筋トレ ダイエット プロテイン。 女性の筋トレ効果!プロテインを飲むタイミングは朝と寝る前!

筋トレしたら太ったは本当?プロテインはNG?ダイエットに効果的な方法は?

筋トレ ダイエット プロテイン

Contents• はじめに 今回はプロテインとダイエットの話です。 既にプロテインの話は下記関連記事に書いたのですが、気合を入れて長く書きすぎたのか今一つ評判の良くない記事の一つなので、ポイントを簡潔に書こうと思います(内容は重複しています)。 関連記事 先日、ブログのネタ探しにYahoo知恵袋というサイトを見ていたら、「ダイエット目的で筋トレを始めたのだがムキムキになってしまうのではないか」という女性の質問に対して、「プロテインを飲んでいないのであれば大丈夫」という恐ろしい回答がありました。 プロテインというのは分かっている人にとってはただのたんぱく質でしかないのですが、どうも、ムキムキになりたい人が飲むというイメージが強いせいか、分かっていない人はとことん勘違いをしていたりします。 そこで、ダイエットする人にとってプロテインは必要なのかという点を考えてみます。 もっとも、プロテインに関する誤解が多い理由は、そもそもたんぱく質というものが何かを分かっていない人が多いからだと思うのですが、その点は上記関連記事に詳しく書いているので省略します。 ダイエットにプロテインは必要か 「ダイエットにプロテインは必要なのか」というのは良くある質問です。 しかし、これはあまり筋の良い質問ではありません。 必要かどうかは、本人しかわからず、人に聞くような話ではないからです。 プロテインは、本人が必要と感じれば摂取すべきですが、必要性を感じないのに、「ダイエットに効果がある」、「筋トレしている人には必要」として摂取するのは間違っています。 必要性を感じない人には不要です。 もっとも、締まったスリムな体を作ろうとすれば、遺伝的に恵まれている人以外は10RM くらいの重量を用いたちゃんとした筋トレが必要であり、そういった筋トレをしながら食事管理を行おうとすると、プロテインは事実上必須かと思います。 筋トレなんか不要で有酸素運動が一番と思っている人、軽いダンベルを持って腕を振ったり、自宅でスクワットのような、筋トレのようで筋トレとは言えない運動をしている人には、事実上も不要かと思います。 関連記事 もちろん、1日5食から6食、きっちりとした食事管理をできるのであれば不要です。 しかし、徹底した食事管理が実行できずに(ふつうできない)、通常の食事から必要量のタンパク質を摂取できないのであれば、プロテインを利用して、必要摂取量を確保すべきです。 つまり、ダイエットにプロテインが必要か否かはその人の食生活と食事管理次第です。 必要摂取量 これは、実質的にはダイエットにプロテインが必要かという質問と同じです。 プロテインをどれくらい飲めば良いのかという疑問は男女や目的を問わず良く見るものです。 特に、プロテインをムキムキになりたい人が飲むサプリメントと考えている人が多いからか、「引締め目的の女性はどれくらい飲めば良いのか」という疑問もあったりします。 結論から言うと、「プロテインをどれくらい飲めば良いのか」という疑問を持つ人たちはプロテインを買う必要はありません。 私たちの体は私たちの食べたもので出来ています。 目指している体になるためには必ず食事管理をする必要があります。 ジムで1時間くらい運動したくらいで体なんて変わるはずがありません。 それは、トレーニング後にロッカー室で体を見れば分かります。 特に変わっていないはずです。 体が変わるのは運動後から次に運動するまでの間です。 もっとも、その間に何か特別なことが起こるわけではありません。 脂肪が筋肉になったり、筋肉が脂肪になったりするような魔法のようなことは起きません。 食べたものが筋肉や脂肪になり、体を動かすために脂肪や筋肉が燃えてエネルギーになる、ただそれだけです。 そして、どんなに運動しても、食べた脂肪は脂肪にしかなりません。 また、必要量のタンパク質を食べなければ筋肉の回復成長は望めませんが、必要量を超える部分は脂肪にしかなりません。 