ファスティング 準備 食。 ファスティングの簡単なやり方は?たった1日断食でスゴイことに・・

ファスティングの準備食と回復食

ファスティング 準備 食

準備期間 ここでは2~3日間のファスティングの準備期間について解説します。 断食に向けて胃腸を慣らしていこう ファスティングは実施する期間と同じくらいの準備期間を設けた方が、効果を実感しやすくなります。 3日の断食なら準備期間は3日がベストです。 ただし、普段糖分や脂肪分たっぷりの食事を摂ってきた方は、胃腸を慣らすために準備期間はさらに長く、できれば4~7日ほどとった方が良いでしょう。 準備期間では、ファスティングに向けて身体を準備させるために、胃腸にやさしい食事内容に切り替えます。 具体的には、 「ま・ご・わ・や・さ・し・い」という内容の食材を中心に食べます。 ま…豆類• ご…ごま• わ…海藻類(わかめ)• や…野菜• さ…魚• し…きのこ類• い…いも類 できれば和食中心で、栄養バランスのよいメニューにします。 準備期間のスケジュール 準備期間は3~7日を目安に。 ファスティング本番に向けて、食事の量を 少しずつ減らしていき、 前日の夕食は いつもの7分目にします。 こうして、あらかじめ胃腸の負担を軽くしていくことで、ファスティングの効果をさらに引き出してくれますよ。 2~3日前 朝 あり 昼 あり 夕 あり 過ごし方 通常通りでOKですが、 油・糖分を避けた、和食中心の食事を心がけましょう。 準備期間1~2日目は、豆類、種子類、海藻類、野菜類、きのこ類、いも類がおすすめです。 前日 朝 あり 昼 あり 夕 あり (普段の7分目の量) 過ごし方 少しづつ生野菜や生のフルーツなど酵素を多く含む食べ物を取り入れ、身体を慣らしていきます。 寝る4時間前までに夕食を済ませておきましょう。 準備期間の注意点 肉や卵、菓子、カップめん、ファーストフードなどの高脂肪、高タンパク質のものは厳禁です。

