ポケモン ソード シールド アイアント。 【ポケモンGO】アイアントのおすすめ技と最大CP&弱点

【ポケモン剣盾】流行りのヌルアント構築の考察②アイアントについて【アイアント&タイプ・ヌル】

ポケモン ソード シールド アイアント

ルール VGC2020 はじめに INCで1800(チャレ)までいった構築です。 そこそこの構築が組めたと思うので記事にしました。 ぜひ読んでください。 構築経緯 甘えるエルフーンが強いと思ったところからスタート。 甘えるエルフーンと組ませるポケモンとしてドリュウズ、アイアントが候補に上がった。 ドリュウズではすばやさや火力が足りてないと思い、アイアントを採用することに。 アイアントエルフーンから構築を考えることに。 アイアントエルフーンを組む上で下の3つを意識した• アイアントを通す構築• アイアントで横のポケモンの耐久を強化しながら積む構築• アイアントで相手の選出を誘導して裏選出を通す構築。 1のためにアイアントは特殊技にもろいことや炎技から守るためトゲキッスを採用。 また微妙に倒せないポケモンを倒すためエルフーンに手助けを採用。 2のために悪巧み水ロトムを採用。 ここの枠にはアイアントを通しやすくするためにもミロカロスを採用されることが多いのだが、今回は水ロトムに。 その理由としてミロカロスでは勝ち気が発動しないと火力もあまりでなく、催眠術もとぐろをまくも命中不安+相手の最速起きなどを考慮するとそこまで強いと思わなかったため今回は甘えるエルフーンともトゲキッスとも相性が良い水ロトムを採用。 3のためにバンギラスを採用。 アイアントを見たときによく来るポケモンとしてドラパルト、ウインディ、シャンデラあたりがよく来るためそのポケモン達に強いバンギラスを採用した。 最後にトリル対策枠、ジュラルドンニンフィアにも戦えるバンバドロを採用して構築完成。 ステータス Lv. 数ある選出方法の中で一番多かった選出方法でした。 アイアントの誘導がよく刺さります。 アイアントが活躍しそうな時 パターン1 先発 後発 パターン2 先発 後発 解説 キョダイアイアントで隣のポケモンを強化しながら盤面を制圧する選出。 ウォッシュロトムが活躍しそうな時 パターン1 先発 後発 パターン2 先発 後発 解説 ウォッシュロトムを「わるだくみ」で強化させてキョダイマックスして盤面を制圧したいときや「vsトリックルーム」にも有効な出し方です。 vsトリックルーム パターン1 先発 後発 パターン2 先発 後発 問題点• 炎技がなくナットレイの処理ができない。 アイアントミラーの時にこちらはアイアントを初手に持っていくしかない• スカーフウオノラゴンが重すぎた 最後に 構築事態はそこそこ強いものができたと思うが命中不安がかなりあるためそこは安定しなかった。