さらに、適量の炭水化物がなければ代謝が低下し、脂肪は効率的に燃えません。 結局、ダイエットにおいて、三大栄養素の摂取量を決めてそれを順守することは必須です。 つまり、ダイエットを成功させようと思ったら、自分が一日どれだけ、炭水化物、たんぱく質、脂肪を摂取するのかを事前に決めている必要があります。 そして、そのたんぱく質摂取量を、脂肪摂取の制限を死守しながら食事から摂取できないからプロテインを飲むのです。 例えば体重50kgの人が、筋トレダイエットを始め、標準的な1日当たり体重の2. そして、それを5回の食事でとるとすれば、1回あたりの摂取量は22gとなります。 もし、朝食でトースト1枚、ゆで卵1個、サラダ、コーヒー1杯食べたとしたら、たんぱく質の摂取量は15g位ですから、目標に対して7g足りないことになります。 そこでプロテインで7g補うことになります。 筋肉の回復成長に必要なたんぱく質を摂取しないよりは、プロテインからでも必要量を摂取した方が良いからです。 プロテインというのはそういう使い方をするものです。 自分の目標たんぱく質摂取量を決めていない人や実際のたんぱく質摂取量を知らない人が摂取するものではありません。 摂取タイミング 筋肉の回復成長後はトレーニング後からの48時間から72時間続く継続プロセスです。 したがって、2時間から3時間おきにこまめに栄養補給をすることが一番重要であり、1日5食から6食くらいのスモールミール(少量多食)を実現するのが重要です。 また、ダイエットにおいては、代謝をいかに高く保つかが重要ですが、そのために必要なのは、いかに空腹状態を避けるかですからやはりスモールミールが重要です。 しかし、忙しい現代人にとっては、3食をきっちり食べるだけでも厳しいので、1日5食や6食を実現するのは困難です。 そこで、プロテイン等のサプリメントに頼るわけです。 炭水化物なら、おにぎりやパンを食べて補給できますが、高タンパク質で低脂肪の食品というのは、ノンオイルツナかサラダチキンくらいしかありませんが、プロテインであれば手軽に利用できます。 以上から、プロテインといつ飲むべきかは自明です。 1日5食か6食に1日の栄養摂取量を分けて、1回の食事で必要なタンパク質摂取を、プロテインを利用して実現するだけです。 どの製品が効くのか この話はホエイプロテインに限定します。 どのプロテインが効くと言った情報ほど良く分からない情報もありません。 しかし、通販サイトのレビューでは、効いたとか効かないとか理解できない情報がたくさんあったりします。 もちろん、いろいろな銘柄を試したりするのが楽しかったりするのは否定しませんし、趣味としてのダイエットというのもあると思います。 私自身も新しい製品がでると買って試したりしますし、どれがおいしい、どれがお気に入りといったサプリ談義を友人とするのは楽しいものです。 しかし、どれが効くとか効かないとかは本質的にナンセンスです。 全部同じたんぱく質であり、体に吸収されるときには20種類のアミノ酸だからです。 つまり、ダイエットに有効なプロテインとか、ダイエット用のプロテインというものは存在しません。 体内に入るときは全て同じです。 また、ホエイプロテインというのはてっとり早く言うと牛乳からチーズを作るときの残りを粉にしたものであり、商業的に成功するのに必要な規模の製造は超が付く大規模工場が必要です。 そして、それが可能なのは世界でも数社です(下記リンク参照)。 つまり、サプリメーカーはいろいろあれど、中に入っているプロテイン自体はほとんど同じものです(精製度や方法に応じたランクは多少あるのでしょうけど)。 各サプリメーカーでは、せいぜいフレーバーを足したり、商品名を考えたりしているだけだと思います。 また、ビタミン・ミネラルは不安があればマルチビタミンで補えばよく、それらをプロテインで補う理由はありません。 結局プロテインは味や溶けやすさや値段で選べばよいと思います。

次の

女性の筋トレ効果!プロテインを飲むタイミングは朝と寝る前!

