ロードオブハーレム。 パチスロ ラブ嬢2

ラブ嬢2 通常時のステージ移行(周期ごとの抽選):パチスロ ラブ嬢Ⅱ ステージ移行抽選詳細 リラクの泉移行率など

ロードオブハーレム

妄想開始! 嘉村 それではまいりましょう! 三葉 はい。 三葉 ……ですね(より詳しくはで)。 嘉村 ふむふむ。 三葉 この図の中で、特にご注目いただきたいのが…… フロド! 嘉村 ほぉ。 三葉 フロドは 「主に『精神的負担』を担当するキャラ」です。 もっと言えば……他のキャラ(サムなど)が敵と戦ったり、作戦を練ったりしてくれるので、彼は 「肉体的・頭脳的負担とはほとんど無縁の『精神的負担専業キャラ』」になっている。 嘉村 あー、なるほど。 三葉 これ、なかなかどうしてユニークな設定だと思うんですよ! 嘉村 ふむ。 三葉 というのも、「広義の『戦う物語』」(本作のような「ファンタジー作品」から、「異能力バトル作品」、さらに「刑事もの」まで含む)を振り返ってみると…… 最もメジャーなのは「主要キャラ全員が戦場に駆けつけ、敵と交戦する物語」でしょう。 嘉村 確かに。 「戦隊ヒーローもの」にしろ、「魔法少女もの」にしろ、基本的にはこのパターンですよね。 嘉村 ふむふむ。 三葉 要するに…… 大半の「戦う物語」のキャラは、「肉体的・頭脳的負担」に耐えつつ戦うものです。 敵から精神攻撃を受けたり、あるいは家族・恋人が誘拐されたりして「精神的負担」を負うこともありますが……。 嘉村 ええ。 三葉 「精神的負担専業キャラ」というのは、なかなか見かけません。 嘉村 確かに。 三葉 以上、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの 「主要キャラの中に『精神的負担専業キャラ』がいる。 しかも、それが主人公!」という設定がいかにユニークか、ご理解いただけたと思います。 嘉村 ふむ。 三葉 ということで、このユニークな設定を応用して、新しい物語を考えてみましょう。 嘉村 「男性主人公と、女性サポーター」……? 三葉 ええ。 「ファンタジー作品」でも「異能力バトル作品」でも何でもいいのですが…… 主人公を「男性/精神的負担専業」、そして主人公以外の主要キャラを「女性/肉体的・頭脳的負担を担当」にすると面白い物語になると思うんですよ! 嘉村 ほぉ。 三葉 図に整理してみましょう。 こちら! 嘉村 男性1人に対して複数の女性……いわゆる「ハーレムもの」ですか。 三葉 ええ、その通りです。 アニメやラノベでお馴染みの「ハーレムもの」をイメージしていただければと思います。 嘉村 ふむ。 三葉 すなわち……男性主人公が、世界を救うべく旅立った。 彼につき従うのは、女性戦士、女性魔法使い、女性格闘家、女性軍師などなど……全員女性! 嘉村 ふむふむ。 三葉 また、「ハーレムもの」のお約束。 ツンデレからヤンデレ、中二病、妹キャラ、お姉さんキャラ、クールビューティ、ドジっ子、ヘタレ、アホの子、僕っ子など、様々なタイプの女性が揃っています。 嘉村 なるほど。 三葉 「『世界を救う旅』なんていうけれど、女性に囲まれて本当はルンルン気分なんじゃないの?まったく羨ましい!」なんて感じるかもしれませんが……じつはまったく羨ましくない。 嘉村 ほぉ……と言うと? 三葉 何しろ、主人公は常に精神的な攻撃を受けている。 嘉村 ええ。 三葉 「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのフロドには、「メンタルがボロボロになるに連れて、ある種の神々しさを帯びていく」というまるでキリストのような演出が施されていました。 嘉村 リアル? 三葉 つまり、メンタルがズタボロになると人はどうなるか? 嘉村 うーむ……。 三葉 端的に言って、もっと悲惨なことになると思うんですよ。 悲鳴、嗚咽、嘔吐、吐血、失禁。 さらには、幼児退行や記憶障害を引き起こす可能性もある。 嘉村 あー、そういうことですか……。 三葉 要するに……旅に出た当初は、そりゃ多少はエロい気分になったりもしましたよ。 しかし、そんな能天気なことを考えていられたのも、ほんの束の間です。 嘉村 ふむ。 三葉 主人公のメンタルは、すぐにズタボロになる。 もうね、いっそ死んでしまいたいと思うことだってある。 しかし……それは許されません。 世界を救うには、主人公がとある場所まで旅する必要があるのです。 嘉村 ふむふむ。 今日も頑張りましょうね。 ハイ、あんよを出して」「よしよし偉いぞ。 嘉村 なるほど……。 三葉 図に整理すると、以下のようになります。 三葉 つまり…… 一見すると「逆ハーレムもの」。

