夫の扶養から抜け出したい ネタバレ。 「ふよぬけ」は専業主婦がつらいときにドン底から抜け出すためのバイブル|サナの超お家暮らし

【無料試し読みあり】夫の扶養からぬけだしたい

夫の扶養から抜け出したい ネタバレ

夫の扶養から抜け出したい 9話のネタバレ ももこは、働こうにも、様々な問題に直面していました。 まず、2歳の子供を保育園に預けることが、難しいのです。 市役所に相談しても、「この時期は正直厳しいですね」と言われてしまいました。 今では、保育園競争が行われています。 行き当たりばったりでは、すぐ見つからず、妊娠中から入念に計画を練っているママたちもいるのです。 残るは、認可外保育施設、ベビーシッターなどですが 、「お金がないのにお金がかかる!」という理由で却下せざるをえませんでした。 となると、望み薄な保育園の空きを待ちながら、就活するしかありませんでした…。 就活に焦るももこ そんな先の見えない焦りに、ももこの気持ちは不安でいっぱいです。 しかし、 「いやいや!不安だらけだけど、ここは前向きにっ!」と、奮い立たせます。 そこで気合を入れなおし、どうせ探すなら、楽しく働けそうなところ!と、再び求人情報誌に目をやります。 しかし、良さそうなところを見つけて、電話をかけても、応募すらさせてもらえませんでした。 その理由は 「子供が保育園に入っていないから」でした。 残業や、遅番、子供の病気になった時の対応など、とにかく仕事に穴が開けることが不安材料となっているのです。 それについては、ももこも 「… わかってはいた」と納得済みでした。 それに、今まで漫画だけを描いてきたので、就職に有利な資格やスキルもないのです。 それでも、ももこは 「見つかるまで探さなきゃ」と粘りを見せていくのですが…!? 現実も夫も厳しい ももこはあれこれと成功パターンを模索しました。 ところが、一向に面接すらできず、 「ウソでしょ…」とまた絶望してしまいました。 しかも、そこへまたつとむがやってきて余計な事を言ってきます。 「仕事なんて、選ばなきゃいくらでもあるでしょ?」 これだけでもむかつくのに、この男は、さらに続けます。 「あれは嫌だ、これは出来ないって」 「仕事を選ぶなんてワガママだよ」 その言葉に、 ももこは凍り付いてしまいました。 それからこう思います。 「わがまま…?」 「働くことに希望を持つことは、わがままなの?」 ももこは、当然、つとむの言葉を受け入れることが出来ませんでした。 そもそも、つとむの言うような、えり好みをしているわけではありません。 自分の時間と体力、さらに保育園の事を考慮しているだけであって、決して好き嫌いで仕事を選んでいるわけではないのです。 さすがに、ももこも言い返そうになったのですが、あえてグッと堪えました。 一方つとむは、こんな風に考えていました。 「仕事にやりがいを感じるなんて、贅沢だ」 「夢を捨てたなら、求人票見てあれこれ迷ってないで、今できる仕事に飛び込むべきだ」 そんな2人の大きくずれた考えに、またしても家の空気は重くなってしまいました。 それにももこは耐えられなくなり、 「…決まったら報告するから」とだけ言って、子供と一緒に外に出ました。 しかし、外に出て街を歩いても、少しも気が休まりませんでした。 なぜだか「働いている女性」たちが目に留まり、働けない自分が世間のはみ出し者のように感じたのです。 「どうしよう、働きたいのに、働けないよ…!」 そんな風に、行き詰ってしまったももこ。 ですが、そんな時に偶然、友人のエミとバッタリ会って…!? ~10話に続く~ 夫の扶養から抜け出したい 9話の感想 せっかく人が頑張ってるのに、水を差すつとむ。 自分を裏切った罰だと言わんばかりで、ももこに対する憎しみすら感じます。 しかも、裏切られたという気持ちを、ずっと隠しているのがずるいですよね。 本心を言いたくないんでしょうが、余計にたちが悪いです。 その結果、嫌味しか言えなくなっているわけですから。 もちろん、つとむの仕事のストレスを考えれば、そういった辛辣な一言でも言わないと気が済まないかもしれません。 ですが、だんだんももこを怒りのはけ口にしているようにしか見えなくなってきました。 これは旦那デスノートものですわ。

