安倍昭恵。 安倍昭恵さんが居酒屋営業再開、家にいると息が詰まる|NEWSポストセブン

安倍昭恵夫人、コロナ自粛下に団体旅行…潰瘍性大腸炎の安倍首相、感染リスク増大の懸念

安倍昭恵

Contents• バカすぎる意外な理由とは!? 安倍昭恵さんについて検索すると「 バカすぎる」というキーワードが出てきます。 一体なぜこのようなキーワードが出てくるようになったのでしょうか。 実は安倍昭恵さんの 言動にかなり問題があったようです。 1つ目は 安倍政権に反対する人とのスリーショットの写真が流出したからです。 その画像はこちらです。 youtube. com こちらに写っている方たちは安倍政権に反対しているようですが、その 横で安倍昭恵さんは微笑んでいます。 心が広いという見方もできますが、安倍総理の夫人としての行動としては不自然のような気もします。 2つ目は 大麻に興味があるからです。 そもそも安倍昭恵さんが大麻に興味を持つようになったのは、 高樹沙耶さんと親交があったからのようです。 高樹沙耶さんは薬物で逮捕されましたが、高樹沙耶さんの影響を受けてしまったみたいです。 そういうことから安倍昭恵さんは 大麻解禁活動に力を入れているほどだとか。 この安倍昭恵さんの行動に対して安倍晋三首相や周りの人たちは大麻解禁には反対しています。 それでも安倍昭恵さんは聞く耳を持たず、 「第一回世界大麻環境フォーラム」に出演するなどしています。 日本の法律ではもちろん大麻は違法ですから、このような安倍昭恵さんの行動はやはりバカと言われても仕方ありませんね。 安倍昭恵さんには安倍晋三首相のファーストレディとして言動には気を付けてもらいたいですね。 スポンサーリンク 逮捕が秒読みの噂が浮上!? 安倍昭恵さんの 逮捕が秒読みの噂が浮上していますが、その理由はやはり 大麻が関係しているようです。 先ほども紹介しましたが、安倍昭恵さんは大麻に興味があります。 そして逮捕の噂が浮上するきっかけとなったのは、 安倍昭恵さんが上野俊彦さんの町おこしに賛同していたからです。 どういうことかというと、上野俊彦さんは「株式会社八十八」の代表だったそうですが、 大麻を使って町おこしをする動きをしていたようです。 実際に上野俊彦さんは大麻で逮捕されましたが、そのような町おこしは恐ろしいですよね。 そんな町おこしに安倍昭恵さんが賛同したことで逮捕の噂が浮上したわけです。 それで安倍昭恵さんが逮捕されるかというと、その 可能性は低いのではないかと思われます。 なぜなら安倍昭恵さんは大麻には興味があるものの、 実際に所持や使用をしたかどうか分からないからです。 それに安倍晋三首相の夫人ですから、 逮捕となると圧力がかかる可能性もあるかもしれません。 ましてや警察のトップは国家公安委員長ですから、普通の警察が逮捕する可能性は低いでしょうね。 ちなみにこれまでの日本の政治では 総理大臣や総理大臣夫人の逮捕は歴史上ないようです。 でも安倍昭恵さんのあのような言動を見る限りでは、また何か騒動を起こす可能性はあるかもしれませんね。 スポンサーリンク.