筋トレ ダイエット プロテイン

「プロテインはムキムキになりたい人が飲むもの」と思われてはいませんか?たんぱく質を補うプロテインは、筋肉の成長にもダイエットにも使える優れもののサプリメントです。 たんぱく質は人間に必要不可欠な栄養素で、不足すると「体力低下」「肌荒れ」「免疫機能低下」などの不調が現れます。 そのため、ダイエットで食事制限をしていても、欠かさず摂取する必要のある栄養素です。 また、筋肉の成長に必要であるということもダイエットにつながります。 無理な食事制限で筋肉が落ちたダイエットでは、すぐにリバウンドする可能性が高く、筋肉を維持しつつ脂肪を落とすことが理想だからです。 今回は、ダイエットに役立つプロテインの効果や飲み方を紹介していきます。 ダイエット中にプロテインを飲む効果 まずは、ダイエット中にプロテインを飲むことでどのような効果が期待できるのかを解説していきます。 大きく2つの効果が考えられます。 プロテインを飲む効果1. カロリー摂取量を抑えられる 食事の一部をプロテインに置き換えることで、カロリー摂取量を抑えることができます。 プロテインは低カロリー高たんぱくなサプリメントのため、食事でカロリーを控えたことで不足したたんぱく質を補うのに最適です。 カロリーを抑えつつも必要なたんぱく質は摂取できるため、健康的に食事制限ができるでしょう。 他にも、食事前にプロテインを飲むことで、食事量を無理なく抑えることも可能です。 カロリー摂取量を減らしながら必要なたんぱく質を摂取できることが、プロテインのメリットです。 プロテインを飲む効果2. 筋肉を維持してリバウンドを防げる プロテインを飲んで鍛えながら痩せることで、リバウンドを防ぐことができます。 ダイエットでは、脂肪だけでなく筋肉もある程度は落ちてしまいます。 体重が減るならかまわないと思われるかもしれませんが、筋肉が落ちると基礎代謝が低下し、エネルギーの消費が少ない体となってしまいます。 これは太りやすい体と言い換えることができ、せっかくダイエットしてもリバウンドしやすい状態になってしまいます。 つまり、 筋肉を維持しながら脂肪を落としていくのが理想的な痩せ方です。 そのためには筋トレで筋肉をつける必要がありますが、この筋肉の素となるのが「たんぱく質」です。 たんぱく質を意識的に摂取することで筋肉の成長を促進できます。 ただし、たんぱく質をたくさん取ろうとすればその分脂質も多くなりやすく、ダイエットにおいて好ましくありません。 そのためカロリーを抑えつつたんぱく質を摂取できるプロテインが役立つのです。 脂質を抑えつつ、食事で摂取しきれなかったたんぱく質などの栄養素を補えることが、プロテインのメリットです。 筋肉をつけるには体重1kgあたり2gのたんぱく質が必要 人間は一日に少なくとも体重の1000分の1g(体重60kgなら60g)はたんぱく質が必要です。 筋肉をつけるにはその倍は摂取しましょう。 できるだけ食事から摂取するように努め、不足分をプロテインで補うことが大切です。 ダイエット中に効果的なプロテインを飲むタイミング 手軽にたんぱく質を補えるプロテインですが、ただ飲めばいいというわけでもありません。 飲むタイミングも重要となってきます。 ここでは、プロテインの効果的な飲み方を紹介します。 プロテインの効果的な飲み方1. 食事をプロテインに置き換える 「置き換え」というと、一食丸々をプロテインだけにする方法のように思いがちですが、それでは栄養バランスが崩れてしまいます。 体調を崩す恐れがあるだけでなく、たんぱく質の吸収効率も低下するでしょう。 前述した通り、食事の一部をプロテインに置き換えることで、カロリーを抑えつつ不足したたんぱく質を補っていきます。 カロリーが高くなりがちな主菜を減らし、その分減ってしまったたんぱく質を補うようにすると良いでしょう。 バランスの良い食事が基本で、あくまでもプロテインは補助として摂取しましょう。 プロテイン摂取の例• 朝食:パンだけなど軽く済ます場合は、プロテインをプラス。 プロテインによってはたんぱく質だけでなく、ビタミンやミネラルも摂取できます。 昼食・夕食:脂質が多くなりがちな主菜を減らし、プロテインに置き換えましょう。 