タカトシ 温水 の 路線 バス の 旅。 タカトシ&温水が行く小さな旅シリーズ

タカトシ温水の路線バスの旅/動画/見逃し配信2月29日無料視聴フジテレビ/フル配信|VOD劇場

タカトシ 温水 の 路線 バス の 旅

フジテレビ「タカトシ・温水の路線バスの旅~篠原ともえと行く、籾殻かまど御飯と、のざき牛の素焼きを求めて、武蔵国(埼玉県)の旅~」の、名場面ダイジェスト記事です。 オープニングは、草加市にある、牛もつを使ったラーメンが、名物の店の前で、今回のゲスト・篠原ともえと、早くも合流、彼女の提案した、「シノラー、朝ラー!」と声を出しながら、皆でジャンプをする演出に、タカトシも、温水も・・・揃って、拳を握り締めます。 実は、ラーメン屋の外でも、「ツルンとしてるから、寒い感じがしちゃうの」と、温水の薄毛いじりをしていた、篠原ですが、入店してからも、「ここからのアングル、パンチありますね」と、再び、温水の薄毛いじり・・・日本の薄毛界を代表する、稀代のカリスマ(温水)に、無礼を働いた罪は重く、彼女は、必ず、日本の薄毛界全体を、敵に回すこととなるでしょう。 勝手に、予定外の場所で、バスのボタンを押し、「レッツ、シノラー!」と、はしゃぐ篠原に、思わず「(アスファルトに)パワーボム」を食らわしたくなる、タカでしたが、さすがに女性相手に、それは不味いと断念・・・もしかしたら、このことが切っ掛けとなり、次の国会で、「男女パワーボム機会均等法」が、成立するかも知れません。 道を訊ねるフリをして、自転車を奪おうとした、おかしな発言を繰り返す女を、トシが現行犯で捕まえ、説教してみるものの、女は、全く、反省することなく、自転車のベルを、「リンリンリーン!」と、嫌がらせで鳴らして、この街のパン屋の名店の方へ、逃げて行くのでした。 トーストしなくても美味しい、生食パンが売れている、平日でも行列が出来る、人気のパン屋さんには、あの明石家さんまと、野球選手のイチローと、仮想通貨の勧誘で有名な、サングラスの芸人のサインが、3枚、飾られていました。 バス停の前に出来た、雪のリンクを使って、最近、習っているらしい、フィギュア・スケートを披露する篠原・・・密かに、温水が「手、放してもいい?」と、番組スタッフに、アイ・コンタクトを取りますが、この後、放さなかったところみると、「気持ちは分かりますが、堪えてください」と、プロデューサーあたりに、言われたようです。 篠原が、自分のファンの子供に出会ったら、配っているという、ライトが光る指輪に、どうしても反応してしまう、トシを見て、相方のタカが「懐中電灯の光だって、いつも、追い掛けるからね」と、これまでずっと、隠し通して来た、トシの「昆虫的性質」を、ついに暴露します。 一足作れば、一生モノになる、オーダーメイドの靴屋さんは、あのTBSドラマ「陸王」の、ランニング・シューズも作っていたそうで、ビックリする、タカトシや温水でしたが・・・ただ一人、陸王なんて観ていない、篠原は、「わあ、これはマニアには堪らない!」と、万能のテキトー・コメントで、この場を、何とか、切り抜けます。 沖縄出身の、明るいたこ焼き屋のおばちゃんに、篠原が、「北海道産の、まだまだ活きの良い、タコ(トシ)」を紹介しているところです。 名字が同じだから、という理由だけで、テンションがマックスになり、寝具店の前で、記念撮影をする、篠原に対して、カメラマンのタカに限らず、トシも、温水も、全番組スタッフも、お茶の間の全視聴者も、きっと、「やれやれ」と思っていることでしょう。 いかにも、インスタ映えする、ジャンボシェイクを、勢い良く、ストローで吸い上げる温水を、タカは「チョウチョ」、篠原は「妖怪」と例えながら、この「チョウチョの妖怪」を、みんなでじっくり、観察しているところです。 タカトシを使って、動画撮影をしたいから、二人並んで、頭を横に揺らして欲しい、と頼む、篠原に対して、もはや、バラエティーとは言えない、ドキュメンタリー・タッチな、本気の拒絶顔をしてしまう、トシの姿です。 去年、浦和レッズが、アジア制覇を果たした時、選手が、打ち上げにやって来たという、浦和サポーターの聖地とも言うべき、居酒屋で、各種焼き鳥を食べ、去り際、店員さんたちに、タカ「サッカー、頑張ってください!」、トシ「あの人たちは、サッカーやってないから!」という、超オーソドックスな、ボケとツッコミを、プレゼントします。 料理だけではなく、庭も、建物も、階段のホラーな人形も素晴らしい、高級感のある料亭で、お目当ての「のざき牛(日本で初めて、個人名がついたブランド牛)の素焼き」を食べ、タカトシも、篠原も、「これまで食べた、牛の中で一番!」と断言する中、温水だけが、「一番に近いかも」と発言、この状況で、何という、正直な男・・・。 今回の旅の、もうひとつの目的、「籾殻かまど御飯」を食べた、タカが「測定不能!強烈な旨味!今までの米の概念が、ぶっ壊れましたよ!もう、普通の米、食べられなくなっちゃう!」と、さっきの温水とは対照的な、「少なくとも、普通の米、これからも食べるだろ!」と、全視聴者に突っ込まれるだけの、大袈裟な食レポを、タカがしたところで・・・この記事も終了です。 読者の皆さん、私のくだらない、結構な長文、最後まで、お付き合い頂き、本当に、有り難うございました。 機会があれば、また、訪問してください。 kitafumi.