次の

パチスロ ラブ嬢2 掲示板

ロードオブハーレム

Lord of Walkureとは、で開されていたのである。 は「」。 をもって。 概要 にするにはに会員登録が必要だがで出来るので 通常版と版があり、の人はでされている通常版、以上の人はでされている版を……と思いがちだが、実はの会員登録はお断りである。 つまりの人は通常版でもできない。 両方のは共有されており、通常版の方はとあるで「これ以上はダメ! 版でお楽しみください」的なが出る…だけである 極一部のは別のが見られる やにあると同じく式となっている。 版は現状では存在しないが、は下旬のによりされた。 期間限定で稼ぐであり、常設はナップが一年半もされていない()。 が進んでいった結果、期間限定の>常設のR(位)となっている。 またの生を追加する手法が非常に立ち、全に新規のが三ヶに渡って追加されなかったり、あまりのないの生が二年以上出なかっり、一度生が出たきり現時点まで生が出ないという事があった。 その一方で、のあるの生の数はすさまじく、後述するカミーラというは8種類、の案内役にして顔ともいえるナヴィに至っては14種類も存在している。 その一方で5まで生が全く存在しなかったり、3に生が出たきり以降全く生が存在しないも存在している。 主なキャラクター• ナヴィ 名[戦ナヴィ 土・UC ] : が最初に出会う。 いきなりに襲われているのだが、その場面はよりによって・・・ 助けられた後はを「の」と 半ば強引に見定め、を救うへ共に歩む事となる。 一番最初に手に入るだが、現状させる手段がないためい段階で戦外になってしまいがち。 しかし各種や解説等で出番は極めて多い。 一部界では事あるごとにに「M!」と迫り執拗に各種回復やの購入を促すの亡者として扱われているとかいないとか… の案内役にしての顔となっているゆえに、生の数もかなり多く存在する。 が、未だにを死守している。 余談だが、このの作品に当たる[・・ 以下 ]にの子孫にあたる[のここ]が登場し、[のここ]もまたnへとを導いてくれる。 名[ 土・R ] : 「は私が倒す!」 至る所で見かけるでお染みの。 のに惹かれてした人も多いのではないだろうか。 性格は。 中盤の討伐報酬で手に入り、という事ともあり入手時期的に強いだが すぐにより強なが手に入るようになるためどうしても不遇な感じが否めない可哀想な子。 とはいえ決して弱いわけではない為、中盤以降でもがあれば使っていける。 惜しむらくは会話等がい事か。 「は私が倒す!」といいつつ0しか与えられない事が多々あるのはご嬌。 相手のによっては十分なのもご嬌。 特に土に弱い敵が相手だと大でも十分である。 流石に終盤以降になると不足はいがめないだろうが… そもそもこの手のに序盤はともかく中盤・終盤があるとは思えないが と思いきや、少し前にされた調戦団用の[増加]によって育成要員としてのが開けた。 【生】 [の R ] [煉の ] [ ] [悪戯な ] [小 ] [機 R ]• 名[の士 ・UC ] : 中において、の手で最初に最終させる事になる。 版では、の[初めてのお相手]も果たす。 性格は+。 最序盤で手に入るだけあっては決して高くないのだが、 は5とナヴィの4に次いで低く、序盤の埋め要員になってくれる。 なお、そのあどけない仕に似合わず意外と胸がある。 の際にがからになったが、最近時々に戻る時がある事が判明した。 