次の

【ポケモンGO】アイアントのおすすめ技と最大CP&弱点

ポケモン ソード シールド アイアント

はじめに 初めまして。 初投稿のましろと申します。 以前からポケ徹を参考にさせていただいており自分も何か投稿したいと考えていたのですが、ちょうど育成を考えていた割とメジャーどころであるアイアントの投稿がなかったため、作成に踏み切りました。 至らない部分も多々あるかとは思いますが温かく見ていただければ幸いです。 分かりやすく書きますが、わからないワードはお手数ですが調べていただけると幸いです。 アイアントについて BWにて登場した虫鋼タイプのポケモン。 A109+特性はりきりの攻撃、B112というそこそこの物理耐久、S109という100族やを超えるすばやさが特徴。 スペックはあるが、はりきりという不安定要素や同じタイプのハッサムに火力・耐久共に劣るため、アタッカーとしてはマイナー寄りの性能だった。 前作では夢特性なまけ+なかまづくりというコンボで使用されるケースが多かった印象。 しかし剣盾にてダイマックス技の必中による特性はりきりの命中低下というデメリット帳消しや、環境に素早さの高いポケモンが少ないことなどから注目が集まり、頭角を現した。 採用理由 ダイマックス+特性はりきり+いのちの珠による高火力と、そこそこ広い技範囲、S109という高い素早さを活かしたエース。 Sに補正をかけない場合、最速のなどに抜かれます。 すばやさ環境は最速 S96 を意識することが多く、なども最速が多いため、補正をかけないと抜かれる相手が増えます。 努力値 H4 A252 S252 ASぶっぱのあまりHです。 すばやさの調整として S204 S+1準速抜き S196 最速100族(など)抜き が思いつきますが、攻撃や同速勝負を捨ててまで耐久に割く意味も思い浮かばなかったので見送りました。 特性 はりきりで確定です。 攻撃が1. 5倍になる代わりに技の命中率が0. 8倍になりますが、上記した通りダイマックス技は必中なのでデメリットをなくすことができます。 なまけは全く別の個体になるため説明は省きます。 持ち物 命の珠がおすすめです。 ダイマックスが切れると、はりきりのデメリットが発生するアイアントは、なるべくダイマックス中に勝負をつける必要があるため、ダイマックス中一番補正の乗る命の珠がいいかと思います。 下のダメージ計算を見ていただけると分かりますが、タイプ不一致技の場合命の珠でも意外にダメージがギリギリです。 もともと耐久意識のポケモンではないので反動はさほど気にはなりません。 他の候補としては状態異常を解除できるラムの実や達人の帯などでしょうか。 確定技 アイアンヘッド 鋼 威力80 30%で相手をひるませる。 ダイスチル 威力130 自分のBが1段階上がる。 ・タイプ一致のメインウエポンです。 フェアリータイプも多いため外す理由がありません。 レベル技• 選択技 であいがしら 虫 威力90 先制技 優先度+2 場に出た最初のターンにしか成功しない。 ダイワーム 威力130 相手のCを1段階下げる。 ・高火力タイプ一致技。 ラスト死に出しからの先制技ワンチャンも考えるとほぼほぼ確定でいいと思います。 卵技 ばかぢから 格闘 威力120 使用後自分のAとBが1段階下がる ダイナックル 威力95 自分のAが1段階上がる。 ・タイプ一致技が通らない鋼タイプへの打点。 A+1の追加効果が優秀。 こちらもほぼ確定でいいと思います。 技レコード かみなりのキバ 電気 威力65 10%で麻痺やひるみの追加効果 ダイサンダー 威力120 使用後エレキフィールドを展開する。 ・やへの打点。 耐久無振りダイマックスは乱数なので注意。 EFが眠りを無効にするため、等のあくびループにも後出しできます(は無理)。 技マシン ストーンエッジ 岩 威力100 急所に当たりやすい。 命中難あり。 ダイロック 威力130 使用後砂嵐を展開する。 ・苦手な炎タイプを上から落とせます。 おそらくかみなりのキバとの選択です。 技レコード あなをほる 地面 威力80 2ターン目に攻撃。 技地震を受けると2倍のダメージを受ける。 ダイアース 威力130 自分のDが1段階上がる。 ・苦手な炎や有効打の少ない鋼への打点。 ダイマックスターン消費という使い方も一応できます(空かされやすいので注意)。 ただしには他の技の方が有効です。 上記の技と比較すると優先とは低めに感じます。 レベル技 追記:じだんだ(コメントより) 地面 威力75 前ターンに自分の技が失敗していた場合威力が2倍になる。 ダイアース 威力130 自分のDが1段階上がる。 ・同じく苦手な炎や有効打の少ない鋼への打点。 