あいだいろ ミツバ。 ミツバ(地縛少年花子くん) (みつば)とは【ピクシブ百科事典】

「地縛少年花子くん」より、第12話場面カット&あらすじが到着

あいだいろ ミツバ

2月27日より順次放送中の第8話「ミツバ」では、源光(CV:千葉翔也)がミツバの未練を晴らすために奔走した。 光とミツバの不器用な友情が描かれた回で、とくにラスト、ミツバが撮っていた写真について明かされるシーンに涙した視聴者も多かった様子。 Twitter上では、「edの入り方が辛すぎて好きすぎて号泣…」「ミツバ回号泣です。 切ない」「あかん8話後半パートずっと泣いてたわ... 」「ミツバ回は心にくる…」といった声が続出した。 さらに寧々役を演じる声優の鬼頭明里が「泣いた…ミツバ…」とツイートした。 ミツバ役の千葉翔也も「余韻がすごい…」、光役の千葉翔也も「僕も目頭が熱くなりました」とTwitterにつづっており、出演声優たちも感動する回だったようだ。 原作者である漫画家のあいだいろ氏は、「ミツバの話もとても思い出深い回です。 千葉さんと小林さんの演技も素晴らしく、聞いていて物凄く良心が痛んだのが印象的な思い出です」と第8話の感想をつづっている。 第八の怪「ミツバ」 【あらすじ】 輝とは違う形で怪異たちと関わろうと決意を固めた光。 中等部の昇降口に出る幽霊・ミツバの未練を晴らすため、生前やり残したという写真撮影に協力する。 だが来る日も来る日も光はミツバにからかわれ翻弄されるばかりで……。 C あいだいろ/SQUARE ENIX・ 「地縛少年花子くん」製作委員会.

次の

「地縛少年花子くん」2大イベントグッズ特集!! (Gファンタジーブログ)

