ナンバー プレート 希望。 ナンバープレートの数字の意味と希望ナンバーへの変更と取り外し方

希望ナンバー申込方法・費用・必要なもの(書類)とは?

ナンバー プレート 希望

このページの目次• 希望のナンバープレートを取る手続きや費用 では実際に希望ナンバープレートを取得する方法や費用などについてご紹介します。 希望ナンバープレートの申込み方法 希望ナンバープレートの申込方法は、3通りあります。 どれもとても簡単な方法なのでどなたでも手続きできます。 直接希望ナンバー予約センターに出向き申込む 窓口にて専用申込用紙に記入して、交付手数料を支払い予約済証を受け取ることができます。 FAX・郵送で申込む 予約センターに電話にて連絡の上、専用申込用紙をFAXか郵送にて受取り記入後、FAXか郵送にて返送する。 交付手数料と予約代行手数料を指定口座に振り込み、入金確認後予約受付になります。 予約代行手数料510円が必要。 予約済証は、予約センターに保管され登録申請に行かれる際に予約センターにて受け取る。 予約済証を返送希望の場合は、別途送料460円がかかりますが返送可能。 インターネットから申込む e-ナンバーサービスから指示に手続きが可能です。 こちらは全国共通。 指定の口座に交付手数料を振り込み、入金確認後に予約済証が発行されます。 プリントアウトし、交付の際に使用します。 交付手数料(ナンバープレート代) 希望ナンバーは、申込まれてから製作されるので通常のナンバー代より高くなります。 ナンバーは、2種類あり、ペイント式と字光式になります。 ペイント式ナンバープレート、一般的な塗装によるナンバープレートのこと。 字光式ナンバープレートは、ナンバープレートの裏部分からライトをつけた時に電球やLEDなどで発光させナンバープレートの数字を光らせタイプのもの。 使用する際は、専用の発光フレームが必要で5. 000~20. 000円程。 車外品の使用も可能で、ネットなどで2. 000円位で販売してますが、正規品よりかなり劣るので、故障の頻度も多いです。 この2つのタイプのナンバープレートですが、どちらを所得するかによって金額が変わります。 ペイント式 字光式 普通車(2枚)4. 200円 普通車(2枚)5. 580円 大型車(2枚)4. 960円 大型車(2枚)6. 希望ナンバープレートの交付、受取方法 各申し込み方法にて受け取った予約済証に記載されている受取期間中に該当する運輸支局に行き、登録・届け出申請をする。 古いナンバープレートを外し返納して、新しいナンバープレートを交付してもらえます。 ナンバープレートを車両に取り付けて、封印取付委託者がいる窓口に行き封印を取り付けてもらい完成! 登録と古いナンバーの返納は、陸運支局の窓口でナンバー交付と封印の取付は別の窓口になるのでご注意下さい。 各運輸支局で異なるので相談窓口で聞かれると良いと思います。 車を手放すとき(乗り換えるとき)の賢い方法 車を手放すときや乗り換えるときには、信頼性の高い一括査定を活用して、最も高く買い取ってくれそうな業者を絞り込んで交渉するのが賢い方法です。 こうした交渉の中で、ナンバープレートに関しても希望を伝えて助言を受けるのが得策です。 ETC ETCの再セットアップが必要。 ナンバープレートの変更通知をしないと利用規定違反になりますので必ず再セットアップに行って下さい。 「抽選対象希望番号」を取得するには? 好きな数字に変更できるのが「希望ナンバープレート」ですが、11-11や1などのぞろ目や一桁は、抽選にて発行されます。 全国一律の抽選番号は、1・7・8・88・333・555・777・888・1111・2020・3333・5555・7777・8888となります。 申し込みは、通常の希望ナンバーと変わりません。 通常の希望ナンバーの場合は、交付日がすぐに発行されますが、抽選の場合は、毎週月曜日に抽選が行われるため当選してから交付手数料の支払や予約済証が発行されます。 一度抽選に落ちても何回でも抽選は可能で、当選してからの支払いなので特に費用はかかりません。 当選確率は、応募されている件数にもよるのでわかりませんが、一回で当選することもあれば十回目で当選することもあるので一概には言えません。 せっかく取得したナンバープレートを手放さなければいけないとき お引越しをされた場合に、該当する運輸支局が変わり車検証の住所を変更されるとナンバーも変更しなければなりません。 例えば、札幌に住み札幌ナンバーで沖縄に引越し車検証の住所を札幌から沖縄の新しい住所に変更されると札幌ナンバーを返納して新しく沖縄ナンバーの交付を受けることになります。 折角取得した希望ナンバーですが、返納になるのでもう一度希望ナンバーの申し込みが必要になります。 一時的な引越しで住所変更がない場合は当然、車検証の住所も変更しないのでナンバーも変更することはありません。 関連記事•

