ニュースウォッチ9 桑子 休み。 NHK桑子真帆、和久田麻由子アナが番組入れ替わる

和久田麻由子アナが降板になった本当の理由が衝撃的だった!!

ニュースウォッチ9 桑子 休み

— 2019年12月月27日午前5時23分PST 和久田アナが降板するとしたら、後任は早朝のニュースを担当されている林田理沙アナか、同じくブラタモリの近江友里恵アナ辺りかな…なんて思っていました(願望交じりです)。 個人的には、声が良くてとても聞きやすい池田伸子アナもいいな~と。 ちなみに、高瀬耕造アナ(44)と、ジャーナリストの有馬嘉男キャスター(54)は続投のようです。 関連記事: 追記:13日に正式発表がありました。 1日の締めくくりのニュースを担当する和久田アナは、「これまで以上に、そのニュースの焦点は何か、今日お届けすべきメッセージは何か。 一つひとつのニュースの肝の部分まで深掘りして伝えたい。 キャスターとしての色もにじませていけるといい」と意気込みを語ったそうです。 また、ブラタモリの林田アナは4月から首都圏ネットワークを担当されるということで、新しく浅野里香アナがブラタモリの担当になります。 関連記事: 和久田麻由子アナは東大卒の才色兼備!結婚や旦那さんは? 和久田麻由子(わくだまゆこ)アナは1988年生まれ。 神奈川県出身。 親の仕事の関係で、2~5歳までアメリカテキサス州で過ごし、私立女子学院高等学校を経て東京大学経済学部へ。 すごい学歴ですね。 中学~高校では英語の演劇部に所属。 高校生のころはミュージカル俳優に憧れていたんだそうです。 大学時代は男子ラクロス部のマネージャーに。 きっと憧れのマドンナだったでしょうね~。 就活は、マスコミ業界に絞っていたわけではなく金融からメーカーまで幅広く考えていたそうですが、企業が「社会に果たす役割は何なのか」を考えた時、社会の中での存在意義を実感できるNHKを選んだと語っています。 2011年NHK入局。 岡山放送局を経て2014年東京アナウンス室に移動。 出産のため降板となったNHKのエース・鈴木菜穂子アナの後任として、2015年3月から「NHKニュースおはよう日本」の平日キャスターに抜擢されます(その前は土日の担当でした)。 「ターウィンが来た!」のナレーションをされることもありますね。 昨年は、紅白歌合戦総合司会にも抜擢されました。 局内では、桑子アナが有力という予想だったそうです。 私生活では2019年3月に結婚を発表。 8月31日に行われた結婚式の2次会をフライデーされています。 報道によると、お相手は三菱商事に務める一般男性で、箱根駅伝の元スター選手(早稲田大の猪俣英希さん)なんだそうです。 現在は海外赴任のようですね。 お二人とも忙しそう…。 スポンサーリンク NHK和久田麻由子アナ「ニュースウォッチ9」移動にネットでの反響は? 和久田・高瀬アナのコンビは人気で移動を惜しむ声が多いですが、年数を考えるとこのままずっとという訳にはいかないでしょうね。 最初は誰と組んでも違和感がある気がしますが、すぐに見慣れるのではないでしょうか。 「おはよう日本、高瀬さんは残留するのか。 だとすると桑子さんが高瀬さんの「ボケ」をどう処理するかが見ものだな。 和久田さんは時にやさしく、時に戸惑いながらもさらっと流し、絶妙なコンビだった。 」 「おはよう日本は夜のニュースの登竜門としての位置づけであったはず。 和久田アナの異動は順当だと思うが、桑子アナが何故朝に? 朝の番組をワイドショー的にしたいのかね? 桑子より若手にチャンスをあげてほしいと思うけどね。 」 「NHKがどう考えているのか知らないが、 夜よりは朝一番のニュースの方が大事。 ここから一日が始まる。 自分の中では朝の番組が筆頭。 この入れ替えはありえない。 」 「和久田アナ・高瀬アナのコンビが多くの視聴者に支持されているのを分かっていての人事なのでしょうかね? 希望としては、おはよう日本はこのまま2人に託し、 ニュースウォッチ9は桑子さんから井上あさひアナを戻す。 桑子さんは新しいバラエティを担当してもらう。 それか和久田・高瀬アナ両方ともニュースウォッチ9に移す、かな。 」 「NW9の女性アナウンサーはメイン・キャスターの生徒みたいなコメントを強要されているように感じられ嫌いなニュース番組。 和久田アナウンサーの素敵なところがつぶされませんように……。 yahoo. 近年では、井上あさひアナが人気でしたが、和久田アナもしっくりはまりそうです。 朝のニュースは明るい雰囲気が合っていましたが、夜は落ち着いた感じになると思うので違った面が見られそうですね。 東大卒の学歴を持つ才色兼備の和久田アナ。 NHKでもトップアナと言われる和久田アナの今後の活躍に期待です。