次の

タカトシ温水の路線バスの旅「横浜/春節の中華街 路地裏の名店…」

タカトシ 温水 の 路線 バス の 旅

フジテレビ「タカトシ・温水の路線バスの旅~篠原ともえと行く、籾殻かまど御飯と、のざき牛の素焼きを求めて、武蔵国(埼玉県)の旅~」の、名場面ダイジェスト記事です。 オープニングは、草加市にある、牛もつを使ったラーメンが、名物の店の前で、今回のゲスト・篠原ともえと、早くも合流、彼女の提案した、「シノラー、朝ラー!」と声を出しながら、皆でジャンプをする演出に、タカトシも、温水も・・・揃って、拳を握り締めます。 実は、ラーメン屋の外でも、「ツルンとしてるから、寒い感じがしちゃうの」と、温水の薄毛いじりをしていた、篠原ですが、入店してからも、「ここからのアングル、パンチありますね」と、再び、温水の薄毛いじり・・・日本の薄毛界を代表する、稀代のカリスマ(温水)に、無礼を働いた罪は重く、彼女は、必ず、日本の薄毛界全体を、敵に回すこととなるでしょう。 勝手に、予定外の場所で、バスのボタンを押し、「レッツ、シノラー!」と、はしゃぐ篠原に、思わず「(アスファルトに)パワーボム」を食らわしたくなる、タカでしたが、さすがに女性相手に、それは不味いと断念・・・もしかしたら、このことが切っ掛けとなり、次の国会で、「男女パワーボム機会均等法」が、成立するかも知れません。 道を訊ねるフリをして、自転車を奪おうとした、おかしな発言を繰り返す女を、トシが現行犯で捕まえ、説教してみるものの、女は、全く、反省することなく、自転車のベルを、「リンリンリーン!」と、嫌がらせで鳴らして、この街のパン屋の名店の方へ、逃げて行くのでした。 トーストしなくても美味しい、生食パンが売れている、平日でも行列が出来る、人気のパン屋さんには、あの明石家さんまと、野球選手のイチローと、仮想通貨の勧誘で有名な、サングラスの芸人のサインが、3枚、飾られていました。 バス停の前に出来た、雪のリンクを使って、最近、習っているらしい、フィギュア・スケートを披露する篠原・・・密かに、温水が「手、放してもいい?」と、番組スタッフに、アイ・コンタクトを取りますが、この後、放さなかったところみると、「気持ちは分かりますが、堪えてください」と、プロデューサーあたりに、言われたようです。 篠原が、自分のファンの子供に出会ったら、配っているという、ライトが光る指輪に、どうしても反応してしまう、トシを見て、相方のタカが「懐中電灯の光だって、いつも、追い掛けるからね」と、これまでずっと、隠し通して来た、トシの「昆虫的性質」を、ついに暴露します。 一足作れば、一生モノになる、オーダーメイドの靴屋さんは、あのTBSドラマ「陸王」の、ランニング・シューズも作っていたそうで、ビックリする、タカトシや温水でしたが・・・ただ一人、陸王なんて観ていない、篠原は、「わあ、これはマニアには堪らない!」と、万能のテキトー・コメントで、この場を、何とか、切り抜けます。 沖縄出身の、明るいたこ焼き屋のおばちゃんに、篠原が、「北海道産の、まだまだ活きの良い、タコ(トシ)」を紹介しているところです。 名字が同じだから、という理由だけで、テンションがマックスになり、寝具店の前で、記念撮影をする、篠原に対して、カメラマンのタカに限らず、トシも、温水も、全番組スタッフも、お茶の間の全視聴者も、きっと、「やれやれ」と思っていることでしょう。 いかにも、インスタ映えする、ジャンボシェイクを、勢い良く、ストローで吸い上げる温水を、タカは「チョウチョ」、篠原は「妖怪」と例えながら、この「チョウチョの妖怪」を、みんなでじっくり、観察しているところです。 タカトシを使って、動画撮影をしたいから、二人並んで、頭を横に揺らして欲しい、と頼む、篠原に対して、もはや、バラエティーとは言えない、ドキュメンタリー・タッチな、本気の拒絶顔をしてしまう、トシの姿です。 去年、浦和レッズが、アジア制覇を果たした時、選手が、打ち上げにやって来たという、浦和サポーターの聖地とも言うべき、居酒屋で、各種焼き鳥を食べ、去り際、店員さんたちに、タカ「サッカー、頑張ってください!」、トシ「あの人たちは、サッカーやってないから!」という、超オーソドックスな、ボケとツッコミを、プレゼントします。 料理だけではなく、庭も、建物も、階段のホラーな人形も素晴らしい、高級感のある料亭で、お目当ての「のざき牛(日本で初めて、個人名がついたブランド牛)の素焼き」を食べ、タカトシも、篠原も、「これまで食べた、牛の中で一番!」と断言する中、温水だけが、「一番に近いかも」と発言、この状況で、何という、正直な男・・・。 今回の旅の、もうひとつの目的、「籾殻かまど御飯」を食べた、タカが「測定不能!強烈な旨味!今までの米の概念が、ぶっ壊れましたよ!もう、普通の米、食べられなくなっちゃう!」と、さっきの温水とは対照的な、「少なくとも、普通の米、これからも食べるだろ!」と、全視聴者に突っ込まれるだけの、大袈裟な食レポを、タカがしたところで・・・この記事も終了です。 読者の皆さん、私のくだらない、結構な長文、最後まで、お付き合い頂き、本当に、有り難うございました。 機会があれば、また、訪問してください。 kitafumi.

