筋肉 体操 腕立て伏せ。 NHKみんなで筋肉体操!5分間で行う「腕立て伏せ」のメニューをご紹介します!【第2弾も追加!】

みんなで筋肉体操シーズン3「腕立て伏せ」仮面女子も参戦です!

筋肉 体操 腕立て伏せ

筋肉体操とは 「みんなで筋肉体操」はNHKで放映されている5分間の筋肉トレーニングをする番組です。 バーベルやダンベルなどの道具は不要で自重トレーニングを行います。 過去シーズン1、シーズン2とあり、今回がシーズン3になります。 第3シーズン出演者 1日目の出演者である庭師の村雨さん、弁護士の小林さんは今回は出演者は下記の3名です。 ・武田真治さん 俳優 ・嶋田泰次郎 歯科医師 ・川村虹花さん 格闘家・アイドル) 第3シーズンスケジュールと再放送日 再放送日はこれからになります。 NHK総合での放送になります。 ・8月13日(火曜日)午後11時10分~午後11時15分「腕立て伏せ」 ・8月13日(火曜日) ・8月17日(土曜日) ・8月17日(土曜日)午後11時15分~午後11時20分「背筋」 スロープッシュアップ+クイック7の方法 ・回数はスロー10回、クイックで7秒になります。 ・手幅を肩幅よりすこし広くとり、構えます。 ・【スロー】2秒で下し、2秒で上げます。 ・胸は床につくまでおろし、腕は伸ばしきりません。 ・限界まで行ったら2秒休憩します。 ・【クイック7秒】さらにできるだけ早く7秒繰り返します。 ・この時は肘を伸ばします。 ・できなくなったら膝をついてもオーケーです。 負荷を下げるときは… 机を使って行います。 片足を前につくと、さらに負荷は下がります。 筋力がない方ははじめは机を使った腕立て伏せのほうがよいかもしれません。 インターミッテント・ハイテンポプッシュアップの方法.

次の

みんなで筋肉体操シーズン3「腕立て伏せ」仮面女子も参戦です!