次の

本当は怖い安倍昭恵(simatyan2のブログ) 赤かぶ

安倍昭恵

スポンサーリンク 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、外出自粛の要請が発令。 多くの国民は「パーティー」や「ライブ」、「旅行」などを我慢しています。 Contents• 安倍昭恵は世間知らずでバカすぎる 有名なことだけど、安倍昭恵さんはカルト信者と言われてるよね。 福島原発事故のときもFBで「放射能に感謝」と言っていた。 放射能に感謝… スピリチュアル系を無批判に信じているようです。 高校時代は遊んでばかりで、教師から「大学は無理」と言われ、「じゃあ結構」と聖心女子専門学校に進学した。 しかし、最終学歴にコンプレックスがあったようで、2009年から立教大の大学院に入学、博士号を取得しているそうです。 私たちの常識とは「常識」の定義が違うのかもしれません。 「自分の常識、他人の非常識」という言葉もありますからね… 自分の中では当たり前だと思っていること もしかしたら 他の人からみたら異常かもしれない それは育った環境、出会った人に 左右されるから仕方ない 人それぞれの価値観が出来上がっている。 発達障害とは 生まれつき脳の発達に障害があることの総称。 幼児のうちから症状が現れてくることがほとんどで、対人関係やコミュニケーションに問題を抱えたり、落ち着きがなかったり、仕事や家事をうまくこなせなかったりと、人によって症状はさまざま。 しかし、安倍昭恵さんは発達障害には当てはまらないと思われます。 確かに「興味のある物は深く突き詰め、興味のない物には全く無関心」というところは当てはまるのかもしれませんが、安倍昭恵さんの無神経な言動は「想像力の欠如」ではないかと言われています。 このような想像力の欠如は、名門の大富豪のお坊ちゃまやお嬢さまにしばしば認められる。 幼い頃から使用人にかしずかれ、何でも許容されて育つと、「こんなことを言うと相手がどう感じるか」「こんなことをすると相手がどう思うか」などと想像力を働かせる必要がないからである。 確かに、小さい頃から親や他の大人たちや友達の反応を想像して行動をしてきたところは多かれ少なかれ皆さんありますよね。 反感をかったり、怒らせてしまったら…、言動を慎むことを自然に学んでいたのかもしれません。 昭恵夫人は、そんなことをする必要がない環境で育ったのではないか。 必要がなければ、想像力は育たない。 そもそも、想像力を働かせるのは結構頭とエネルギーを使う作業なので、その必要がなければ、周囲の反応など無視して自分のやりたいことをやりたいと願うのが人間という生き物である。 だから、昭恵夫人に想像力が欠如しているのは当然だ。 自分の言動が国民の反感と怒りをどれほどかき立てるかも、批判をどれほど浴びるかも想像できない。 また、自殺した赤木さんの遺族の気持ちをどれほど逆なでするかも想像できない。 安倍昭恵さんのように、想像力が欠如している方は、罪悪感を持ち合わせていないことが多く、当然然、後悔も反省もできないそう… 一時的に後悔や反省したような素振りを見せても、また同じような事を繰り返すという特徴があります。 ん~、納得です。 安倍昭恵の精神疾患のヤバイ噂は本当? 安倍昭恵「日本を取り戻すのは、大麻を取り戻すということ」 — エターナル田村 eternaltamura ネット上で安倍昭恵さんを調べると「精神疾患」というワードが出てきます。 気になったので調べてみましたが… 精神疾患とは、脳の働きの変化によって、感情や行動などに著しいかたよりが見られる状態のことです。 統合失調症やうつ病、双極性障害(躁うつ病)などが挙げられます。 という事なので、安倍昭恵さんとは関係なさそうですね。 きっと、安倍昭恵さんの「空気読めない」「無神経」ぶりから、精神的に問題があるのでは?と疑われたものだと思います。 他にも、「気になっていることは?」と記者からの質問に 「いま、大麻を広げようと思っていて。 私が応援していた(大麻栽培を行う)人が逮捕されてしまったんですが……」 など、あっけらかんと言っていた。 折しも、元女優の高樹沙耶被告が大麻取締法違反で逮捕された直後。 にもかかわらず、昭恵夫人の口ぶりと態度は、イタズラがバレた少女のようでしかなく、まるで屈託がなかった。 ん~、誰か、安倍昭恵さんを止めて~!! そして、安倍昭恵さんは以前から、スピリチュアル的な事に関心があるようです。 今回の大分の旅行も、松久正(ドクタードルフィン)という方の怪しいツアーに参加していたようです。 ツアー名は「神ドクター君臨 in Oita」! 名前からして、かなり怪しい感じがします(笑) 安倍昭恵さんが大分で参加したツアー、激烈過ぎて笑いが止まらない — Akira AshtangiAkira 松久正(ドクタードルフィン)について興味のある方は、記事最後にある関連記事をご覧ください^^ 「どこでツアーをお知りになったのかは分かりませんが、昭恵さんから『コロナで予定が全部なくなっちゃったので、どこかへ行こうと思っていたんです。 宇佐神宮へは前から行きたかった。 私も参拝していいですか』とご連絡をいただきました。