次の

日本のナンバープレート

ナンバー プレート 希望

希望ナンバー 目次• 希望ナンバーとは 希望ナンバーとは、自動車のナンバープレートに自分の希望する番号を選び、作成したナンバーのことです。 この希望ナンバーは、1999年5月より全国で実施されている、希望ナンバー制度を利用することによって取得することができます。 希望ナンバーの対象車両 希望ナンバーの対象車両は、自動車(自家用・事業用)と、軽自動車(自家用)です。 軽自動車(事業用)とバイクは未対応です。 希望ナンバーの種類 希望ナンバーには「抽選対象希望番号」と「一般希望番号」と呼ばれる、2種類が存在します。 抽選対象希望番号 1111や7777など、集中が予想される特定の番号です。 この特定の番号に関しては、毎週抽選が行われています。 しかし、地域によっては一部の抽選対象希望番号がなくなってきた為、現在は全国統一の抽選対象希望番号とは別に、地域ごとにも抽選対象希望番号が設定されています。 一般希望番号 抽選対象希望番号に設定されていない番号です。 こちらの一般希望番号は、抽選をせずに取得することができます。 希望ナンバーの取得方法 希望ナンバーの取得については、インターネットから24時間申し込みが可能です。 (一般社団法人 全国自動車標板協議会ホームページ)より、お申し込み下さい。 希望ナンバー取得までの流れは、以下の通りです。 希望ナンバー取得までの流れ 車検証をお手元に用意し、(一般社団法人 全国自動車標板協議会ホームページ)より、申し込みを行います。 一般希望番号の場合は、申込完了メールに記載された支払期限までに交付手数料を支払います。 抽選対象希望番号の場合は、毎週日曜日までの申し込み分を月曜日に抽選し、メールにて抽選結果が送られてきます。 当選した場合は、抽選結果のメールに記載された支払期限までに交付手数料を支払います。 外れてしまった場合は、再抽選の申し込みをすることもできます。 支払い後、入金確認メールが送られてきますので、メールに記載された交付可能期間内(1ヵ月)に、希望番号予約センターへ希望番号予約済証を取りに行きます。 そのまま隣接した運輸支局で手続きを行い、希望ナンバーを取り付けて完了となります。 希望ナンバーの料金 希望ナンバーは受注生産となる為、通常のナンバーよりやや高めの料金設定となっています。 また、ナンバーの種類や地域によって若干差があります。 下記の表は、希望ナンバー2枚(1組)の交付手数料を表したものです。