プロテインの効果的な飲み方2. 筋トレの後に飲む トレーニング後にプロテインを飲んで、筋肉の修復を促しましょう。 筋肉は傷つき修復されることを繰り返して成長していきます。 この修復には筋肉の材料となるたんぱく質が必要です。 筋トレ後は筋肉が傷ついており、まさに栄養素を必要としている状態。 この時にたんぱく質を補給すれば、筋肉をより速く回復させることや、より強くすることが期待できます。 目安としては筋トレ後30分ぐらいが良く、消化吸収の早いプロテインパウダーであれば、この時間を逃すことなくたんぱく質を補給できるでしょう。 ただし、運動直後は消化機能が弱まるため、ある程度時間をおいてからがおすすめです。 プロテインの効果的な飲み方3. 就寝前に飲む 就寝前にたんぱく質を補給して筋肉の材料を整えておけば、筋肉の成長促進が期待できます。 筋肉の成長に必要なものは前述の通り「筋トレ」と「休息」です。 筋肉の修復作業は寝ている間にも活発に行われているため、その際に必要なたんぱく質をあらかじめ補給しておこうというわけです。 ただし、 寝床に入る直前にプロテインを飲んでしまうと、寝ている間に消化することとなるため内臓が休まりません。 筋肉の修復にあてるはずのエネルギーが消化に使われることも考えられます。 そのため、就寝の1~2時間前にプロテインを飲むと良いでしょう。 ダイエット中にプロテインを飲む注意点 ここまでプロテインを飲むことの様々なメリットを紹介してきましたが、ここでは注意点を紹介します。 特に運動経験の浅い方や筋トレ初心者の方に気をつけていただきたいポイントです。 注意点1. プロテインの摂り過ぎ プロテインを過剰に摂取するとカロリーオーバーになる可能性があります。 低カロリーでたんぱく質を多く含むプロテインですが、いくら低カロリーでも 必要以上に摂取すればカロリーオーバーになります。 また、 余ったたんぱく質が脂肪に変わることも考えられます。 プロテインをたくさん飲んだからといって、そのタンパク質全てが吸収されるものでもありません。 記載されている用量を守るようにしましょう。 注意点2. 無理な食事制限 プロテインに頼り切った食事制限は、リバウンドにつながりやすくなります。 「十分な食事を取らずにプロテインだけを飲む」ような、無理な食事制限を行っていてはプロテインを飲んだところで意味がありません。 一時的に体重は落ちるかもしれませんが、無理な食事制限で筋肉が落ちていると考えられるため、 基礎代謝の低下からリバウンドしやすくなっているでしょう。 バランスの良い食事を心がけて、削減した食事の分でたんぱく質が不足するようであれば、プロテインで補うのが理想です。 注意点3. 痩せ薬ではない あくまで栄養素を補うためのサプリメントに過ぎないため、 プロテインを飲んだからといって痩せたり筋肉がついたりするわけではありません。 脂肪の燃焼には有酸素運動が必要で、筋肉をつけるには筋トレが必要です。 どちらにせよ運動は必要となります。 運動をせずにプロテインを摂っていては、余ったたんぱく質が脂肪となってしまうでしょう。 必ず適度な運動をすることが大切です。 ダイエット中におすすめのプロテイン ひと口にプロテインと言っても実はいくつか種類があり、大きく3つに分けられます。 それぞれ特徴があるため、あなたの目的に応じて使い分けると効果的です。 また、たんぱく質以外のミネラルやビタミンなどの栄養素が含まれているものもあります。 自身の食事内容を鑑みて、不足しがちな栄養素を合わせて補給するのも良いでしょう。 種類1. ホエイプロテイン 牛乳が原料のプロテインで、消化吸収が早いのが大きな特徴です。 ホエイプロテインにはアミノ酸が含まれており、筋肉の修復を助ける効果が期待できます。 たんぱく質は体内でアミノ酸に分解されてから、筋肉の修復に使われるため、たんぱく質とアミノ酸を同時に摂取できるホエイプロテインは筋肉を育てるのにぴったりだと言えます。 消化吸収が早いことからも、トレーニング後に適したプロテインです。 種類2. カゼインプロテイン こちらも同じく牛乳が原料で、消化吸収速度が遅く満腹感が持続する特徴があります。 