お 時間 を いただき たく 存じ ます。 伺いたく存じますの使い方は?正しい敬語を使ってビジネスメールを作成!

「させていただきたく存じます」の意味と使い方!言い換え表現も紹介

お 時間 を いただき たく 存じ ます

お願いのフレーズ お願いのお決まりフレーズ・常套句・言い回し フレーズ 使用例 お願いいたします。 見積書の送付をお願いいたします。 お願いできないでしょうか。 恐縮ではございますが、打合せの時間の変更をお願いできないでしょうか。 お願いできれば幸いです。 突然のお願いでまことに恐れ入りますが、一度ご面談の機会をいただければ幸いです。 お忙しいところ恐縮ですが お忙しいところ恐縮ですが、前向きにご検討いただけましたら幸いです。 ぶしつけなお願いで恐縮ですが ぶしつけなお願いで恐縮ですが、10分だけでもお話を伺えないでしょうか。 まことに厚かましいお願いとは存じますが まことに厚かましいお願いで失礼かと存じますが期日を延ばしていただきたくお願い申し上げます。 事情をお察しいただき 事情をご賢察いただき、ご協力いただけないでしょうか。 どうか事情をお汲み取りいただき どうか事情をお汲み取りいただき、ご検討くださいますようお願い申し上げます。 なにとぞ窮状をお察しいただき なにとぞ窮状をお察しいただき、ご承諾くださいますよう伏してお願い申し上げます。 ご連絡をお待ちしております。 お忙しいところ恐縮ですが、ご連絡を心からお待ちしております。 ご一報いただけないでしょうか。 業務の進行状況について、ご一報だけでもいただけないでしょうか。 質問があります。 先日の件で、3点質問があります。 お伺いしたいのですが 先日ご送付いただいた資料について何点かお伺いしたいのですがよろしいでしょうか。 お知恵を拝借したいのですが 明後日のプレゼンの件でお知恵を拝借したいのですがお時間をいただけないでしょうか。 お願いの言い換えフレーズ フレーズ 使用例 お願いします• お願いいたします• お願いできないでしょうか• お願いできれば幸いです 悪いけど、お願いします• お忙しいところ恐縮ですが• ぶしつけなお願いで恐縮ですが• まことに厚かましいお願いとは存じますが 分かってください• 事情をお察しいただき• どうか事情をお汲みとりいただき• なにとぞ窮状をお察しいただき 連絡してください• ご連絡をお待ちしております• ご一報いただけないでしょうか 教えてください• 質問があります• おうかがいしたいのですが• お知恵を拝借したいのですが.

次の

伺いたく存じますの使い方は?正しい敬語を使ってビジネスメールを作成!

