冤罪 父 と 子 の 旅路。 土曜サスペンスドラマ 冤罪~父と子の旅路~

父と子の旅路 (双葉文庫)

冤罪 父 と 子 の 旅路

もくじ (文字クリックでジャンプ出来ます)• 「父と子の旅路」の真犯人は一体誰なのか? 光三が犯人ではないとすると、真犯人は一体誰なのか? そもそも突発的な強盗犯なのか、計画的な犯行なのか、警察は光三が犯人であると結論づけているので、「強盗」ということになっているが、祐介は計画的な犯行だとしたら?ということを推理してみた。 26年前、光三があかねの実家・花木家(礼菜の祖父宅)を訪ねた時、そこは大富家が住んでいた。 だから光三は大富家を訪問後に花木家を訪れている。 光三と同じように花木家と間違えて大富一家を殺したのではないか? その疑わしい人物はただ1人、あかねの再婚相手・ 河村真二だった。 チンピラだった河村は収入はあかね頼りで自分はギャンブル三昧。 たちが悪いことにあかねの実家にまで押しかけて、金の無心に来ていたという。 しかし実家から勘当されているあかねは遺産を相続できない、もしくは他の兄弟に取られてしまうと考えた河村は、「 なら一家を殺してしまえば、あかねに遺産が入る」と思ったのだろう。 しかし、花木家と思われた家は大富家で、全く関係ない人間が巻き込まれたことになる。 河村は既に死んでおり、確たる証拠もみつかっていないので、推測の域を脱することは出来ないが・・・・ あかねは夫のことになると、硬く口を閉ざしてしまい、26年前の事件について何か重要な手がかりを握っているのではないかと祐介は考えていた。 現在、あかねは末期がんで余命わずか。 残された時間は限られており、説得の末、あかねは当時のことを話し始めた。 Sponsored Link あかねが犯行を自供?! あかねは、河村真二が大富一家を殺したというのを本人から聞いたといい、押し入れにあった包丁と血の付いた服は河村の墓の中に隠したという。 さらに、河村はチンピラ同士の喧嘩の末に殺された事になっていたが、実は喧嘩で負傷し公園で 倒れているところに一撃を加えたのはあかね本人だという。 実家を襲う予定だった河村。 襲うように命じたのではないかと実家に疑われるのが怖かったという。 と言うのも河村は、あかねに対して「本当のことを喋ったら、実家を襲うようにあかねに命令されたと言うからな」とあかねを脅していたらしい。 あかねの証言により、すぐに河村の墓を調べた結果、凶器と思われる包丁と血の付いた服を発見! しかし光三は死刑執行の日を迎えようとしていた・・・。 間一髪、中止になった死刑執行 凶器が発見されたことで、祐介はすぐに再審請求をし認められたが、実は死刑執行の当日を迎えていたのだ。 しかし刑務官たちは凶器が発見された情報を入手し、ルールを無視して死刑を中止にした。 裁判で晴れて無罪を言い渡された光三は26年という長い獄中生活に終止符をうてたのである。 しかし気になるのは光三は死刑が執行されても良いと考えていたこと。 彼は26年間、息子について沈黙を守り続け、死刑を望んでいたわけだが、彼は何を秘密にしていたのか? 意外な人物が光男だった 大富家が惨殺された事件で唯一生き残っていたとされる息子。 実は殺されていたのである。 事件後、殺害現場となった大富家に帰ってきた光三は、家族全員が殺されている光景を目撃し愕然とする。 しかしあかねの実家に息子を預けようとしたが断られ、途方にくれていた矢先である。 自分の子供と大富家の子供を入れ替える。 そんないつバレるかわからないアイデアを思いつき、考える余地もないので、 亡くなった子供を抱えて、自分の子供を大富家に置いて、逃げ出したのだ。 もちろん、母子手帳などは破棄し、大富家の子供は岐阜にある寺の本堂下に埋葬したという。 光三にとって唯一心残りだったのが、そのことだったのかもしれない。 そう、 光男=祐介だったのである。 妹の子供として育ててきた両親は、実は何も知らなかったわけではなく、妹から子供のアザについて聞いたことがあり、それが今回引き取った子供になかったことから異変に気づき始めたという。 犯罪者の子供かもしれない・・・。 しかし子供は関係ない、祐介として立派に育てようと夫婦は決意したのである。 光三が一番恐れていたことは2つ 犯罪者の子供を育てていたことを知られてしまったら相手に悪い・・・ 祐介(光男)がそのことに気付いたら生きていけないはず この2点があるため、26年間、沈黙を守っていたのだが、祐介本人から「両親は犯人の子供だということを知っている」「自分が光男ですよね?」ということを聞かされ、疑いも晴れたので、身も心も全て開放されたのである。 甘い恋愛は成就せず 礼菜が祐介に弁護を依頼し、二人が行動を共にするようになり、心の距離がグッと近づいた時、祐介は自分が光男であることを知る。 祐介と礼菜は兄妹で、礼菜が探していた兄は自分ということを知ってしまったのである。 お互いに惹かれ合っていたのに、血の繋がりでゴール出来なかった二人。 礼菜は父親が殺人犯だけでなく母親までも殺人犯という現実を1人で受け止めることは到底難しいでしょう。 しかし「兄として君を守る」という心強い言葉に礼菜は素直に喜んだ。 Sponsored Link 感想 「冤罪」を扱った小説ですが、子を思う父親の愛情を描いた物語。 光三は子供時代から不幸の連続で、あかねと出会い結婚して幸せな家庭を手にれたと思った矢先、また不幸の波が押し寄せる・・・。 彼は26年ぶりに息子と再開し、立派な姿を見ることが出来て、それだけで幸せだと思っていました。 自分の人生を犠牲にしてきましたが、悲観的にならず、むしろ幸せだったと思う彼は、どこまで自己犠牲の精神が高いのかと驚かされます。 祐介(光男)が面会に来た時、びっくりしたでしょうね。 ちなみに祐介と一緒に暮らすのかと思いきや、故郷に戻り、そこで1人で暮らす選択をしたのです。 著者の小杉健治さんは最後の落とし所をどうするのか迷われたそうですが、柳瀬光三は自分自身でもある、ということをあとがきで書かれていました。 「原点に帰る」ということですね。 東京大空襲のテーマにした作品「灰の男」、戦争の影を引きずった内容の「残照」。 この二作品で1つの区切りをつけて、新たに挑戦したのが今作です。 家庭内暴力や虐待が世間を騒がせる世の中、家族とはどういったものなのか? 作者が思い描く「愛情」がヒシヒシと伝わってくる内容。 また光三の人柄が周囲に与える影響も大きく、彼が死刑執行を受ける前日に、皆でお別れ会を開くのですが、この場面が涙なしでは語れません。 久しぶりに感動した作品でした。

