タイトリスト アイアン。 タイトリスト「T300」アイアン

飛んで曲がらず振り抜きやすい! タイトリスト「T400」アイアン試打

タイトリスト アイアン

オグさんです! 今回はタイトリストのアイアン「T400」を試打させていただきましたのでレポートしたいと思います。 タイトリスト・T400アイアン ゴルファーのニーズに合わせたTシリーズ 本機T400は、タイトリストの「Tシリーズ」に属するモデルです。 このTシリーズはゴルファーのニーズに合わせて、求められる結果に応じたやさしさを搭載するアイアンのシリーズで、 ・縦の距離のバラつきを抑えた「T100」 ・T100に飛距離性能を追加した「T100S」 ・左右のバラつきを抑えた「T200」 ・飛距離と安定性を両立した「T300」 そして今回試打したT400を入れた5モデル展開となります。 上記のラインアップを見ると、十分ゴルファーのニーズを網羅している気もしますが、T400はどんなモデルに仕上がっているのでしょうか。 さっそく見ていきたいと思います。 大きめのヘッドと厚いソール、いかにもやさしそうなオーラをまとうモデルなのですが、それでもカッコよく仕上げてくるのがタイトリストらしいところ! 左から 6、 7、 9。 どの番手もフェースが横に長く、いかにも直進性の高そうな顔をしています。 ブレードはほどほどに厚く、シャープさを適度に残しているのがいいですね フェースは薄肉に設計されていて、5番から7番まではトゥとヒールに最大100gものタングステンウェイトを内蔵し、広い反発エリアの確保や、高い打ち出し角・ボール初速を狙っています ヘッド構造はいわゆる中空構造。 タングステンウェイトと薄肉フェースにより高い慣性モーメントを発揮。 ソールに段を設けることで、ヌケとミスの寛容性を両立した、凝った形状をしています 今回お借りしたシャフトは2種類。 98gのスチール「N. PRO 950NEO」と、55gのいわゆる純正カーボン「Titleist Tensei Blue50」。 さらに分厚いソールですが、段になっていることで意外とヌケがいい! さすがに真夏のラフなどでは大きめのサイズが気になるとは思いますが、フェアウェイなどでは厚めのソールはじゃまにならないでしょう。 この辺はさすがタイトリスト!といったところ。 この2段になったソールが、通常のライでは接地面積を減らしてスパッと振り抜け、少々ダフったときは、ソール全体で受け止めてくれるので、ダフリのミスをかなり軽減してくれます。 なかなかのすぐれものですね 打ってみての印象は、まず、余計な振動がなく、やわらかめの打感が好印象。 こういった大きめのヘッドのモデルでは、トップを争う非常に心地よい打感です。 そして見た目通りのミスの強さ! 個人的な感覚ではボール半分ぐらいズレてもほとんど弾道が変わらないイメージ。 打点のミスに非常に強い仕上がりです。 球質は、直進性の高い高弾道。 インテンショナルに曲げられなくもないですが、基本はストレートに打っていくほうが安定感は得られそうです。 個人的にいいなと思ったのは、飛距離を追求したモデルにもかかわらず、クラブ長を長くしていない点。 そのため、ミート率も下がりにくく、より安定したショットが期待できます。 それでいて飛距離が出るのがすごい!スコアにこだわるゴルファーのための、欲張りなアイアンといった仕上がりのモデルですね。 長さが一般的なアイアンと変わらないので、シャープに振り抜けてミート率も下がりにくい。 それでいてしっかり飛距離を出してくれて、ミスにも強い。 かなり欲張りな性能を持ったモデルに仕上がっています 6・N. PRO 950 NEOの弾道です。 正直私のUTとさほど変わらないですね 笑。 しっかり高さも出て軽いドローが打てています N. PRO 950 NEOの7番の弾道。 上記6番よりさらに高い弾道になり、飛距離も十分。 スピンも増えてグリーンでもしっかり止まるでしょう。 しっかりとしたアイアン形状なのですが、構造的にはもはやユーティリティーに近いクラブです。 ここまで飛んで曲がらないと、操作性はどうしても希薄になりますが、そういった方にはT100やT100Sが用意されていますから問題にはならないでしょう。 操作性を求めるならT100やT100S、ミスへの強さを求めるならT300やT400から試し、自分のフィーリングに合ったモデルを探すといいと思います。 写真:野村知也.