筋肉 体操 腕立て伏せ

1972年生まれ。 自信のある筋肉は、「強いて言うなら胸筋です。 決して大きくはありませんが、カットが綺麗だと言われます」。 筋トレを始めたのは、「約20年前の体調不良がきっかけ。 顎関節症で凝り固まってしまった全身の筋肉をほぐすため、医者に薦められたのがきっかけです。 成長期を含め、それ以前はまるで運動をしていなかったので、トレーニング開始後はその時期を取り戻すかのごとく、のめり込みました」。 筋トレの魅力は、「まずなにより、己の心と静かに向き合い、己の弱さを知ることができること。 それと、一人で得られるもっともスリリングかつ、安全な刺激であることです」。 好きなプロテインの味は、「いちごです。 オレンジジュースで割って飲みます」。 1970年生まれ。 自信のある筋肉は?「正直見せるための筋肉といった趣旨ではないので悩みますが...。 強いて挙げるとすれば大胸筋は左右差がなく、バランスがいいと言われます」。 筋トレを始めたきっかけは?「元々痩せ型で食べても太れない体質でした。 ソロデビュー後に長期のツアーや舞台などが増え、その都度全力で出し切るので脱水症状を起こして倒れる事が多々ありました。 常にベストで、もっと良いパフォーマンスをしたいと強く思うようになり、模索し色々な方々に相談していました。 そんな時、筋肉だったら鍛えた分だけ身体に反映されるし、心肺機能も強くなりボリュームもアップするので一石二鳥だと勧められ、今に至ります」。 筋トレの魅力は?「肉体が充実する事により健やかな精神で毎日を過ごせます。 代謝も良くなり、自然と食生活もバランスの取れたものを必要としますし、睡眠も促してくれます。 好きなプロテインの味は?「最近はグルテンフリー、カゼインフリーをしているので、玄米や大豆、えんどう豆などの植物由来のプロテインを取るようにしています」。 自信のある筋肉は?「砂時計のような女性らしいボディーラインを作れる大殿筋。 今では、女性らしくというよりは、男性も飛び越えて、サラブレッドのようなたくましいお尻づくりを目指して、馬肉を食べて筋トレに日夜励んでいます」。 筋トレの魅力は?「ダイエットにありがちな、これを食べちゃダメあれもダメ的なネガティブな発想になることなく、今日は昨日よりこれができた、私でもできるんだとプラス思考になり前向きな人生を過ごせるようになること」。 筋肉の悲哀は?「子供の頃から背が高いのがコンプレックスで、少しでも背を低く見せようと、知らず知らずのうちにちょっといないぐらいの猫背になっていましたが、筋トレで筋肉が発達すると背だけでなく全身が巨大化し、もはや手の打ちようがなくなり、おかげで猫背も治りました」。 好きなプロテインの味は?「ストロベリーミルク味です。 ミキサーにフルーツと一緒に入れ豆乳で割って、濃い目に作ってスイーツを食べるかのように飲むのがお気に入りです」。 1972年生まれ。 自信のある筋肉は、「強いて言うなら胸筋です。 決して大きくはありませんが、カットが綺麗だと言われます」。 筋トレを始めたのは、「約20年前の体調不良がきっかけ。 顎関節症で凝り固まってしまった全身の筋肉をほぐすため、医者に薦められたのがきっかけです。 成長期を含め、それ以前はまるで運動をしていなかったので、トレーニング開始後はその時期を取り戻すかのごとく、のめり込みました」。 筋トレの魅力は、「まずなにより、己の心と静かに向き合い、己の弱さを知ることができること。 それと、一人で得られるもっともスリリングかつ、安全な刺激であることです」。 好きなプロテインの味は、「いちごです。 オレンジジュースで割って飲みます」。 1970年生まれ。 自信のある筋肉は?「正直見せるための筋肉といった趣旨ではないので悩みますが...。 強いて挙げるとすれば大胸筋は左右差がなく、バランスがいいと言われます」。 筋トレを始めたきっかけは?「元々痩せ型で食べても太れない体質でした。 ソロデビュー後に長期のツアーや舞台などが増え、その都度全力で出し切るので脱水症状を起こして倒れる事が多々ありました。 常にベストで、もっと良いパフォーマンスをしたいと強く思うようになり、模索し色々な方々に相談していました。 そんな時、筋肉だったら鍛えた分だけ身体に反映されるし、心肺機能も強くなりボリュームもアップするので一石二鳥だと勧められ、今に至ります」。 筋トレの魅力は?「肉体が充実する事により健やかな精神で毎日を過ごせます。 代謝も良くなり、自然と食生活もバランスの取れたものを必要としますし、睡眠も促してくれます。 好きなプロテインの味は?「最近はグルテンフリー、カゼインフリーをしているので、玄米や大豆、えんどう豆などの植物由来のプロテインを取るようにしています」。 自信のある筋肉は?「砂時計のような女性らしいボディーラインを作れる大殿筋。 今では、女性らしくというよりは、男性も飛び越えて、サラブレッドのようなたくましいお尻づくりを目指して、馬肉を食べて筋トレに日夜励んでいます」。 筋トレの魅力は?「ダイエットにありがちな、これを食べちゃダメあれもダメ的なネガティブな発想になることなく、今日は昨日よりこれができた、私でもできるんだとプラス思考になり前向きな人生を過ごせるようになること」。 筋肉の悲哀は?「子供の頃から背が高いのがコンプレックスで、少しでも背を低く見せようと、知らず知らずのうちにちょっといないぐらいの猫背になっていましたが、筋トレで筋肉が発達すると背だけでなく全身が巨大化し、もはや手の打ちようがなくなり、おかげで猫背も治りました」。 好きなプロテインの味は?「ストロベリーミルク味です。 ミキサーにフルーツと一緒に入れ豆乳で割って、濃い目に作ってスイーツを食べるかのように飲むのがお気に入りです」。

次の

NHKみんなで筋肉体操には驚きの効果が?実際試すと超きついから女性も痩せるかも?

