サクラ チェッカー 楽天。 Amazonのサクラレビューを見分ける【サクラチェッカー】の信頼性は?

はびこるヤラセレビュー対策に!サクラチェッカーの使い方|セキュリティ通信

サクラ チェッカー 楽天

「サクラ存在率は80%です」などと表示 「サクラ存在率は80%です」。 2019年7月10日に開設された「」で、あるUSB充電器を検索すると、こんな結果が表示される。 開発者だというユウさんは、40代の男性でIT企業の採用担当者もしているといい、その経験を生かした転職サイト「」も運営している。 ツイッター上などの説明によると、今回のサクラ発見サイトは、PCパーツの購入でだまされることも多くなったため、自己防衛も兼ねて開発を思い立ったという。 まずは通販最大手のAmazonに特化しており、商品のURLをコピーして、サイト上の検索欄に貼り付けて使う。 検索すると、サクラ度の分析結果も示される。 前出のUSB充電器では、レビューの日付や評価の分布などに偏りが見られるとされ、これらの要素が「危険」と診断された。 また、「信頼性の高いレビュー」も紹介され、このレビューでは、商品紹介で急速充電をうたっているが、実際にはそうならないと書き込まれていた。 サクラチェッカーは、様々な項目から分析しているという。 具体的には、価格やショップの地域、レビューの日付、レビュー本文の日本語の怪しさなどだとした。 ユウさんは、「かなりの精度で見抜きます」とツイッター上でPRしながらも、検索のスピードが遅いので、改良していきたいとしている。 今後は、楽天、Yahooショッピングなどの通販サイトにも対応できるようにしたいそうだ。 アクセス集中で動作はまだ不安定 サクラチェッカーについては、はてなブックマークが700件以上も付く反響を集め、ツイッターなどに様々な意見が書き込まれている。 好意的な向きとしては、「これいいな!!」「Amazonで何か買う時に参考にしよう」「こういうので牽制していくの良いね!」といった声が出た。 一方で、「このサービス自体の信頼度が不明」「本当に機能するんかね」「イタチごっこになる」などの声も漏れていた。 J-CASTニュースの記者が16日、3日前にAmazonで約1万1000円で購入した外付けハードディスクドライブについて試しに検索すると、90件ほどあるレビューについては、サクラ存在率が20%で、サクラ度の分析結果も、主な項目は「安全」と診断された。 信頼性の高いレビューでは、容量の一部が使用済みの不具合が出たが、交換してもらった後は問題が解決したと書かれていた。 ただ、レビューが1800件以上あるシェーバーの洗浄液については、検索しても表示が遅く、3時間ぐらい経ってもダメだった。 ユウさんによると、7月15、16日のAmazonプライムデーを目標に、3か月ほど前から土日返上で開発してきた。 そのためには、フェイスブックで非公開のAmazonレビューグループに潜入して、サクラの実態調査もしたそうだ。 ただ、機能などもまだ不十分だといい、サイト上では、16日昼過ぎ時点で、「現在アクセス集中につきシステムが不安定です。 順次対応していきます」と注意も書かれていた。 開発のきっかけについて、ユウさんは16日、取材にこう答えた。 「対策は出来ないと思います」と自信 「高評価のワイヤレス充電器を購入したら、全然充電しなくて困ったり、高評価のUSBディスプレイアダプタを購入したら3日で壊れたりとAmazonレビューが信じられなくなったのでサクラチェッカーを開発しました。 レビューが1000件あったりすると読むのも面倒で、Amazon側の製品ページではデフォルトで低いレビューがあまり目立つような表示ではなく今までは合計点数だけみて購入して失敗していました」 サクラチェッカーの使い方については、こう説明する。 「私も嫁も買いたい商品は必ずサクラチェッカーで調べています。 0%だと安全、20~40%だとサクラチェッカーで抽出した『信頼性の高いレビュー』『注意喚起レビュー』などをしっかりみます。 それ以上だと買わないですね。 『食べログの3. 5以上はおいしい』というのは有名ですが、『サクラチェッカー60%以上は危険』というのも浸透できると良いなと思っています。 また直近で『同一カテゴリで信頼性の高い商品』を表示する機能を作っているので、ユーザーがもっと簡単に同一カテゴリで、サクラのいないちゃんとした製品を購入しやすくしたいです。 (Chrome拡張機能・スマホアプリなども開発を検討しています。 )」 発見器への対策を取られ、イタチごっこになる可能性については、こう言う。 「あまり詳しくは言えないですが、対策は出来ないと思います。 理由は色々ありますが、一例としては例えサクラレビューアーを雇っている業者でも低いレビューを削除することが出来ないからです。 サクラレビューアーのFacebook非公開グループなどでサクラバイトを雇っている販売者側の苦労も確認しているので、彼らの痛いところをつくことは出来ていると思います。 潜入調査して良かった点の一つですね」 今回の開発による反響については、次のように明かした。 「『すごい。 』『どうやっているの?』『面白い』『こういうのを待っていた』『購入するのに役立った』などの好意的な声が多いです。 あとは自分の持っている製品や欲しかった製品を念のためにサクラが0%なのを確認し、安心している方などもいますね。 アクセス集中でサービスが正常に提供できていないのは申し訳ないです」 (J-CASTニュース編集部 野口博之).

