地 縛 少年 花子 くん 最終 回。 【地縛少年花子くん】七不思議のメンバーの1番~7番までの一覧!目的や活躍をネタバレ!

地縛少年花子くん【最新第55話】ヨマイゴトのネタバレと感想!

地 縛 少年 花子 くん 最終 回

「…あのぅ、花子くん…?」 「なぁに?ヤシロ」 いつもの、無邪気な笑顔。 でも、その裏に隠れたものに思わず飲み込んでしまいそうになる質問を、必死に口から搾り出す。 「こ、これはなんなのでしょう…」 「紐」 いや紐、じゃなくて。 当然のように応える花子くんに、ぱくぱくと声にならない言葉を発する。 「どうしたのヤシロ?魚みたいに…あ、エラ呼吸が恋しいなら水持ってくるよ?」 「そんなわけないでしょ!!なんで拘束されてるのかって聞いてるのよ!」 そう、今私には、紐だか縄だかわかんないものが巻きついてる。 手首と足が縛られてて、身動きが取れない。 いつも私が綺麗に掃除してるしほとんど誰も使わないからいいけど、ここは仮にもトイレの床だよ花子くん。 キッと睨むと、どこか不機嫌な雰囲気をまとった花子くんの瞳が、私を捉える。 口元は意地悪く口角が上がっているのに、目は笑っていない。 「なんで、かぁ…自分の胸に聞いてみてよ、ヤ・シ・ロ・さん?」 いつもより低い、苛立ちを堪えるような声。 花子くんはそう言って私の額をつつくと、もっけに見張りを頼んでどこかへ消えてしまった。 呆然と、花子くんの消えた場所を見つめていたけど、すぐにはっとして、花札を始めたもっけたちに助けを求める。 「もっけちゃん助けて!この縄、解いて!」 言うとすぐに、「できぬ」と返ってくる。 どうしてかと問えば、「飴」「もらった」「等価交換」と言われた。 もっけの耳にはしっかりと、ぶどう味やいちご味の飴玉が握られている。 なんということだ、花子くんはこの子たちを買収したのか。 …それならば。 「もっけちゃん!この縄解いてくれたら飴あげる!飴玉じゃなくて、棒つきキャンディ!」 キランッと、もっけたちの目が光った気がした。 「…とれない?」 手首に集中するもっけたちに聞くと、戻ってくるのは「すまぬ」「無理だ」「とれぬ」という無慈悲な言葉たち。 怪異が使っている紐だからだろうか。 特殊なものらしく、いくら解こうにも輪ゴムのように縛りつく。 私ははぁ…と息をついて、もっけたちに笑顔を向けた。 「ごめんね、ありがとう。 「は、花子くん!?」 「もっけお疲れ様ー。 はい飴。 見張りありがとー」 驚く私をスルーして、花子くんはもっけに飴を渡す。 追加報酬をもらったもっけたちは大喜びで、ぴょんぴょんと自分たちのテリトリーへと帰っていった。 夕暮れのトイレに、気まずい空気が流れる。 私の視線の先には花子くんがいるけど、もっけたちが出て行った扉のほうを向いたまま、振り向かない。 なんだかその背を見たくなくて、私は視線をそらす。 それでも行き場がなくて、結局トイレの床を見つめる。 「…ヤシロ」 「え?」 ふいに名前を呼ばれて顔を上げると、鼻と鼻がくっつくくらいの距離に花子くんの顔があった。 短い悲鳴をあげると、そのポーカーフェイスが少し崩れる。 私が後ずさってトイレの壁にもたれかかると、花子くんは不機嫌そうに私の顔の横に両手を叩きつけた。 ダンッという音が耳元で鳴り、思わずぎゅっと目を瞑る。 次はなにがくるのかと身構えたけど、いつまでたってもなにもない。 状況を確認したくて、私は薄く目を開けた。 「…花子、くん?」 目に飛び込んできたのは、切なそうな、悔しそうな、そんな花子くんの顔。 目を逸らせなくて、だけど、声も出なくて。 硬直してしまった私に、花子くんが詰め寄る。 「ねェヤシロ?俺が顔近づけたら、嫌なの?……アイツとも同じくらいの距離で話してたのに」 「あ、あいつ…?」 「とぼけないでよ、ヤシロ」 ぐっと、さらに距離を詰めてくる。 あと少しで、唇がくっつきそうなくらいの距離。 お互いの吐息がかかって、間近でかち合った瞳を逸らすことは許されない。 「ほ、本当にわからないのっ!!とぼけてるわけじゃないのよ…っ」 「ふぅん…いいよ、教えてあげる。 