次の

「夫の扶養から抜け出したい」のゆむいは再婚・離婚している?ブログ・ツイッター情報のまとめ

夫の扶養から抜け出したい ネタバレ

1年間に及ぶ連載を最後まで読んでくださり、ありがとうございました。 いつもは漫画の納品だけで、文章は編集部の方が書いてくださっていたのですが、今日は私が「あとがき」として書いてみようと思います。 2017年のクリスマスの日。 ママの求人さんから漫画の連載についてお声がかかりました。 依頼内容は おっと。 各方面からツッコミが聞こえてくるぞ。 私がその時に返信・ご提案した企画が 真逆です、真逆(笑) 依頼内容と正反対の案で返す奴がどこにいるんだ。 ここだよ。 以前から構想を練っていた「夫の扶養から抜け出したい」という漫画を、「働くママ」という共通点だけを足がかりにご提案しました。 ええ、最初は「ストーリー漫画はやったことがないので…」と引かれてしまいましたが(当然だ)、私のわがままを聞いてくださる形でこの企画はスタートしました。 ハズレくじを引いた、とガッカリさせたくなかったので、私も初挑戦ながら魂を削る思いで、全力で取り組みました。 この漫画は私と夫が経験したことや日頃思っていた鬱憤をねちっこく落とし込んだ作品です。 実話とまではいかない、セミフィクションというのかな。 当初は編集部も私も手探りの状態で始まりましたが、第一話が想像以上の反響でとても驚きました。 掲載直後に書籍化の打診があり、その後も複数の出版社からお声がけいただきました。 「男女問わず多くの人に届けたい、広く長く読まれるべき内容だと思います」と言っていただけたのは本当に嬉しかったです。 そんなに壮大なことは書いてないので恐縮ですが。 始めはお試しで全15話の予定を組んでいたのですが、書き進めていくうちに と快諾してくださり、最終的には21話になりました。 ママの求人編集部のみなさまには本当に感謝申し上げます。 私わがまま言ってばっかだな。 この作品で一番書きたかったのは、第20話のラスト8コマ。 (書籍では181ページに該当します) 「夫の扶養から抜け出したい」という主人公の吐露の裏にある本心です。 その本心に辿り着き、前に進むためのストーリーだったので、 タイトルは「夫の戸籍から抜け出したい」や「夫の口を封じたい」でもよかったわけです(笑) 実際に私が夫の扶養から外れた時、そもそも扶養制度ってなんぞや?から始まり、面倒臭い手続きを踏んだことや、その後の納税の嵐など、私の中で扶養制度というのが強烈な存在だったので、タイトルに採用しました。 本の中には「扶養制度のプチコラム」というページもあります。 KADOKAWAの担当者さんとデザイナーさん、監修のFPさんが一生懸命作ってくださったので、ぜひ読んでください。 漫画を公開するたびに、本当にたくさんの感想をいただきました。 ももこに共感する声、つとむに共感する声、それぞれに鋭い指摘を入れる方、夫婦を取り巻く社会への批判 私自身が今までなんとなくモヤモヤしていたことを、読者のみなさんがスパッと言語化してくださったような感じで、新鮮でした。 もっともっと作品に深みが出せるように、勉強を続けたいと思います。 連載を続けるにあたり、ママの求人担当者さんからは 「ママのためのサイトを作っているので、ママであるゆむいさんが無理をなさらないようにしてください」と、いつも気遣ってくださいました。 漫画は恨み辛みたっぷりの内容ですが、人の優しさがあったからこそ完成した作品です。 こうして生まれた作品、心の中で何かがくすぶっている人の後押しができれば嬉しいです。 <<前回のお話はこちら「わたし、正社員になる…!」平太に休職することに対する抵抗感をなくしてもらいたくて、あかりはパート先の社... <<前回のお話はこちら【連載】企画営業みつきの葛藤~仕事と妊活、どちらか選ばなきゃいけないの?~:第16話「本当に離婚するの?... <<前回のお話はこちらうつ病と診断された平太。 あかりに休職を進められるものの、頑なに首を縦にふらない。 見たこともないような表情... <<前回のお話はこちら前回に引き続き主人公・さくらが専業主婦になる前に勤めていた会社でのエピソードです。 「出産ぎりぎりまで働き... <<前回のお話はこちら平太が会議中に倒れたと聞き、急いで病院へ駆けつけたあかり。 医師の説明によると『ストレスによる過呼吸ではな... おすすめ記事• 現在働きながら不妊治療を受けているのですが、残業も多い部署なので毎日帰りも遅く、ストレスが爆発しそうです。 正社員で働くことと妊... こんにちは。 忙しい子育ての合間でも、手作りのお菓子作りを楽しみたいと思われるお母さんは多いのではないでしょうか?今回はおもてな... 出産前に退職しましたが、家計のために働くことになりました。 しかし、求職中のため認可保育園の入園選考に落ちてしまい、就職活動をし... 「医療事務」のお仕事は、働く先も雇用形態もさまざまで、出産後も近所の病院でパートスタッフとして働くなど、子育て中のママも多く活... はじめに「税金対策で親を扶養に入れた方がいいって聞くけど、本当なの?」と、筆者も関与先の方やママ友などからよく質問を受けます。...

