膝 の 外側 が 痛い。 「​​膝を曲げると痛い」その症状別に考えられる疾患とは|ひざ痛チャンネル

膝が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

膝 の 外側 が 痛い

スポーツで走り込んでいると膝を動かす筋肉に負担がかかる 『ランナー膝(ランニングによる膝周辺のスポーツ障害の総称)』 に悩まされる方がいらっしゃいます。 ランナー膝の中でも特に多いのが、膝の外側に痛みが出る 『腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)』 があります。 近年は• 身体を動かすことが少ない仕事をする人が増えている• 健康への意識が高まっている などの時代背景から 『ランニング(ジョギング)』をされる方が増えている傾向があっていったん走る習慣が身につくと、• 運動をすると気分がすっきりする• 運動をしないと身体がムズムズしてくる とはまってしまって、自然に運動をするようになります。 そこで、練習量が多かったり急激に増やしてしまうことなどで膝が痛くなることがありますが、そこまで習慣になっているとちょっとくらいでは練習を減らしませんので走れなくなるまで悪化させる人が多くなります。 痛くなった時に対処するためには『腸脛靭帯炎』がどういう疾患か起こる原因から症状などをきっちり知っていただくことは大切でしょう。 腸脛靭帯炎とはこすれつづけて起こる炎症 『腸脛靭帯炎(Iliotibial Band Fliction Syndrome)』とは、• 『腸脛靭帯(ITB:Iliotibial Band)』 足の付け根の横側から太ももの外側を通って膝の外側に渡って着いている靭帯(正確には、上側は大腿筋膜張筋になる)• 『炎』 炎症を起こしている 状態 を言ってランナー膝の代表とも言われる腸脛靭帯炎は、• ランニング(ジョギング)• 自転車• エアロビクス などのスポーツの方に多いことから 『膝の曲げ伸ばしの動きが多い』 ことが1番の原因となります。 ジャンプなど瞬発的な曲げ伸ばしでも起きますが、とにかく回数を多く曲げ伸ばしする方が腸脛靭帯炎は起こりやすく思っておかれるとよいでしょう! この膝の曲げ伸ばしのたびに、• 腸脛靭帯が• 太ももの骨(大腿骨外側上顆)を 乗り越えますがお互いが『こすれて』しまうのを繰り返していくうちに『炎症』が起こります。 運動選手の1. 6~6. 4%に起こると言われています。 臨床スポーツ医学 2008vol25、p257より 腸脛靭帯炎の原因となりやすい人の特徴を知ろう 腸脛靭帯になる原因は、• 身体の個性• スポーツ活動のし過ぎ(オーバーユース:overuse)• スポーツ環境 と大きく3つが言われています。 スポーツ活動のし過ぎ(使い過ぎ)はわかりますが、他の2つに関しては具体的にどのようなものがあるのでしょうか? 詳しくみていきましょう! スポンサーリンク 1、腸脛靭帯炎になりやすい身体の個性 腸脛靭帯炎になりやすい身体の個性には、• 成長期の発育状況によるもの• 身体のアライメント(姿勢) があります。 成長期の発育状況によるもの 成長期には、すべての組織が成長していきますが• 身体のアライメント(姿勢) 腸脛靭帯炎になりやすい『アライメント』には、 『いわゆるO脚』 があります。 細かく言っていくと、• 足先が内側に向いている(トゥイン:toe-in)• すねの骨が内向きにねじれる(脛骨 内旋)• 膝が外側に移動している(ニーアウト:knee-out)• O脚(内反膝:bowleg、genu varum) などがあります。 『いわゆる『O脚』のときの各部分がどういう状態になっているかを分けて表現している』 と理解していただければと思います。 ちなみに『X脚』は、基本的にはその真逆のアライメントになります。 