次の

ファスティングとは?初心者のための基本的なルールを解説

ファスティング 準備 食

胃腸が断食に向けてしっかり整い、前日の食べ物が体内に残っていない状態が作られるから、 断食で一番痩せられます。 ただし、 食生活が乱れ気味な人は、 長めに準備期間をとったほうがベター。 特に、脂っこいものを日頃食べ過ぎている人や、大量の飲酒の習慣がある人は、要注意。 3日間から1週間は準備期間をとると、胃腸がしっかり整い、断食に成功しやすくなりますよ。 準備期間の過ごし方 準備期間は、"準備食を食べる"以外にも注意点があります。 ズバリ、準備期間は胃腸を断食に向けて整える期間なので、" 胃腸に負担が掛かることはNG"なんです。 注意点 準備期間の注意点 注意すること 理由 準備食を 食べ過ぎない 高カロリーになると、消化に負担が掛かる よく噛んで、腹6分目~8分目を食べるのがベスト 夜遅くに食べない 消化されにくく、翌日に残りやすい タバコを控える 有害物質を外に出す際に、消化酵素が大量に使われる アルコールを控える アルコールを分解する際に、消化酵素が大量に使われる 熱いお風呂、 長風呂、 激しい運動はできれば控える 体が疲れた状態で断食を開始すると、体力的につらくなるため 【一覧】ファスティング前日に食べていいもの 断食前日に食べていいものは、【 まごにはやさしいわ】の【 に】と【 さ】をのぞいたもの。 まとめた表が、こちら。 断食前日に食べていいもの 名称 代表的な食材 ま:豆 大豆、枝豆、豆腐、納豆などの豆類 ご:ごま ゴマ、ナッツ、クルミなどのナッツ類 に:肉 ファスティングではNG は:発酵食品 梅干、納豆、漬物、味噌など や:野菜 野菜、果物、こんにゃくなど さ:魚 ファスティングではNG し:しいたけ しいたけ、マッシュルームなどのキノコ類 い:いも さつまいも、じゃがいもなどのいも類 わ:わかめ ワカメ、モズクなどの海藻類 『まごにはやさしいわ』とは、食品研究家で医学博士が考えた、 バランスのいい食事の覚え方。 これらの食材を積極的に選ぶだけで、 健康的なメニューになるため、日頃からとるのがおすすめ。 『に』肉・『さ』魚は、消化に時間が掛かる動物性たんぱく質なので、準備食ではNG。 準備食選びに迷ったら、プロおススメの『まごにはやさしいわ』を取るだけで、バッチリですよ。 断食の前の日に食べてはいけないもの 断食の前の日に食べてはいけないものとは、【 消化に負担が掛かるもの】です。 なぜなら内臓を疲れさせ、ファスティング効果を減らしたり、ファスティング中の体調不良を引き起こしたりするから。 断食の前の日に避けたほうがいいものをまとめた表が、こちら。 断食の前の日に食べてはいけないもの 食べてはいけないもの 理由 動物性たんぱく質 肉、魚、卵、乳製品 消化するのに時間が掛かるため、胃に大きな負担が掛かる 脂っこいもの、 高カロリーな食事 消化するのに時間が掛かるため、胃に大きな負担が掛かる 食品添加物 消化に大量の栄養 ミネラル が使われてしまう 白砂糖 大量の砂糖が使われている洋菓子などは、消化に負担が掛かる 小麦 パン、ラーメン 小腸を傷つけ消化しにくいたんぱく質、グルテンが含まれている カフェイン類 消化に負担が掛かる、胃に刺激を与える 準備食に使える食材・メニュー 準備食でベストなメニューは、 薄味の和食。 なぜなら、準備食で気を付けたい以下の2点をかなえてくれるから。 野菜中心で、ローカロリー• お腹に優しい 食材選びのポイントは、こちら。 ダイエット検定1級所持者監修・ファスティングの準備期間メニュー、よかったらマネしませんか? 準備期間スケジュール 断食前 1週間~3日前 2日前 前日 朝食 いつもの朝食から、動物性たんぱく質を抜く 雑穀ごはん お味噌汁 ホウレン草のおひたし きのこ入りおかゆ ごぼうサラダ 昼食 いつもの昼食から、動物性たんぱく質を抜く 腹6分目~8分目を意識 おそば 豆サラダ 温野菜 だいこん、にんじん、ほうれん草 お豆腐 夕食 いつもの夕食から、動物性たんぱく質を抜く +野菜中心を意識 雑穀ごはん ひじきの煮物 かぼちゃサラダ 具なし野菜ポタージュスープ 断食成功のポイント ・どうしても間食したいときは、 細かく刻んだ生フルーツor野菜、あるいは、 砕いたナッツ ・ アルコール、カフェイン、たばこなど、 内臓に負担が掛かるものはとらない ・ 早く寝る ファスティング前日は 20時までに準備食を食べる 気になるファスティング方法をポチッとすれば、サクッとジャンプできるピヨ!