小泉道子 離婚。 【画像】小泉孝太郎・進次郎の実母、宮本佳代子はご健在!駆け落ち同然の結婚〜壮絶離婚の真相激白

小泉進次郎の長男の名前の由来は小泉道子!2人の関係もご紹介!

小泉道子 離婚

小泉信一郎さんと宮本佳代子さんの離婚理由に政治家一族に嫁ぐことの難しさがみえる?姑以上に恐ろしいのは… 母の話はNG? 俳優の小泉孝太郎さんは 父親は元内閣総理大臣の小泉純一郎さん、 曽祖父から続く政治家一家の長男として生まれながら 芸能界へ飛び込みました。 若いころはビジュアルの合わせたさわやかな役が多い印象でしたが、 最近では政治家もびっくりの腹黒い役柄も板についてきていますね。 弟の小泉進次郎さんは父親の跡を継いで政治家になっていますが、ふたりの兄弟仲が良いことは有名。 小泉進次郎さんのSNSには、 たびたび「おにい」こと小泉孝太郎さんとの写真がアップされています。 小泉孝太郎さんが出演するバラエティ番組やインタビューでも父親と弟の話はよく出てきますが 他方で 母親の話はあまり出てきません。 あまりに話題が出てこないことから死去説まで出るほど。 しかし、そこには悲しい秘密があるようで… 結婚5年での離婚 話は、今から30年以上前にさかのぼります。 小泉孝太郎さんの父・小泉純一郎さんは1978年に結婚。 お相手は エスエス製薬の元会長泰道照山(たいどう しょうざん)氏の孫・宮本佳代子さんでした。 二人の出会いのきっかけは結婚前年(1977年)のお見合い。 当時小泉純一郎さんは30代半ばで既に衆議院議員に当選しており、宮本佳代子さんはまだ青山学院大学に通う学生でしたが 小泉純一郎さんはお見合い当日にプロポーズしたのだそうです。 しかし 、宮本佳代子さんの祖父・泰道照山氏は小泉純一郎さんとの結婚には反対だったそう。 お見合いを受けたにもかかわらず反対した理由は不明ですが、 「出ていくならその身一つ出ていけ」とその態度はかなり強いものだった様子。 泰道家とは絶縁寸前にまでなっていたようです。 しかし小泉純一郎さんは、 「何の心配もいらない、僕たちの結婚には関係ない、白紙のままで来てほしい」 「政治家の世界は何も知らないでいい」 と宮本佳代子さんに伝え、二人は結婚しました。 結婚と同年の1978年7月に長男の小泉孝太郎さんが誕生、 (結婚反対の理由はこのあたりにあるのかも?) 1981年には次男の小泉進次郎さんが誕生し、順調に家庭を築いているように見えました。 しかし、小泉純一郎さんと宮本佳代子さんは結婚から5年後の 1982年に離婚。 長男の孝太郎さん・次男の進次郎さんは小泉純一郎さんが引き取ることになりました。 さらに、 離婚当時佳代子さんのお腹には小泉純一郎さんとの3人目の子供が。 離婚後実家のある鎌倉に戻った佳代子さんは1983年に三男・ 宮本佳長さんを出産。 小泉純一郎さんも親権を主張したようですが、 調停を経て佳代子さんが引き取ることになりました。 