2、腸脛靭帯炎の原因となるスポーツ環境 ランニングを例に挙げますが、よく言われるものに走るとき• 硬い路面を走っていないか アスファルトなど硬い路面だと、地面からも反発力が強く膝全体にかかる負担が大きくなります。 道路の端を走っていないか 道路の端は雨のときなどの水はけを良くするために真ん中に比べてやや低めにしています。 走るときには、外側の足は、非常に小さいながら『O脚』を強制されるような負担が着地のときにかかっていくのが問題になることもあります。 トラック走 トラックなどを同じ方向にグルグルまわるような走り方をしている人 (学生が学校のトラックを使っている場合が多いです) の外側の腸脛靭帯には負担がかかります。 シューズ 気に入ってるから、まだまだ使えるから、とソールが減っているのに長い期間履き続けている場合 を気をつけなければいけません。 その他に原因としていわれるものには• 身体が硬い(柔軟性が低い)• ウォーミングアップの不足• 体重の増加 がありますがこれに関しては、腸脛靭帯炎に限ったことではありません。 スポンサーリンク 走ってて膝の外側が痛いのが腸脛靭帯炎の1番の症状 痛みの出方は、最初は走った後に 『膝の外側あたりに違和感』 が生じますが、休んでいれば次の日には今まで通りに走れるようなものです。 そのまま放置していると、少しずつ違和感が 『痛み』へと変わっていき、運動後に出ていた『違和感・痛み』が運動中にも出てくるようになります。 更にひどくなってくると、• 『痛み』で走れない (スポーツへの支障)• しゃがめない、階段の上り下りが痛い、歩いても痛い ・足をひきずって歩く など、日常生活にも支障が出るほどの『痛み』になっていきます。 医療機関にかかるのは 『スポーツが満足にできなくなってきた』 中程度以上の症状になってからで、それまでは、運動をやめたくないからみなさんだましだまし続けてしまうんですね。 腸脛靭帯炎かどうかを自分で調べる徒手検査法とは 腸脛靭帯炎かどうかを動きなどから検査する方法を紹介します。 通常検査は、検査をする先生が患者さんを検査しますが、今回はそれを『一人二役』して自分でやっていただけるようなやり方にします。 グラスピング テスト(Grasping test) 「靭帯がこすれる状況を作りだして痛みが出るかをみてみよう」 という主旨でこすれる環境をわざと作ってみるテストになります。 膝を軽く曲げた状態で座ります。 痛みのあるところのやや上側を手でつかみます。 そのまま膝を曲げ伸ばしします• 痛みが出たら陽性とします オーバー テスト(Ober test) 次は、『腸脛靭帯』を伸ばす動作が問題ないか診るテストです。 陽性だと、『腸脛靭帯』が 『過緊張や短縮』 などして腸脛靭帯炎の原因になる可能性あるよなっていう意味合いです。 少し余談ですが、このテストは本によって• 読み方• やり方 が違います。 オバー、オベールなどありますが、調べた結果 『オーバー』 が1番カタカナにしたときは適切かと考えます。 痛い側の足を上にして横に寝ます。 痛い側の足を後ろに引き、上に挙げます(股関節 伸展・外転)• そこから足を下に下していき、膝が床に着くまで下りるかみます。 床に下りなかった場合は陽性とします。 まずは、『レントゲン(X線)』撮影をしますがレントゲンではわかりませんが他の問題が潜んでいないことを確認する 『鑑別診断』としての意味合いでおこなわれます。 『腸脛靭帯』の『炎症』を診るとなった場合には、『MRI』検査が有用です。 おわりに 膝の外側が痛むランナー膝の代表となる『腸脛靭帯炎』についてその病態を紹介してきました。 オーバーユースによる炎症が起こっていますので、休ませれば治るのは間違いありませんが我慢していた人は慢性化しているためちょっとくらいでは治ってくれないのが少しやっかいなところです。 しかし、病態をきっちりわかっていただいた今ならきちんと休まないといけないことも実感していただけたのではないかと思いますので無理をしないで過ごしていただければと思います。