次の

安倍昭恵夫人の中身のない「万能感」がキモチワルイ(週刊現代)

安倍昭恵

名前:安倍 昭恵(あべ あきえ) 旧姓:松崎(まつざき) 愛称:アッキー 生誕:1962年6月10日 出身:東京都 異色の活動をする総理大臣の妻・安倍昭恵 安倍昭恵さんは専門学校を卒業した後、電通に勤務し、その後衆議院議員の安倍晋太郎さんの二男である安部晋三さんと結婚しました。 夫の安部晋三さんは衆議院議員、さらには内閣総理大臣となりますが、安倍昭恵さんは ラジオのディスクジョッキー、居酒屋の経営など、政治家の妻としては異色の活動を展開しています。 瑞穂の國記念小學院では名誉校長を務めていたものの森友学園問題が浮上した際に退任しました。 同様に、御影インターナショナルこども園では名誉園長を務めていましたが、のちに加計学園問題が取り沙汰された際に問題視されました。 更に大麻解禁、反原発など、夫の安部晋三さんとは異なる主張を展開することもたびたびあります。 1987年に安倍晋三と結婚した安倍昭恵 安倍昭恵さんは 職場の上司の紹介で安倍晋三さんと出会い、1987年6月に結婚しました。 安倍晋三さんと安倍昭恵さんは残念ながら 子宝に恵まれず、不妊治療を試みたりするものの実をを結ばず、最終的には養子縁組も検討したそう… そして2006年9月、安部晋三さんの首相就任により、ファーストレディとなりました。 安倍内閣発足時、安倍昭恵さんは北海道洞爺湖サミット開催までは安部晋三が政権を維持できると予想していたそうです。 10月8日の安部晋三さんの韓国・中国訪問でファーストレディとして実質的な外交デビューを果たし、その後も夫の外訪の際には必ずと言っていいほど付き添っています。 安倍昭恵さんの活動については「米国型のファーストレディを意識している」との分析もあり、彼女の活動を補助する「首相公邸連絡調整官」なるポストが設けられ、宮家邦彦さんが就任しました。 更に安倍晋三さん以外の候補者の選挙応援にもかかわるようになり、2007年1月28日に北九州市を訪れ、自公推薦候補の柴田高博さんの応援演説を行い、安倍昭恵さんにとって初めての応援演説でした。 第1次安倍政権以後は病気で入院中の安部晋三さんに対し、安倍昭恵さんは政治家引退を勧めたが拒否されてしまいます。 そして2012年12月16日、衆議院選挙が行われ、この日まで安倍昭恵さんも選挙活動を行い、自民党候補者を応援するべく全国を回っていた夫に代わって、地元・山口で支持を訴えました。 選挙の結果、安倍晋三さんの当選も含めて自民党は政権を奪還し、自民党総裁であった安倍晋三さんが首相に再登板し安倍昭恵さんも再びファーストレディとなりました。 名前:森永 太一郎(もりなが たいちろう) 生年月日:1865年6月17日 出身:佐賀県伊万里市 死没:1937年1月24日 父・常次郎、母・キクの長男・伊左衛門として生まれ、生家の森永商店は陶磁器の積み出し港として栄えた伊万里で一番の陶器問屋でした。 6歳の時に父が病死すると財産は人手に渡り、母は再婚、親類の家を転々とする幼少時代を過ごしたそうです。 やがて伯父の山崎文左衛門に引き取られて山崎太一郎となり、商人の心構えを教え込まれ、13歳で野菜の行商人になり、15歳から伊万里焼の問屋に奉公し、19歳で上京して、叔父も出資していた横浜の合資会社有田屋で働きました。 20歳で結婚すると、翌年九谷焼を外国商館に販売していた横浜の陶器問屋道谷商店で数年を過ごしたが同店が倒産し、債権者への返済のために店の商品を海外で販売することを目論み、明治21年24歳の時に妻と長女を日本に残して渡米します。 