芦田 愛菜 祝辞。 芦田愛菜は祝辞になぜ選ばれた?3つの理由を解説!(国民祭典)|LifeNews Media

芦田愛菜、陛下への祝辞に感嘆の声 秀逸な言葉選びに「聡明」「まだ中学生…」

芦田 愛菜 祝辞

国民祭典の祝辞について振り返る一幕があった。 先月9日に開かれた、天皇陛下の即位をお祝いする「国民祭典」。 芦田はそこで約2分半にわたり祝辞の言葉を述べ、語彙力を生かした言葉選びと、堂々とした話しぶりに称賛が集まった。 これについてサンドウィッチマン伊達みきおが「感動した。 本当にすごかったですよ」と切り出し、「すごい緊張したでしょ?」と質問。 芦田は素直に「そうですね、はい」と答えた。 伊達が「あれと比べたらこれ(この番組)なんか屁でしょ?」と言うと、 芦田は苦笑いを浮かべながら「そんなことないです」と否定。 伊達が「みんな感動してたよ本当に」と言うと、彼女は「ありがとうございます」と、逆に感謝。 伊達は相当感動したらしく、なおもこの話題について言及。 「俺、そんな方と一緒に番組やってるんだ。 凄い、凄いというのは知ってたけど、やっぱり凄いんだなあ」と、芦田を激賞。 「どうでした?ぶっちゃけ」と尋ねると、芦田は「緊張しました」とだけ回答。 伊達は「国を代表しての祝辞ですから(自分でも)すごいなって思ってもいいと思うよ」と求めていた。

次の

芦田愛菜が祝辞になぜ選ばれたのか?経歴や学力が理由なの?

芦田 愛菜 祝辞

女優の(15)が9日、皇居前広場で行われた『天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典』に着物姿で出席。 約2分半にわたって天皇陛下の御即位をお祝いするメッセージを述べた。 次世代を担う芸能界の代表として登壇した芦田は「謹んで申し上げます。 天皇陛下御即位にあたり、心よりお祝いを申し上げます。 また、このような記念すべき国民祭典にお招きにあずかり、お祝いと感謝を申し述べる機会をいただき、緊張しておりますが大変光栄に存じます」と感謝の気持ちを伝えた。 続けて「即位礼正殿の儀での陛下のお言葉を拝聴し、日本、そして世界の平和に対する陛下の御心に心を打たれました。 陛下は松尾芭蕉の『奥の細道』をお読みになったことがきっかけで『水』にご関心を持たれ、長きにわたってご研究をなさっているとお聞きしました。 そして、水を通して世界のさまざまな問題を捉え、そのことが平和につながるとのお考えをお持ちであると知るに至りました」と陛下の言葉に感激したことを述べた。 「私も大好きな読書を通じ、知識を得ること、そして、その知識を踏まえて行動に移す、そのことが大切であるのではないかと考えるようになりました。 陛下の御心を受け、どんなことでも思い立ったことは、迷わず実行できるようになりたい、そう思っております」と語った。 「新元号・令和は『万葉集』からの出典だったということを知り、昔の日本の書物から新しい時代の元号が作られるということは、なんてすてきなことなんだろうと深く感動しております。 古くから日本に伝わる文化を大切にしつつ、あたらしい日本へと躍進していく、そんな時代になっていくことを、せつに願っております。 最後になりますが、いつまでも両陛下がお健やかであられますようお祈り申し上げ、お祝いの言葉とします」と伝えた。 国民祭典のコンセプトは、新しい時代に向け陛下が常に祈念している世界平和、その根源となる「水」、人と人との「絆」。 さらに、次世代を担う子どもたちの元気な姿を舞台上でダイナミックに表現し、会場の参加者全員が一体となって、国民とともに歩まれる陛下を寿ぎ、その凛々しい姿を国内外に発信する。 『国民祭典』は2部構成で、午後1時から第1部「奉祝まつり」として、皇居外苑と内堀通りにて奉祝パレード(郷土芸能、音楽隊)、奉祝神輿(みこし)などがスタート。 第2部「祝賀式典」の司会は俳優のとフリーアナウンサーのが担当し、披露される奉祝曲は、作詞が氏、作曲が氏、ピアノは氏が務め、が歌唱する。