次の

【保存版】ランニングで膝の痛みが起きてしまったら必ず実施したい具体的対処法の全て!

膝 の 外側 が 痛い

膝の痛みは、高齢者や体型の人によくみられる症状といわれています。 中でも痛みが強い場合や腫れが伴っている場合、長く続いている場合などには注意が必要なこともあります。 痛みのほかに膝がガクっとする感じやグラグラする感覚がある• 膝に水が溜まっているような感じがする、左と右で膝の大きさが違う• 運動やスポーツの後に膝がズキズキと痛みだす このような場合に考えられる原因には、どのようなことがあるでしょうか? 病気やケガによる膝の痛み 膝に痛みがある場合、病気やケガが関係していることが少なくありません。 膝の痛みが症状として現れる病気には、主に以下のようなものがあります。 変形性膝関節症 は、膝の関節軟骨がすり減ることによって膝に強い痛みが現れる病気です。 膝を動かしたときに膝に強い痛みが現れるほか、炎症によって膝に水がたまることもあります。 膝関節靭帯損傷 膝関節の中にある 靭帯 じんたい が切れてしまった状態です。 特に膝前十字靭帯損傷では、受傷時にブチッ・バキッという鈍い音とともに、直後よりズキズキした痛みを自覚し、その後に徐々に腫れがみられるのが一般的です。 痛み以外の症状として、踏ん張った際に膝がガクっとする感じやグラグラとした感覚もよくみられます。 腸脛靭帯炎 ちょうけいじんたいえん 腸脛靭帯とは、膝の外側にある筋肉の端の部分で、正確には靭帯ではありません。 しかしながら、同部に炎症が起こるものを と呼んでいます。 では、炎症による膝の外側のズキズキした痛みが特徴的な症状です。 特に、成長期のスポーツ障害の代表的なものでもあります。 足を地面についたときに痛みが起こることが多く、炎症がひどくなれば痛みで歩くのが困難になることもあります。 オスグッド病 とは、スポーツなどによって膝の 脛骨粗面 けいこつそめん の骨端線という部分に障害がおこり、進行するとこの部分が剥がれるものです。 10歳〜15歳の成長期の子どもによくみられます。 膝の前下部に痛みが生じ、痛みは運動時に現れて安静時になくなるのが一般的です。 時には腫れや熱を持つこともあります。 骨のがん 骨のがんには、臓器に発生したがんが骨に転移する転移性骨腫瘍や、骨を起源として発生するなどの原発性骨腫瘍がありますが、このような病気でも膝に痛みが生じることがあります。 いずれも発生部位やその周辺に痛みや腫れが主として現れますが、膝の障害とは違い、運動など何もしていなくても痛みや腫れが生じ、それが長く続くことが多いとされています。 受診の目安とポイント 膝の痛みが強い、痛みとともに腫れがある、痛みが長く続いているという場合には整形外科へ受診しましょう。 など一部専門科目がわかれる病気もありますが、基本的にはまず整形外科への受診でよいでしょう。 受診時には、何をして痛みがでるようになったのか、それはいつ頃か、痛みのほかに症状があるか、スポーツの習慣があるかなどをできるだけ詳しく伝えるようにしましょう。 最終的にはレントゲン撮影やMRIなどの検査結果も含めて総合的な診断が行われますが、その際問診も診断の手がかりになるのため、医師にしっかりと伝えられるよう事前にまとめておくとよいでしょう。 日常生活上の原因と対処法 年齢や生活習慣、日常生活が原因となって膝に痛みがでることもよくあります。 加齢 年齢を重ねるごとに膝を支える周辺の筋肉が衰えるほか、膝の関節軟骨がすり減っていき、膝に大きな負担がかかるようになります。 そして負担がかかって炎症が起きると、膝に痛みが生じることがあります。 加齢による膝の痛みを予防するために 加齢による膝の痛みは、筋肉の衰えが原因の一つになっていることから、まずは膝周辺の筋力を保持する、または強くすることが大切だといわれています。 膝への負担を減らすために、ウォーキングやジョギング、水泳・水中ウォーキング、エアロバイク、体操、筋力トレーニングなど、無理なく継続的に続けられる程度の運動がよいでしょう。 ただし、症状によって適切な運動が異なるので、まずは医師に相談してみるとよいでしょう。 また、布団ではなくベッドにする、洋式のトイレを使用する、重いものを持ち上げない、正座を避けるなど、日常生活で膝に負担をかけないよう心がけましょう。 太り過ぎ 重力の影響から、体重が重いほど膝にかかる負担が大きくなり、体重が1kg増えただけで歩行時の膝への負担が3kg増加するといわれています。 膝に大きな負担がかかり続けると膝の関節軟骨がすり減り、炎症が起きると痛みが現れるようになります。 膝に負担をかけないために 適正体重を上回っているなら、食生活の見直しや軽い運動を取り入れて、体重を減らす努力をしてみましょう。 また、日常生活において膝に負担のかかる動作を避けることも大切です。 運動不足 運動不足は筋力の低下を引き起こします。 筋力が低下することで膝への負担が増え、膝の関節軟骨がすり減って摩擦が起き、その摩擦が炎症を引き起こし痛みとなって現れることがあります。 運動不足を感じたら 膝の痛みによってさらに運動を控えてしまいがちですが、筋力を鍛えるために、日常生活にウォーキングなどの身近な運動を取り入れるようにしましょう。 膝の痛みが強ければ、水泳・水中ウォーキング、エアロバイクなど、膝への負担が少ない運動から始めるのがよいでしょう。 スポーツなどによる負荷 スポーツなどで膝を使いすぎると、膝の筋肉が疲れて組織に小さな損傷が生じ、痛みが現れることがあります。 また、周囲の腱などの骨の付着部に炎症が起こることも、膝に痛みがでる原因と考えられています。 スポーツなどの際気をつけたいこと ストレッチやアイシング(冷やすこと)は、筋肉の疲労回復や怪我の予防などに効果があるといわれています。 運動やスポーツによる膝への負荷を減らすために、始める前に十分にストレッチを行うとともに、終わった後にアイシングを15分ほど行いましょう。 良くならない時には 日常生活での対処を行ってもよくならないときには、思いもよらない原因が潜んでいるかもしれません。 一度整形外科で相談してみましょう。