はりきりの技外しというデメリットを帳消しにできる可能性を秘めています。 ダイマックス技としての威力も同じなので採用するならこちらをお勧めします。 (コメントしてくださった方ありがとうございました!) ・他にかみくだくやシャドークローなども覚えますが、上記の技に比べると優先度は低いので説明は省きます。 ダイマックスエース枠なので基本的には1匹目で起点を作っての登場で全抜きを狙います。 知っての通り、特性はりきりは技の命中率を犠牲にしているので、ダイマックス中の3ターンに決着がつけられないと無限の負け筋がついて回ります。 ステルスロックなどで相手に耐えられる可能性を減らしてからダイマックスしましょう。 有利な相手 など ・中以下の耐久でSが勝っていれば基本有利です。 不利な相手 など ・Sが負けている、スカーフが多い、炎技搭載率が高い、タイプ相性不利、高耐久、ダイマックスターン稼ぎしてくる相手は避けた方がいいでしょう。 技によって変わる相手 かみなりのキバ ストーンエッジ などSの勝っている低耐久炎タイプ 相性の良い味方• タイプ:ヌル ・ヌルアントのならび。 でんじは、とんぼがえりを使え、耐久を活かした起点作りや安定した交代先にもなるためアイアントと相性がいいです。 トラパルト ・の見れない炎タイプ、高速ポケモンへの回答です。 追記:差別化(コメントより) 特性はりきりを持つポケモンは剣盾には15匹いますが、そのうち対戦環境にいるポケモンはパッチラゴンとアップリューの2匹です。 はダイジェット(使用後Sが1段階上がる)と強力な専用技「でんげきくちばし」によりダイマックスを使わずとも出せる高火力が強みです。 もダイジェットを使える点と専用技「Gのちから」により相手のBを確定で1段階下げることが優秀です。 との差別化点は、タイプと素早さ種族値によるトップメタとの対面性能です。 上記の2匹はダイマックスに対して出されやすいで止まりやすいです。 また素早さ種族値もけっして高くはないので一度ダイジェットをうたないと素早さが逆転できない対面も多いです。 この2匹はやのようにタイプ一致でダイジェットを打てるわけではないので、1発で倒せないパターンも多い印象です。 はりきりはなるべくはダイマックス中に決着をつけたい特性なので、そのうちの1ターンをダイジェットで消費することはデメリットにもなると考えます。 その点はには有利であり、ダイジェットこそ打てないものの、元の素早さで補うことが可能です。 私自身も必ずやアイアントの方が強いとは考えてはいません。 気になる方は2匹についても調べていただけると幸いです。 (コメントをして下さった方、ありがとうございました!他にも「このポケモンはどうなの?」等の意見があれば教えていただけると幸いです。 与ダメージ ダイスチル H4大ミミッキュ176. 9〜208. 6〜122. 8〜61. 0%確定2発 H4大ドラパルト73. 7〜87. 1%確定2発 B特化カバルドン56. 7〜67. 9%確定2発 アイアンヘッド H4大ミミッキュ108. 8〜128. 8%確定1発 H4大トゲキッス75. 7〜90. 3%確定2発 ダイワーム H4大Wロトム71. 8〜85. 3%確定2発 H252ウオノラゴン96. 9〜114. 7%乱数1発(81. 2%) であいがしら H4Wロトム100. 0〜119. 0%確定1発 H4ウオノラゴン80. 1〜94. 5%確定2発 B特化ブラッキー88. 6〜105. 4%乱数1発(37. 5%) H4大サザンドラ86. 0〜102. 0%乱数1発(12. 5%) ダイナックル H4大ドリュウズ77. 4〜88. 7%確定2発 B特化カビゴン66. 2〜77. 9%確定2発 B特化ナットレイ62. 9〜74. 5%確定2発 ばかぢから H4大ドリュウズ95. 1〜112. 6乱数1発(75. 0%) B特化カビゴン82. 7〜98. 5%確定2発 B特化ナットレイ79. 0〜93. 3%確定2発 ダイサンダー H4大ギャラドス167. 2〜197. 6%確定1発 追記:B特化威嚇込み大ギャラドス65. 5〜78. 4%確定2発 H4大リザードン93. 8〜110. 7%乱数1発(62. 5%) H252大ラプラス59. 7〜70. 6%確定2発 B特化アーマーガア80. 0〜95. 1%確定2発 B特化ドヒドイデ80. 8〜96. 1%確定2発 かみなりのキバ H4大ギャラドス91. 2〜107. 8%乱数1発(50. 0%) 追記:B特化威嚇込みギャラドス72. 2〜85. 1%確定2発 ダイロック H4大リザードン202. 