次の

Wikizero

冤罪 父 と 子 の 旅路

もくじ (文字クリックでジャンプ出来ます)• 簡単なあらすじ 26年前、 柳瀬光三は水商売の女性と結婚して子供をもうけたが、妻は家事どころか子供の面倒を一切みずに他の男と何処かへ消えてしまった。 全ては子供のため、と懸命に妻を探したが見つからず、挙句の果てに自分はガンに侵され子供を育てられない状態になってしまう。 自分には身寄りがないため、妻の実家に託そうとしたが、妻とは絶縁状態だった実家では門前払い。 大金が入っていた財布をどこかで落としてしまい、人生のドン底に立たされた光三。 幼い子供がいるからと、親切に泊めてもらった家で悲劇が起きた。 光三が泊めてもらった家族が幼い男の子だけを残して何者かに殺されてしまったのだ。 丁度、この家族にお金を借りようとしていた光三は、たしかに事件後にタンスからお金を盗み出し、子供とともに逃亡している。 室内のあちこちに指紋がついていたことから光三が疑われ、逃亡先で捕まり拘置所に収監。 取り調べで犯行を自供したので、裁判では死刑が確定し、死刑囚として拘置所に収監されることになった。 しかし気になるのは、彼は抱いていた一人息子の光男を誰に託したのか? 事件は大きく報道されていたので、託された人は名乗り出ても良いはずなのに・・・。 そして光三もまた、誰に託したか一切喋ろうとせず、今日まで26年間沈黙を守り続けている。 そして現在、別の場所で物語が動き出そうとしている。 河村礼菜は余命宣告された母親・ 河村あかねの実家を訪ねたが、母親と実家は疎遠になっていたらしく、案の定、冷たくあしらわれてしまう。 ただ、この時自分には異父兄がいることを知らされる。 祖父いわく、兄の居場所は分からないが、その父親なら一家3人を殺した殺人容疑で拘置所にいるらしい。 兄に会いたい・・、口には出さないけど末期がんの母親も息子に会いたいと思っているかもしれないので、兄を探す決意をする礼菜。 冤罪で死刑が確定した光三は疑いを晴らす事ができるのか? そして息子の光男は生きているのか? 礼菜は異父兄(光男)を探すことが出来るのか? 点と点でバラバラになっていた物語は、やがて一つの線になって繋がっていく・・・・。 冤罪のお話ですが、疑いを晴らすことがゴールじゃないのがこの物語です。 このお話は家族の絆を描いた作品で、息子を思う父親の姿に、私は久しぶりに小説で泣きました。 読みながら参考にしていただければと思います。 あかねは光三と結婚しましたが、育児放棄をして失踪。 光三は幼い光男を抱いて、あかねを捜索しますが、大富一家殺害事件に巻き込まれ、容疑者として収監されることに。 あかねはその後、知り合いだった河村と再婚し礼菜が生まれる。 殺された大富家の唯一の生き残りである祐介は妻の兄夫婦に引き取られ、今は弁護士として社会生活を送っている。 礼菜は生き残った息子の祐介が弁護士になっていると知り、冤罪だと思われる光三の弁護人として依頼しますが、もちろん祐介は断ります。 容疑者の弁護をなぜ自分がやらなければいけないのか? はじめはそんな風に思っていましたが、光三が犯人ではないかもしれない、と思うようになり、礼菜の依頼を受けることになったのです。 柳瀬光三という不幸の男 柳瀬光三の父親は3歳の時に死亡し、母親は光三を親戚に預けて芸者になったという。 中学を卒業してすぐに住み込みで働きだし、大人になった。 山口の町にふらりとやって来た花木あかねという女性と結婚。 息子をもうけたが、あかねは育児放棄をして、他の男と何処かへ行ってしまった。 息子のためにも母親は必要だと考えた光三は散々探し回ったが見つからず、挙句の果てに自身がガンに侵されていることを知る。 長くは生きられないと悟った光三はあかねの両親を訪ねたが、引っ越しして別の住所に移り住んでいた。 あかねの両親が住んでいた場所は現在、大富家が住んでおり、大富は光三の事情を知り、泊めてあげることに。 