口達者 意味。 「口八丁」とは?意味や使い方をご紹介

「口八丁手八丁」とは?意味や使い方をご紹介

口達者 意味

彼は 巧言令色な部下だね。 上司から気に入られているかもしれないが、同僚からはだいぶ嫌われているよ。 この場合は、 彼が上司にこびへつらうような態度をとるので、 周りから嫌われているということですね。 「巧言令色」はこのように、 「 相手に気に入られようとする人」もしくは 「 口先だけで中身が伴わない人」などに対して使うと考えてください。 多くの場合、否定的な意味で使う言葉です。 補足すると、 「 巧言」は「巧(たく)みな言葉」と書くので、 「 うまい言葉のこと」を指します。 そして、 「 令色」は「色を令(よ)くする」と読むので、 「 色(顔色)を相手に合わせてとりつくろうこと」を意味します。 つまり、 「 うまい言葉を用い、表情をとりつくろうこと」が、 この言葉の語源となるわけですね。 巧言令色の由来 「巧言令色」は、中国春秋時代の古典である 『 論語』の「 学而(がくじ)」に由来します。 「学而」の中に、次のような一文があります。 「子曰、 巧言令色鮮(すくな)し仁(じん)。 」 簡単に訳すと、 「孔子が言うには、 言葉を飾って相手に取り入るような態度は、徳からは遠いものである。 」 という意味です。 この文言は、当時の孔子が 弟子たちに対して放った言葉とされています。 孔子は、人が生きていく上で 「 仁」が大切であると説きました。 「仁」とは、「 他人を思いやる心のこと」を指し、 人が行うことのできる最高の徳と言われています。 「孔子」は「仁」と最もかけ離れた行動が、 「言葉を飾ること」や「相手に取り入ること」だと主張しました。 確かに、口先だけが上手い人には、 「愛情」や「思いやり」などの気持ちはないですよね。 そして、表面だけをとりつくろう人は、 「他者を利用して利益を得る」という裏の目的があります。 つまり、 言葉や顔つきをとりつくろう人には本当の人格者はいないのです。 「孔子」は、約2500年も前から その事実に気づいていたわけですね。 この中で一番良く使われるのは、 「 美辞麗句」ですね。 「美辞麗句」には「こびへつらう」などの意味はありませんが、 「飾った言葉」という意味では共通しています。 また、四字熟語や慣用句以外だと、 「 巧言」「 口達者」「 二枚舌」なども近い意味と言えるでしょう。 逆に、「反対語」としては 「 質実剛健(しつじつごうけん)」 「 剛毅木訥(ごうきぼくとつ)」などが挙げられますね。 どちらも 「 中身が充実していて、飾り気がない」 という意味が共通しています。 こちらは、ポジティブな意味を 持った四字熟語だと考えてください。 ぜひこの機会に覚えておきましょう。 巧言令色の英語 続いて、英語訳です。 「巧言令色」は、 「英語」だと次の3つの言い方があります。 「 flattery(お世辞・おべっか)」 「 honeyed words(甘い言葉)」 「 fair words(もっともらしい言葉)」 「fair」は、ここでは 「公平」という訳ではなく、 「もっともらしい」という意味で使われています。 言い換えれば、 「言葉は上手いけども、誠実みがない」ということです。 例文だと、 それぞれ以下のような言い方をします。 He is a person who uses flattery. (彼はおべっかを使う人だ。 ) He is easily pleased by honeyed words. (彼は甘い言葉に弱い。 ) She was susceptible to fair words. (彼女はもっともらしい言葉に乗せられた。 ) スポンサーリンク 巧言令色の使い方・例文 では、最後に「巧言令色」の使い方を 例文で確認しておきましょう。 あまりに上司にこびていると、 巧言令色な人と言われるよ。 巧言令色な彼の性格を見抜けなかったあなたの責任だね。 巧言令色な態度を繰り返すと、周りから人が離れていくだろう。 「 巧言令色鮮し仁」、本心で人と接するようにしてください。 巧言令色で社長に取り入るなんて、彼女はずる賢いね。 口先だけの行動は、 巧言令色と言われても仕方ないよ。 「巧言令色」は、 日常生活も含めて様々な場面で使われています。 その中でも、 ビジネスで使うことが多い言葉と言えるでしょう。 組織の中では、 「上司にこびる人」「口先だけが上手い人」などは必ずいますよね? ですので、 そういった人たちを否定的に伝える意味でも 「巧言令色」を使うのです。 関連: 関連: まとめ 以上、内容をまとめると、 「 巧言令色」= 相手にお世辞を言ったり、こびへつらうような態度をとること。 「 語源」= 巧みな 言葉で、顔 色を 令(よ)くする。 「 由来」=『論語』の「 巧言令色鮮(すくな)し仁(じん)」から。 「 類語」=「美辞麗句・外交辞令・阿諛追従・有名無実」など。 「 英語」=「flattery」「honeyed words」「fair words」 ということでした。 もちろん、時には相手に対して お世辞やおべっかを言うことも必要でしょう。 しかし、あくまでこの四字熟語が言いたいのは 「言葉や表情をとりつくろうのは、人格者ではない」ということですね。