5〜239. 6%確定1発 H4大ギャラドス90. 3〜107. 3%(乱数1発43. 7%) H4威嚇込み大ウィンディ61. 7〜73. 4%確定2発 ダイアース H252シールドギルガルド114. 9〜137. 1%確定1発 H4大パッチラゴン83. 7〜99. 3%確定2発• 対物理 A252珠ミミッキュダイホロウ(120)35. 4〜45. 1%確定3発 A特化カビゴンダイバーン(130)100. 0〜117. 9%確定1発 A特化珠ドリュウズダイアース(130)55. 2〜65. 6%確定2発 A252珠ドラパルトダイホロウ(130)46. 6〜55. 2%乱数2発(65. 6%) A252珠ギャラドスダイジェット(130)48. 1〜56. 7%乱数2発(85. 1%) A252アーマーガアダイジェット(140)31. 3〜36. 9%乱数3発(73. 1%) A特化頑丈顎ハチマキウオノラゴンエラがみ95. 1〜111. 9乱数1発(68. 7%) 対特殊 C252トゲキッスかえんほうしゃ128. 3〜152. 2%確定1発 C4ドラパルトだいもんじ110. 4〜131. 3%確定1発 C特化ニンフィアマジカルフレイム110. 4〜131. 3%確定1発 C特化ラプラスダイストリーム(130)60. 4〜71. 6%確定2発 C特化Wロトムダイストリーム(140)74. 2〜87. 6%確定2発 C特化ブレードギルガルドシャドーボール52. 6〜61. 9%確定2発 C特化アシレーヌダイストリーム(130)78. 7〜92. 9%確定2発 同アシレーヌげきりゅう発動時 116. 7〜138. 0%確定1発 他にも見たいダメージ計算があればコメントにてお願いします。 終わりに ここまで見てくださりありがとうございました。 参考になれば幸いです。 機会があればまた投稿したいと考えています。 何かあればコメントをお願いします。 16:22 コメントよりタイプ:ヌルの訂正と技じだんだを追記しました。 2020. 19:00 コメントよりとの差別化点と威嚇のダメージ計算を追加しました。 相性のいい味方の欄でタイプ:ヌルがステルスロックを使えるというような記載がありますが、確かタイプ:ヌルはステルスロックを覚えられなかったと思います。 それと、選択技にじだんだ等は使えますでしょうか。 あなをほると違い相手のDM枯らしに使えませんが、じだんだなら外したときに、次の威力が倍になるのと即打ちができるので考察の余地があると思うのですが。 修正します。 にわかさらしてすみません汗。 DMターンの管理が難しいアイアントですが、立ち回りなどでもその運用方法にしっかり触れていて、アイアントの特徴や強みをよく書けていて、技がレベル技なのか、タマゴ技なのかまで書かれているので、初心者にも分かりやすく、初投稿とは思えないまとまった素敵な育成論だと思いました。 評価5です。 個人的にはギャラドスの威嚇込みのダメ計が欲しいです。 失礼しました。 差別化について、以前の育成論を投稿させて頂いておりますが、は竜の舞を使える為、事前に積むことが前提ですが、必ずしもDM中にダイジェットを積む必要は無いです 抜ける範囲が広くなるのでダイジェットを撃つに越したことはありませんが。 まあ、は耐久が無いため、竜の舞を積むにしても起点作りが必須であり、初速の速さから必ずしも起点を作る必要が無い点と、ダイサンダーでに打点があるところで十分差別化は可能だと思いますが。 変なツッコミになってしまいましたが参考にして頂ければと思います。 内容としては、のテンプレとして基本的なところは抑えられており、初心者にも十分参考になると感じました。 てか今まで投稿されていなかったんですね、私も含め、変な型投稿し過ぎなのかな。 評価5入れさせて頂ます。 H4よりB4のほうがいいのではないですか?物理耐久が高まります。 特殊耐久はもともと低いので、物理耐久を少しでも高くしたほうがよろしいと思います。 育成論拝見させて頂きました。 持ち物候補に オッカの実はどうでしょう? 1度使ってみたのですが、元々の攻撃種族値も相まって、珠無しでも大体のポケモンは倒せます。 オッカのおかげでダイバーン耐えからの反撃で逆転勝利! という時も結構あります。 特殊面はどうせ死にますが…… 考えてくれたら嬉しいです。 ダイロックだと威力が変わらないのとひるみ狙いですね。。 命中では、催眠術と気合い玉どちらが当たる気がするかレベルの差です。。 命の珠ということですが、ダイワームや馬鹿力でのH252バンギラスへのダメージ、であいがしらでのヒヒダルマへのダメージ計算を追加してもらえないでしょうか。

