三 びき の やぎ の がらがら どん。 「三びきのやぎのがらがらどん」の最後で

怖い!けど面白い!北欧の名作絵本『三びきのやぎのがらがらどん』

三 びき の やぎ の がらがら どん

名前はどうしてがらがらどん? 『三びきのやぎのがらがらどん』は、ノルウェーのアスビョルンセンとモオが採集した北欧民話です。 スウェーデン語では「De Tre Bukkene Bruse」(「三匹のやぎのブルーセ」)という題名で、「Bruse」という名前には「うなり声、騒音」という意味があります。 英訳は「The Three Billy Goats Gruff」で、「Gruff」は「しわがれ声、ぶっきらぼうなしゃべり方」という意味です。 瀬田貞二さんはうるさい感じやしゃがれ声をイメージして「がらがら・どん」、という日本語にしました。 「さん」とか「君」という意味の「どん」ですが、とても語感がいいです。 「やぎのがらがら」では、この絵本のおもしろさは半減するような気がしませんか? 3匹がどういう関係なのかは特に語られていないところに、想像力の余地があります。 家族や兄弟かもしれないし、友だち同士かもしれません。 でも、その中で知恵と力を働かせて強欲なトロルを倒し、すばらしく「おなかいっぱい」になるところに読者は爽快感を覚えます。 三人寄れば文殊の知恵。 三本の矢は折れない。 力でトロルをねじふせたのは大きながらがらどんでしたが、最終的にはチームワークの勝利です。 もとのお話は「三匹のオスヤギ、ブルーセ」 アスビョルンセンとモオが編んだ『ノルウェーの民衆の冒険物語』から18編が収録されています。 『三びきのやぎのがらがらどん』は、北欧民話として大変有名なお話です。 北欧民話集の『太陽の東月の西』には「ふとりたくて丘にゆく三びきの牡ヤギ・ブルーセ」という題名で収録されています。 「いいとも、さあこい!ぼくには、二本のやりがある。 おまえの目玉を、耳のとこまでえぐってやろう。 おまけに、丸くて重い、二つの石ももってるぞ。 おまえのからだを粉々に、骨もいっしょにくだいてやろう」 (「ふとりたくて丘にゆく三びきの牡ヤギ・ブルーセ」) 「さあこい! こっちにゃ 二ほんのやりが ある。 これで めだまは でんがくざし。 おまけに、おおきな いしも 二つ ある。 にくも ほねも こなごなに ふみくだくぞ!」 (『三びきのやぎのがらがらどん』) 字数制限の厳しい絵本では瀬田さんのリズミカルな訳が光り、迫力が伝わります。 より文学に近くなっているともいえるでしょう。 「ふとりたくて丘にゆく三びきの牡ヤギ・ブルーセ」には、いかにもその土地の言葉で語られた民話の趣があります。 5 価格:1,050円(税込) マーシャ・ブラウンの深みのある絵 『三びきのやぎのがらがらどん』の元になっているマーシャ・ブラウン版です。 やぎが意味ありげにほほえんでいるようなポール・ガードン版です。 初歩的な「読みもの」です。 字のフォントも女の子っぽいケティ・サンダース版です。 お話が簡潔であるゆえに、『三びきのやぎのがらがらどん』はむしろ、画家のマーシャ・ブラウンの絵本として認識されています。 おいしい草が生えている山の上のほうをうれしそうに眺める3匹のやぎの絵から始まり、谷川の岩場と一体化したトロルの迫力もその対決のすごさも、絵によって語られます。 少しくすんだ、水色と黄色と茶色を基調にした絵本には、野の落ち着きがあり、悪との対決の緊迫感とその後、おいしい食べ物で満たされに行く解放感の対比が見事ですね。 洋書では「The Three Billy Goats Gruff」の絵本や読み物が何冊も出ています。 5 価格:525円(税込).

