グラス ホッパー ネタバレ。 映画グラスホッパーのあらすじを完全ネタバレ!原作小説の結末を暴露!

小説「グラスホッパー」のネタバレ解説!結末の裏解釈とは?【映画原作】

グラス ホッパー ネタバレ

こんにちは、あべし です。 今日紹介するのは、伊坂幸太郎さんの 『殺し屋シリーズ』です! 伊坂幸太郎殺し屋シリーズ! どの作品も個性豊かな殺し屋達がやらかしてて、とてもテンポ良く読めました! シリアスなのに何故か笑えるような、独特の世界感。 ページをめくる手が止まりませんでした! まとめて読了ツイート。 【伊坂幸太郎】『殺し屋シリーズ』の順番とあらすじを紹介します!【グラスホッパー】 今回紹介するのは伊坂幸太郎 『殺し屋シリーズ』! シリーズ名の通り『殺し屋』が登場、しかも一人ではなく複数人!『そんなことあるの?』というすごい 面白い 設定でお話が展開されていきます。 物語中盤辺りまで、胸と胃がキリキリする場面が多くて挫折しそうになりましたが 笑 終盤にかけてスッキリ。 第1弾の登場人物達も出てきてくれて嬉しい!個性溢れる面々に圧倒されながら読了。 殺し屋シリーズに出てくる人物は皆、一癖二癖あり、本作の主人公である「兜」も同様です。 彼の場合は、最強の殺し屋なのに「恐妻家」だったのです。 連作短編集になっており、全ての短編の質が高すぎます。 — ゆま 読書垢 Ysbookmemory お気に入りの殺し屋が見つかるかも…? 少し物騒なシリーズ名から連想してしまうかもしれませんが、『人がバタバタと倒れていく』のがメイン…ということではありません。 第2作『マリアビートル』では物語の舞台が東北新幹線。 制限時間は新幹線が目的地に到着するまでの2時間半。 これだけ限定された状況にもかかわらず伏線が巧妙に張られており、最終的にそれらが回収されていくので、読んでいてとてもスッキリ。 設定、ストーリー展開、個性的な登場人物たち…どれをとっても魅力的なシリーズなのです。 さてさて、本シリーズは2019年3月時点で全3作出版されています。 シリーズの前作を読んでいると楽しめるポイントがちりばめられています。 「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない。 一人息子の克巳もあきれるほどだ。 兜がこの仕事を辞めたい、と考えはじめたのは、克巳が生まれた頃だった。 引退に必要な金を稼ぐため、仕方なく仕事を続けていたある日、爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受ける。 こんな物騒な仕事をしていることは、家族はもちろん、知らない。 『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる殺し屋シリーズ最新作! 書き下ろし2篇を加えた計5篇。 以上、3作品です! まとめ 伊坂幸太郎 『殺し屋シリーズ』の順番紹介でした! 個性豊かな殺し屋たちが登場する人気シリーズ。 もしこの記事を読んで… 気になります — ふむ fum0627 …となった方は、ぜひシリーズ第1作『グラスホッパー』から手に取ってみて下さいね! 最後に!シリーズ作品3つとも、でオーディオブックになっています!であわせてどうぞ!!それではー! abeshi01.

次の

小説「グラスホッパー」のネタバレ解説!結末の裏解釈とは?【映画原作】

グラス ホッパー ネタバレ

どういう意味があるのか。 その謎を解く鍵は、 梶を自殺させた直後の鯨に、元カウンセラーの田中が語った次の言葉にある。 「兆候はあるんですよ、幻覚のしるしは。 例えば、街で立っている時に、 目の前の信号の点滅がちっとも止まなかったり、 歩いても歩いても階段が終わらなかったり。 駅にいる時も、通過する列車がいつまで経っても通り過ぎない、 とか、この列車ずいぶん長いなあ、なんて思ったら、まずい兆候ですよ。 そういうのは全部、幻覚の証拠です。 信号や列車は、幻覚のきっかけになりやすいんです。 信号はたいがい見始めの契機で、列車は目覚めの合図だったりします」 つまり、いつまでの通り過ぎない列車は幻覚からの目覚めの合図。 おそらくは長かった悪夢のような幻覚がここで終わり、鈴木の人生がリスタートする、 という意味だと思われる。 それでは、幻覚はどこから始まっていたのか。 田中の発言からは、信号の点滅が終わらないことが、 幻覚を見始めの契機ということが分かる。 そこで、そういう表現がされている箇所を探すと、 鈴木が比与子から、黄と黒を殺せと言われた直後に次のような描写がある。 茫然とした気分で、フロントガラスを眺めた。 交差点の歩行者用信号の青色が、点滅をはじめる。 その点滅がゆっくりに見える。 いくら待っても、赤にならない。 この信号いつまで点滅しているんだよ。 かなり序盤。 この物語は鈴木が見ていた幻覚、ということが言えるかもしれない。 セミの背中にヘルメットのような、角のような、 奇妙が構造が見られることが特徴。 (直後にプールで溺死) こうして調べられるということは、所属していた証拠はあると言えるのかもしれない。 しかし、何世代も密集した環境で育つと、 色は黒っぽく、翅は長く、性格は獰猛になる。 天候の悪化で、鎖に繋がれたまま1年間、南極に放置され、 生存が絶望視されたが、奇跡的に生存していたことで知られる。 後に、2頭の生存を題材に映画「南極物語」が製作された。 (ラスコーリニコフが主人公、ソーニャはヒロイン) <次回作>.