次の

「口八丁」とは?意味や使い方をご紹介

口達者 意味

(和訳:私は10万円近く自腹を切って、トレーニングコースに参加した。 (和訳:給料がそんなに高くないのに、どうして自腹まで切らないといけないのか。 (和訳:社長は損失を補填するために、これ以上持ち出しをしたがらない。 (和訳:いくらかかろうと、あなたが全部自腹を切らないといけない。 (和訳:彼女は調子の良い男性が最も嫌いです。 (和訳:あまり調子の良いことばかり言わないように。 (和訳:あまり話さないほうが良い。 あまり格好つけたことばかり言うと印象が悪いです。 (和訳:彼女の彼氏は軽いやつだよ。 ) 今日はここまで!.

次の

妻が口達者だと夫は嘘つきになる : 村越真里子 [マイベストプロ大阪]

口達者 意味

口が達者な人のいい特徴【頭の回転が早い】• 口が達者な人のいい特徴【観察力が鋭い】• 口が達者な人のいい特徴【場の空気を読むのが上手】• 口が達者な人のいい特徴【口ベタな自分をカバーするために】• 口が達者な人のいい特徴【話題が豊富】• 口が達者な人のいい特徴【聞き上手】• 口が達者な人のいい特徴【語学力に長けている】• 口が達者な人のいい特徴【創造力に長けている】• 口が達者な人の悪い特徴【せっかち】• 口が達者な人の悪い特徴【頭がいいと思われたい】• 口が達者な人の悪い特徴【自分が上だと思っている】• 口が達者な人の悪い特徴【負けず嫌い】• 口が達者な人の悪い特徴【自分のペースに巻き込みたい】• 口が達者な人の悪い特徴【嘘が得意】• 口が達者な人の悪い特徴【言い訳がうまい】• まとめ 1. 口が達者な人のいい特徴【頭の回転が早い】 口が達者な人というのは、頭の回転が早いというのが特徴となっています。 これを言われたらこういい返そうというように、自然と会話の流れができているというような人が多いとされています。 まとめ 口が達者な人というのは、あなたの周りにもいると思います。 または、あなたが口が達者な人だと思われている傾向にあります。 口が達者な人というのは、様々な特徴があり、いい意味と悪い意味があります。 口が達者な人というと、頭の回転が早くて、語学力や話題が豊富であり、その場の空気を読むのも、盛り上げることもできる人が多いのです。 口が達者な人のよいイメージというのは、頭がよくて盛り上げ上手であるというようなイメージかもしれませんが、悪い意味になると、嘘が上手であったり、言い分けが上手というような特徴にも見られます。 いい意味でも口が達者な人だと思われるために、相手の反応を見ながら、誠実な気持ちで接することが大切であると言えます。 また、口が達者な人が羨ましいと感じている人でも、話題を豊富にしたりすると、会話力が上がり、口が達者な人になることができるかもしれません。 悪い意味で口が達者な人だと思われないために、嘘をつかない、落ち着いて話をする、相手の話をしっかりと聞くということを意識しておくことが大切であると言えます。

次の