次の

膝の外側の痛みで考えられる疾患と、自分でできる対処法|ひざ痛チャンネル

膝 の 外側 が 痛い

膝の外側が痛い時 膝関節の外側に痛みが出る疾患はいくつかありますが、鑑別は比較的容易につきます。 もちろん、疾患の名前は知っていなくてはいけないという前提ですが、頻度的に少ないものは見逃される可能性があります。 近位脛腓関節障害は頻度的に少ないので見逃される可能性がある疾患です。 これは腓骨頭の脱臼や亜脱臼、靭帯性・骨性の癒合などでありますが、はっきりとした診断基準はありません。 レントゲン 腓骨頭の関節面は、関節が緩いほど関節面は水平型で広くなり、可動性が極めて少ない場合は関節面は斜め型で小さくなります。 近位脛腓関節の脱臼は交通事故など大きな外傷によって起きたり、下腿の骨の骨折後に起こったりします。 亜脱臼は全身の弛緩性と関連があります。 臨床経験 靭帯性・骨性の癒合は、整形外科の勤務で1度経験がありました。 この時患者の愁訴は膝の内側の痛みでしたが、ドクターはこれを見逃さず、近位脛腓関節症の存在を指摘していました。 関節面はレントゲンでは白く硬化して骨棘と呼ばれる骨の変形もありました。 患者さんは山登りをすると痛いということで、 「膝を曲げて、足関節を背屈させて荷重する」という痛みが誘発される格好をよくされていました。 この疾患は足関節の動きが強く関わっていて、足関節にフォーカスして治療することで 治ることもあります。 私自身が担当したことはありませんが、腓骨頭の脱臼も来院された事があり、足関節を動かすことで整復がなされていました。 治療法 膝下にサポーターを巻くことで症状の軽減が見込める場合があるので、お困りの場合は医療機関でサポーターの作製処方をお願いされるといいかもしれません。

次の