sponsored link 離婚の理由 離婚の理由は、 小泉家の実権を握っていた小泉純一郎の姉たちと 佳代子さんの関係がうまくいっていなかったことが一因ではないか、と言われているようです。 女性セブン2014年2月20日号の記事には 「結婚当時、小泉家の長男の嫁であるB子さんは何もさせてもらえず、小泉さんのふたりのお姉さんが家の実権を握り続けました。 そのためB子さんは孤独を感じるようになり、半ば追い出されるようにして家を出たんです」(小泉家関係者) またwikipediaには 関係者の話によれば、「小泉の面倒は姉で秘書をしている信子がみており、系図をみてもわかるように周囲は姉弟の身内で固めている。 離婚の理由は本人がおかしくなり、よほど結婚にはこりたようだ」(参考文献:神一行 『閨閥: 特権階級の盛衰の系譜』 改訂新版 角川書店) と書かれていました。 離婚当時小泉純一郎さんは 「君子、去る者は追わず、来る者は拒まず、だな」 と冷淡に言い放ったそうですが 実権を握る姉たちに逆らってまで奥さんを守ることはできなかった、ということなのかもしれません。 また、後に宮本佳代子さんに引き取られた三男・宮本佳長さんが小泉純一郎さんの事務所に 「父親と二人きりで会いたい」 と涙ながらに電話してきた際、 それを知った小泉純一郎さんの姉・信子さんは 「血はつながっているけど、親子関係はない」と冷たく言い放ち、結局会うことはかなわなかったそう。 小泉純一郎さんの姉と佳代子さんとの関係は良くないのは間違いなさそうです。 1982年の離婚から25年以上、 小泉純一郎さん達は、宮本佳代子さん・宮本佳長さんと会うことがなかったといいます。 しかし、2008年、その関係に変化が訪れました。 政界引退で前進 小泉純一郎さんは2008年、政界を引退し同時に次男の小泉進次郎さんを自身の後継者に指名しました。 その際、小泉純一郎さんは進次郎さんに 「家のことは任せた、お前たち3人は兄弟だから仲良くすればいい」と告げたそう。 それを受けて進次郎さんは初めて末弟・佳長さんに連絡。 その後は孝太郎さんも含めて兄弟3人で会う機会も増えたのだそうです。 また、2010年末には小泉家御用達のレストランで小泉純一郎さんも交えた4人での会食の様子が、 2013年には宮本佳長さんの結婚式に小泉純一郎さん・孝太郎さん・進次郎さんがそろって参加する様子が 週刊誌等で報道されていました。 小泉純一郎さんの政界引退を機に、 家族の関係は進展したようですね。 (もはや姉に気を使う必要がなくなったということかもしれません。 ) ちなみに、一番顔が母親に似ているのは小泉孝太郎さん。 宮本佳代子さんの名前をgoogle等で検索すると、 現在の画像や若かりし日の画像が出てきますが、 パッチリとした目と整った顔立ちはよく似ています。 逆に父親に一番似ているのは三男の宮本佳長さん。 名前を検索すると兄弟のスリーショットが出てきますが 目が細いところは確かに似ています。 それぞれ生き別れた親に似ているというのは何とも皮肉な話ですが、 だからそこ、30年間互いのことが心のどこかに残っていたのかもしれませんね。