次の

【ポケモン剣盾】アイアントの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン ソード シールド アイアント

アイアント育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 アイアントは第5世代から登場しているポケモンだ。 ポケモン剣盾(ソードシールド)での育成論について紹介していく。 高い攻撃・防御・素早さを持つのが特徴。 その一方でHP・特攻・特防は非常に低い。 攻撃と素早さが高いので高速物理アタッカーとして使うことができる。 物理耐久についてはHPは低いが防御が高いため並み程度はあり、 弱点1で半減以下9という極めて優秀な耐性を持つことから、物理攻撃に対してはそこそこ強い。 一方で特殊耐久は絶望的に低く、高火力特殊技を喰らうと半減以下でも一撃で倒される危険すらある。 特性は3つとも有用であり、様々な型の作成が可能であることも利点。 第8世代で追加されたダイマックスと特性「はりきり」の相性が極めていい。 ダイマックス技は必中であるため、「はりきり」の物理技威力1. 5倍の恩恵のみを受け、命中率0. 8倍のデメリットは無視できる。 加えて第7世代以前はアイアントと同複合タイプでライバルであったハッサムやカミツルギが第8世代では登場しない。 また新たに「じだんだ」を覚えられるようになった。 外す可能性のある「はりきり」と相性がよく、苦手な炎に刺さるので有用な技と言える。 第7世代より大幅強化され、活躍が期待できるポケモンだ。 5倍になる。 ) はりきり (使用する物理技が威力1. 5倍、命中率0. 8倍になる。 ) なまけ(隠れ特性) (2ターンに1度しか行動できない。 ) 考察 「はりきり」の優先度が高い。 ダイマックス時にはデメリットなく全ての物理技を威力1. 5倍にできるのが強力すぎる。 非ダイマックス時は命中率低下のデメリットを受けてしまう。 だが、前のターンに技を外していると威力が上がる「じだんだ」や、 命中率低下の影響を受けない「ハサミギロチン」を覚えるのは利点と言える。 「むしのしらせ」も選択肢にはなる。 条件つきであるものの威力増加倍率は1. 5倍と大きい。 特殊耐久が異常に低いために「きあいのタスキ」を持たせることが多く、 その場合一撃は確実に耐えられるため、「むしのしらせ」を発動して攻撃しやすく相性がいい。 「なまけ」は一見デメリットだが選択肢になる。 「なかまづくり」で相手の特性を自身の特性「なまけ」に変更することができる。 その後、相手の攻撃を受け、自身に持たせた「だっしゅつボタン」で交代し、 交代を封じる「かげふみ」のポケモンや積みエースにつなぐ戦術が可能。 スポンサーリンク アイアントの技考察 物理技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 アイアンヘッド 鋼 80 100 怯み30% タイプ一致技。 威力は低めだが命中安定。 アイアントは素早さが高く怯みを活かしやすい。 シザークロス 虫 80 100 なし タイプ一致技。 威力は低めだが命中安定。 であいがしら 虫 90 100 優先度+2。 タイプ一致先制技。 出た最初のターンのみ成功。 条件つきだが威力は高め。 ストーンエッジ 岩 100 80 急所+1。 威力が高めだが命中不安。 虫半減の炎・飛行に刺さるので優先度高めのサブウェポン。 いわなだれ 岩 75 90 怯み30% 威力が低いが命中はストーンエッジよりマシ。 アイアントは素早いので怯みを活かしやすい。 鋼技も虫技も半減する鋼に刺さるため優先度は高い。 じだんだ 地 75・150 100 前ターン技失敗時威力倍増 炎や鋼に刺さる。 「はりきり」「ハサミギロチン」の外しの保険として使える技。 あなをほる 地 80 100 1ターン目潜り2ターン目攻撃。 相手ダイマックス自身の時間稼ぎに使える。 威力は低いが命中安定。 環境に多いゴーストに刺さる。 シャドークロー 霊 70 100 急所率+1。 威力は低いが命中安定。 基本性能で「かみくだく」に劣る。 防御を低下できるダイホロウ用として使うなら選択肢。 かみなりのキバ 電 65 95 麻痺10%・怯み10%。 基本性能はよくない。 だが、ギャラドスやペリッパーに刺さる。 ハサミギロチン 無 - 30 一撃必殺。 どうしようもない相手に。 「はりきり」の命中率低下は受けない。 