次の

3倍楽しむ『三びきのやぎのがらがらどん』 [絵本] All About

三 びき の やぎ の がらがら どん

三びきのやぎのがらがらどんのあらすじ むかし、三びきのやぎがいました。 名前はみんながらがらどんです。 ある時山で草を食べようとのぼって行きます。 その道の途中には谷川がありました。 そこには橋がかかっていて、その橋の下にはトロルが住んでいます。 トロルはぐりぐり目玉で鼻は棒のように突き出ていて、とても気味が悪いのです。 さて、はじめはいちばん小さいやぎです。 小さいがらがらどんが橋をわたるとはしがかたかたなります。 ですので、トロルは「だれだ!おれの橋をカタカタさせるのは」と怒鳴りました。 すると小さなやぎは「いちばん小さなやぎのがらがらどんです。 これから山にふとりにいきます。 」ととても小さな声で言います。 それを聞いてトロルは「きさまをひとのみにしてやろう。 」と言いました。 なので、ちいさいやぎは「どうか食べないで下さい。 少し待てば、ぼくよりずっと大きい二番目のやぎがやってきますよ。 」と答えます。 トロルは「とっとと行ってしまえ!」と言いました。 橋はがたごと、がたごととなるのです。 ですのでトロルが「だれだ!橋をがたごとさせるのは!」と言いました。 すると、二番目のやぎのがらがらどんは、さっきのやぎよりも大きな声で、「ぼくは山へ太りに行くところだ!」と言うのです。 それで、トロルが、「きさまをひとのみにしてやる!」といいます。 しかし、2番目のやぎは「少し待てばもっとおおきいやぎがやって来るから」と言ったのです。 ですので、トロルは「とっとと消え失せろ!」と言いました。 すぐに、おおきいやぎのがらがらどんがやってきます。 おおきいやぎのがらがらどんがあまりに重いので、橋がきしんで音をたてました。 ですので、トロルは、「いったい誰だ!おれの橋をがたぴしさせるのは!」といいます。 すると、おおきいやぎのがらがらどんは「おれだ!おおきいやぎのがらがらどんだ!」と大きな声で言いました。 トロルも大きな声で「ひとのみにしてやる!」と言います。 けれども、おおきいやぎのがらがらどんは「こっちには2本のやりがある!大きな石も2つあるぞ!」といって、トロルに飛びかかりました。 そして、めだまを角でくしざしにして、ひづめで肉も骨もたたきつぶして、谷川に突き落としました。 それから山に登って行き、三匹のやぎたちは、たくさん美味しい草を食べました。 おしまい。 三匹のやぎのがらがらどんの教訓 このお話の教訓は、命が危ないときはなんとしてでもそこから逃げましょうという事です。 そして、間違っても抜け出せない、抜け出すのは無理だと思い込まない事が大切なのです。 ここでは、小さいやぎのがらがらどんと2番目のやぎのがらがらどんは、トロルに食べられない為に、なんとかその場から逃げ出します。 ここでは、一本橋なので、その橋を通らないと山の草場には行けなかったのでしょう。 また、一本橋なので、それることも、ただ走って逃げることも出来なかったのです。 例えば人はどうしても、生きていると困った事が起こる時があります。 その時は生死にかかわる重要な事ではないように思えても、ずっとその状態でいると、身体や精神の健康に影響する可能性もあるのです。 慢性的にその状態でいる為に、そのことに対して、辛いとか嫌だとか悲しいとかの感情を表すことをあきらめてしまう事があります。 そのうちに、その状態にあるのは自分のせいだ、自分が悪いとさえ、思うようになってしまうのです。 そして、このお話の中で、後に来る者に押し付けて逃げるのは卑怯だとか、間違っている等の考えもあるかもしれません。 けれども、ここではどう考えても、先の2匹のやぎはトロルには勝てないのがわかったのです。 例えば、自分が卑怯だと感じてもまずは、自分の命を守る事が最優先です。 後は、力のある誰かにおまかせする事も大事です。 自分の身が危険だと感じた時に、こんな事は考えないで、まず、その場から逃げる事を考えましょう。 人に迷惑をかけてはいけない。 自分だけ逃げてはいけない。 後で仕返しをされるのではないか? 人に知られたら恥ずかしい。 身内が知ったら困るのではないか? こうなったのは自分のせいだから、我慢しなければならない。 この人が、自分に悪い事をするはずがない。 すべて自分の為にしてくれている。 今の状態を続けなければならない。 ・・・・こんな事を考えてしまって、その場から逃げないのは間違っています。 まず、自分の身を守るためにその場から逃げなくてはなりません。 そして、そのあとの事は生きていればなんとかなるのです。