あいだいろ ミツバ

地縛少年花子くんの恋愛要素・相関図まとめ! まずは、地縛少年花子くんのキャラクターたちの恋愛要素を相関図にまとめましたのでご覧下さい。 ヤシロが恋愛相談のために花子くんを呼び出したことがきっかけで出会います。 (C)あいだいろ しかし、ヤシロの行動によって彼女は怪異に狙われるようになり、それを花子くんに助けてもらった。 それからは、ヤシロのことをからかって遊んだり、ドSなところを見せていきます。 (C)あいだいろ が、ヤシロが本気で嫌がることをしてしまったときには…… (C)あいだいろ ちゃんと謝ってくれるようになります。 普段は見せない表情。 そして謝り慣れてない様子がもう、彼女にだけ心を開いてる感じがしてめちゃくちゃ可愛いです。 ヤシロの方も、なんども怪異から助けてもらって花子くんとの距離がだんだんと縮めようと頑張ります。 (C)あいだいろ 人間と怪異は交わらない。 そうずっと思っていた花子くんだからこそ、普通の友達になってくれたヤシロのことが、 だんだんと気になっていく……。 ヤシロが光のことを気遣っていると、だんだんと 嫉妬する様子を見せ始めます。 ふとした仕草にずっと胸を打たれ続けます。 (C)あいだいろ それに対して、ヤシロの好みは王子様系。 ワンコな可愛さの光の好意には全然気付きません。 ……が、 時計守の力で成長した光の姿に一瞬ときめきます( より)。 希望はある……!! (C)あいだいろ そして、光はヤシロの秘密を知ってしまう。 それは、 彼女の寿命が1年もないという悲しい事実。 そんな彼の未練を晴らし、成仏させるために光は彼を連れ回します。 でも、誰からも忘れられてしまうような影の薄い存在のまま、死んでしまった。 だから、 死んだら覚えていてくれる人なんて、誰一人いなかった。 そのことに思い悩んでいました。 最初は、光も彼のことを覚えていなかった。 ……でも。 幽霊となって出会った彼と一緒に過ごしたわずかな時間は、彼を思い出すには。 そして三葉という人間を知るには十分だった。 ……悪かったな。 気づいてやれなくて」 そんな彼に、三葉は遠慮がちに聞く。 「源くん。 僕がもし生きてたら、僕ら友達になれたかな?」 (C)あいだいろ 「死んでたって友達んなったっていいんじゃねぇの」 照れながら、ぶっきらぼうに答える光を、三葉はカメラに収めます。 しかし。 (C)あいだいろ 蘇った三葉は、光のことを一切覚えていなかった。 ……つかさが、三葉の一部を別の身体へと移し替えた、全く別の怪異を作り出した。 当然、 そんな残酷なことをするつかさに、光は激昂する。 (C)あいだいろ 「誰だよ、お前」と冷たい言葉にもめげず、光は名乗る。 (C)あいだいろ つかさは、ガマンを辞めた人の顔が好きだという。 そんなつかさの様子に、花子くんは怯えてしまう……。 (C)あいだいろ 殺したのは花子くんのはずなのに、笑顔で彼に近づいてくる様子がサイコパスじみていてゾクゾクする。 普段強気な花子くんが見せる泣き顔が、正直たまらないです……。 茜は普段は真面目なんですが、 葵のことになるとネジが緩んでしまうくらい彼女のことが好き。 (C)あいだいろ 葵の好みに合わせて自分もそうなるように頑張るなど、努力家ではあるものの方向性がおかしいタイプ。 葵を守るために、時計守と契約するなど彼女のことを本当に一番大事に思っています。 (C)あいだいろ これまでずっと告白してきましたが、 0勝3642敗とOKされたことがありません。 葵いわく、 「結婚したら変な名前になるから付き合うのは無理」。 でももっとドキドキさせてくれたら考えてあげる、と言っていたり…… (C)あいだいろ 怪異のせいで茜が男と付き合うことになると、「私のこと好きって言ってたくせに……」と落ち込んだり…… (C)あいだいろ テストのランキングで隣に並ぶために頑張ったりと、 (C)あいだいろ 意外と満更でもない模様! 地縛少年花子くんを楽しむなら ちなみに、地縛少年花子くんをもっとお得に楽しむ方法があるのでご紹介します。 【公式】無料アプリ、マンガUPで原作が配信中! まず地縛少年花子くんの原作はで配信されています。 無料で配布されるポイントでたくさん読み進めていけるので、 とりあえずダウンロードがおすすめです。 しかも、今なら一冊半額クーポンが貰えるので、好きな巻を50%オフで読むことが出来ます。 買えば買うほどポイントが付くので、単行本を全巻揃えるならここが安く済むのでぜひどうぞ。 今なら2週間無料で試すことができるので、お金をかけずに地縛少年花子くんのアニメが見直せます。

