コープ 共済 火災 保険。 「火災共済」は火災保険の代わりに使えるか?

諸々の注意点を承知できるなら!?コープ共済 CO・OP火災共済+自然災害共済を保険料・補償・割引・付帯サービスで比較して評価!

コープ 共済 火災 保険

[注意1]火災共済に「風水害保障なしタイプ」で加入した場合、自然災害共済に加入する場合も「風水害保障なしタイプ」での加入となります。 また、住宅と家財に加入する場合、住宅のみ、もしくは家財のみ「風水害保障なしタイプ」で加入することはできず、住宅、家財いずれも「風水害保障なしタイプ」での加入となります。 [注意2]「風水害保障なしタイプ」を選択した場合、風水害等にかかわる損害は保障されません。 [注意3]月払いでの加入は、火災共済・自然災害共済にそれぞれ50口以上お申込みの場合に選択できます。 火災は自分で注意し防ぐこともできますが、 風水害はいつ何時起きるかわかりません。 数年前までは火災共済にしか入っていませんでしたが、 自然災害の多さから、自然災害共済付に保障を切りかえました。 掛金が安いのに保障の範囲が広くありがたいです。 災害にあって、つらい時に被害状態を 真摯に聞いてもらい、私どもの立場に 寄り添っていただきとても感謝しています。 まさかこの地を震源に地震が起きるとは 思ってもいなくて、ふと思いついて加入していた 自然災害共済が役に立ってよかったです。 共済に加入する時は「使う物なのかな? 」と 思った事もありましたが、 「もらい火事」ということもあるんだなと。 加入していて本当に良かったです。

次の

傷害・海外旅行保険|取扱い保険商品一覧|コープおすすめの保険商品|保険の情報サイト|コープデリ保険センター

コープ 共済 火災 保険

なし コープ共済火災保険の特徴 コープ共済に加入するには、まずは生協の組合員にならないといけません。 生協は拠点数も多く、 加入時の出資金は平均1,000円ほどなので、生協や大手団体系共済に接点がなくても火災共済を目的に加入する価値があります。 手間はかかりますが、共済なので 毎年割戻金を受け取れるなどメリットもあります。 ただし掛金は建物種別や構造ごとに一律で、補償プランもカスタマイズ性は低いです。 最低限の補償はありますが、手厚い補償を求めている方にはオススメできません。 築浅やオール電化など損保系火災保険だと割引を受けられる住宅では損保会社の利用をオススメします。 建物の割引が少なく通常の火災保険だと割高になってしまう方に向いています。 火災保険のスペック ・火災:1口10万円 建物最高400口、家財最高200口で最大6,000万円まで補償 ・風災・水災:1口あたり最大3万円、支払限度額300万円 損害状況によって変動 ・地震等災害見舞金:火災共済30口以上で付帯 ・付属建物等風水害共済金:1事故2万円、20口以上の加入が必要 ・バルコニー等修繕費用共済金:1事故最大30万円 ・水道管凍結修理費用共済金:1事故最大10万円20口以上の加入が必要 ・諸費用共済金:最大100万円 ・契約者・親族の住宅事故による死亡:1人最大30万円 1口5,000円 ・風呂の空だき見舞金:風呂釜と浴槽がともに使用不能5万円、風呂釜のみ使用不能2万円 ・持ち出し家財の損害:最大100万円 家財共済加入時 ・類焼損害保障特約:最高1億円火災共済に30口以上 建物最大4,000万円なので、一部の豪邸では対応しきれません。 風災・水災の上限が300万円で自然災害は別途自然災害共済を利用しないといけません。 最低限の補償があればいい方は、ある程度の口数に加入することを条件に利用する価値はあります。 ただし、人気の火災保険のような付帯サービスや特約は少なく非会員は加入に手間もかかるので、多少の差額であれば無理に検討する必要はありません。 家財なしの条件で見れば決して火災保険より割安とは言い切れません。 ただし共済なので毎年、会計に応じて過剰金の割戻を受けられます。 多いときは2~3割ほどの割戻金を受け取れます。 なお、台風なども補償する自然災害は標準タイプの木造住宅で1口100円以上と火災共済より高額です。 (大型タイプと標準タイプがあります) 建物2,000万円の補償で年間30,000円以上の掛金であれば割高です。 最低限の補償に抑えたい方にオススメの火災保険です。 総評 生協は日本屈指の規模を誇る協同組合で、 誰でも手軽に加入できます。 ただし火災共済を目的にコープ共済に加入する人は少なく、補償を手厚くすると 損保会社の火災保険より高額になってしまうケースもあるので注意しましょう。 うまく活用するのはコツがあり、誰でもお得に利用できるワケではありません。 補償内容は建物の賠償補償は新価で計算して、豊富な付帯補償を用意するなど充実しています。 火災共済と自然災害共済が分かれているので、自然災害は必要ないという場合にうまく活躍すれば、 割戻金を含めて保険料(掛金)を節約して必要な補償を付けられます。

次の

コープ火災共済の火災保険を調査

コープ 共済 火災 保険

「共済に入っていてよかった」とホッとしました 家が集中豪雨による浸水で水浸しになってしまったのですが、このときにいろいろ助けてもらえました。 初めて「コープ火災共済に加入していてよかった」と思えた瞬間です。 私が得た教訓から、周りにも「もしもの時に備えて火災共済に加入しておくと良いよ」とおすすめしたいと思います。 火災や水漏れなど万が一のトラブルから地震による損害まで幅広く対応可能。 火災保険のみでも契約できますが、自然災害共済をプラスすることで補償内容の幅を広げています。 類焼損害保障特約• 借家人賠償責任特約• 自然災害共済をプラスせず、火災保険のみで対応してくれる補償を提供しています。 保証の対応範囲は自然災害共済をプラスするときよりも狭まりますが、付帯できるオプションプランに差はありません。 類焼損害保障特約• 借家人賠償責任特約• 組合員同士の助け合いのために保険金などの掛金を募っています。 火災をはじめとする家のトラブルに見舞われた組合員がいた場合は、組合員で積み立てた掛金を使って救済してくれます。 組合員が開発して育てている保険 コープ共済の保険を開発しているのは組合員です。 必要性が高いと判断した保険を組合員で開発し、運営をしながらよりよい保険へと発展させています。 実際に保険を利用している組合員の声が直接反映された保険がコープ共済なのです。 開発した保険を育てるための知識が身につく 保険の開発に携わっている組合員は、組合員ライフプランアドバイザーから社会保障や生命保険などの保険の仕組みを学ぶ「ライフプランニング活動」に参加可能。 組合員は保険の基本的な仕組みを学び、共済で開発した保険を育てるための知識が身につけられます。 保険会社の基本情報 会社名 日本コープ共済生活協同組合連合会 本社所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-1-13 コープ共済プラザ 設立 2008年 売上高 不明 総資産 不明.

次の