コロナ コンドーム。 世界的なコンドーム不足の恐れ、新型コロナで生産減 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

世界的に避妊具が不足する恐れ 国連が破滅的な影響及ぼしかねないと警鐘

コロナ コンドーム

世界で販売されるコンドームの5分の1を生産するカレックスも生産活動が制限され、3月中旬から4月中旬までの生産数が例年より2億個少なくなる見通しだという。 カレックスのゴー・ミア・キアット()最高経営責任者(CEO)はAFPに対し、流通の問題で他のメーカーも商品の市場投入が困難になっており、今後コンドーム全体の供給が大きな打撃を受けると指摘。 「世界は確実にコンドーム不足という状況を目の当たりにするだろう」と見通しを述べた。 カレックスは支援プログラムによる配給を目的に、多くの企業や政府にもコンドームを供給しているが、マレーシア国内の3か所の工場はロックダウン開始からしばらく、閉鎖を余儀なくされた。 国連人口基金()によると、新型コロナウイルスの影響で同団体へのコンドームの供給は例年の5〜6割にとどまっている。 UNFPAは「コンドームなどの避妊具の不足は意図しない妊娠の増加につながりかねず、さらに未成年の少女や女性、パートナー、家族に破滅的な健康および社会的な影響を及ぼす可能性もある」と指摘。 また危険な中絶や性感染症、エイズウイルス(HIV)感染が増加する可能性もあるという。 ただ、工場の操業停止や出入国制限でコンドーム業界が混乱に見舞われている一方、需要は増加傾向にあるようだ。 インドでは全人口13億人に対して外出禁止が発表された後、コンドームの売り上げが1週間で25〜35%増になったと報じられている。 世界的に外出制限が続いていることから、カレックスはコンドームの需要は今後増加すると見込んでいるという。

次の

【コロナ】世界最大のコンドームメーカーが工場閉鎖、世界的な不足を警告

コロナ コンドーム

セックスは濃厚接触の最たるものになります。 ウィルスが入り込めない細胞膜を持っている人が、全人口に10%くらいいます。 運がよけりゃ、貴殿もその10%の人間かもしれません。 また、免疫抗体が突出してコロナ型ウィルスに強いのを持っている人も10%ぐらいいます。 運が良ければ、貴殿もその仲間かもしれません。 また、仮に感染しても重症化するのは感染者の10%ぐらいです。 致死率は全羅患者の2%ぐらいでその大半は高齢者で持病を持っている人です。 貴殿が感染し死亡するのは、交通事故に遭う確率より低いと思います。 ですが、万が一の為に、体力、免疫力保持のために質の良い食事や適度な運動などを励行してください。 新型コロナウイルスは飛沫感染・接触感染によって移るので、至近距離で会話や食事をしただけでも感染のリスクが高くなります。 感染予防のためには、マスクを着用し飛沫を防ぐことと、他人との距離を2m空けることが望ましいとされているのですが、そもそも性行為をしたなら相手と密着しているわけだしキスもしていますよね? なので、性器を舐めていなかったとしても感染のリスクは高いですよ。 万が一のことを考え、あなたは外出や家族との接触を控えましょう。 家族に移さないように家の中でもマスクをし、手洗いと消毒を心掛けてください。 そして彼女が陽性だと診断されたら、あなたも必ず検査を受けてくださいね!その際は、帰国者・接触者相談センターに連絡してから、受診についての指示を受けてください。

次の

コロナによる「意図せぬ人口増加」コンドーム使用減の新興・貧困国では懸念、日本は?

コロナ コンドーム

アメリカやイタリアなど、より被害の大きい国と比べると、まだ危機意識が低いと言われている日本。 都内でも、公園に行けば子ども連れの家族が遊んでいたり、マスクもつけていないカップルが歩いていたりといった様子が報道されている。 日本ではパンデミックを他人事として捉えている人も少なくない。 それよりも東京オリンピックの延期も相まった「経済破綻」に恐れを抱いている人の方が多いように感じる。 実際、すでにリストラの始まっている業界もある。 転職の内定が取り消しになってニートになってしまった、接客業で休業を余儀なくされて来月の家賃も怪しい、なんて話もザラにある。 では、来月の家賃すら困る人たちはどうするのか。 実家に帰りたいとは思いながらも、ウイルスを持ち帰るのも、と思い踏みとどまる人もいるだろう。 となると、同年代や異性によりかかりたいと思う人が増えると考えられる。 結婚して苦労を人とわかち合いたい、誰かと暮らして生活費を抑えたい……。 そういう考えに至ること自体は自然である。 しかし誰かと会えば、コロナウイルスに感染したり、逆に感染させてしまったりする危険もある。 一人きりでいることの精神的・経済的不安と、大切な人と会うことによる感染への恐怖という矛盾を前に、誰もが葛藤している。 その上、誰かと結婚の約束をしたとて、現在とても結婚式を挙げにくい状況になっている。 ドバイでは4月9日に、コロナの予防策として当面の結婚と離婚が禁止された。 人が集まることによる感染拡大の予防のためだという。 日本でも今春結婚式を予定していた人々は、料金を支払っての延期やキャンセルを余儀なくされている。 結婚式という祝の場も、今はクラスターを生む可能性のある危険な場だ。 新たに結婚式を挙げようとするのはほとんど無理な状況だ。

次の