次の

「離婚してもいいですか?翔子の場合」最終回(結末ネタバレ有り)感想レビュー

夫の扶養から抜け出したい ネタバレ

つとむの転勤によりパートを辞めてまた専業主婦に戻った。 社会的信用がない専業主婦に脱げ道がない 専業主婦だから家事を完璧にこなして当たり前、仕事をするより楽、この姿勢をつとむは決して崩さない。 そんなつとむから逃げ出したくなったけど、無収入では家を借りることができない。 「 私の社会的信用は夫の上に成り立っている」 「 私の一生、このままでいいの?」 ももこは金銭的にも社会的にも自立したいと決意する。 夫に全否定されても前に進むしかない 働こうにも漫画を描くことしか取り柄がない、資格やスキルが無い、たるとが保育園に入れれない。 面接にすらこぎつけることができず焦る毎日。 そんな時に友達から、 「ももこの本当にやりたいことは何?」 「ももこの強みって漫画を描いていた実績だと思うんだけど?」 ももこ:「子育てと両立できないから諦めた」 と考えたけどそれを言ったらおしまいだ、たるとが幼稚園に入るタイミングで再開ができるかもしれないとつとむに話してみた。 「 母親なのに何夢見てるの?」 つとむに全否定されても自分には自分の人生がある、前に進むしかない、結果を出さなければ!とももこは決意する。 漫画を描くことが自分の強みだからと言って自由にするのではなく、稼ぐ為にどうしたら良いか悩んで考えてももこは必死で仕事に励んだ。 「夫の扶養からぬけだしたい」ふよぬけの結末 ついに扶養から抜ける201万円に到達した。 そんな時に つとむが事故に遭った。 付き添ってくれていたつとむの後輩からつとむの過酷な仕事環境について知らされる。 つとむが家で療養中に目にしたのは、 家事、育児、仕事、用事などを息をつく間もなく動くももこの姿。 つとむは仕事から帰ってきたら部屋がぐちゃぐちゃの状態が心底嫌だったが、片付けてもたるとが一瞬にしてちらかすのも目の当たりにした。 ももこは過去の恨みを晴らすべく、 「 私の一日、悠々自適でうらやましい?」と言葉を放つ。 離婚届をつとむに突き付けて、 ももこ:「謝っても私の尊厳を踏みにじるような発言は取り消せない!」 つとむ:「離婚をしたいわけじゃない。 協力をしたくても今の会社じゃ不可能なんだ」 「転職して一からやり直そうと思ってる」 ももこ:「あなたが転職してどうなろうが私は仕事を続けるよ」 「働くことは私の自尊心のためでもあるけど、家族のことにもしものことがあった時に力になれる」 つとむ:「僕たちもっと時間を作ろう」 つとむとももこは「 お互いのことを知らなさすぎた」とやっと気づくことができた。 「 夫の扶養から抜け出したい」 「 夫を黙らせたい」 がきっかけだったけどももこは、 「 漠然とした不安の中で強くなりたかった」 「 自分の生き方に自信を持ちたかった」 【体験談】専業主婦がつらい、、、「ふよぬけ」を読んで変えたいのは夫じゃなく自分!と気づかされた 「ふよぬけ」を読む前 専業主婦だった自分は、• 夫に依存しないと生きていけない、みじめだ。 子育てを夫婦でしたいけど協力をお願いできない、なんでいつも私だけ。 私は一体何のために生きているんだろう、涙が出てくる。 「ふよぬけ」を読んだ後 新しいこと(パートなど)をはじめた自分は、• いつか夫の収入を超えてみたい、目標ができたら前向きになれた!• 私も家計に貢献している、夫に子育てを手伝ってもらう口実ができた!• 新しいことをはじめると気持ちがそこへ向かう、無駄に涙を流さなくなった! 「ふよぬけ」を読んで、ももこさんは稼ぎまくってつとむさんにマウントをとればいいのに、 と最初は思っていたけどももこさんも私もそれが目標ではなく、 変えたいのは夫じゃなく自分 ということに気づかされました。 「専業主婦がつらい、、、」と殻に閉じこもる日々に明るい未来があるとは思えません。

次の