次の

ヤラセレビュー見抜ける?「サクラチェッカー」話題 製作理由は、調査方法は、精度は...作者に聞く: J

サクラ チェッカー 楽天

最近ジワジワ知名度を上げつつある、アマゾンのサクラレビューを見抜く!というサイト、『さくらチェッカー』が本当に信用できるのか?!全力で考察していきたいと思います。 結論を言うと、サクラレビューの多さは判定するにはある程度参考にはなるけど、商品の良し悪しには全く参考にならないな・・・というのが私の結論。 サクラレビューが多い=ダメ商品っていうわけでもないですからね。 っというわけで、当記事ではさくらチェッカーをチェックしていきたいと思います。 1,サクラチェッカーを立ち上げた意図は? 結構、あちこちで取り上げられているのでどっかの企業が展開しているサービスなのかな?っと思ったのですが、個人で作成したサイトみたいです。 ただ、画像素材か、WEBサイトの構成まで、たった一人で作ったようには見えませんので、外注を雇って作ったんじゃないかな?と予想。 逆に「アマゾンアフィリでガッポガッポ儲けたいので、本気でサクラレビューを見抜くサイトを作りました」 っと言われた方がまだ信用性が高いです。 が、どこの企業か?までは分かりませんし、本当に東証一部企業に努めていらっしゃるのか?判断できるような素材はありませんでした。 東証一部上場企業でもなんでも良いのですが、素性は謎。 「載っている人物画像もなんかフリー画像っぽいなぁっ」と思ってGoogle画像検索かけてみたら、以下の画像を切り抜いたものっぽいです。 とは言いません。 ただ、住所や素性が一切明かされていないところからすると、さくらチェッカー的に言えば じゃないでしょうか? 素性が分かりませんので、どっかのメーカーのライバル企業が自社に有利にな評価になるように、サイトを作ってしまうこともできちゃいます。 自社とライバル社以外のジャンルの商品はあくまでも、目くらまし的な感じで自社と関係するジャンルのライバル商品だけ評価をイジるとかね・・・ これを言い出したらキリが無いので、あくまでも私の妄想だし、恐らくそこまではしないと思いますが 汗 2,どうやって見抜くの? 次にさくらチェッカーがどうやって、サクラレビューを見抜いているのか?!ですが、これについても謎。 どうやって、サクラレビューなのか?を判断しているアルゴリズムは明かされていません。 一応、以下のように評価基準は書かれているんですが、それぞれの項目でどのように評価がされてるのか?までは解説されていません。 以下の項目からサクラ度を見抜きます。 価格・製品• ショップ情報・地域• ショップレビュー• レビュー分布• レビュー日付• レビュー&レビュアー• 怪しい日本語のサクラレビュー• ライバル社からの悪評 工作員レビュー 上記の分析を不正レビュアーグループに潜入して得た「ロジック」や「機械学習」の仕組みを複合的に使用し分析しています。 不正レビュアーグループに潜入していたそうです。 潜入捜査官みたいですね。 ただ、いくら不正レビュアーグループに潜入しているからと言っても、全てのジャンルの商品に不正レビュアーがいるわけでもなければ、全ての商品を監視できるわけでもないでしょう。 上場1部企業の社員さんなのでお忙しいと思われるので、逐一製品を監視するのは難しいかと思います。 アルゴリズムが明かされていない以上、やはり自分にとって都合の悪いメーカーの評価だけ落とす、または都合の良いメーカーだけ上げるということもできちゃいます。 そんな事はしていないはずだし、していないと思いたいです。 3,さくらチェッカーの精度は? そして、最も重要なのがさくらチェッカーは信用できるのか?!精度は高いのか?!という点です。 いくつか、私が購入してみた商品などを検索かけてみたんですが・・・ 確かにサクラレビューを見抜く精度は高い!っとは感じました。 まずは試しにアマゾンサイバーマンデーで買った、電気式湯たんぽをさくらチェッカーにかけてみました。 ちなみに届いた商品は普通に使えるし、一々お湯を沸かしたりしなくても温まるのでめちゃ便利。 「お前がサクラレビューだろ!」と言われたらもうどうしようもありませんが・・・笑 個人的には満足度の高い商品なんですが、さくらチェッカーで見ると危険の表示が。。。 例えば価格・製品欄を見ると ・マーケットプレイス ・怪しい製品名 SEO狙いの可能性) っと書かれてはいますが、なぜマーケットプレイスだとダメなのか?