今日の昼休み、見慣れない男とこのくらいの距離で話してたでしょ?」 「え…?」 「見てないとでも、思ってたの?」 花子くんの目が、私を見つめる。 何も言えないでいると、ふっと唇に、何かが、触れた。 それは冷たくて、やわらかくて、優しくて。 なのに、触れたところは熱くなって。 唇を合わせただけの、幼稚園児がおままごとでするようなキス。 だけど、そんな簡単なものでも、私の頭を真っ白にするには十分なもので。 ゆっくりと、唇が離されていって、ひんやりとした感触がなくなって、残った熱だけが体を、顔を熱くする。 「…こんなことができる距離で話してたんだけど、まだわかんない?」 「あ、の、花子くん、それは…」 「言い訳は、聞きたくないから」 「んっ!?」 真実を告げようとした口は、花子くんのでふさがれる。 しかも、さっきよりもはるかに深く。 手も、足も動かない。 紐は未だに外れない。 なんとか抵抗しようとするけど、体の力が抜けて、なにもできない。 空気を求めて口を開けたら、そこからぬるりとしたものが腔内に入ってきた。 それは私の舌先をつついて、誘い出すように絡める。 背中をゾクゾクしたものが駆け抜け、体を小さく振るわせた。 腔内を撫ぜられ、飲みきれなくなった唾液が口元を伝い、自然に出た涙が頬を濡らす。 「ふ、ぅ、っは…っぁ、苦し…っ」 息継ぎができなかった私の、ほんの小さな呟き。 それを聞いたのか、たまたまなのか、花子くんの唇が、私から離れていく。 最後に名残惜しそうに唇を舐めて、顔を離した。 銀色の糸が照明に反射して、キラキラと光る。 お互いの息が、荒い。 すぅっと、花子くんの手が伸びてきて、私の頬に触れた。 その手は目元の涙を拭って、私を強く抱きしめた。 「は、なこく…っ?」 「……ゴメン。 俺が勝手に だけだから」 「え…な、なんて…?」 ぎゅうっと、私を抱きしめる腕に力が入った。 「俺が勝手に、嫉妬しただけだから」 「嫉妬って…」 「ヤシロが…男と楽しそうに話してるの、見たことなかったから…」 そう言って、花子くんはもう一度、「ごめん」と謝った。 私は密着した体を優しく離す。 目線をそらす花子くんの顔に向かって、こう言った。 「あの、私が話してた人は…女の子、だよ?」 「…え?」 ぽかんとした花子くんが、私を見つめる。 「え、え?でも、だって、男子の制服着て…?」 「今朝、雨だったでしょ?それで、濡れちゃったらしくて…保健室の予備が男子の制服しかなくて。 それで…」 「あ、え、じゃあ、俺は、勘違いして…っ!?」 「うん…さっき言おうとしたんだけど、その…口、塞がれちゃったから…」 「っ、~~~~っっっ!?」 ぼんっと、花子くんの顔から火が出る。 わなわなと口が動いて、顔どころか耳までもが赤く染まっていく。 目は泳ぎまくっていて、花子くんはふらりと一歩後ずさった。 「あ、あの…」 「ややややヤシロごめん!!俺、すごい勘違いして、ヤシロにあんな…っ!?」 「は、花子くん、落ち着いて…!」 なだめても、なだめても、花子くんは身もだえ続ける。 口元を手で隠して、私に顔を見られないようにした花子くんは、恥ずかしさで震えている。 「花子くん、あの…ヤキモチやいた理由教えてもらっても」 「っ!!や、ヤシロ!今日はもう帰っていいよっ!じゃあまた明日ね!!」 「えっ?あ、え!?」 カバンを持たされ追い出され、大きな音を立ててトイレの扉が閉じられる。 「理由、明日教えてくれるかな」 いまだ熱を持つ唇に触れながら、私はそっと呟いた。 「っぅあああああああああ、なんであんなことやったんだよ俺の馬鹿……」 ヤシロのいなくなった女子トイレで、俺は一人・・・発狂していた。 「あーっ、恥ずい…ヤシロに嫌われたかな…ていうか理由聞かれたらなんて答えれば…」 ううう、と空中で身を捩る。 もう自分の気持ちがわからない。 嫉妬、ってヤシロには言ったけど、なんで嫉妬したのかは俺にもいまいちわかっていない。 …いや、自分の気持ちに向き合ってないだけなのだろうか。 「明日、逃げないで会えるといいけど…自信、ないな」 ついたため息と言の葉は、誰もいなくなったトイレにいつまでも反響していた。