次の

ニュースウォッチ9 桑子 休み

ニュースウォッチ9 桑子 休み

有働由美子の次をつくれ! 『ニュース7』に次ぐ、NHKの報道の要、『ニュースウオッチ9』は、桑子真帆アナ(29歳)が元経済部記者の有馬嘉男(51歳)とキャスターを務める。 桑子は『ブラタモリ』でアシスタントを務めて、人気が急上昇した。 熱海編では、タモリらに温泉に入るように促されて、 「靴下しか脱ぎませんよ」 とアタフタし、 「いやらしい」 と愛らしくツッコむ姿が印象的だった。 「NHKのアナウンサーは数が沢山いるので、漫然と見ていると区別がつきません。 ただ、桑子アナは『ブラタモリ』に出演したことで、頭一つ飛び抜けた。 井上アナよりはべっぴん度は下がりますが、そのぶん親しみがわきます。 タモリさんを立てるときは立てて、堅苦しくもない、そんな雰囲気がちょうどよかったんだと思います。 いま出演している『ニュースチェック11』も、最初は嚙むことも多く、どうなることやらと思っていましたが、上手く乗り越えてきた。 まさに正統派キャスターとして出世コースを歩んでいます。 NHKは籾井勝人会長時代のマイナスイメージを払拭して、新しいクリーンな体制を押し出したい。 その表れが、抜擢された3人の起用ということも考えられますね。 会長問題で離れていた視聴者も、ここまで大きく顔ぶれが変わるとやはり見たくなります」(TVライターの桧山珠美氏) 籾井 勝人 日本放送協会(以下NHK)第21代会長を歴任した。 Photo by GettyImages 美人アナ3人がNHKの「夜の顔」となるわけだが、この抜擢には別の狙いもあるという。 NHK関係者が明かす。 「局内の女性アナとして圧倒的な存在である有働由美子さんに続く存在を育てたいということです。 4年連続で紅白歌合戦の総合司会を務めた有働さんも47歳。 今回の抜擢には、その下の世代のアナウンサーを、という意味があります。 '20年の東京五輪の際に、有働さん以外にも看板となる女性アナがほしいという期待があるんですよ」 若返りを意図し、さらにもう一つ狙いがあるという。 それはシンプルに「視聴率」だ。 「メインの視聴者層である中高年男性をがっちり離さないということです。 そして今さらながら、女子アナが視聴者獲得に有効だと気づいたんです。 ルックスと実力で民放のアナ以上の人材が自前でゴロゴロいるので、これを利用しない手はないと考えた幹部が何人かいるわけです」(前出・関係者).

