイルスを持ち込む可能性は異なります。 もし、 限定した人とセックスをする場合でも、必ず話し合い、お互い同意の上でセックスをするようにしましょう。 セクスティングなどの間接的セックスを検討してみる セックスによる感染リスクを抑えるためには、直接接触を伴うセックスだけではなく、間接的に行えるセックスの方法についても検討してみるべきである。 Face Timeなどを利用したビデオ通話によるデートや擬似的なセックス• セクスティングを利用した間接的なセックス• パートナーと一定の距離をおいて相互オナニーをする など、直接接触をしないセックスの方法について検討してみるのも一つの選択肢です。 「セクスティング」とは、「sex」と「texting」の組み合わせによる造語であり、性的な画像やテキストをスマホ上で交換し合うことで行う擬似的なセックスのことです。 また、遠隔操作機能のある大人のおもちゃを利用して、感染リスクを減らしたセックスも検討出来るでしょう。 カップルにおける性のコミュニケーションの形について工夫したり、模索してみたりするのも、楽しみの一つとして考えてみても良いかもしれませんね。 大人のおもちゃを利用したセックスも視野に なるべく直接接触を伴わないセックスを検討するにあたり、大人のおもちゃを利用するというのも一つの手段です。 女性向けであればバイブやローター、男性向けであればオナホールなど、道具を使って擬似的なセックスを体験することも可能かと思います。 ドイツの大人のおもちゃメーカー「」は、新型コロナの影響で売上が予想の50%を上回っていると発表しており、世界中で大人のおもちゃへの需要は高まっている傾向にあります。 女性が一人でも楽しめるアダルトグッズの種類は豊富にありますので、彼氏や夫とのセックスに遠慮してしまう場合は、大人のおもちゃを使って楽しむのも良いでしょう。 オーラルセックスやリミングは避けるべき キスだけではなく、オーラルセックス(フェラチオ)やリミング(アナルを舐める)も避けるべきです。 オーラルセックスは唾液による感染のリスク、リミングは糞便が口内に含まれることで感染のリスクが高まるからです。 新型コロナウイルスは唾液や粘膜から感染するリスクがありますので、なるべき唾液との接触を控えたセックスを心掛けましょう。 避妊や感染予防のためにもコンドームの利用を コンドームを利用することは、新型コロナウイルスの感染リスクを抑えるためにも有効であるとされています。 特にオーラルセックスやアナルセックスをする場合でも、感染リスクのある唾液や糞便との接触を減らすことが出来ます。 なるべく清潔を保つために、大人のおもちゃを利用する場合でもコンドームを利用した方が安全と言えるでしょう。 また、避妊具であるコンドームを利用することで、予想しない計画外の妊娠を避けることに十分役立ちます。 精子や膣液から感染する事例が見つかっていないとしても、いつ終息するか分からないウイルス流行下において、計画性のない妊娠は避けるべきであるでしょう。 セックス前後の洗浄や消毒は忘れずに ニューヨーク州当局のガイダンスにおいても、 オナニーやセックスをする前後には水と石鹸で約20秒間以上手洗いをするようにすべきとされています。 より感染リスクを抑えるためには、手洗いだけではなく、シャワーに入るなどして身体全体を清潔にすることも大切でしょう。 パートナーとのセックスを終えてピロートークをしながら眠りにつくというのも甘いシチュエーションですが、新型コロナウイルスへの感染を出来る限り防ぐためにも、前後の手洗いやシャワーで清潔を保つことを忘れずに。 セックスをする環境も清潔が保たれているべき 手洗いやシャワーだけではなく、セックスをする環境についても清潔が保たれるよう注意しておくと良いでしょう。 ベッドシーツや枕カバーの洗浄や交換、ベッド柵やベッド棚の消毒など、感染リスクを高める可能性がある部分についても配慮しておくべきかと思います。 また、新型コロナが流行している現在においては、ラブホテルなど外出先でのセックスも控えた方が良いでしょう。 複数の人が性行為をしたであろう環境にリスクが潜んでいる可能性があるでしょうし、単純に外出の回数が増えれば、それだけ感染のリスクが高まってしまいますので。 セックスと新型コロナの問題から考えるカップルのあり方 新型コロナウイルスの感染が猛威を奮う中、キスやセックスだけではなく、デートやハグといった接触さえも控えてしまう状況において、パートナーへの愛情表現は今まで以上に配慮されるもの。 ですが、不安を抱える状況下であっても、今まで以上に言葉で愛情表現を行い、再度お互いの気持ちを確かめ合うことで、また一歩仲の良いカップルとして成長していけることでしょう。 外出自粛やテレワークによってパートナーと接する機会が増えた方も多く、今後自宅待機となった場合にはより接する機会は増えていきます。 接する時間や相手のことを考える時間が増えていく今であるからこそ、今一度「カップルや夫婦としてのあり方」について考えるキッカケになれば幸いです。

次の