お 時間 を いただき たく 存じ ます

A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 A ベストアンサー この表現は日本語として成立しないものと思います。 「明日休暇を頂きたく」で終わる言い方、書き方は、相手を馬鹿にしたものではないでしょうか。 時代劇などでも「ま、きょうのところは、ひとつお見逃し頂きたく」と頭を下げながら言うシーンがあります。 これは、この言葉の後にある「候」や「よろしくお願いします」は省く代わりに、頭を下げるという動作で伝えているのです。 メールなどの文章で、この丁寧さを表現する「候」や、「よろしくお願いします」を省略したしまった中途半端な表現は、受取った人から見れば「失礼そのもの」「嫌な表現」なのではないでしょうか。 決して標準的なものではありませんし、この使い方が市民権を得ることのないよう祈るばかりです。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。 ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、 もしかしたら出ていないかもしれません・・・。 と思い、教えて欲しいです。 宜しくお願いします。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 A ベストアンサー 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 見積もり依頼書 下記条件で見積もりをお願いします。 ~~の見積もりを取って欲しい。 ~~して欲しい。 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 そう言われると、B社... A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. 4です。 補足とお礼を拝読しました。 私もNo. 5さんのおっしゃる通り、基本的には意見の違いは無いと思います。 ただ問題は「依頼」の漢語サ変動詞の場合に「ご」をどうするかという事になります。 まず整理すると相手の「依頼」に対する「ご」をつけた謙譲語や尊敬語は問題ないと思います。 問題は自分が「依頼」する時ですね。 「依頼」は「用件を頼む事」という名詞です。 yahoo. これに「ご」をつける場合、 ・相手が「依頼」する時は 「ご依頼いただく」「ご依頼くださる」と謙譲も尊敬も使えます。 ・自分が「依頼」する時は 「〇〇のご依頼」「ご依頼する」「ご依頼します」などと「ご」は付けません。 「〇〇の依頼」「依頼する」「依頼します」です。 理由として「依頼」は相手に向いていますが、相手を立てるものではないからです。 ashir. php? livedoor. html [ですが、自分からの依頼や質問などは、 自分から発する動作であり、相手を立てるものではないので、 謙譲の「ご(お)」は不要です。 goo. html 回答No. 3 [ご質問文の中の例からは、「ご理解」「ご依頼」は謙譲の用法はありません。 ] ---------------------------------------------- 上記は『自分がする「質問」「依頼」』などに謙譲の「ご」はないとするものです。 (余談ですが上に挙げたように「敬語の指針」は私も参考にしています。 ただ以前から「ここは誤解を招きそうな表現だな」と思っていたのですが、 謙譲語 I は「向かう先を立てているもの」を謙譲語の中でI・IIと分類したものです。 重要なのは「立てている」事です。 例えば謙譲語 II の「申す」は相手がいますが立ててないので「II」になります。 「敬語の指針」39ページ「自分側に「お・御」を付ける問題も 「自分の動作やものごとでも,それが<向かう先>を立てる場合であれば」となっています。 ) (別件「ご説明」は謙譲語として問題ないと思います。 ) これを踏まえて、あえて「ご」を付けて使用する場合は 専ら「ご依頼申し上げる」と使います。 「ご依頼する」は使いません。 (難しいのは謙譲の「ご依頼する」は使わないという事で、謙譲語ではない常体の(普通の)「依頼する」「依頼します」は使うという事です。 chiebukuro. yahoo. ] Yahoo知恵袋:『致しますと、申し上げます の違いは? 「お願い致します」と、「お願い申し上げま... chiebukuro. yahoo. ただし、その一方しか使われない語もあります。 例えば「依頼(する)」の場合、「ご依頼申し上げる」 とは言いますが、「ご依頼します」という言い方はしません。 ] ---------------------------------------------- 上記参考URLのように、私も「ご依頼申し上げる」はよく見ますし違和感はないです。 bunka. pdf 27ページ 謙譲語Iの【一般形の主な例】「お ご ……申し上げる」 の形しか使わないと理解しています。 (ちなみに「申し上げる」は「言う」の謙譲語ではなく、「~する」の場合の行為の対象を敬う、敬意が高いほうの「~申し上げる」です。 yahoo. cgi? 4に書いたように、「相手がどう取るか」「尊敬語と混同しないか」と言う部分があり、尊敬語と混同された場合に自分の行為に「ご」をつけて「ご依頼する」とは非常に不遜な態度となります。 なので相手への最上級の敬意を持った「申し上げる」では明らかに謙譲の「ご」と分かり、混同されないので「ご依頼申し上げる」は使うのではないかと思います。 次に「ご依頼いたします」という「ご~いたす」についてですが、 これは「敬語の指針」 20ページ------------------------------------------ [【補足イ:謙譲語Iと謙譲語IIの両方の性質を併せ持つ敬語】 謙譲語Iと謙譲語IIとは,上述のように異なる種類の敬語であるが,その一方で, 両方の性質を併せ持つ敬語として「お ご ……いたす」がある。 