次の

アニメ「地縛少年花子くん」最終回…声優・緒方恵美「関係性が紡ぐ空気が伝わりますように」

地 縛 少年 花子 くん 最終 回

(公式サイトより) 新たな七不思議となったミツバと再会する光。 しかし、ミツバは光を知らないという。 複雑な感情に整理をつけられない光。 寧々は光の心配をするが、そんな寧々に花子くんは ヤキモチを妬いてついつい寧々をからかってしまう。 コロコロと意外な顔を見せる花子くんに、その心情を図りかねている寧々。 「いっそ私も怪異だったら良かったのかも……」 そう呟く寧々の前に現れたのは、人魚の家臣たちだった。 以下、最終回ネタバレ 無事にカガミジゴクから脱出した寧々たち。 七不思議になってしまったミツバは光のことを忘れてしまっていた。 ミツバの友達だった光は「オレがなんとかするんで、大丈夫っす!」と語るが、複雑な心境の様子 …。 そんな光を心配する寧々の前に、花子くんが現れる。 花子くんはヤキモチを妬いてついつい寧々をからかってしまう。 「心配もしてたのに」と語る花子くんにドキッとする寧々。 👑放送まであと3時間👑 TBSにて26:00から🎀 第12話放送です!! 」 悩む寧々の前に現れたのは人魚(1話登場)の家臣たちだった。 家臣たちは寧々を「御姫様(おひいさま)」と呼び、花子くんとの縁を切らせようとする。 人魚の血を飲めば、水で体が変化することもなくなると言う。 寧々は花子くんの過去について尋ねるが、土篭は深くは語らなかった。 その後、寧々の前に家臣たちが再び現れる。 寧々は断るが、無理やり水中に引き込まれ魚の姿になってしまう。 そこへ花子くんがやってくる。 「ヤシロは俺のことが好きなんだから」と寧々を救うと、家臣たちを退散させた。 元の姿に戻った寧々に「女の子に好きって言われたの初めて。 嬉しかった。 」と話す花子くん。 弟がいたこと。 そしてその弟を殺してしまったことも初めて明かした。 花子くんは、いつか全部寧々に話すと約束し、寧々もそれまで花子くんの助手でいることを指切りをして約束するのだった。 1月9日 第一の怪 トイレの花子さん(1巻) 1月16日 第二の怪 ようせいさん(1巻) 1月23日 第三の怪 ミサキ階段 其の一(1巻) 1月30日 第四の怪 ミサキ階段 其の二(1巻) 2月6日 第五の怪 告白の木(2巻) 2月13日 第六の怪 16時の書庫(3巻) 2月20日 第七の怪 ドーナツ(3巻) 2月27日 第八の怪 ミツバ(4巻) 3月5日 第九の怪 お茶会(5巻) 3月12日 第十の怪 カガミジゴク其の一(7巻) 3月19日 第十一の怪 カガミジゴク其の二(7巻) (日付はTBSでの放送日・予定日) これまで、1巻~5巻までは比較的原作の流れに近い形で進んでいるのがわかります。 最終回は原作のどこまでいくのでしょうか。 ここで気になるのがオープニングです。 よく見ると、重要なキーワードがところどころにちりばめられています。  その中には 「カガミジゴク」の文字が! このオープニングのとおり、原作でいう7巻にあたるカガミジゴクのエピソードが含まれるところまで行きましたね。 終盤はOPに登場しない6巻の時計守のエピソードを省いた形でこのような展開になりました。 どのサービスで見ようか迷ってしまった方は、がオススメ! 無料期間でアニメ全話が視聴でき、登録時にもらえるポイントを「地縛少年花子くん」の原作マンガに使用することもできます。 月間Gスクエアでは連載も続いていることから、アニメ2期も期待されています。 そんなこと分かんないけど、なんかラジオとかのキャストさんとかの口振り聞いてると、花子くん2期やりそうな予感するんだよなあ。 っていうかまだ半分あるから半分楽しみに生きなければ…。 原作も続いてるし全部やれないでしょ? — とあ🔪🏫🚺 maruipura 「2期があるかどうか」「いつから始めるか」に関しては、今の段階ではまだ公式から発表はされていません。 あるとしても、 2期スタートは1年後や2年後など、まだ先になる可能性があります。 今後、何か進展や発表があるかもしれませんね! 引き続き注目していきましょう。 では、アニメ2期があるとしたら内容はどうなるでしょうか? 実は最終回にいろいろな伏線が張られています。 これが、どう見てもエソラゴトの塔!.