何がどう怪しい製品なのか?の説明は一切無いです。 なんでマーケットプレイスだとダメなのか?等説明は欲しいところ。 ただし!怪しいレビューを見抜く機能に関してはかなり高精度です。 怪しい日本語のレビューを見るとという欄をクリックすると・・・ くぅ~~確かにコレは怪しい。 限りなく怪しい。 いくら国語が苦手だと言っても「冬に会えるのは暖かさです」は無いでしょう。 笑 なんて伝えたかったんだろうか・・・ 1つだけだと、判断できないので当ブログでも紹介している『MPOW M5』というワイヤレスイヤホンもさくらチェッカーにかけてみました。 音質もクリアだし、レザー調の刻印がカッコいいのでクオリティはかなり高いイヤホンです。 っという余談は置いといて、さくらチェッカーにかけてみると・・・ な・・・なん・・だと・・・?!そんなバナナ! こんな最強クラスにコスパの良いイヤホンが危険なわけ無い!まるで私がサクラレビューマンみたいじゃないか! っと思って詳細をチェック。 うーむ、やっぱり詳細をみても全然なぜ危険なのか?が分かりません 汗 海外販売ショップだから危険な意味も分かりませんし、ブラックリストレビュアーって誰?どうやって判定しているの?って感じです。 何度でも言いますが、この辺りをどうやって判定しているのか?が記載されていないので、いくらでも自分が都合の良いように評価基準を改変できちゃいます。 自分に関係ないジャンルは普通の評価アルゴリズム。 自分に関連するジャンルのみ、ちょっと都合が良いようにアルゴリズムをイジるとかですね・・・ やっているかやっていなか?は分かりませんし、恐らくやっていないとは思います。 が、透明性を担保するにはこの辺りもう少し詳しく解説して欲しいっ!って言うのが正直なところ。 また、ライバル社からの悪評っというのがあったので、ちょっと覗いてみました。 なんでライバル社のレビューが本当に参考になるレビューなんだ? 該当するレビューを見てみましたが、ボロクソに低評価な口コミを書いているってだけで、ライバル社っぽい感じはしません。 ライバル社ってことは、自社のイヤホンだけ良い口コミを書いて、他社のイヤホンはボロクソに書きまくっているのか?! っと思ってこのレビュアーさんの他のレビューも見たのですが、脱毛クリームなどイヤホンとは関係ない商品もレビューしていて、ライバル社のレビューだとは思えませんでした。 やっぱりなぜ、ライバル社の悪評にされているのか?は謎。 むしろ、企業側の返信の対応が丁寧すぎてビビるレベル。 対応策まで丁寧に答えてくれて、最悪の場合は返金するとまで書いてます。 どうやったら、これ以上丁寧に返信できるんだ?!ってくらい真摯に対応していると感じます。 っとか書くとサクラレビューとか言われそうですが。 長々と書きましたが、たしかにさくらチェッカーは怪しいレビューを抽出する精度は高い。 けれど、評価の基準が不明瞭なので「あまり信頼性は高くないなぁ」というのが私が使ってみた率直な感想。 サクラレビューがあろうが無かろうが、ダメな商品はダメだし良い商品良いですからね。 【結論】怪しいレビューを見抜く精度は高め。 ただ、商品の良し悪しは分からない。 あれこれ、チェックしまくって見たんですが、怪しいレビューの数を見抜く精度は確かに高く感じました。 ただ、あくまでも「レビューが怪しいかどうか?」をチェックするツールであって、「良い商品か?悪い商品か?を判断するツールではない!」って点は注意。 ちょっとチェッカーにハマって、家にあるものを片っ端からチェックしてみたんですが、確かに怪しいレビューは見抜けるものの、「製品の良し悪しを見抜くのはムリだな・・・」っていうのが本音。 っというのもジャンルによってかなり判定に偏りがあるし、アジア系の会社が多く参入するガジェット系って殆ど危険判定にされているんですよね。 笑 せっかくいい商品なのに、危険度99%にされているので折角良い商品なのにもったいないなぁっと感じることが多いです。 変なレビュアーがいるか?はチェックできますが、怪しいレビューが多いからと言って商品が悪いってわけでもないので、私は使わないと思います。 英語なのでGoogle翻訳しながらじゃないと使えないのが欠点 涙 とは言え、正直コッチのほうが信憑性は高いかなぁと。 ぜひぜひ参考にしてみてください。