次の

タカトシ温水の路線バスで!【城ヶ島~横須賀・走水の黄金アジ】

タカトシ 温水 の 路線 バス の 旅

お茶の間の人気者たちが有名観光地や街の路地裏をぶらり旅する様子をシリーズで放送していく。 シリーズ一つ目は、毒舌キャラの人気芸人・有吉弘行が生野陽子 フジテレビアナウンサー と一緒に、あらゆるものに正直にコメントをしながら、地元の人情に触れていつの間にかほっこりしていく「有吉くんの正直さんぽ」。 二つ目は、タカアンドトシ・温水洋一が大都会の真ん中で息づく庶民の暮らしや路地裏や横丁のあったか商店街の魅力を紹介していく「タカトシ温水の路線バスの旅」。 トシが突っ込みタカがボケて温水がまったり外しながら、三人ならではの雰囲気で、その街の知られざる「顔」、新しい「街ぶら」を提案する。 ぜひ、ゆっくりとお楽しみください。 鎌倉や吉祥寺など観光地としても有名な場所でも、ガイドブックやインターネットには記載されていない地元の方だけが知っている美味しいお店やスポットなどを紹介してくれるので、一通り観光を行った場所でもまだまだ楽しいところはある!と教えてもらえます。 そのため、また行きたい!と思わせてくれたり、観光地を調べただけだと興味はわかなかったけど、こんな場所や美味しいお店があるなら行きたい!と思わせてくれるのも魅力だな、と思います。 何より、タカトシのお二人の軽快なやりとりやそこに加わる温水さんや地元の方との会話の化学反応で、よりその地域が魅力的に見え、思わず行ってみたい!と思わせてくれそうだな、と思いました。 その会話のやりとりを見てるだけでも面白そうだな、と思います。 また観光地だけでなく、裏路地や普段なら観光場所として選ばないところのお薦めスポットを紹介してもらえるのも面白いポイントです。 このコーナーを通してたくさんの人に自分たちの住む場所の魅力や楽しさを伝えることができるので、待ちの活性化にも繋がるかもしれない、というのも素敵だなと思います。 なかなか焼き鳥好きとすると焼き鳥の町というのが気になってしまいます。 焼き鳥屋が多いからついた名前なんだろうなとは思いますがどんな町なのか楽しみです。 タカアンドトシと温水洋一という緩いコンビがこの番組の売りだと思っています。 温水洋一が容姿からそう感じてしまってるのは申し訳ないんですが緊張感を感じないんです。 そのぶんピリピリ感が全くなく落ち着いた雰囲気でのロケが見ていて癒やされてしまうんです。 結構この番組は一般の人との触れ合いも見ていて楽しいです。 普通に話をしている場面などでタカトシ、温水洋一、ゲストの人間性がわかるんで個人的には注目している場面なんです。 いろんな場所を巡ってくれるのもこの番組の良いところだなと感じています。 観光地めぐり食べ歩きなどかなりの距離を歩いているなと見ていて感じています。 思ったより大変な番組だなというのは伝わってきます。 タカトシと温水洋一とゲストとの会話というのも楽しみで、温水洋一が入るだけでトークの雰囲気が変わるのが面白いです。 タカトシ温水の路線バスの旅 視聴者感想 タカアンドトシの魅力は先ずは優しい性格からなのか、ほのぼのとした雰囲気の2人を見ていると落ち着くというところです。 ロケなどでもタカアンドトシが出ているとついつい癒やされてしまう存在なんで見てしまいます。 