次の

#地縛少年花子くん #花ヤシ 紐か、縄か。

地 縛 少年 花子 くん 最終 回

【地縛少年花子くん:第58話】最新話のネタバレ 寧々に生きててほしいと伝えた後、俯いてしまっている花子くん。 寧々はそんな花子くんをじっと見下ろします。 そして肩を掴んでいる花子くんの手を掴み、一緒に月を見上げる寧々。 月は今までで一番大きく、綺麗に輝いていました。 花子くんと並んで月を見ながら、花子くんに言われた言葉を噛みしめる寧々。 寧々は花子の手を握り、土籠先生から聞いたという話を語り始めました。 花子くんは寧々の顔を見上げながら、その話に耳を傾けます。 月を見上げながら、初めて月に行った人たちの気持ちについて話をする寧々。 寧々は花子くんの方を振り返り、月に一緒にいこうと誘いました。 月をバックにして寧々は現実の世界で生きていたいと笑います。 そして花子くんの手を握り、寧々は願いました。 上目遣いで花子くんの顔色を伺う寧々。 花子くんは一瞬目を見開いた後、握られた自分の手を見つめます。 そして少し目を細めた憂いに満ちた表情を浮かべ、寧々の願いを了承しました。 花子くんが了承してくれたことで明るい表情に変わる寧々。 花子くんは寧々の肩を掴んで目を瞑るようにと囁きます。 寧々はドキドキしながらそっと目を閉じました。 寧々たちの脱出を手伝う花子くん 明るい顔でパッと手を開く花子くん。 寧々の足元からは雲がなくなっており、寧々は真下に落下していきます。 絶体絶命かに思えた寧々。 しかし下には光たちが乗っているリアカーがあり、寧々は勢いよくリアカーに着地しました。 ミツバは顔を青ざめさせ、シジマはかなり揺れたと冷静に話し、光は感動で涙を滲ませています。 筆は目を回している寧々を心配していました。 光が花子くんを探すように見渡している時、ミツバが異音に気づきます。 遠くの方からリアカーに迫ってくる花子くんの白杖代。 白杖代はリアカーを勢いよく突き上げて月への距離が一気に縮みます。 しかし光たちは勢いに耐えきれず、月の近くでリアカーの外に投げ出されてしまいました。 その様子を雲の上で見守る花子くん。 花子くんは一緒に月に行けないということを寧々に謝ります。 そして帽子を被りながら寧々の願いを叶えてみせると決心した花子くん。 花子くんは白杖代で寧々たちを纏め上げ、月へと着地させました。 月は絵空事から剥がれ、布が裏返るようにして寧々たちを包み込みます。 落下するかに感じた寧々は強く目を瞑りました。 現実世界に戻った寧々 鉛筆が何かを描く音が聞こえ、強く瞑っていた目を開ける寧々。 周りには沢山のキャンバスが並んでおり、寧々はあたりを見回します。 1つの絵に気づき、手を伸ばす寧々。 そこには穴の空いた塔の絵がありました。 寧々の後ろから突然声をかけるシジマ。 はじめましてと挨拶をするシジマに、寧々は違和感を覚えました。 ニセの世界にいたのは自分の分身だと話すシジマ。 しかしシジマは分身と意識を共有しているため、花子くんの助けで出てきたことも把握していました。 絵の外へ出れたことと花子くんが助けてくれたことを喜ぶ寧々。 寧々は自分とシジマ以外が周りにいないことに気づきました。 シジマは依代を破壊すれば中の人間は元いた場所に戻されると説明します。 そして依代を壊す前に寧々と話したかったと打ち明けるシジマ。 