余談だが、定期的に行われるヴィーズにおけるの 別名のは他ののとはに違う、なに包まれる事になる。 あぁい! また、のは[立なさんを持つ様]の[立士]ともよばれる。 そして、 立士達のがに届いたか、についにR入りの悲願を果たす。 余談だが、有志の手によりにの項まで作られた模様。 【生】 [時つ士 R ] [の士 R ] [舞の ] [レ R ] [焦士 ] [精密機動 R ]• 名[群の ・UC ] : 性格は ?。 一部の様の間で[裏]と言わしめる。 LoWにおける。 初期に手に入るの中ではなかなかの性を誇り、その身体には[哀しき秘密]を秘めている。 戦として育てていき、最終でにされる、その身体に秘められた[哀しき秘密]を知るまでが[裏]である。 【生】 [の• せい 名[せい ・C ] :おと。 性格は系。 登場当初は のコモンだったが、での熱い支持により何度か限定として登場し、 3の時にてとしてする。 ちなみにとしてのはびゃっこが先で、残るとげんぶも後のにてとしてした。 余談だが、このの作品に当たる[]にも[千年後のから召喚されて]登場する。 【生】 [. カミーラ 名[闇の王カミーラ ・R ] : 性格は様。 頃に位のRとして登場、なと隔絶した高によりく間にと化した。 にて述べた「の生を出す」を体現しており、生を含めて9種類存在している。 さすがにのナヴィには劣るもののそれでも最多の部類に入る。 またRはもちろんの場合でも位の性を誇る。 なお、もまた[]に[千年の眠りから覚めて]登場する。 余談だが、4にて、のを担当する人がのを歌った。 リーザ 名[のリーザ 火・ ] : 性格はな武人。 画面の右側の方でを構えながらを見せているの長い。 その姿はまさに[戦]と言わんばかりに々しい。 前述のと同じ人が演じてるとは思えぬ… 生の性もが高い物が多く、あとのがセク、い。 余談だが、[]にはの血を引くのと言われる[・]が登場する。 【生】 [のリーザ R ] [リーザ ] [宵明のリーザ R ] [焔のリーザ ] [罪即のリーザ ] [懐のリーザ R ] [リーザ R ] [リーザ ] 関連作品• その名の通りLOWが出てくる。 生作品が次々死んでいく中で、何故か未だに生き残っている。 設定的にはLOWと同一観で、別のだったらしい。 等の関連性は一切しだったっぽい。 / 済み。 設定的にはLOWから年後ので、一部LOWが登場・加入する。 また、に伴い ? 、何人かのがLOWに合流してたりする。 シェイク/ 済み。 作品の設定的なは不明だが、は の太鼓男を除いて LOWで構成。 か何かだったんだろうか。 生作品の率の高さがヤ。 X-d(のお相手) 間でのにて、一回は共闘し、二回は殴り合った相手。 共闘時はなオーダーの菌糸類相手に手を取り合い、殴り合い時にはナヴィと X-dのナヴィ的 がした。 プ ロ レ ス し た。 因みに、は「ド」。 ー・!(のお相手) の。 的なではく、各の と ができるが設置された。 ロードオブワルキューレ 版 版の。 版と同じ観。 紹介によると、は 版初出 、ナヴィ、、ポ、ンの5人らしい。 スタッフ キャスト• ふぁん• 他にも5名ほど参加しているが非開 カード&イベントキャラクターデザイン・原画• 他にも10名以上参加しているが非開 上記8名はいずれもにいるので探してみよう カード彩色・イベント背景• 開発 イブ 関連の項目 関連動画 関連静画 関連商品 関連記事• 関連リンク•

