ロフラゼプ 酸 エチル 錠。 医療用医薬品 : メイラックス

メイラックスを減薬。離脱症状がでないか心配【うつ病 体験談】ジェネリックのロフラゼプ酸エチル錠|うつ病ブログ

ロフラゼプ 酸 エチル 錠

メイラックスの名前の由来は? ではメイラックスの名前の由来からいきましょう。 メイラックスは国内ではMeiji Seikaファルマが製造販売しています。 またリラックス「Relax」効果がある薬ということでMeijiのMeiとRelaxのlaxを組み合わせて Meilax(メイラックス)と命名されました。 一般名は ロフラゼプ酸エチルです。 メイラックスの作用を短くまとめると 『不安や緊張を和らげる』となります。 それではもう少し詳しくみていきましょう。 抗不安薬のタイプについて 抗不安薬と睡眠薬はいずれもベンゾジアゼピン系に属する薬が大半を占めます。 両者の作用機序は基本的に同じです。 その中で 催眠作用が強いものが睡眠薬、抗不安作用が強いものが抗不安薬に分類されているだけです。 難しく考えないで下さいね。 抗不安薬は 半減期により大きく4つに分類でき、これが作用時間の目安となります。 4 代表的な抗不安薬を分類しました。 抗不安薬は抗不安作用だけでなく、催眠・鎮静作用、筋弛緩作用、抗けいれん作用、抗うつ作用を持っています。 処方する際は症状により薬を使い分けます。 2種類以上併用する場合もあります。 スポンサーリンク メイラックスの作用機序と特徴 メイラックスはベンゾジアゼピン系に属します。 神経症、心身症、パニック障害、強迫性障害などの不安障害は 神経系の興奮により引き起こされます。 ということはその興奮を鎮めてあげればいいわけです。 GABAは脳内に存在し、その作用から 抑制性神経伝達物質と呼ばれています。 GABAはGABA受容体に結合することで、通常は細胞の外にある塩化物イオン(Clイオン)が細胞内に進入します。 Clイオンにより細胞内がマイナスに傾いていくと興奮が伝わるのが抑えられるというわけです。 そこでメイラックスの登場です。 メイラックスは BZD受容体と結合することでGABAをGABA受容体に結合しやすくします。 ちなみにこれを感受性を高めるといいます。 その結果、細胞内にClイオンが入るのがどんどん促進され、興奮が伝わりづらくなり症状が緩和されるのです。 運動失調とは? ろれつが回らない、動きがぎこちない、ふらふらする等の症状が現れ、中枢神経系の抑制と筋弛緩作用が原因と考えられています。 そして、ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系共通の注意事項として、 重症筋無力症と急性狭隅角緑内障の方には禁忌となり、使用することができません。 重症筋無力症に対して使用できないのは神経伝達がブロックされ筋弛緩作用が増強するため。 急性狭隅角緑内障に対して使用できないのは抗コリン作用による眼圧上昇作用のためです。 またアルコールには脳の活動を抑える作用があり、睡眠の質が悪くなるとも言われています。 抗不安薬と一緒に飲むことで作用が増強される可能性がありますので、なるべく控えるようにしましょう。 最後に 自己判断で中止するのは控えてくださいね。 突然服用を中止することで、服用前より強い不安障害が現れることがあります。 中止する場合は医師の指示の下、徐々に減量します。 それではメイラックスについては以上とさせて頂きます。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 出典: メイラックス錠1mg/メイラックス錠2mg 添付文書・インタビューフォーム メイラックス細粒1% 添付文書・インタビューフォーム.

次の

メイラックス(ロフラゼプ)の作用機序と副作用

ロフラゼプ 酸 エチル 錠

薬剤名等 臨床症状・措置方法 機序・危険因子 中枢神経抑制剤 フェノチアジン誘導体 クロルプロマジン塩酸塩等 バルビツール酸誘導体 フェノバルビタール等 等 両剤の作用が増強されるおそれがある。 中枢神経抑制剤のベンゾジアゼピン系薬剤は抑制性神経伝達物質であるGABA受容体への結合を増大し、GABAニューロンの機能を亢進させる。 中枢神経抑制剤との併用で相加的な作用の増強を示す可能性がある。 モノアミン酸化酵素阻害剤 両剤の作用が増強されるおそれがある。 不明 シメチジン 本剤の血中濃度が上昇するおそれがある。 シメチジンが肝での代謝 酸化 を抑制して排泄を遅延させ、半減期を延長、血中濃度を上昇させるためと考えられている。 この作用は特に肝で酸化されるベンゾジアゼピン系薬剤で起こりやすい。 アルコール 飲酒 本剤の作用が増強されることがある。 エタノールとの併用で相加的な中枢抑制作用を示す。 アルコールの血中濃度が高い場合は代謝が阻害され、クリアランスが低下し、半減期は延長する。 四環系抗うつ剤 マプロチリン塩酸塩等 併用中の本剤を急速に減量又は中止すると痙攣発作が起こるおそれがある。 本剤の抗痙攣作用が、四環系抗うつ剤による痙攣発作の発現を抑えている可能性がある。 副作用.