次の

【グラスホッパー】小説の伏線をネタバレ!鈴木や蝉の行動について考察!

グラス ホッパー ネタバレ

映画グラスホッパーのネタバレあらすじ2:ジュニアの死 フロイラインのダイエットの薬を売るために、路上で女性に声をかけていた鈴木は、元教え子(佐津川愛美)に出会います。 そこへ比与子が現れ、鈴木と元教え子を事務所へ呼びます。 比与子は、元教え子に薬を飲ませて眠らせ、寺原(石橋蓮司)の息子・ジュニアのところへ連れて行くと言いました。 ジュニアとの待ち合わせ場所に出向いた二人でしたが、ジュニアが路上で誰かに押されて車に挽かれ死んだのを見てしまいます。 押したのは「押し屋」と呼ばれる暗殺者でした。 比与子は、鈴木に押し屋(吉岡秀隆)を追うように命じ、鈴木は尾行を始めます。 映画グラスホッパーのネタバレあらすじ3:二人の殺し屋 鯨(浅野忠信)と呼ばれる自殺屋は、寺原の依頼で、ハロウィンの夜の真相を知るジャーナリストを自殺に追い込んでいました。 しかしながら、鯨には今まで自分が殺した霊が見えていて、それに話しかけられることで苦しんでいます。 蝉(山田涼介)と呼ばれる殺し屋はナイフ使いで、人を残忍に切り裂く殺し屋です。 殺しを引き受け、ターゲットの居場所を突き止める役目の相棒・岩西(村上淳)は、寺原から、鯨を殺すよう依頼されます。 岩西は鯨の住処を探し当て、蝉に仕事をするように言います。 しかし鯨は、自分が誰かに追われていることに気づきます。 映画グラスホッパーのネタバレあらすじ4:押し屋の正体 鈴木は尾行の末、押し屋には妻と子供がいることを知ります。 自分も結婚間近だったことから、家族がいる押し屋の正体を比与子に伝えるべきか悩む鈴木ですが、比与子に居場所を発見されてしまいます。 そして「押し屋を雇ったのは鈴木というタレこみがある」と告げられるのです。 比与子から逃げ切った鈴木ですが、また押し屋の家に戻ります。 それは押し屋に、渋谷の事件の主犯であるジュニアの殺しを感謝することと、寺原に追われていることを伝えるためでした。 そして比与子に電話をして、元教え子を開放することを条件に、自分が出向くことを約束します。 そのころ、鯨は岩西を訪ねていました。 自分を殺そうとした依頼者が、自分の仕事の依頼人でもあった寺原だと知り驚きます。 岩西を死に追いやろうとしたとき、岩西は蝉からの電話に出て、自分が死ぬことを告げます。 蝉にとって岩西は唯一の友人でした。 飛び降り自殺をした岩西の姿を見た蝉は、鯨に復讐することを決意します。 映画グラスホッパーの結末:格闘と真実 比与子の下に拘束された鈴木は、現れた寺原に百合子のことを笑われた挙句、殺されそうになります。 その時に鯨が乱入してきました。 鯨が寺原側の人間を倒している間に、鈴木は頭を強く打ち、意識がなくなってしまいます。 寺原は部下とエレベーターに逃げ込んだのですが、そこで待っていたのは元教え子の女でした。 拘束されていた手錠を外し脱出していたのです。 彼女もまた殺し屋で、寺原と比与子を殺します。 鯨の下に、復讐心に燃えた蝉がやってきました。 二人は死闘の末、窓を突き破り死んでしまいます。 鈴木が目を覚ましたら、周りは死体だらけでした。 脱出し、押し屋の家に行きますが、そこにはもう押し屋の家族はいませんでした。 1年後、鈴木は遊園地のピエロとして働いていました。 そこへ押し屋の妻のすみれ(麻生久美子)が子供を連れてやってきます。 そこで、押し屋とは家族でもなく、寺原と対立する組織の人間で、元教え子も送り込まれた子だったと真相を話します。 また家から出ない寺原をおびき出すために鈴木をおとりにしたことも言います。 最後に子供が、婚約指輪を渡します。 この子供は百合子が渋谷の事件の時に守った子でした。 その子が指輪を拾って持っていたのです。 すべての事件が終わり、鈴木は家の冷凍庫にある百合子の作った味噌汁を取り出します。 以上、映画グラスホッパーのあらすじと結末でした。

次の