スポンサーリンク 補助技 技名 タイプ 命中 効果 備考 みがわり 無 - HPの4分の1を使って身代わりをつくる。 交代読みや「むしのしらせ」の能動的な発動に使おう。 自身の特攻はどうしようもなく低いので、バトンタッチによる引継ぎ用。 バトンタッチ 無 - ポケモンと交代する。 次に出したポケモンはかかっていた補助効果を引き継ぐ 積み技や「みがわり」などをエースポケモンに引き継がすといい。 でんじは 電 90 相手を麻痺状態にする。 高速アタッカーに刺さる。 自身より素早い相手に使い素早さ逆転を狙える。 なかまづくり 無 100 相手を自分と同じ特性にする。 特性「なまけ」を相手に押し付けるのに使える。 ダイマックスしての運用がメインとなるので、ダイマックス中の火力も上げられる「いのちのたま」がおすすめ。 特殊耐久が低すぎることから、「きあいのタスキ」も選択肢となる。 鋼技の「アイアンヘッド」は確定。 ストーンエッジは リザードンや ヒートロトムに刺さるので優先度が高い。。 ばかぢからはバンギラスや ドリュウズ、 ナットレイに刺さるため優先度が高い。 かみなりのキバは ギャラドス、ペリッパー、アーマーガア、ドヒドイデに刺さるため優先度が高い。 迷った場合はこれら4つの技を選んでおけば問題ない。 他の選択肢としてはスカーフ サザンドラに先制をとり勝てる「であいがしら」も候補。 ダイマックスした際はダイロックでタスキつぶしができる点と、 ダイナックルの威力がばかぢからより低い点を覚えておこう。 自身は相手からの攻撃を受けることで「だっしゅつボタン」で交代し、 用意しておいた「かげふみ」 ゴチルゼル、「ありじこく」 ダグトリオ、積みエースなどを出す。 これらのポケモンに「まもる」を覚えさせておき、 相手の行動ターンの時に「まもる」を使い、なまけターンの時に積む立ち回りができる。 「なかまづくり」をするターンに先制をとれないと、技を出せずに「だっしゅつボタン」で交代することになるので注意。 相手が「こだわりスカーフ」や先制技を持っていないかはよく考える必要がある。 再度アイアントを繰り出す場合に備えて、 アイアンヘッドORシザークロスは覚えておきたい。 攻撃に振らずとも関係ない「ハサミギロチン」も優先度が高い。 残りの技はパーティと相談して、アイアントで倒したいポケモンを考えて決めよう。 持ち物は「きあいのタスキ」がおすすめ。 一度は耐えることで、「むしのしらせ」を発動して攻撃する機会を作りやすくなる。 「いのちのたま」を持たせる場合は「みがわり」でHPを調整して「 むしのしらせ」を発動できるようにするのも手。 技は鋼技と虫技は確定。 炎・飛行に刺さるストーンエッジと虫も鋼も半減する鋼に刺さるばかぢからの優先度が高い。 残りの技はパーティと相談して、アイアントで倒したいポケモンを考えて決めよう。 個人的におすすめは ギャラドスに刺さる「かみなりのキバ」。 スポンサーリンク アイアントのパーティメンバー考察 アイアントは炎が4倍弱点。 また特殊耐久が低く特殊アタッカー全般に弱い。 炎に強く特殊耐久が高いポケモンを用意したい。 おすすめは「あついしぼう」の カビゴンやドラゴンタイプの ヌメルゴン、岩タイプで特性「すなあらし」の ギガイアスや バンギラス。 この4体は炎に強く特殊耐久が非常に高い。 アイアントの対策 注意点 ・特性「はりきり」+ダイマックスは超火力で必中。 ・弱点は炎しかなく9タイプは半減以下、物理耐久はそこそこあり等倍以下で一撃で倒すのは難しい。 ・たまに、なかまづくり型などもおり、型を読み間違うと致命傷を負う。 対策方法 ゴチルゼルや ダクトリオが相手パーティにいる場合、なかまづくり型アイアントでほぼ確定。 先制をとらせないように素早いポケモンや先制技を持っているポケモンを選出して対抗したい。 ゴチルゼルや ダクトリオがいない場合は、どの型か選出する前の段階で見分けるのは難しい。 この場合は、アイアントの中で個体数が多い「はりきり」型である可能性が非常に高い。 どの型でも4倍弱点である炎技を覚えているポケモンで素早く倒すのが有効。 アイアントがダイマックスしたら、「まもる」や「あなをほる」などでターン稼ぎをするといい。 「おにび」を撃てばアイアントを機能停止させることもできる。 スポンサーリンク ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。 から各メニューを選択!.

次の