次の

Amazonの不正レビューを見抜く!サクラチェッカーが便利すぎる

サクラ チェッカー 楽天

私が失敗したのはです。 サクラ度ゼロ%の例 こちらのURLを先ほどのサクラチェッカーに入力して見てみます。 そしてGOをクリックします。 するとサクラの可能性が%で表示されます。 こちらのカメラは サクラがいないという結果が出ました。 私の印象ではこういうきちんとした国内有名メーカーの商品には サクラは少ないように思っています。 サクラ度90%の例 次に前から欲しいと思っていたスマートウォッチ。 こちらの商品です。 女性らしくて普段使い出来そうです。 >> さっそくサクラチェッカーで見てみました。 その結果・・・ サクラの確立が90%と出ました! 60件のレビューの内の9割がサクラという結果です。 この結果を信じるか信じないかはその人次第ですが、 私は失敗ショッピングはしたくないので、この時計を買うのは止めておくことにしました。 このサクラチェッカーの結果の中でも 特にその詳細が興味深かったです。 海外のショップでサクラ度が高い要注意ショップと書いてあります。 サクラチェッカーの結果が正しいとか正しくないとか、 100%信用できるものではないかもしれませんが、 ある程度の目安にはなるかなと思います。 それにしてもAmazonも楽天市場のようにショッピングした人だけが レビューを書けるようにしてくれたらいいのにな~と思います。

次の