あかねの両親が住んでいる住所がわかったので、大富家に子供を預けて翌日に訪ねたが、聞き入れてもらえず、落胆して帰る途中で大金が入った財布を落としたことに気づく。 大富家では、お世話になった上にお金まで借りなければいけないと、重たい足取りで大富家に帰ると、そこは目を覆いたくなるような光景だった。 大富夫妻、そして祖父が何者かに殺されていたのだ。 唯一、子供だけは生き残っており、光三は帰りの電車賃だけを拝借し、光男とともに現場を離れた。 警察の見解 柳瀬のアパートの指紋と大富家の各所から検出された指紋が一致。 タンスの中にまで指紋があったという。 あかねの両親に子供の引取を拒否されたあと財布を紛失し、大富家に借金を申し入れたが断られた。 自分の家族の不幸と大富家の幸せな家庭を比べて思わず凶行に及んでしまったのではないか。 しかし気になる点がいくつか有る ・大富家のキッチンにあった包丁が凶器とされたが、光三が証言した場所で見つかっていない ・抵抗したあとが無かったが、光三がキッチンから包丁を入手する際に、大富家は不審に思わなかったのか? ・刃物店で若い男が柳刃包丁を購入している ・子供と一緒に逃走し、何処かへ預けたが、それは言えないという 凶器がみつかっていないが、現場に残された指紋、そして本人が自供したことから死刑が確定。 拘置所に収監された。 光三はどうして息子の居場所を言わないのか?そしてやっていないのにどうして自供してしまったのか? 自分が犯人であると自供したのは、どうやら自分の息子と関係があるようです。 あかねの娘・礼菜と異父兄の存在 光三のアパートから去ったあかねは、以前からの知り合いだという河村真二と結婚し、娘の礼菜が生まれた。 やはり礼菜の時もあかねは子育てをしなかった。 母親が働くスナックのママの姉が、礼菜が中学3年になるまで面倒見て、それから母親と二人で生活するようになったが、飲んだくれの母親の印象は最悪。 しかし礼菜が大学の時に子宮がんで入院。 その時は回復したが、最近、倒れて病院で検査の結果、末期がんで余命僅かだという。 礼菜は母の病状を伝えたくて実家を訪ねたが、実家と母親は絶縁状態だったので、良い返事はもらえなかった。 しかし居場所は分からないが異父兄の存在を教えてもらい、その兄の父親なら殺人容疑で拘置所にいるという衝撃的な事実も聞かされた。 母は何も言わないが、光三との間に生まれた光男(礼菜の異父兄)に会いたいのではないだろうか? 光男のときも、礼菜の時も母親失格だったが、今は人が変わったように後悔しかしていないと母は言う。 そんな母親に光男を会わせたい、というよりも自分に兄が居たことに驚きで、一度会ってみたいと考えた。 26年前の事件を担当した刑事の話では、光三はどうやら犯人ではないかもしれないと刑事は言う。 大富家の生き残りで浅利家に引き取られた祐介が弁護士なっていると聞き、光三の弁護人を依頼したが案の定、断られてしまった。 Sponsored Link 浅利祐介の心の移り変わり 26年前、大富一家が惨殺された事件で、生き残った祐介は母親の兄夫婦に引き取られスクスクと育ち、現在は弁護士として活躍していた。 礼菜は当時の事件を担当した刑事に会い、光三は犯人じゃないかもしれないということと、祐介の居場所を聞き出すことが出来た。 祐介は礼菜の突然の訪問と、光三の冤罪について聞かされたが、両親を殺した犯人をどうして自分が担当しなければいけないのか?依頼をしてきた礼菜の無礼さに怒りを覚えたが丁重に断った。 しかし時間とともに少しずつ祐介の心境も変わっていく。 彼女の依頼を断れば光三は病死か刑の執行で死ぬ。 柳瀬が死んだ場合、祐介は後悔しないか?そしてもし無実だった場合、見殺しにした罪の意識に苛まれないか?真相は永久に闇に葬られることになる。 祐介は熟考に熟考を重ね、「弁護を引き受ける」ことにした。 事件を調査して、彼が真犯人であれば素直な気持ちで罪を見て目て欲しい、無実ならば光三を救い出してあげたい。 そんな思いだった。 次のページにて真犯人と結末をご紹介です.