「駅で先生をお待ちいたします。 」と述べる場合,「駅で先生を待ちます。 」と同じ 内容であるが,「待つ」の代わりに「お待ちいたす」が使われている。 これは,「お待 ちする」の「する」を更に「いたす」に代えたものであり,「お待ちする」(謙譲語I) と「いたす」(謙譲語II)の両方が使われていることになる] 28ページ------------------------------------------ [【「謙譲語I」兼「謙譲語II」の一般形】の [上述の「謙譲語I」兼「謙譲語II」の一般的な語形として「お ご ……いたす」がある。 ]] -------------------------------------------------- にある「お ご ~いたす」の形です。 ここにあるように「お ご ~する」をさらに「いたす」にした形なので「謙譲語I」兼「謙譲語II」となります。 まず謙譲語 I の「お ご ~する」が成立しないと成り立ちません。 さぁどう解釈するかです。 私は上記のように謙譲語 I の「ご依頼する」は使わないと考えています。 なので「ご依頼いたす」は無いです。 ただし下記のような方もいます。 chiebukuro. yahoo. ~~ 理屈から言えば「ご依頼いたします」で可と考えられるが、発音上、違和感があるので、あえて謙譲語IIを使わず「ご依頼申し上げました」と、動作の<向かう先>だけを立てる言い方ですませる方が無難かもしれない] Yahoo知恵袋:『ほかの方の似たような質問をよんだのですが、いまいちすっきりしないので質問いた... chiebukuro. yahoo. ] -------------------------------------------------- この場合は(理由が「相手に向いている言葉だから」と言うのが気になりますが)「ご依頼する」「ご依頼いたします」を可とした上で、ただし「ご依頼申し上げる」のほうが「無難」「落ち着きがよい」と考えていますね。 本質問の他の回答者の方も「ご依頼いたす」は可という事だと思います。 ただ前述のように、受け取る側の問題として「不遜」と取られる可能性があるので、「〇〇をご依頼申し上げます」を使うのがベストだと思います(これは間違いなく可なので)。 ただ一般的には自分が依頼する場合は、 題名には「〇〇の依頼」とは使いますが、本文の中では 「〇〇をお願いいたします」「お願い申し上げます」 「〇〇していただけないでしょうか」 「〇〇していただいてよろしいでしょうか」 などを使うほうが多く、あえて「依頼」を使う事は少ないです。 4です。 補足とお礼を拝読しました。 私もNo. 5さんのおっしゃる通り、基本的には意見の違いは無いと思います。 ただ問題は「依頼」の漢語サ変動詞の場合に「ご」をどうするかという事になります。 まず整理すると相手の「依頼」に対する「ご」をつけた謙譲語や尊敬語は問題ないと思います。 問題は自分が「依頼」する時ですね。 「依頼」は「用件を頼む事」という名詞です。 A ベストアンサー No. 3です。 お返事を有難うございます。 週末は日中は外出のため、補足質問がありながらお返事が遅くなり失礼しました。 補足質問にお答えします。 ご質問1: <ちなみに何ですが「~と考える」と解釈することも出来るということなんですが この文の場合、 「~にお越しいただきたいと考えます」や 「~にお越しいただきたいと考えています」 と略す事は文法的に、不自然でしょうか?> 上の「考えます」はやや不自然です。 1.「意味・解釈」と「語法=実際の使用」は異なりますので区別して下さい。 2.「思う」=「考える」=「思考する」という意味になりますが、それをそのまま語法にあてはめていい、というものでもありません。 語感や慣例を確認しながら、適切な語法を選びます。 3.上記の例で言えば、「~いただきたいと考えています」は使われることもある語法なので、慣例の点から可能ですが、「~いただきたいと考えます」はあまり使われません。 従って、「~いただきたいと考えます」の方は不自然になります。 ご質問2: <この文の場合、「考えます」では語呂が悪いので「て」をつけて「考えています」に変えれば良いのでしょうか?> おっしゃる通りです。 語呂、語感、慣例、それらと照らし合わせることが語法では大切です。 ご参考までに。 3です。 お返事を有難うございます。 週末は日中は外出のため、補足質問がありながらお返事が遅くなり失礼しました。 補足質問にお答えします。 ご質問1: <ちなみに何ですが「~と考える」と解釈することも出来るということなんですが この文の場合、 「~にお越しいただきたいと考えます」や 「~にお越しいただきたいと考えています」 と略す事は文法的に、不自然でしょうか?> 上の「考えます」はやや不自然です。 1.「意味・解釈」と「語法=実際の使用」は異なりますので区別して下さい... A ベストアンサー No. 4再補足します。 各位は皆さんの古い言い方で官庁、会社関係、一部の個人が使用しますが、商売でお得意様を相手にする場合は使わない方がいいでしょう。 各位で満足せず「関係者」「お得意様(厳密には様は不要)」を付け加えるなら、お得意様の具体的名前を入れ「各位」を省くのが現代流だと思います。 または「拝啓」などではじめる方がいいような気がします。 フラメンコ研究会会員各位なら相手を特定しているので個人に準じた扱いとなり、現代でも許される範囲の 使い方といえるでしょう。 以上がコメントです。 結論として、間違った使用法も含めて「各位」を使いたい人が依然として多いので、 関係者各位、お得意様各位、父兄各位のように使用しても一般には違和感なく受け入れられるでしょう。 個人的意見としては、「各位」が「皆さん」という呼びかけ(相手を特定しない)なので、更に「関係者」とか 「お得意様」という不特定多数をさす言葉を重ねるのは 「個」を大事にする時代の流れに沿わないと思っています。 個人的こだわりです。