次の

テレビドラマ ゴッドファザー・オブ・ハーレム あらすじ キャスト

ロードオブハーレム

妄想開始! 嘉村 それではまいりましょう! 三葉 はい。 三葉 ……ですね(より詳しくはで)。 嘉村 ふむふむ。 三葉 この図の中で、特にご注目いただきたいのが…… フロド! 嘉村 ほぉ。 三葉 フロドは 「主に『精神的負担』を担当するキャラ」です。 もっと言えば……他のキャラ(サムなど)が敵と戦ったり、作戦を練ったりしてくれるので、彼は 「肉体的・頭脳的負担とはほとんど無縁の『精神的負担専業キャラ』」になっている。 嘉村 あー、なるほど。 三葉 これ、なかなかどうしてユニークな設定だと思うんですよ! 嘉村 ふむ。 三葉 というのも、「広義の『戦う物語』」(本作のような「ファンタジー作品」から、「異能力バトル作品」、さらに「刑事もの」まで含む)を振り返ってみると…… 最もメジャーなのは「主要キャラ全員が戦場に駆けつけ、敵と交戦する物語」でしょう。 嘉村 確かに。 「戦隊ヒーローもの」にしろ、「魔法少女もの」にしろ、基本的にはこのパターンですよね。 嘉村 ふむふむ。 三葉 要するに…… 大半の「戦う物語」のキャラは、「肉体的・頭脳的負担」に耐えつつ戦うものです。 敵から精神攻撃を受けたり、あるいは家族・恋人が誘拐されたりして「精神的負担」を負うこともありますが……。 嘉村 ええ。 三葉 「精神的負担専業キャラ」というのは、なかなか見かけません。 嘉村 確かに。 三葉 以上、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの 「主要キャラの中に『精神的負担専業キャラ』がいる。 しかも、それが主人公!」という設定がいかにユニークか、ご理解いただけたと思います。 嘉村 ふむ。 三葉 ということで、このユニークな設定を応用して、新しい物語を考えてみましょう。 嘉村 「男性主人公と、女性サポーター」……? 三葉 ええ。 「ファンタジー作品」でも「異能力バトル作品」でも何でもいいのですが…… 主人公を「男性/精神的負担専業」、そして主人公以外の主要キャラを「女性/肉体的・頭脳的負担を担当」にすると面白い物語になると思うんですよ! 嘉村 ほぉ。 三葉 図に整理してみましょう。 こちら! 嘉村 男性1人に対して複数の女性……いわゆる「ハーレムもの」ですか。 三葉 ええ、その通りです。 アニメやラノベでお馴染みの「ハーレムもの」をイメージしていただければと思います。 嘉村 ふむ。 三葉 すなわち……男性主人公が、世界を救うべく旅立った。 彼につき従うのは、女性戦士、女性魔法使い、女性格闘家、女性軍師などなど……全員女性! 嘉村 ふむふむ。 三葉 また、「ハーレムもの」のお約束。 ツンデレからヤンデレ、中二病、妹キャラ、お姉さんキャラ、クールビューティ、ドジっ子、ヘタレ、アホの子、僕っ子など、様々なタイプの女性が揃っています。 嘉村 なるほど。 三葉 「『世界を救う旅』なんていうけれど、女性に囲まれて本当はルンルン気分なんじゃないの?まったく羨ましい!」なんて感じるかもしれませんが……じつはまったく羨ましくない。 嘉村 ほぉ……と言うと? 三葉 何しろ、主人公は常に精神的な攻撃を受けている。 嘉村 ええ。 三葉 「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのフロドには、「メンタルがボロボロになるに連れて、ある種の神々しさを帯びていく」というまるでキリストのような演出が施されていました。 嘉村 リアル? 三葉 つまり、メンタルがズタボロになると人はどうなるか? 嘉村 うーむ……。 三葉 端的に言って、もっと悲惨なことになると思うんですよ。 悲鳴、嗚咽、嘔吐、吐血、失禁。 さらには、幼児退行や記憶障害を引き起こす可能性もある。 嘉村 あー、そういうことですか……。 三葉 要するに……旅に出た当初は、そりゃ多少はエロい気分になったりもしましたよ。 しかし、そんな能天気なことを考えていられたのも、ほんの束の間です。 嘉村 ふむ。 三葉 主人公のメンタルは、すぐにズタボロになる。 もうね、いっそ死んでしまいたいと思うことだってある。 しかし……それは許されません。 世界を救うには、主人公がとある場所まで旅する必要があるのです。 嘉村 ふむふむ。 今日も頑張りましょうね。 ハイ、あんよを出して」「よしよし偉いぞ。 嘉村 なるほど……。 三葉 図に整理すると、以下のようになります。 三葉 つまり…… 一見すると「逆ハーレムもの」。

次の