シジマは寧々の寿命が短いという問題をどう解決するのか尋ねます。 具体的な案が思い浮かばず落ち込む寧々。 そんな寧々にシジマは、茜に会いに行ってはどうかと提案しました。 時間を司る七不思議一番は相談相手に適当だと話すシジマ。 そしてシジマは寧々に依代であるスケッチブックを渡しました。 メイが使っていたであろうスケッチブックを見て戸惑う寧々。 しかしシジマは、メイと同じものを求める寧々に協力すると話しました。 下らないことに付き合わせたと謝罪するシジマ。 しかし寧々はシジマにお礼を言い、シジマは少し驚いた後微笑みました。 依代をスケッチブックから剥がす寧々。 スケッチブックはボロボロに崩れていきました。 日常が始まる 絵空事が終わり、寧々たちには日常が訪れます。 花子くんとミツバも怪異の姿に戻り、普段通り授業を受ける寧々。 美術室で塔の絵を見つめるシジマの元には、つかさが訪ねてきていました。 放課後駆け足で花子くんの元を訪れる寧々は光とばったり会って笑い合います。 そして2人で花子くんに声をかけました。 2人の後ろから現れて驚かす花子くん。 花子くんはいつも通り楽しそうに笑っていました。 じゃれ合う花子くんと光から離れ、鞄から1枚の紙を取り出す寧々。 寧々は花子と光に相談を持ちかけました。 最新話や最新巻の画バレはこのサービスで読めます 文字だけではキャラの心情がわかっても、コマの動きがないから頭の中で想像しにくいですよね。 そういうときは下で紹介する3つのサービスを利用すると、【月刊Gファンタジー2019年10月号】をはじめ、あなたが読みたいマンガを読み尽くせます。 解約も31日以内であれば利用料金の請求はされません。 ぜひ、こちらから無料登録に進み、あなたが読みたいマンガを思う存分お楽しみください。 感想 寧々の寿命が短いという問題を残したまま、絵空事編が終わりました。 寧々に生きて欲しいと願った花子くんに、生きたいと願う寧々は可愛いです。 そして寧々の願いを受け入れる花子くんの姿にもグッときました。 絵空事編では花子くんの寧々を思う気持ちの強さを感じましたね。 七不思議の席を返したシジマの元には、つかさが訪れていました。 つかさはシジマから何を貰うのでしょうか。 そしてシジマのアドバイス通り、茜は寧々の良き相談相手になってくれるのでしょうか。 しかし 電子書籍アプリもあり、 購入した書籍類はアプリにダウンロードすれば、オフラインでも閲覧可能 です。 もしもポイントの使いみちがない場合は、近くの提携映画館で観たい映画に使うことも可能です。 また近年はアニメ配信にも力を入れており、旧作・新作問わず見放題作品が豊富に取り揃えられています。 最新クールのアニメ配信場所としては最大級。 しかしポイントを最大限取ろうとすると、毎月8・18・28日にブラウザでFODプレミアムの公式サイトを開く必要があります。 ポイント獲得のバナーをタップしないと、ポイントは取得したことになりません。 バナーのタップによるポイント取得ができないと、最大の1,300ポイントに届かなくなります。 ただし、3つのサービスの中では金額が低く継続しやすいです。 これから 電子書籍を多数所持するなら、3つの中ならFODプレミアムが金銭的に最もお得になります。

次の