次の

T300

タイトリスト アイアン

グローバルナビ• ジャンルナビ• コンテンツエリア ここからこのページの本文です• メインコンテンツ• タイトリスト「620MB」アイアン コラム KAZ 69年1月19日生まれ50歳。 身長173cm、体重72kg。 ゴルフデビュー98年10月。 05年夏オフィシャルハンディ取得。 現在は『12. 持ち球はドローと言いたいところだがフック。 好きなクラブはAW。 一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。 ツイッター kazkawata 2019年11月29日0時00分 タイトリスト「620MB」アイアン どーもです。 タイトリストのニューモデルアイアンですが、今日紹介するのは「620MB」アイアンです。 見た目はザ・マッスルバックアイアンです。 流麗で美しいフォルムですが、まぁ~その見た目からはシビアさしか伝わってきません。 昨日紹介した「620CB」アイアンがそうであった以上、「620MB」はもっとシビアでしょうね。 そういう考えだと、打つ前から負けているって感じですな~! というわけで、「ボクはこいつを使える!! 」と自分に言い聞かせて打ちましたので、その結果をレポしましょう。 まずは見た目から。 バックフェースを見る限りでは、に比べるとややトゥ・ヒール方向が短くなって、小振りになった感じでした。 より丸みを帯びたイメージですね。 フェースは小振りです。 まぁ、当然ですけどねw。 もう顔は伝統ですね!! ソール幅も狭いっすね~!! この手のアイアンは、ダウンブローに打ち込んでの抜けの良さを確保する必要があるでしょうから、当然ソール幅は狭くなりますよね。 ネックはストレート。 で、バックフェースの厚みですが、気持ち、718MBよりも増しているような感じでした。 しかも、その厚みがより高い位置から確保されているように見えました。 構えてみるとこんな感じ。 今や、笑ってしまうほどコンパクト!! 「さぁ、君にボクが使いこなせるかな」と問いかけられているような印象でした。 今回試打したのはトゥルーテンパー社製スチールシャフト「AMTツアーホワイト」S200装着の 7。 スペックは、ロフト角35度、ライ角63度、長さ37インチ、総重量432g、バランスD3。 シャフトスペックですが、ウエートフローで重量は108~129g、トルクは1. 4~1. 7、手元調子。 試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。 持ってみた感覚ですが、重量的にはまずまずの重さ。 グリップは「620CB」同様、細めに感じました。 スチールシャフトですがシャフトを手でしならせてみると、やはりなかなかの硬さです。 ワッグルしてみてもヘッドの動きは少なく、素振りしてみた感覚は、よりシャープに振れそうな印象でした。 実際に打ってみると、「んっ!? 」です。 なんだか良い感じ!! 1球目からガッツリ芯を食いました。 気を良くした2球目は気持ち薄めに当たった感じでしたが、悪くない手応え。 そのまま3球目を打つと、まずまずの手応えでした。 な、なんと、このマッスルバックが3球連続ナイスショット!! スカイトラックを導入してかなりの時間が経ちますが。 3球でデータ取り終了は数えるくらいしかありません。 しかもそれがこのマッスルバックって~!!!! ボク自身ビックリです。 「もしかして、ボクに合ってるのかな!? 」なんて勘違いしそうですが、そんなことないと思います。 たまたまでしょうね(笑) このアイアンで弾道がそろうと勘違いしそうですよね~! でも、なんか自分が褒められている気分でした。 とはいえ、やはりダウンブローに打ち込める技術とスイングで球をつかまえられる技術は最低限求められるでしょう。 実際、この後動画撮影ではペチも出たし、やはり芯を外すと距離が10yは変わります。 そういう意味では、やはりこのクラブもミスがミスとして返ってきます。 まぁ、間違いなく中・上級者向け・・・というか上級者向けでしょうね。 スカイトラックの弾道データはこんな感じで その各球データはこちら。 【3球平均】 HS37. 8度、バックスピン量5748. 1rpm、サイドスピン-911. 0rpm、飛距離161. 9y 【ベスト】 HS37. 8度、バックスピン量5487. 1rpm、サイドスピン-869. 4rpm、飛距離163. 1y 打感はソリッド系。 ゴルフ体験主義でいうソリッド系は、マイルドさと弾き感が良い感じの同居している感じです。 音は小気味の良いシャッター音でした。 弾道はこんな感じで そのスカイトラックデータはこちら。 弾道的には高弾道ですが、これもしっかり打ち込めればという条件付きです。 ボク的には、かなり打ち込むイメージでやっと高弾道です。 球を上げるにもそれなりの技術が必要ですね。 出球傾向ですが、これもスイング通りです。 ボクの場合、基本的にほぼドロー系でしたが、ボクの中でのかなりカット打ちを意識して動画の出球でした。 シャフトフィーリングですが、やはりこのヘッドとの組み合わせでもダイナミックゴールド(DG)のような感じでした。 「620CB」で〝強いて言えば〟として書いた「気持ちシャープ感が増しているような印象」ですが、より強調されたように感じました。 この「620MB」は確実に使い手を選ぶアイアンです。 それはマッスルバックだからという意味だけではなく、使い手のイマジネーションを具現化してくれる武器であるからです。 それと同時にミスがミスとして返ってくるアイアンでもあります。 クラブがカバーしてくれそうな部分は「620CB」よりも少なく、ぶっちゃけ「何もない」と言っても過言ではありません。 それくらいシビアです。 ノープレシャーのレンジ試打だからたまたま3球連続でナイスショットが出ただけで、これが実際にコースだったらと思うと自信は1ミリもありません。 そんな印象でした。 4~1.