次の

桑子真帆アナ、ニュースウォッチ9の衣装のせいで内容が入ってこないと話題騒然!画像

ニュースウォッチ9 桑子 休み

2020年の春にNHKの和久田麻由子アナが、朝の「NHKニュースおはよう日本」を 降板することになりました! 2020年3月からは和久田アナが「ニュースウォッチ9」を、 桑子アナが「おはよう日本」を担当する事になると言います。 気になるのが、なぜこのような人事になったのかという事ではないでしょうか? そこで今回は、和久田麻由子アナと桑子真帆アナが いつから交代するのか? なぜ人事異動になったのかについて ネットの声もあわせてまとめてみたいと思います。 『NHKニュースおはよう日本』で6年間を務めてきた和久田麻由子アナが 2020年の新年度から『ニュースウオッチ9』に、 そして3年間『ニュースウオッチ9』を担当した桑子真帆アナが 『おはよう日本』を担当することが発表されました。 高瀬アナとはいいコンビだったのにね。 それでネットや対面調査で徹底リサーチした結果、今回の人事異動の結論に いたったそうなのです。 つまりNHKアナウンサーの好感度を調査したという事なのですね。 そして、この新しい人事について飛び上がらんばかりに喜んでいるのが、 朝から夜への異動になった和久田アナだといいいます。 実は、NHK内部の情報では、報道のニュース番組としては 『ニュースウオッチ9』のほうが格上なのだそうです。 なんと予算やスタッフも2倍違うようです。 ちなみに、NHK関係者によると制作費は『ウオッチ9』の方が1本につき3000万円も違うし、 何といっても年収も手当の差で300万円は違ってくるみたいなので、 この差は大きいですよね。 和久田麻由子アナが喜ぶのも当然でしょうね! その一番の大きな理由は視聴者の支持率でした。 これまでは『おはよう日本』で主婦層には圧倒的支持がありましたが、昨年の『紅白歌合戦』で 若い層から名前と顔を知られるようになった事が大きく、 幅広い年齢層の支持が得られるようになりました。 あとバラエティー担当や報道局員の信頼も厚いし、 何といっても東大卒業と言う経歴も大きいのではないでしょうか。 自分は朝の「おはよう日本」を見ながら準備して出社するし、夜は「ニュースウォッチ9」を観る。 おはようから和久田麻由子アナ、ウォッチ9から桑子真帆アナがチェンジするそう。 色々噂もあるらしいが、両方観ているから朝の顔・夜の顔が逆転って感じだ。 ブラタモリの頃が一番良かった。 平昌オリンピックの時、開会式を閉会式と言い間違えたり、 一昨年の紅白の司会の時も、白組が勝ったのに紅組と言い間違えた。 アナウンサーとしては最悪だと思った。 〇アナウンスの正確性・聞き取りやすさ・緊急ニュース対応等、 アナウンサーの資質実力は明らかに和久田麻由子の圧勝。 個人的にはさばさばしている和久田のほうが好き。 後、夜11時の井上あさひも一応エース級なんだけど 〇和久田アナと高瀬アナのコンビが好きで朝はNHKにしてました。 和久田アナはニュースも聞き取りやすいし、 明るいニュースと真剣なニュースとの切り替えも キチッとされているので見ていて清々しく好感を持てるアナウンサー。 桑子アナは嫌いではないけど、朝の顔かと言われると。。。 うーん、、、とりあえず一週間ぐらいは見てみようかな。 〇桑子アナは、硬い番組より、バラエティーや あさイチみたいな情報番組のほうが向いてると思う。 ニュース番組では彼女の良さは活かせないと思う。 まあ、NHK辞めてフリーに成るのも選択肢ではあるかも。 〇NC9での安倍総理への対応ぶりなどやコメントなど見てても、 桑子アナには常識が欠如してるようだ。 短い間ならそれも面白みや親しみに感じるかもしれないが、 ある程度時間が経つとそれも欠点にしか見えなくなる。 タモリもその一時の非常識さが面白く見えただけだろう。 〇桑子アナ云々より、経歴、品性、将来性を見込める実力そして容姿の総合面で、 和久田アナに敵う女性アナウンサーは、民放を含めてもほぼ存在しないのでは? レベルが明らかに違いすぎる。 〇ニュースウォッチ9には桑子さんの軽さがあっていなくて、 早く誰かと交代してほしいと思っていたのでよかった。 これからは落ち着いたニュースが見れそう。 桑子さんはバラエティー番組の方がいいと思う。 〇ニュースウォッチ9が落ち着く番組になるのは大歓迎。 桑子アナは儀式のように毎晩必ず噛む。 他にも最近は気を付けているようだが場違いに気負い込んだ声の出し方が 幼稚でとてもじゃないが夜の報道番組には合ってない。 ここでも散々言われているようにバラエティ向き。 僅か一年で離婚した事からも明らかなように思い込みの激しい性格だと思う。 ハッキリ言ってNHKを辞めて民放に行った方がいい。 〇桑子さんは今の9時のコンビで11時台に戻るのがよい。 あの頃は見てました。 生き生きしてました。 9時では要らないリアクションが邪魔に感じます。 〇桑子アナは、報道よりもバラエティー向きだと思うから、 NW9よりもバラエティーっぽい要素がある、おはよう日本の方が合うと思いますよ 一方、和久田アナは、正統派アナウンサーの風が感じられますから、 NW9の方が合うと思います 〇何故だが和久田さんの方が好感がもてる。 なんて言うかおくめかしい。 のが和久田さん。 私が私がってのが桑子さん。 こんなイメージなんだよね。 〇事情は分からないけど、この交代は意外と合うと思う。 いつも笑顔で明るいイメージのある桑子アナと夜のニュースの雰囲気は どうも合っていなかったように思うし、和久田アナなら問題なく合いそうだし、 この人事異動がお互いにとって合う様な気がします。 NHKでこれからが大いに注目されるであろう和久田アナの今後の活躍に期待したいと思います。 おすすめ関連記事•

次の