• 酵素ドリンクを使うときの準備食 酵素ドリンク断食前の準備食でおさえておきたいポイントは、こちら。 酵素ドリンク断食の準備食 ポイント やり方 準備期間を長めにとる 3日間~1週間とる マグネシウムをとる マグネシウムが多く含まれている食材(わかめ、昆布、ひじき、かぼちゃ、ごまなど)を食べる 酵素ドリンクは、発酵された酵素をドリンク化しているため、お腹に優しい置き換え食。 だから、酵素ドリンクを使った断食で失敗したくないあなたは、 準備期間を長めにとると、 成功率UP。 準備期間を長めにとると、脳の満腹中枢が正常に戻り、断食中の空腹感が軽くなりますよ。 また、酵素断食の準備食では、 マグネシウムを多く含む食品(わかめ、昆布、ひじき、かぼちゃ、ごまなど)を積極的にとると、効果UP。 マグネシウムは 酵素のダイエットパワーを正しく働かせてくれるので、酵素ドリンクとは相性バッチリ。 コンブチャを使うときの準備食 コンブチャ断食前の準備食でおさえておきたいポイントは、こちら。 コンブチャ断食の準備食 ポイント やり方 準備期間を長めにとる 3日間~1週間とる 食物繊維をとる 野菜、果物などの食物繊維が多く含まれている食材をとる コンブチャは、酵素ドリンクと同様、発酵された酵素をドリンク化した、お腹に優しい置き換え食。 断食にはもってこいの置き換え食ですが、すぐに消化されるため、 空腹感を感じやすいんです。 準備期間を長めにとると、体が少ない食事量に慣れ、断食でもそんなにお腹が空かなりますよ。 また、コンブチャの材料である"紅茶キノコ"は、うんちを出しやすくしてくれる作用がありますが、下痢になる可能性も。 準備食で野菜(例:セロリ、ごぼう)や果物(例:柑橘類、バナナ)から 食物繊維を積極的にとる、胃腸が調子が断食に向けて整うので、下痢防止にベスト。 ジュースクレンズを使うときの準備食 ジュースクレンズ断食前の準備食でおさえておきたいポイントは、こちら。 ジュースクレンズ断食の準備食 ポイント やり方 準備期間を長めにとる 3日間~1週間取る 野菜中心にする 動物性たんぱく質を避け、野菜メインの準備食を食べる ジュースクレンズは、 お腹が空きやすいので、 準備期間を長めにとったほうが ベター。 なぜなら、野菜と果物の種と皮を除外し、低速ミキサーでジュース化しているので、お腹にたまる成分が少ないから。 準備期間を長めにとっておくと、脳が断食環境になれるので、ファスティング中の腹ペコも軽くなるんです。 また、ジュースクレンズの材料は、野菜と果物。 だから、準備期間で食べる準備食を 野菜中心にしておくと、より胃腸がファスティング環境になれ、断食に成功しやすくなりますよ。 とくに食物繊維の多いセロリ、ごぼう、青菜類、キャベツ、白菜が、お腹をキレイにしてくれるので、おすすめ。 青汁を使うときの準備食 青汁断食前の準備食でおさえておきたいポイントは、こちら。 青汁断食の準備食 ポイント やり方 準備期間を 2日間とる 断食開始2日前から開始する 野菜中心にする 動物性たんぱく質を避け、野菜メインの準備食を食べる 青汁は、食物繊維も粉末状にしているため、酵素ドリンクやジュースクレンズと比べると、 腹もちが少しいいです。 だから、 準備期間を 2日間とるといいですよ。 もちろん、食生活が乱れ気味な人、断食中の空腹が心配な人は、長くとっても(3日間~1週間)OK。 体が野菜になれ、ストレス少なくファスティングに入れますよ。 スムージーを使うときの準備食 スムージードリンク断食前の準備食でおさえておきたいポイントは、こちら。 スムージー断食の準備食 ポイント やり方 準備期間は 短めでOK 準備期間を前日~2日間とる スムージーは、腹持ちがいい置き換え食なので、 準備期間は短めでも大丈夫。 なぜなら、皮や種を全てミキサーでジュース化しているから。 