次の

ロフラゼプ酸エチル錠1mg「サワイ」の添付文書

ロフラゼプ 酸 エチル 錠

不安や緊張感をやわらげたり、寝つきをよくします。 作用 【働き】 このお薬は、おだやかな作用の心の安定薬です。 不安や緊張感をやわらげ、気持ちを落ち着かせます。 神経症やうつ病など精神的な不具合にはもちろん、心身症のような体の不調が前面にでる病気にも使われます。 心身症は、精神的な要因や自律神経の乱れがもたらす心と体の病気です。 たとえば、ストレスで血圧が上がったり、胃腸の調子が悪くなったり、心臓がドキドキしたり、また、女性では生理不順を起こしたりします。 実際の処方例としては、上記のような心身症や不安神経症、パニック障害など各種の不安障害を中心に、自律神経失調症、更年期障害、うつ病や不眠症、統合失調症や躁病の急性期などに処方されています。 さらに、筋肉をほぐす作用があるので、緊張型頭痛や頸椎症、腰痛症、肩こり、けいれん性の病気などに応用されることも多いです。 このように、この系統の薬は副作用が少なく安全性が高いこともあり、各診療科でいろいろな病気に幅広く使われています。 【薬理】 脳のリラックス系の神経受容体「BZD受容体」に結合することで、リラックス系の神経を活性化させます。 抗不安作用のほか、次のような作用をあわせもちます。 抗不安作用..おだやかな作用で不安や緊張感をやわらげます。• 鎮静・催眠作用..興奮状態やイライラをしずめたり、寝つきをよくします。 同系の薬で、とくに催眠作用の強いものは睡眠薬として用いられています。• 筋緊張緩和作用..筋肉のこわばりや、つっぱりをほぐす作用があります。 そのため、がんこな肩こり、腰痛、緊張型頭痛などにも応用されます。• 抗けいれん作用..けいれんを予防したり抑えます。 ベンゾジアゼピン系の抗不安薬(緩和精神安定薬)です。 比較的安全性が高く、依存性もそれほど強くありません。• 注意 【診察で】• 持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。• 別に薬を飲んでいる場合は、医師に伝えておきましょう。• 妊娠中の人は、医師にお伝えください。 【注意する人】 急性の閉塞隅角緑内障を起こしている人や重症筋無力のある人は使用できません。 それらの症状を悪化させるおそれがあるためです。 高齢の人は副作用がでやすいので、少量ではじめます。 適さないケース..急性閉塞隅角緑内障、重症筋無力症。• 注意が必要なケース..呼吸器系に病気のある人、心臓病、肝臓病、腎臓病、脳に病気のある人、高齢の人など。 【飲み合わせ・食べ合わせ】• 別の安定剤や抗うつ剤などメンタル系の薬と併用すると、強く効きすぎたり、副作用がでやすくなります。 服用中の薬があるときは、必ず医師に伝えておきましょう。• 飲酒は控えてください。 副作用が強まるおそれがあります。 【使用にあたり】• 医師から指示された用法用量を守りましょう。 毎日定期服用するほか、症状の思わしくないときに頓服するよう指示されることがあります。• ふつうの生活で感じるイライラや軽いストレスの解消だけを目的に、安易に飲むべきでありません。 心身症の治療を目的にするなど、医師のきちんとした診断のうえで使用する必要があります。• 長期連用時、自分の判断だけで急に中止してはいけません。 急に飲むのをやめると、反動でイライラしたり、強い不安感、震えを生じることがあります。 【妊娠授乳】• 妊娠中の服用はできるだけ避けることが望ましいです。 医師とよく相談されてください。• 授乳中もできるだけ控えるようにします。 医師の判断しだいですが、服用する場合は授乳(母乳)を中止するのが基本です。 【食生活】• 眠気やめまいを起こしたり、注意力が低下することがあります。 車の運転をふくめ、危険をともなう機械の操作や作業は避けてください。• 薬にだけ頼るのではなく、休養やリフレッシュ、生活や職場の環境調整をあわせておこなうことが大切です。 【備考】• 治療方針もなく、ただ漫然と続けることは好ましくありません。 生活や職場環境などが安定し、症状がよくなってきたなら、医師と相談のうえ計画的に徐々に減量したり頓服のような飲み方に変えることも考慮しましょう。• 医師の判断で薬を減量したり中止できるのであれば理想的です。 ただ、急ぐことはありません。 副作用の少ないお薬ですから、無理をせずゆっくり治療なさってください。 薬以外の心理療法や自律神経訓練法も効果的です。 神経症における不安・緊張・抑うつ・睡眠障害。• 心身症 胃・十二指腸潰瘍、慢性胃炎、過敏性腸症候群、自律神経失調症 における不安・緊張・抑うつ・睡眠障害。 用法 通常、成人は、ロフラゼプ酸エチルとして2mgを1日1〜2回に分割経口服用する。 なお、年齢、症状に応じて適宜増減する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 この系統の優れた特徴として「安全性が高い」ということがあげられます。 重い副作用はほとんどありません。 比較的多いのは、眠気、ふらつき、けん怠感、脱力感などです。 これらは、それほど心配いりませんが、車の運転や危険な作業は控えたほうがよいでしょう。 また、とくに高齢の人では、転倒につながったり、昼間からボーッとしてしまうことがあります。 このような場合は、服用量を適切にコントロールする必要があります。 安全性が高いといっても、むやみに量を増やしますと、薬に頼りがちになり やめにくくなってしまいます。 決められた範囲内で服用するようにしましょう。 また、定期服用中に急にやめると反発的な症状がでることがあります。 イライラ、不安感、ふるえ、かえって眠れない・・といった症状です。 自分だけの判断で止めないで、医師の指示のもと徐々に減量すれば大丈夫です。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• 依存..長期に多めの量を飲み続けると、体が薬に慣れた状態になりやめにくくなる。 このとき急に中止すると、いらいら、強い不安感、不眠、ふるえ、けいれん、混乱、幻覚など思わぬ症状があらわれることがある(徐々に減量すれば大丈夫)。• 刺激興奮..興奮、もうろう状態、取り乱す、かえって眠れない。 (もともと精神障害がある場合などに、まれに出現) 【その他】• 眠気、ボーッとする、注意力・集中力低下、頭が重い感じ、頭痛。• ふらつき、めまい感、けん怠感、脱力感。• 長期連用で効き目が悪くなる。 いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の