次の

「頂きたく存じます」の意味とは?失礼のない使い方を例文で解説

お 時間 を いただき たく 存じ ます

お願いのフレーズ お願いのお決まりフレーズ・常套句・言い回し フレーズ 使用例 お願いいたします。 見積書の送付をお願いいたします。 お願いできないでしょうか。 恐縮ではございますが、打合せの時間の変更をお願いできないでしょうか。 お願いできれば幸いです。 突然のお願いでまことに恐れ入りますが、一度ご面談の機会をいただければ幸いです。 お忙しいところ恐縮ですが お忙しいところ恐縮ですが、前向きにご検討いただけましたら幸いです。 ぶしつけなお願いで恐縮ですが ぶしつけなお願いで恐縮ですが、10分だけでもお話を伺えないでしょうか。 まことに厚かましいお願いとは存じますが まことに厚かましいお願いで失礼かと存じますが期日を延ばしていただきたくお願い申し上げます。 事情をお察しいただき 事情をご賢察いただき、ご協力いただけないでしょうか。 どうか事情をお汲み取りいただき どうか事情をお汲み取りいただき、ご検討くださいますようお願い申し上げます。 なにとぞ窮状をお察しいただき なにとぞ窮状をお察しいただき、ご承諾くださいますよう伏してお願い申し上げます。 ご連絡をお待ちしております。 お忙しいところ恐縮ですが、ご連絡を心からお待ちしております。 ご一報いただけないでしょうか。 業務の進行状況について、ご一報だけでもいただけないでしょうか。 質問があります。 先日の件で、3点質問があります。 お伺いしたいのですが 先日ご送付いただいた資料について何点かお伺いしたいのですがよろしいでしょうか。 お知恵を拝借したいのですが 明後日のプレゼンの件でお知恵を拝借したいのですがお時間をいただけないでしょうか。 お願いの言い換えフレーズ フレーズ 使用例 お願いします• お願いいたします• お願いできないでしょうか• お願いできれば幸いです 悪いけど、お願いします• お忙しいところ恐縮ですが• ぶしつけなお願いで恐縮ですが• まことに厚かましいお願いとは存じますが 分かってください• 事情をお察しいただき• どうか事情をお汲みとりいただき• なにとぞ窮状をお察しいただき 連絡してください• ご連絡をお待ちしております• ご一報いただけないでしょうか 教えてください• 質問があります• おうかがいしたいのですが• お知恵を拝借したいのですが.

次の