サンフランシスコで焼き物の販売を試みたが、労働者階級の地域であり、陶器の価格も高かったため、失敗に終わります。 日本から持ってきた陶器をオークションで売り払って日本に送金し、無料宿泊所である日本人ミッション教会の厄介になりながら、米人家庭の掃除や皿洗いなどで糊口を凌ぎ、 そこで日本では誰も手掛けていなかった西洋菓子の製造に目を付けます。 明治23年夏に一度は日本に帰国するものの、その後西洋菓子製法の習得を目指して再び渡米し、アラメダのジョンソン・ホームベーカリーの雑用係を経て、明治28年31歳の時にオークランドのキャンディー工場&キャンディーストア「ブルーニング社」の掃除係として入社します。 ここで西洋菓子の製法を身に付け、5年が過ぎ、日本に西洋菓子を普及させる時期になったと判断し、帰国後1899年現在の森永製菓の前身となる森永西洋菓子製造所を東京・赤坂に設立します。 安倍昭恵の父・松崎昭雄氏 出典: 安倍昭恵さんの母親に関しては情報があまり出回っていませんでしたが、現在安倍普三さんの夫人ということなので、義理の母は安倍普三さんの母親ということになります。 しかし、その安倍洋子さんとは上手くいっていない様です。 「安倍家で唯一人、嫁にものが言えるのは洋子さんだけ。 総理が昭恵さんに叱言(こごと)めいたことを言うと、彼女は反発して激しい言い合いになってしまうから、それが嫌で何も言わなくなった。 引用: 安倍普三さんとは真逆の意見を訴えることもある安倍昭恵さんに対しては、安倍洋子さんからも厳しく言っていたこともあるそうですが、とうとう安倍洋子さんも安倍昭恵さんに対して諦めてしまってるのだそうです。 洋子さんはこれまで 『素性のわからない人とは付き合うな』 『総理の妻が大麻解禁なんて言ってはいけない』『あなたのやってることがみんなに迷惑をかけているのよ』と昭恵さんに粘り強く注意したが、効き目がない。 今では洋子さんもあきらめ気味で、孫に地盤を継がせることに期待をかけているようです 引用: 単純に嫁と姑の小競り合いの様にも思いますが、その会話の中身は政治的なことも含まれています。 安倍家で唯一人、嫁にものが言えるのは洋子さんだけというのもなんとも情けない話でもありますね。 安倍晋三の母・安倍洋子さんプロフィール 名前:安倍 洋子(あべ ようこ) 生年月日:1928年6月11日 出身:東京府豊多摩郡中野町 1945年に白百合高等女学校を卒業した後、山口県田布施町へ疎開し山口銀行の田布施支店に勤務します。 1949年に上京し、叔父佐藤栄作の吉祥寺の旧宅に入り、1950年6月、後に衆議院議員、外務大臣となる、当時は毎日新聞の政治部記者だった安倍晋太郎さんと見合いをし、1951年5月に結婚します。 1953年、第26回衆議院議員総選挙に山口2区から岸信介さんが立候補した際に、初めて選挙応援の挨拶に回り、また、1955年の保守合同の頃には、渋谷南平台の岸家に、安倍一家も同居していました。 現在は渋谷区富ヶ谷に所有するマンションに居住ししています。 この間、国際婦人福祉協会募金委員、政治家夫人らの書道グループ「雍容苑」会長、梅若六郎後援会長、赤間神宮崇敬会会長など、多数の団体の役職を務めています。 安倍昭恵の若い頃と現在を比較! 現在では安倍昭恵さんも良い年齢になってきていますが、若い頃はかなり美人な方だったのです。 今では様々な問題があり、過去の安倍昭恵さんの姿を知らないという方、今の安倍昭恵さんの姿の印象が強いという方も多いでしょう。 まずは現在の安倍昭恵さんの姿を見てみましょう。 ・安倍昭恵の最終学歴は聖心女子専門学校卒業だったが、46歳の時に、立教大学大学院に入学し、修士号 比較組織ネットワーク学 取得している。 ・安倍昭恵のの母方の実家は「森永製菓」の創業者一族で、父は森永製菓第5代社長の松崎昭雄氏、母は恵美子さん。 何かとワイドショーなどでも話題になる安倍昭恵さんですが、ここまで深く安倍昭恵さんに関して知らなかった方の方が多いのではないでしょうか? 現在ではどちらかというと破天荒なイメージもありますが、それも若い頃から変わらない部分なのでしょう。 安倍昭恵さんに関しては賛否両論な意見がありますが、ここから安倍昭恵さんがどの様に政治に食い込んでいくのかというのも見ものです。 もう誰がみても安倍昭恵夫人の言動は狂っている。 民主主義の世界では言論の自由ではあるが、この夫人の言動は世間の常識からかけ離れている。 しかも総理大臣の妻としての自覚が全く無く前代未聞の現役総理大臣の妻である。 安倍晋三総理が一生懸命働いても、夫人の昭恵が全て打消し全く総理大臣の功績が評価されない。 勿論、加計学園に関しては恐らく総理は脇が甘かった事があるやも知れないが、それもこれも昭恵のフェイスブックの「男たちの悪巧み」というタイトルと写真掲載でる。 総理大臣の妻として乗せて良いものと悪いものの区別がつかない頭の悪い女性である。 仮にタイトルと写真の人物たちとリンクしないとしても「男たちの悪巧み」という表現は総理が裏で特別考慮をしていると疑われても致しかねない。 そんなことも解らない知能指数の低いおバカさんである。 名無し• 世にも珍しい人物像である安倍総理大臣の妻である昭恵夫人は、パーソナル障害では?だとか頭がお花畑ではないか?とか揶揄されているが、恐らく幼少時より厳しく躾がなされていなかったのかも知れない。 誰からも咎められた事や叱られた事や注意を受けなかったので、夫である総理だろうが、政権より自粛勧告を受けても、国民から謹慎を促されても、結婚するまで昭恵を止めようとする人がいなかったので、誰かが忠告しても人生で経験した事が無い事が起るので、全て否定するのである。 (私に対してものを言う人はありえない)今更でも無いが昭恵夫人のお父様から注意をして頂くしか選択肢は無いのだろう。 名無し• 道子妃殿下、雅子皇太子夫人、秋篠宮紀子夫人、眞子様、佳子様など皇室の方々の厳かで一歩下がり献身的な言動をなさり、被災地には誰よりも心を寄せられ現場にも出来るだけ早く往訪される。 また非常に質素で大切に国民の税金でまかなわれたお金をご使用になられ、海外でのお勤めににも最大限のご配慮と慎重に敬意を払われたお言葉を一つ一つ選択なされ、常に笑顔を絶やさず、少しでも安倍昭恵夫人は見習て頂きたい。 総理を上から目線で怒鳴り、酒に飲まれ泥酔、夜中2時に国民的歌手を呼びつけ酒を飲み国民の血税のSPに抱えられ帰宅。 大麻愛好家やヘイトスピーチ実行犯、疑惑の助成金支援、ネットで政権を崩壊させ海外でも品の無い行動を行い、大いに反省をしてほしい。 総理も短気な昭恵と話辛いかも知れないがここは鬼となり厳しく注意をされた方が良いと思います。 名無し• 今回の総裁選では安部陣営が勝利を収めたが、その裏には戦略があった。 森友問題、大麻解禁賛成、脱原発、助成金享受団体との関わり、怪しい宗教関係者との関係が言われている総理夫人である昭恵夫人隠し作戦だ。 昭恵夫人が表舞台に立つと悪いイメージが漂い選挙に不利だと安部陣営は判断した。 従い、石破氏は夫人を伴い選挙活動を行ったが、安部陣営は選挙期間中は夫人を一切表舞台に出させず山口県に戻し大人しくさせたのだ。 選挙が終わり直ぐに米国に連れて行き、米国でも昭恵夫人の言動を報道っせないよう戒厳令が敷かれ徹底的に「完全昭恵隠し/24時間昭恵監視体制」を推進したのだ。 10:• 名無し•

次の