筋肉 体操 腕立て伏せ

例えば、みぞおちを殴られてもグッと耐えられるくらい力を込めて腹筋を固めてしまいます。 そうすることで腕立て伏せをしている時にも腹筋に刺激が入り、更に体幹を固めているので腰回りの負担軽減にもなります。 お腹周りの筋肉を鍛えることで、引き締まった体幹を手に入れ、更に腕立て伏せで大胸筋のボリュームをアップすることができれば、体のバランスがとてもきれいになります。 また後述になりますが、腕立て伏せは肩の筋肉・三角筋にも刺激が入りますので、逆三角形のボディを目指すことも可能ですね。 腕立て伏せで背筋を鍛える 腕立て伏せのの体制をキープするには、 背筋の力も必要になってきます。 主に 脊柱起立筋といって骨盤の上の方から首の付根に向けて背中の真ん中を走る筋肉です。 腕立て伏せの際には腹横筋とともに必要な筋肉で、脊柱起立筋が弱いと体幹がキープできずに腰を反って痛めてしまいます。 脊柱起立筋を鍛えることで、腕立て伏せをサポートしてくれることはもちろんですが、首と背中が支えられるので姿勢が良くなり、美しいバックシルエットを得ることもできます。 男女ともに、ノースリーブやタンクトップを着る時に、上腕二頭筋がしっかりついていれば見た目がかっこいいですよね。 ただ腕立てだけでは上腕二頭筋を積極的に追い込むのはむずかしいので、もしガッツリ力こぶをつけたいということであれば上腕二頭筋用のメニューをこなしていきましょう。 腕立て伏せで二の腕を鍛える 腕立て伏せでは二の腕(上腕二頭筋のウラ)を積極的に鍛えることができます。 上腕二頭筋のウラにあるのは 上腕三頭筋という筋肉で、腕立て伏せの際、上腕三頭筋は下がる時に伸展し、上がる時に収縮します。 上腕三頭筋を鍛えることで、 男性ならたくましく太い腕を手に入れることができます。 女性は 気になる二の腕のタプタプを解消することができますよ。 腕立て伏せで上腕三頭筋を鍛えるには、スタンダードなフォームよりも、手幅を狭めて行う ナロープッシュアップや足の高さを少しあげて行う デクラインプッシュアップがおすすめです。 どちらも大胸筋よりも上腕三頭筋に刺激が入るようなフォームになっているので、より効率的に鍛えることができます。 三角筋といって肩にあるその名の通り三角形の筋肉です。 腕立て伏せの際は、腕と上体をつなぐ筋肉になるため 積極的に追い込むことはできませんが、しっかりと体を支える役割を担います。 三角筋は鍛えることで、 ガッシリとした体型を目指すことができます。 女性の場合は鍛えることを嫌がる方も多いですが、肩を出す洋服などを着るのならば、三角筋がある程度ついていた方が、ひょろながの腕が服から出ているよりも 断然セクシーです。 ただ、肩の筋肉はとても繊細で、筋トレの中でも痛めやすい筋肉なので、積極的に鍛える場合は、ストレッチや低負荷のトレーニングから徐々に慣らしていきましょう。 その点では、腕立て伏せは肩トレとしては低負荷トレーニングになるかもしれません。 腕立て伏せができるようになる!6つの筋肉の重要性 そしたらなんと、 10回余裕でできたのです…! ジムで鍛えた大胸筋や上腕三頭筋がしっかり使えたのです。 むしろかつては大胸筋も上腕三頭筋も無さ過ぎたのだなと実感することができました。 もしどうやっても全然腕立て伏せができないと悩んでいるなら、まず大胸筋や上腕三頭筋などをピンポイントで鍛えてから腕立て伏せにチャレンジすることもおすすめします。 まとめ 今回は、 腕立て伏せで鍛えられる筋肉と、その筋肉を鍛えることで得られる効果・体はどう変わっていくのかなどをまとめてみました。 腕立て伏せって実は、 上半身をしっかり鍛えられる複合的なトレーニングなんです。 体一つあればどこでも気軽にできるのもメリットの一つですよね。 これから腕立て伏せをするときには、是非6つの筋肉を意識してみてください。

次の