カゼインはチーズやヨーグルトを固める働きがあり、摂取するとお腹の中で固まるため、ゆっくりと吸収されていきます。 これによって満腹感が持続しやすいため、ダイエット時の間食などに向いています。 また、消化吸収スピードが遅いため、時間をかけてゆっくりと体にタンパク質を補給してくれます。 このことから、 トレーニング休息日の栄養補給や、就寝前のたんぱく質補給にぴったりです。 種類3. ソイプロテイン 大豆が原料のプロテインで、消化吸収速度が遅いことに加え、美容効果も期待できる特徴があります。 大豆由来ということもあり、血流改善や肌のハリを保つなどの効果があるイソフラボンが含まれています。 腹持ちがよく、上記のような効果もあることからダイエットをしている女性に人気のプロテインで、食事の置き換えにぴったりです。 ただし、摂取してから吸収されるまでに5~6時間ほどかかってしまうため、筋トレ後に飲むには不向きと言えます。 また、水に溶けにくくだまになりやすいため、先にぬるま湯である程度溶かしてから水を注ぐなど一工夫が必要になってきます。 無理なく長く続けて飲むことを考えると、溶けやすく改良されている商品がおすすめです。 まとめ 今回は、ダイエットにも有効なプロテインを飲む効果を紹介しました。 ここだけは押さえておきたい!ダイエットにおけるプロテインの効果• カロリーを抑えつつたんぱく質を補える• 筋肉の素となるため筋トレと合わせて筋肉の成長につながる• プロテインによって特徴があるため目的に応じて使い分ける たんぱく質を手軽に補給できるプロテインですが、そのメリットはムキムキに筋肉をつけたい人だけに限ったものではありません。 今回紹介したように、ダイエットを考えている方にとっても大きなメリットがあるものです。 ただし、過剰に摂取したり、運動を怠ったりしてはプロテインの恩恵を受けられないばかりか、マイナスに作用することも考えられます。 また、 プロテインは あくまで補助的なもののため、普段の食事管理が大変重要になってきます。 TOREMOでは動画や画像付きのトレーニングに加え、さまざまな食事法についても紹介しています。 理想の体に近づくためのトレーニングと食事を見つけることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

次の

プロテイン摂取のタイミングは「寝る前と朝」が効果的な理由

筋トレ ダイエット プロテイン

もくじ• プロテインおすすめ18選 筋トレの後には、欠かせないタンパク質補給。 効率的にタンパク質を補給するためには、プロテインは最適です。 プロテインといっても種類も多く、日本だけではなく、海外の物もあるので、選ぶのに迷ってしまいますね。 今回の記事のポイントは以下の2点です。 アマゾンや楽天で人気のあるおすすめのプロテインをご紹介。 商品概要や口コミ、参考価格も合わせてご掲載。 目的にあったプロテインがきっと見つかりますよ。 参考にして下さい。 プロテインの豆知識 プロテインを選ぶ時は、どんな目的で飲むのかが選ぶポイントです。 プロテインには3種類あり、ホエイプロテインは吸収が早く、筋トレして筋肉をつけたい人にピッタリです。 ガゼインプロテインは、吸収が緩やかなので、お腹の持ちが良くダイエットに最適。 ソイプロテインは、大豆のタンパク質が配合され、消化と吸収がゆっくり。 大豆イソフラボンの効果も期待できるので、特に女性にお勧めです。 その他、溶けやすさ、美味しさ、タンパク質の量もチェックしたいですね。 それでは人気のあるおすすめのプロテインを紹介しましょう。 1. 明治 ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g プロテインのランキングでは、必ず上位にくるザバス。 ザバスのホエイプロテインの中でも、特に美味しくて飲みやすいココア味が1位です。 ホエイプロテインは吸収が早く、筋トレの時の、タンパク質補給に最適。 溶けやすく飲みやすい! ジムの後に飲む人も多く、筋トレの必需品ですね。 口コミ 「間違いない商品です。 はじめて飲んだ時も美味しいと感じましたし、溶けやすいので粉っぽさがありません。 牛乳で割って飲んでいます。 