次の

地縛少年花子くん

あいだいろ ミツバ

ねえ、知ってる? この学園にある七不思議の話……かもめ学園に伝わる一番有名な七不思議の噂。 旧校舎3階女子トイレ3番目には花子さんがいて、呼び出した人の願いをなんでも叶えてくれるんだって。 呼び出し方は簡単、ノックを3回。 おばけなのにドSでちょっとエッチな花子くんに振りまわされて様々な怪談に巻き込まれていく寧々。 果たして寧々は無事に学園生活をおくれるのか誰も見たことのないハートフル便所コメディが今、始まる。 『あ、男の娘系じゃないんだ…』と…。 …いや、そんな勘違いはどうでもよいですね、はい。 基本的には、恋に恋してるようなガキンチョとクッッッソイケボ&イケショタの花子くん(画像左の黒い学生服の子) がガキンチョの願いをかなえるためになんやかんやする話です。 子供向け黒執事と言いましょうか? 基本は思春期の女子かショタ好きの女性向けであり、男が見るものではなさそう 特質すべきは色の鮮やかさと絵の綺麗さ。 一枚一枚どこをとっても絵になるような美麗さが目を惹きました キャラの可愛さもかなりのもの。 キャラデザは男の自分でもかなり萌えれる(女の子の足が大根なのが萌えポイント高し) ただ主人公の性格はちょいウザみを感じる。 誰でもいいから両想いになりたいってのがほんとに思春期入りたてのガキンチョ感凄いので。 見た目が可愛いのでチャラか。 花子くんの声優はまさかのエヴェンゲリオンの碇シンジ君!イケボすぎてビビります。 正直これだけでも 見るよって人が一定層いそうです お話は正直まだ面白いとは言えませんが、声の良さやビジュアルの良さだけでも見れそうな作品です 久々にアニキが主役の花子くんの声優をやっているアニメと聞いて非常に期待していたが、 1話で激しくテンションが下がって、2話で絶望してしまった。 イケメンのリア充と次々に付き合いたいとするヒロインには嫌悪感しか覚えない。 少女漫画の主人公としてはよくあるキャラで中高生なら共感を得るのだろうか? 怪異や物の怪の設定や描写もこれまでの作品からの寄せ集めにしか見えず何の驚きも新鮮さも感じない。 初めてアニメや漫画を見る人なら驚くのだろうか? まあ、現実でもこんな主人公みたいな男と付き合いたいだけの子や 性格の悪いイケメンというのは多いのだからリアルタイムの学生には刺さるのかもしれない・・・。 しかし、自分にはこれらを見ていて嫌悪感しか覚えないのでアニキには悪いけどここでまでとします。 怪異の癖に超次元的な力を使え"ない"、ただの幽霊?な花子くんだけれど、1話の最後でヒロインを救い&代わりに下僕(助手)にしてしまう流れはスムーズで、上手だと感じた。 「わかった、君はエラ呼吸が恋しいんだね」 この脅し文句は斬新すぎて、そりゃ大人しく言うこと聞かざるをえない。 THE 少女漫画、というレビューを多く見かけるものの、絵柄と人物設定が独特なおかげか少女漫画が嫌いな私でも楽しめる。 しかもこのショタイケメン…常に死んでいるような冷めた目をしていて、その目のまま口を開けて笑う顔がなかなか良い。 2話で早くも危険な過去をチラつかせてくるし。 こんな感じで花子くんの人物像が好みに合う人は、視聴を続けるのではないだろうか。 あと絵柄は独特かつ、上手な印象で、色味はとてもこだわりを感じる。 フレームと静止画を多用した演出も他のアニメではあまり見ない。 まるで紙芝居を見ているような気分になってしまうけれど、これはこれで好き。 ただ、せめて戦闘シーンなど盛り上がる場面は静止画を使わないなど、メリハリがあれば良かった。 声については、独特な話し方がキャラにあっていて良いと思うがいかんせん聞き取り辛い。 それにしてもモッケが可愛い! しばらくぶりにこういうアニメに出会いました。 1話目ではなく、放送されてる5話くらいに深夜ぱっとみてその世界観と絵の可愛さとキャラの個性に惹かれました。 こういうタイプの個性的かつ謎にアニメクオリティが高いアニメは大好物でコアなマニア受けしそうなタイプのアニメです。 とっても大好き。 とにかく全員キャラが可愛い。 もとは少女漫画らしいのですが僕は断然アニメ派です。 1話から見直してみましたが鬼ハマリしました。 グッズが買いたくなってしまうレベルのキャラと雰囲気デザイン萌えは久しぶりです。 そして問題なのが、このアニメ耳の悪いオバサンには向いていないというのが本当に残念でなりません。 緒方恵美さんがいつもよりも中低音プラスそれとりやや低い低音ボイスで花子くんを演じているのがとってもいいのですがオバサンたちにはそれが聞こえないらしくそのような叩き文句ばっかで残念でなりません。 オバサンたちは放送終了後にDVD等がでたら購入し、字幕ONにして見ることをおすすめします。 花子くんの声が聞き取りづらかったことはまったくないのですが、耳の悪いオバサンたちからすると ねねちゃんの声が高すぎてそこに耳のピントが合ってしまうので花子くんの緒方恵美低音イケボが聞き取りづらくなるのではないかな?とはおばさんたちを擁護させていただきます。 個人的には 雪兎さんや、蔵馬、球磨川、シンジくんたちの枠に入るくらいの、はまり役だと思っています。 とにかくキャラがかわいいのと制作会社が割と力入れててハイクオリティなのと世界観がとってもすきな コアなファンが生まれそうなマニア受けしそうないいアニメを見つけてしまいました。

次の