高く評価しているのは先ずはタカのボケです。 かなり手数を打てるというイメージで他の人が思いつかないようなボケ方をするときは頭の回転の速さと発想の違いが凄いなと思っています。 そのボケに対してツッコミを入れれるトシがまた凄いなと思っていて瞬時によくわかったなと感じる時があります。 有吉と一緒にロケをしている番組でも有吉がほかの番組とは違いボケまくるんですが、それに対して的確にツッコミを入れるところが素晴らしいなと思っています。 多分有吉もトシが分かりにくいボケをしてもきっちり拾ってくれるからあれだけボケるんだろうなと思っています。 信頼関係があるんだろうなと伝わってくるんです。 最近はたまにしかやってないですがコントもむちゃくちゃ面白いです。 個人的にはコントに関してはタカアンドトシかバイきんぐのどちらかが1番面白いと思っていてかなり高い評価をしています。 違う視点からネタを作り出しているというのが秀逸だなと思っています。 まとめ タカアンドトシさんは、二人とも、北海道出身の芸人さんですが、所属は吉本興業ですが、私個人としては、あまり吉本芸人という印象が薄い感じがします。 多分、北海道出身というのもあるかと思います。 このネタは結構有名だと思いますし、このネタで知名度が広まったのかなと思います。 また、タカさんは本気なのかボケているのか、どっちかよくわからないのですが、よく泣くネタ?をするのを見るのですが、アレが個人的にですが、おもしろくて好きです。 タカアンドトシさんは、今はないですが、よくとんねるずの番組に出ていて、ドッキリを仕掛けられたり、高価な物を買わされたりといじられていた印象があります。 後日談で、タカアンドトシさんは、とんねるずさんに憧れていたようで、一緒に共演できた事がうれしかった事、また感謝しているとの事を言っていて、またとんねるずさんの方も、タカアンドトシさんの人柄や礼儀正しさ、芸人としての力量を高く評価している事を言っており、それが現在の活躍に繋がっているのだと思います。 最近は看板番組も持ってますし、今後も活躍する所を見ていきたいです。 ボケとツッコミという役割分担が非常に分かりやすいですし、どっちも容姿にとても特徴があるし不快にさせる部分もないところが好きです。 私は北海道時代の売れてない時代から知ってますけども正直ここまで売れるとは思ってなかったですが北海道時代よりも格段に面白くなったし芸とトーク力に磨きがかかってきた印象があります。 ツッコミのほうは昔は坊主頭でなかったけども坊主頭にしてからとても良い具合にボケ役とのコントラストが感じられていいです。 今すごい勢いがあってMCを務める事が増えてますけどもツッコミのほうのトーク力が以前よりも良くなったからって部分も大きいかと思います。 あとはこの二人は万人受けするタイプってのも大きいです。 ボケのほうはどこかかわいらしさとおバカな雰囲気がとてもみてて癒されるです。 老若男女問わず好かれるキャラかなって感じます。 それはツッコミのほうにもいえます。 安心して見れる二人ですし今後もMCを務める番組がどんどん増えていくはずです。 不祥事とかにも無縁です テレビ局も安心して期用していける二人かなって感じますし私もまだまだ二人をみたいです。

次の