」 「ザバスの中でココア味が一番おいしいです。 腹もちもいいので、お腹がすいた時のも飲んでいます。 」 参考価格 3,960円(アマゾン) 2.明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味【50食分】 1,050g こちらも人気のザバスのソイプロテイン。 ソイプロテインは吸収が遅く、腹もちがいいことからもダイエットにお勧め。 イソフラボン効果で肌や髪の健康にも効果的なので、女性の愛用者が多いですね。 値段も安いことから、人気のあるプロテインです。 ヨーグルト味はアレンジも多く、フルーツを混ぜて飲んでもおいしいです。 「ダイエットのために夕食を置きかえしています。 腹もちが良く寝るまでお腹が減らないので、もうすぐ目標体重です。 」 「大豆の味を感じます。 プロテインの中では飲みやすいと思います。 価格も安いし毎日飲んでもあきないです。 」 参考価格 3,930円 3.明治 ザバス ソイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g 最近は筋トレ女子という言葉もあるくらい、女性でもジムに通って筋トレをする人が増えています。 女性に人気があるのが、ソイプロテイン。 ダイエットや健康維持にも最適なプロテインです。 ザバスのソイプロテインは美味しくて、大豆プロテイン100%なので安心。 その他にも7種のビタミンB群とビタミンCが配合されているのが嬉しいですね。 「国産で作られているので安心感があります。 少し粉っぽいですが、ソイプロテインなので多少はしょうがないですね。 」 「ココア味は初めて飲みましたが豆乳みたいで美味しいですね。 筋トレダイエットに活用していこうと思います。 」 参考価格 4,128円 4.明治 ザバス アクアホエイプロテイン100 グレープフルーツ風味【40食分】 840g スポーツ飲料のように水でスッキリと飲む事ができる、ホエイプロテイン。 グレープフルーツの風味がスッキリとした味を演出していますね。 ホエイプロテイン100%にプラスで、クエン酸を配合。 疲労回復の効果も期待できます。 一般的なプロテインに比べ、水にさっと溶けるので粉っぽさを感じません。 「水で美味しく飲めるなんて、今までのプロテインでは考えられなかったことです。 飲みやすいしカロリーも低く済みます。 」 「とても美味しくて、ジュースみたいで飲みやすい。 今までのあのまずさは何だったんだろうと思うくらい、スッキリと美味しいです。 」 参考価格 4,968円 5.明治 ザバス ホエイプロテイン100 バニラ味【50食分】 1,050g ホエイプロテインを100%仕様、タンパク質の補給に最適なプロテインです。 体作りをサポートする、ビタミンB群を一緒に摂れるのも嬉しいですね。 体調維持のためのビタミンCも配合されています。 プロテインの含有量は申し分がないので、本気の筋トレ勢に人気の商品です。 「筋トレの時に欠かさず飲んでいます。 バニラ味は牛乳と混ぜると美味しく感じます。 ちょっと糖質が高いかもしれません。 」 「女性ですがプロテインを愛用。 飲むようになって筋トレの効果が現れやすくなったし、髪や肌の調子もいいです。 ダイエット効果も感じ嬉しいですね。 こちらは、ホエイプロテインが100%。 そしてマルトデキストリンを配合することで、運動後の筋肉の回復を助ける効果があります。 11種類のビタミン、カルシウム、鉄、マグネシウムと多くの栄養が豊富にバランスよく含んでいるのが特徴ですね。 バナナ味は牛乳との相性が良く、美味しいと評判です。 「太りたい、筋肉をつけたいために購入。 いろんな味を試しましたがバナナ味が一番おいしくて、飲みやすかったです。 」 「牛乳と混ぜるとおいしいですね。 バナナと牛乳の相性が抜群です。 栄養が豊富だったので効果を期待したいです。 大豆プロテインとコラーゲンを配合。 その他にも女性が不足しがちな、鉄、カルシウム、マグネシウムと11種のビタミンも配合されています。 ダイエットのためにも良いですし、年配の方の健康維持のためにも有効な成分が沢山ですね。 まろやかなミルクティー味は、とても美味しいと評判です。 