次の

家族の旅路の原作ネタバレ!結末や犯人は衝撃!?

冤罪 父 と 子 の 旅路

本作品を原作としたTVドラマが面白かったので、後から原作も読みました。 ドラマを見た後で原作を読んでもどうかと思いましたが、ストーリーとしての違いはありませんが、細かい部分が小説の方が丁寧に描かれているので、読んだ価値はありました。 私がドラマ視聴中に見落とした内容が含まれるかもしれませんが、小説を読んで合点がいった点を書きます。 まず本当の犯人はなぜ赤ん坊まで殺したのかという点。 いくら凶暴な犯罪者でも証言のできない赤ん坊まで殺す必要はなかったのではないかと思っていました。 これについては金銭的な動機があることがわかりました。 また、柳瀬光三が26年前に大富家で殺人現場に赤ん坊を置き去りにしてまで、なぜ我が子を他人の家族にゆだねようとしたのかという点。 そうまでしなくても公的機関に相談すれば乳児院などに安全に我が子を預けることはいくらでもできたのではないかと思っていましたが、小説で柳瀬光三の生い立ちを知って、やっと納得がいきました。 さらに、光男の母親のあかねは光男のことは面倒をみずにあっさりと捨てたのに、その後に生まれた礼菜のことはよく育てたなという点。 これも小説では水商売として働いていた店のママの知り合いの女性に礼菜のことを育ててもらっており、礼菜がある年齢に達するまでいっしょに暮らしてはいません。 こちらの設定のほうが、この母親から生まれた礼菜が、描かれているようなまともな女性に育ったことを含めて、自然だと感じました。 あとTVドラマではほとんど描かれていませんが、拘置所での死刑囚の生活の様子、たとえば死刑囚は独居房なので死刑囚どうしはまったく顔を合わせないのかと思っていましたが、そうではなくお互い話をするような機会があり、そういった場を通じて柳瀬光三が他の死刑囚や刑務官たちからどれほど信頼・尊敬されていて、だれもが彼は冤罪だと信じていた点も小説を読んでよくわかりました。 いきなり自慢ではないが、私は、冷血というか、映画や本の感動ものをみても、涙したことがない。 しかし、この本は、心を揺さぶられました。 電車の中で危うく涙が出そうになり、深呼吸して涙を流さずに済んだが、隣の席の女性に不審な目で見られてしまった。 長年生きてきて、ここまで感動したのは初めて。 子を思う気持ち。 いや、想う気持ち。 自己犠牲の父。 その父を想うまわりの人々。 こんな日本に戻さないといけない。 親子、友人、隣人、みんながお互いを想う気持ち。 現代は、全く逆に、親子が殺し合う世の中。 人も車も交差するときに、一歩を待てない人々。 「お先に、どうぞ!」と言えない悲しさ、慌ただしさ。 ぶつかってしまい、お互いにらみ合い。 心寂しすぎる。 お互いに心すり減らし、家に帰れば、殺人の暗いニュースばかり。 皆さん、言葉で言い尽くせないので、読んでください。 私は、早速、家族にまわしました。 「父さんでも、泣きそうになるんだ」と、感心してもらいました。 小杉さん!感動をありがとう!.

次の