次の

3倍楽しむ『三びきのやぎのがらがらどん』 [絵本] All About

三 びき の やぎ の がらがら どん

大きさの違う3匹のやぎがいた。 名前はみんな「がらがらどん」。 ある日、3匹は草を食べて「ふとろうと」(太ろうと)、山へ向う。 だが、途中で渡る橋の下には、気味の悪い大きな妖精「トロル」が住んでいて…。 北欧の民話をベースにした物語。 大きな危険がせまっているのに、やぎたちは悠然と、むしろ楽しげに橋を渡っていく。 1番目のやぎは「かた こと」、2番目のやぎは「がた ごと」、そして3番目のやぎは「がたん、ごとん」。 やぎが大きくなるにつれて橋を渡る音も徐々に大きくなり、読み手の気持ちも来たるべき「おおきいやぎのがらがらどん」とトロルとの対決に向かって、どんどん盛り上がってゆく。 「チョキン、パチン、ストン」といった不思議な擬音語など声に出して読むたびに楽しさがあふれる名訳と、荒々しく迫力に満ちてはいるがユーモラスな味わいも感じられる絵。 この絶妙な組み合わせが、1965年の発行以来多くの子どもたちをとりこにしている。 (門倉紫麻) 内容(「BOOK」データベースより) 英語と日本語で、絵本のよみきかせを生業にしております。 この瀬田貞二さん訳は、英語と1文ずつもぴったりで、とてもしっくりきます。 個人的には、娘が2さいの時、入手しました。 親子で楽しんで聞き続けたら、3か月ほどで、娘は英語と日本語全部覚えてしまいました!とても言語的にも出来のいい、内容も面白いお話だとおもいます。 BGMも他社さんよりも、とても工夫され、言語をきく障害にならず心地よいです。 ちなみに、よそのお子さんにお読みするとき、絵本好き!のお子さんなら、英語と日本語が交互でも、待てます。 あまり読みきかせになれてない2-3歳さんは、英語パートがイライラまてません。 反対に1才までと、4才以上、もしくは、絵本慣れしているお子さんは、待てます。 わたし自身も4才から英語と日本語が交互の録音の物語をたくさんきいて育ちましたが、文法を先にならうよりも、日常会話に使える、複雑な内容が、物語の楽しみ、結末を氣にしているだけで、英語であろうが「音の塊」で、たくさん覚えることができるので、中学高校の学校英語が簡単に感じました。 高校まで海外で暮らすことはありませんでしたが、渡航前にすでにリスニングも問題なく、発音もどうしてそんなにきれいなの?と褒められました。 日本の普通の学校に通いながらも、リスニング力や、英語の綺麗な発音、膨大ないいまわし表現は、自宅で身につきます! 日本語の綺麗な録音もあるのは、実は日本語の素晴らしい習得になっていました。 日本人は母語である日本語をしっかりマスターしてこその、英語習得が価値あると思います。 ぜひ、盲目的には「英語オンリーのほうがいい」とはならないで、日本語で、深く理解できた内容を同時に英語の塊を知る、中学高校の学校英語で、全部ひもが解けて、面白いほど英語がわかり、使えるようになります。 どなたにもおすすめします!.

次の