健康的にダイエットしたい方にお勧めのプロテインです。 「40代になって痩せにくくなったのと、体調も崩れがちなので運動とプロテインをはじめました。 牛乳で溶くととても美味しいです。 」 「プロテインは美味しくないというイメージでしたが、最近のものはこんなにおいしくて驚いています。 基礎代謝をあげて健康的に痩せたいです。 」 参考価格 973円 8.ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレート プレーン風味 1kg プロテインに含まれるタンパク質含有量を、最高水準まで引き上げる製法で作られているので、とても効果的にタンパク質の摂取が可能。 乳糖がほとんど含まれていないので、ダイエット中の方、糖質制限中の方にお勧め。 溶けやすくて癖のない味が、毎日続けられると好評のプロテインです。 「糖質制限中なのでこちらにしました。 牛乳と混ぜたり、豆乳と混ぜたりしていますが、濃厚になって美味しいです。 」 「シンプルでクセがないので、毎日苦労しないで飲む事ができます。 もう少し安いと助かります。 」 参考価格 4,954円 9.ゴールドジム ホエイプロテイン ダブルチョコレート風味 900g 筋トレをしている人には有名なゴールドジム。 アメトークのゴールドジム芸人で、一気に有名になりましたね。 そのゴールドジムが、販売しているホエイプロテイン。 安心と信頼感があります。 ホエイプロテインにプラスで、ホエイペプチドとビタミンBも配合されています。 ダブルチョコレート味は、美味しく飲めるので嬉しいですね。 「濃いかと思いましたが、薄味であっさりと飲む事ができます。 甘ったるくないので飽きません。 」 「成分もいいし、お腹が痛くなる事もありませんでした。 溶けにくいですが味は良いと思います。 」 参考価格 6,264円 10.DNS プロテインホエイ100 バニラ風味 1000g 効率良く大量にタンパク質を摂取することを、考えて作られたホエイプロテイン。 1食当たりのタンパク質量は24. 5gと他と比べても多いのがわかります。 高品質なホエイを100%使用しているので、安心ですね。 吸収力が早いのも魅力的です。 「タンパク質の量が多いので、迷わずこれを選びました。 シェイクしても泡立たないので、非常に飲みやすいです。 」 「筋トレした後に必ず飲みます。 やはり飲むと飲まないとではかなり違いますね。 特にこれは効果が高い気がします。 」 参考価格 4,860円 11.オリヒロ アクティブプロテイン100 食事制限だけのダイエットではなく、運動で体脂肪燃焼するダイエットに大豆プロテインは効果的です。 こちらは容量も少なく価格も安いので、プロテイン初心者のお試しにも最適ですね。 必須アミノ酸も9種類配合。 筋トレの効果がアップします。 香ばしい大豆の風味は、女性が好きな味、飲みやすいと好評です。 「あまり味がついているプロテインは甘すぎて好きではないので、こちらの自然な甘さはとてもいいですね。 ダイエットのために飲んでいます。 」 「大豆が好きなのでこの味は好みです。 豆乳みたいな味で女性は好きな人が多いのではないでしょうか。 毎日飲んでもおいしいです。 こちらは、ホエイプロテインとガゼインプロテインが1対1の割合で、両方入った珍しいタイプです。 吸収が早いホエイと、吸収がゆっくりのガゼイン、両方の良さが持続されます。 品質と配合にこだわっているので効果は、期待できますね。 「やはりゴールドジムのプロテインが一番いいと思います。 クオリティが高く間違いがありません。 」 「味もしつこくないので、おすすめ。 お腹の持ちが良いのはガゼインプロテインの効果ですね。 ダイエットにも合っています。 」 参考価格 4,709円 13.自然健康社 国産ホエイ 1kg 密封袋入り 国産メーカーのホエイを使用。 当たり前に思えますが、実は国産メーカーではホエイの生産量が決められています。 だから国産のホエイ材料は貴重なんですね。 厳正管理のもとでの製造で、クオリティが高く安心できる商品です。 水に溶かして、ヨーグルトに混ぜてなど、アレンジが効くのも嬉しいですね。 「誰でもお手軽に飲めて味もおいしいです。 