次の

希望ナンバー

ナンバー プレート 希望

このページの目次• 希望のナンバープレートを取る手続きや費用 では実際に希望ナンバープレートを取得する方法や費用などについてご紹介します。 希望ナンバープレートの申込み方法 希望ナンバープレートの申込方法は、3通りあります。 どれもとても簡単な方法なのでどなたでも手続きできます。 直接希望ナンバー予約センターに出向き申込む 窓口にて専用申込用紙に記入して、交付手数料を支払い予約済証を受け取ることができます。 FAX・郵送で申込む 予約センターに電話にて連絡の上、専用申込用紙をFAXか郵送にて受取り記入後、FAXか郵送にて返送する。 交付手数料と予約代行手数料を指定口座に振り込み、入金確認後予約受付になります。 予約代行手数料510円が必要。 予約済証は、予約センターに保管され登録申請に行かれる際に予約センターにて受け取る。 予約済証を返送希望の場合は、別途送料460円がかかりますが返送可能。 インターネットから申込む e-ナンバーサービスから指示に手続きが可能です。 こちらは全国共通。 指定の口座に交付手数料を振り込み、入金確認後に予約済証が発行されます。 プリントアウトし、交付の際に使用します。 交付手数料(ナンバープレート代) 希望ナンバーは、申込まれてから製作されるので通常のナンバー代より高くなります。 ナンバーは、2種類あり、ペイント式と字光式になります。 ペイント式ナンバープレート、一般的な塗装によるナンバープレートのこと。 字光式ナンバープレートは、ナンバープレートの裏部分からライトをつけた時に電球やLEDなどで発光させナンバープレートの数字を光らせタイプのもの。 使用する際は、専用の発光フレームが必要で5. 000~20. 000円程。 車外品の使用も可能で、ネットなどで2. 000円位で販売してますが、正規品よりかなり劣るので、故障の頻度も多いです。 この2つのタイプのナンバープレートですが、どちらを所得するかによって金額が変わります。 ペイント式 字光式 普通車(2枚)4. 200円 普通車(2枚)5. 580円 大型車(2枚)4. 960円 大型車(2枚)6. 希望ナンバープレートの交付、受取方法 各申し込み方法にて受け取った予約済証に記載されている受取期間中に該当する運輸支局に行き、登録・届け出申請をする。 古いナンバープレートを外し返納して、新しいナンバープレートを交付してもらえます。 ナンバープレートを車両に取り付けて、封印取付委託者がいる窓口に行き封印を取り付けてもらい完成! 登録と古いナンバーの返納は、陸運支局の窓口でナンバー交付と封印の取付は別の窓口になるのでご注意下さい。 各運輸支局で異なるので相談窓口で聞かれると良いと思います。 車を手放すとき(乗り換えるとき)の賢い方法 車を手放すときや乗り換えるときには、信頼性の高い一括査定を活用して、最も高く買い取ってくれそうな業者を絞り込んで交渉するのが賢い方法です。 こうした交渉の中で、ナンバープレートに関しても希望を伝えて助言を受けるのが得策です。 ETC ETCの再セットアップが必要。 ナンバープレートの変更通知をしないと利用規定違反になりますので必ず再セットアップに行って下さい。 「抽選対象希望番号」を取得するには? 好きな数字に変更できるのが「希望ナンバープレート」ですが、11-11や1などのぞろ目や一桁は、抽選にて発行されます。 全国一律の抽選番号は、1・7・8・88・333・555・777・888・1111・2020・3333・5555・7777・8888となります。 申し込みは、通常の希望ナンバーと変わりません。 通常の希望ナンバーの場合は、交付日がすぐに発行されますが、抽選の場合は、毎週月曜日に抽選が行われるため当選してから交付手数料の支払や予約済証が発行されます。 一度抽選に落ちても何回でも抽選は可能で、当選してからの支払いなので特に費用はかかりません。 当選確率は、応募されている件数にもよるのでわかりませんが、一回で当選することもあれば十回目で当選することもあるので一概には言えません。 せっかく取得したナンバープレートを手放さなければいけないとき お引越しをされた場合に、該当する運輸支局が変わり車検証の住所を変更されるとナンバーも変更しなければなりません。 例えば、札幌に住み札幌ナンバーで沖縄に引越し車検証の住所を札幌から沖縄の新しい住所に変更されると札幌ナンバーを返納して新しく沖縄ナンバーの交付を受けることになります。 折角取得した希望ナンバーですが、返納になるのでもう一度希望ナンバーの申し込みが必要になります。 一時的な引越しで住所変更がない場合は当然、車検証の住所も変更しないのでナンバーも変更することはありません。 関連記事•

次の