次の

芦田愛菜、国民祭典の祝辞を回顧「緊張しました」

芦田 愛菜 祝辞

次世代を担う芸能界の代表として登壇した芦田は「謹んで申し上げます。 天皇陛下御即位にあたり、心よりお祝いを申し上げます。 また、このような記念すべき国民祭典にお招きにあずかり、お祝いと感謝を申し述べる機会をいただき、緊張しておりますが大変光栄に存じます」と感謝の気持ちを伝えた。 続けて「即位礼正殿の儀での陛下のお言葉を拝聴し、日本、そして世界の平和に対する陛下の御心に心を打たれました。 陛下は松尾芭蕉の『奥の細道』をお読みになったことがきっかけで『水』にご関心を持たれ、長きにわたってご研究をなさっているとお聞きしました。 そして、水を通して世界のさまざまな問題を捉え、そのことが平和につながるとのお考えをお持ちであると知るに至りました」と陛下の言葉に感激したことを述べた。 「私も大好きな読書を通じ、知識を得ること、そして、その知識を踏まえて行動に移す、そのことが大切であるのではないかと考えるようになりました。 陛下の御心を受け、どんなことでも思い立ったことは、迷わず実行できるようになりたい、そう思っております」と語った。 「新元号・令和は『万葉集』からの出典だったということを知り、昔の日本の書物から新しい時代の元号が作られるということは、なんてすてきなことなんだろうと深く感動しております。 古くから日本に伝わる文化を大切にしつつ、あたらしい日本へと躍進していく、そんな時代になっていくことを、せつに願っております。 最後になりますが、いつまでも両陛下がお健やかであられますようお祈り申し上げ、お祝いの言葉とします」と伝えた。 yahoo. 大人でさえ、緊張して噛んでいる方もいる中、芦田愛菜さんはまだ中学生。 年齢なんて関係なく、本当に堂々としてかっこいい女性です。 ネットの声 芦田愛菜さんの祝辞に多くの方が驚きの声をあげています。 さすがプロ。 — めいだろうめい bbmeinico 多くの方が驚きと賞賛の声をあげていますね! 本当に次世代を担う芸能界代表としてぴったりな方です。 芦田愛菜は祝辞になぜ選ばれた? 芦田愛菜さんは 「次世代を担う芸能界の代表」として登壇し祝辞を読みました。 賢く育ちが良い感が凄いしコメントが優等生過ぎて謎の安心感がある。 — kawa kawa9945 芦田愛菜さんの落ち着いた受け応えが本当に素晴らしく特番に相応しいキャスティングだと思います。 あのちっちゃかった愛菜ちゃんがこんなにしっかりした娘さんになろうとは… いずれ大河の主人公を演じることになるかもしれませんね。 楽しみです。 — GALLAMODE GALLAMODE 番組進行の武田真一アナウンサーは芦田愛菜さんに「平成の改元のときと比べての感想」までも求めたほどで、1人のコメンテーターとして期待以上の役目を果たされていたことがわかります…! 芦田さん。。。 努力家で地頭が良い 芦田愛菜さんといえば、芸能界の仕事を1年間セーブして、1日12時間の猛勉強をし、慶応義塾中等部に入学。 本人がかなり努力したことがわかりますよね…! さらに年間100冊以上は本を読むというかなりの読書家。 努力家で読書家なら納得かも・・・と思っても、あんなに聡明なコメントが誰でも出てくる訳ではありませんよね・・・! 原稿を読んでいるという訳ではなく、しっかり自分の頭で考えて自らの言葉で語っている点から芦田愛菜さんの地頭の良さが伺えます。 ちなみにこのまま将来は芸能界へ進むのかと思いきや、「(現在は)医学系の道に進みたい。 病理医になりたいと考えている」とのこと。 このことがきっかけで11月10日の「祝賀御列の儀」ではコメンテーターとして芦田愛菜さんを待望する声も上がっていたそう…! 皇室関係の番組コメンテーターは皇室ジャーナリストやベテラン女優の方が担当することが多いようですが、その役割を中学生で期待されるって本当に凄いことです。 ちなみに10月22日の「即位礼正殿の儀」の際は、NHK特番のコメンテーターとして坂下千里子さんが出演されましたが、ネットでは様々な声が上がっていたようです。 — けせらセラ keserasera1130 芦田愛菜さんの場合、若い世代の目線ならではの発言が期待できますし、かつ上の世代も驚くほどの聡明なコメントをされるので、大人のコメンテーターと並んでも全く違和感がありません。

次の