健康維持のためにこれから毎日飲むようにします。 」 「優しい甘さで飲みやすいし、水にすぐに溶けます。 毎朝、ヨーグルトに混ぜて摂取しています。 」 参考価格 2,376円 14. 海外直送品 Pure Whey Plus Supplements, Chocolate Brownie 2. 18kg アスリートが選ぶホエイプロテインとして、本格的な筋トレをしている人、男性に特に人気の高い海外製のプロテイン。 おいしくて溶けやすく、値段もお得なことから、とても人気があります。 人工甘味料が使用されていないので安心、毎日飲むにはやはり味はポイントですね。 「今までは日本のプロテインを飲んでいましたが、値段が高いので海外のものに代えました。 少し甘く感じますが、美味しいです。 」 「溶けるのが早いですね。 味もおいしいし、何と言ってもこの値段は魅力的です。 これからはこちらを飲む事にします。 」 参考価格 5,980円 15.コンバット 100%ホエイ プロテイン 2. 100%ホエイで、1杯で25gとタンパク質の量が多いのが魅力的です。 アスリートにも人気のあるプロテインで、筋トレ本格派は是非飲んでほしいですね。 検査もしっかり行っていますので品質も安心で、信頼がある商品です。 「費用の事を考えてこちらに代えました。 チョコレートミルク風味で美味しいですね。 日本のプロテインより美味しいと思います。 」 「安いし美味しいので、文句がありません。 海外製ですが配送も早くて助かります。 」 参考価格 5,415円 16.大豆プロテイン 1kg 無添加 飲みやすいソイプロテイン 女性に人気の大豆プロテイン。 無添加なので安心して飲む事ができます。 大豆臭が気になってソイプロテインが苦手な方にも、匂いが抑えられているので飲みやすいと人気です。 砂糖や人工甘味料を入れていないので、自然な甘さでダイエット中でも安心して飲む事ができますね。 「豆乳のような味がします。 豆乳が好きな方には良いと思います。 コスパもいいし、美味しく飲んでいます。 」 「ダイエットのために置き返しています。 豆乳が好きなので、美味しく飲めますね。 豆の匂いは少ないです。 」 参考価格 2,100円 17.アルプロン -ALPRON- ホエイプロテイン ストロベリー風味 1kg アルプロン ホエイプロテインのストロベリー味です。 50食分が3000円と安いので人気があります。 少ない水でも溶け、たくさんの量を飲む必要がなくなります。 増粘剤を一切使用していません。 そのため、溶けやすさは季節や温度によって、多少違いがあります。 「シェイカー混ぜるとけっこう泡立ちますが、泡がひくのが早いです。 少ない水でもとけるのでお腹が苦しくなることがなくて良いです。 」 「値段が安くてコスパがいいです。 水によく溶けていちご味が美味しいです。 」 参考価格 2,980円 18.マイプロテイン ソイプロテイン アイソレート チョコレートススムース, 1kg イギリスのメーカー、マイプロテインは、品質が良いことで有名です。 1食あたりのタンパク質量が27gと多いので、効果的に摂取できるのが良いですね。 ソイプロテインはノンGMOの大豆を使用。 筋トレの時のタンパク質の補給、ダイエットの時の置き換えなど、活用できます。 ソイプロテインは、豆の匂いが強く、男性にあまり人気がないのですが、こちらはタンパク質の量が多いことからも、男性に人気があるプロテインです。 「味は凄く美味しいというわけではないですが、まずいわけでもなく毎日飲めます。 筋トレの時に飲んでいますが、効果がわかりますね。 」 「チョコレート味が美味しいです。 タンパク質の量が多いので良いと思います。 」 参考価格 2,924円 まとめ たくさんのフレーバー、種類のプロテインがありましたね。 圧倒的人気なのが、ザバスのプロテイン。 ホエイプロテインもソイプロテインなど種類、味の展開も多く、値段も安く飲みやすいことから、上位の商品はザバスの独占です。 プロテイン選びは、目的に合わせて選ぶのが大切です。 飲みやすくて続けられるプロテインを見つけて下さいね。 以上、人気のあるおすすめのプロテイン18選のご紹介でした。

次の