次の

小泉信子の正体と現在の写真(画像)を調査!結婚→離婚で独身&死去説?

小泉道子 離婚

小泉信子の正体と現在の写真 画像 を調査 小泉進次郎さんの結婚相手である滝川クリステルさんと、純一郎氏の実の姉、小泉信子さんとの関係についてフライデーが報じました。 以下、少し長いですが2019年8月15日付けのフライデーの記事の引用になります。 8月8日、神奈川県横須賀市役所に婚姻届を出した自民党の小泉進次郎衆院議員(38)とフリアナウンサーの滝川クリステル(41)。 政治家の妻というと、夫の選挙区に住み、留守がちな夫に代わって地元を守るイメージが強い。 ところが、滝川は7日付のインスタグラムで「『政治家の妻はこうあるべき』という形にとらわれず、私らしく、ありのままの生き方、スタイルを尊重してくれることを話し合う中で感じることができた」と投稿。 選挙区である横須賀に「定住」せず、進次郎が暮らす東京の議員宿舎で同居することを示唆した。 「滝川さんは選挙のことを一切手伝わないと言ったわけではありません。 たまに横須賀に戻って地元有権者と接していくつもりかもしれません。 若くして離婚した小泉元首相を時に妻のようにサポートし、30年以上にわたって小泉の秘書を務めたことから「女帝」や「影の総理」などと呼ばれた。 出典: 報道にもある通り、滝川クリステルさんは政治家の妻として、型にはまったスタイルではなく、自分らしい生き方をしていくと宣言。 そんな彼女の堂々とした発言を、影の実力者である小泉信子さんがよく許したという記事です。 小泉信子さんの経歴を少し見てみましょう。 彼女は、小泉家の5人兄弟の三女として生まれ、小泉純一郎元首相の姉です。 純一郎氏には2人の姉がいて、もうひとりの姉である道子さんは既に亡くなっています。 純一郎氏の父は衆議院議員であり、一時期防衛庁長官なども務めた小泉純也氏。 そんな純也氏の秘書を務めていたのが、小泉信子さんでした。 父・純也氏が1969年に亡くなると、その後は弟の純一郎氏の秘書として政界に関わり続けました。 彼女が政界に力を持っていたという事実は、自民党の派閥『清和会』の副会長を歴任していたことからもわかります。 そんな長らく小泉家に力を及ぼしてきた信子氏の力に屈しない滝川クリステルさん。 結婚はされていたと思いますが、いつ誰と結婚したのか?ということまでは調べても分かりませんでした。 そして、一部では離婚をされており、現在は独身という噂があるものの、こちらも明確なソースは不明です。 自民党の派閥や政治団体、その他の政治関連の場に、小泉信子氏の名前が以前よりも出てこなくなったということで、死去説なども囁かれていますが、フライデーの報道内容を見る限りでは2019年現在ご存命のようです。 いずれにしても進次郎&滝川クリステルの結婚は世間の注目の的なので、今後週刊誌が現在の小泉家の内情をスクープするかもしれません。 ネットの反応 今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか? ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。 政治家の妻は別に政治家じゃないし、、、 それに、バリバリ出てくることはない、というだけで出て来ないとは宣言してない。 水野真紀さんだってお仕事されてますし、今後も滝川クリステルさんが滝川クリステルさんとしての仕事をして行くのはいいと思う。 滝川さんは、選挙は手伝わないけれど、将来、ファーストレディになったら、前面に出て行くはず。 権威欲は旺盛だから。 進次郎さんのお母さんのことがあるから、滝川さんにまで嫁いびりはできないでしょう。 信子さんもご高齢だし、滝川さんを追い出しても進次郎さんのサポートを続けることは難しいです。 時代が変わったことを受け入れて、仲良くしていくしかないと思います。 クリステルさんは家庭に入るタイプじゃないと思う。 自立した夫婦関係の方が上手くいきそう。 まるで昔の景子さん? うーん、言ってることはよく分かるが、貴乃花と結婚した当時の景子さんと重なる。 女子アナや女優と結婚するって表向きは良いが、進次郎自身にかなりの負荷がかかりそうで心配になってきた。 後藤田だって結婚後、ストレスのやり場がなくて女性問題ばかりで良い話は聞かない。 進次郎もこの選択が政治家としての運命の分かれ道になるだろう。 滝クリのファーストレディになりたいだけの野望に負けず、しっかり自分の脚で日本の大地を踏みしめて欲しい。

次の

小泉進次郎の母親(宮本佳代子)は孝太郎の母親違う?母親の秘密は?

小泉道子 離婚

8月28日に行われた「小泉道子さんお別れの会」にて。 参列者を見送る、左から小泉純一郎元首相、長男の孝太郎氏、次男で自民党農林部会長の進次郎氏。 「本日は皆さま、お忙しいにもかかわらず、ありがとうございます。 亡くなる前日の午後、私が病院に見舞った際に、『身体のどこか痛いか』と聞きました。 『痛くないか』と言ったら、首を横に振って、目を閉じたまま『ああ、ああ』と何か言いたそうでした。 その日の夜、進次郎が見舞いました。 その際、進次郎が『進次郎だよ』と言ったら、ぱっと目を開けて、ぐっと首を下げました。 その翌朝、病院の院長先生、看護師の方、そして同じ部屋に寝泊まりしておりました純子に見守られ、穏やかに、永遠の眠りにつきました。 故人は、生前本当に多くの方に慕われました。 弟の私が言うのも何ですが、故人は本当によくできた人だと思っております。 優しく、謙虚で、しかもしっかりと我々、留守がちの小泉家を守り続けてくれました。 私が妻と離婚したとき、孝太郎は4歳、進次郎は1歳でした。 その時、家族、道子をはじめ家族が協力して、孝太郎、進次郎に寂しい思いをさせてはいけないと思って、できるだけみんなで協力しようと。 なかでも、母親代わりとして中心的な役割を果たしてくれたのが、故人でありました。 孝太郎、進次郎は、2人に加え、弟の子どもなど6人兄弟の中で孝太郎、進次郎は育ってきたと思います。 幼児のときは常に、夜は一緒に添い寝してくれて、学校に見送り、帰る。 帰ったら、必ず『ママ』がいる。 母親代わりに育った孝太郎、進次郎には『ママ』と呼ばせておりました。 外に出ても、帰ってくれば、ママはうちにいて優しく、温かく、明るく迎えてくれる。 これは、孝太郎、進次郎の精神安定に大きく寄与していたと思っております。

次の