次の

タイトリスト T100・T200 ・T300アイアン試打評価レビュー|本当に評判通りのアイアンなのかを検証|サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳

タイトリスト アイアン

【飛距離】9. 5 飛び系アイアンに負けないぐらいによく飛びます。 オフセンターでもキャリーが変わらない。 驚きました。 【弾道の高さ】9. 5 ノーマルロフトのアイアンぐらいの高さになります。 よりも確実に弾道が高い。 スピン量は普通レベル。 【つかまり】8. 5 手首を使わなくてもしっかりつかまります。 フェース・ローテーションはやや控えめで静かな動きをします。 【操作性】8. 5 飛んだり飛ばなかったりがないから、距離は合わせやすい。 大きく球筋を操るのは難しいが安全な範囲で曲げられます。 【打感】9. 0 大きな弾き感もなく、柔らかくて、心地いい打感です。 鋳造でここまでの打感に仕上られたことに感心です。 【やさしさ】9. 5 フェースの動きが自然で、タイミングが合わせやすいアイアンです。 マジで打ちやすい。 レベルブローに振ってもよく拾って高く上がるし、 やさしくつかまって、オフセンターでも失速しない。 飛距離性能も安定感も素晴らしい。 シャフト長が標準の長さであることもプラス材料です。 方向性もよくて、振り遅れたり体が止まったりしても、だいたいグリーンの幅に飛んでくれる。 アベレージ向けのやさしいアイアンに負けない寛容さがある一方で、MBアイアンやCBアイアンのような上級者向けアイアンのしっとりとした味も残されている。 アイアンに求める条件のすべてを満たしてくれるような見事な出来栄えです。 価格重視なら という選択肢もある。 飛距離よりも操作性を重視するなら があります。 分かりやすいラインナップになりました。 「よくつかまる」 最近自分のクラブで右のミスが多いけど、これはつかまりがいいからまっすぐに飛んでくれる。 ・Titleist KUROKAGE 60 ・Modus3 Tour105 S ・N. PRO 950GH neo S カーボンは軽くて振り抜きやすい。 グニャグニャせず、しっかりとコンタクトできます。 オススメしたいゴルファーは ・アイアンの飛距離が欲しい。 ・ミスに強いアイアンが欲しい。 ・打感が良ければ鍛造にこだわらない。 5 USGA 現在 1. 競技と仕事を両立しながらのゴルフ漬け。 シニアになってパワーが落ちてきましたが愛犬に付き合ってもらいながら体力作りも頑張っています。 ゴルフ歴34年、飛距離とスコアのアップを目指して、あらゆるギアの研究を重ねています。 スコアは負けても、専門的な知識は負けません。。。 アーカイブ アーカイブ.

次の