皮や種には食物繊維がたっぷりなので、腹持ちがよく、準備期間を長くとらなくても 空腹がつらくなりにくいんです。 断食前日から 2日間の準備期間をとれば、OK。 水を使うときの準備食 水断食前の準備食でおさえておきたいポイントは、こちら。 水断食の準備食 ポイント やり方 鉄分をとる 鉄分の多い食品(ほうれん草、小松菜、豆類、青のり、ひじき)を多く食べる 水で断食をすると、貧血になりやすくなります。 なぜなら、水には栄養がほとんどないから。 だから、 貧血防止のために、準備食で 鉄分をとることが大切なんです。 また、レバーなどの動物性たんぱく質は消化に負担が掛かるので、 野菜や 海藻類からとるのがベスト。 炭酸水を使うときの準備食 炭酸水断食前の準備食でおさえておきたいポイントは、こちら。 炭酸水の準備食 ポイント やり方 食物繊維をとる 野菜、果物などの食物繊維が多く含まれている食材をとる 炭酸水で断食は、胃腸の動きが活発になり、便秘解消サポート効果があります。 しかし、断食前の胃腸の状態が乱れている人は、下痢になる可能性も。 味噌汁を使うときの準備食 味噌汁断食前の準備食でおさえておきたいポイントは、こちら。 味噌汁断食の準備食 ポイント やり方 準備期間は 短めでOK 準備期間を前日~2日間とる 味噌汁は、準備食を食べる 準備期間が短めでもOK。 2日間とれば、バッチリです。 なぜなら、なじみの味が食べた感を与えてくれるから腹持ちがいいし、塩分が体調不良も防止してくれるから。 だから味噌汁は、自宅で用意できる置き換え食の中でベスト。 野菜ジュースを使うときの準備食 野菜ジュース断食前の準備食でおさえておきたいポイントは、こちら。 野菜ジュース断食の準備食 ポイント やり方 準備期間を長めにとる 3日間~1週間とる 野菜中心にする 動物性たんぱく質を避け、野菜メインの準備食を食べる 野菜ジュースは腹持ち成分・食物繊維がすくなく、とても消化がいいため、 お腹がペコペコになりやすいんです。 だから、 準備期間を長めにとると、脳の満腹中枢が正常になり、 断食中の空腹が少なくなるというわけ。 また、普通に食事をしていた人が、きなり野菜ジュースにすると精神的にストレスになりやすいです。 なので、準備食を 野菜中心にしておくと、 胃腸も整い、精神的にも楽に断食に入れますよ。 お茶を使うときの準備食 お茶断食前の準備食でおさえておきたいポイントは、こちら。 お茶断食の準備食 ポイント やり方 準備期間を長めにとる 3日間~1週間 お茶だけを使った断食だと、 お腹がとても空きやすく、体調不良になりやすいので、ファスティング初心者にはハードルが高いです。 でも、 準備期間を長めにとって、断食に向けて胃腸を整えておけば、成功率UP! 胃腸が整えば、ファスティング中にいらないものが体の外へ出る 好転反応(体調不良)が少なくなるし、脳の満腹中枢も正常になるから、 空腹感も減りますよ。 ファスティングの準備食は肉と魚をのぞいた"薄味の和食"がピッタリ。 だって、せっかく食事を我慢して頑張ったのに、全然体重が減らなかったらいやじゃないですか。 そして調べてみると、 「断食は準備食より回復食のほうが大事」 って紹介しているサイトが多い。 でも、よく調べたら、準備食次第で ・体重の落ち方 ・空腹度 ・体調不良の防止 が掛かってるのなら、正しくやらないと絶対に損! 正しい準備期間のやり方と、自分の断食方法に合った準備食を取り入れたら、 大満足の数字が出せました! やっぱりめんどくさがらずに、ちゃんと準備期間を過ごしてよかった。 あなたも準備食を上手に取り入れて、ファスティングを大成功させませんか?.

次の

これはOK?ファスティング中に食べていいものは?

ファスティング 準備 食

ファスティング、断食を行うにはまず、しっかりとした準備食を摂る事が大切です。 お菓子、スイーツ、ジュース、スターバックスなどの甘い飲み物など、普段から砂糖を多く摂っている方は、低血糖症や副腎疲労の恐れがあります。 この状態でファスティングを行うと、体が血糖値の変化に耐えきれずダルさや疲労感が酷く、ファスティング中とてもしんどくなります。 ファスティング中は有害物質の解毒により腎臓、肝臓に負担が掛かります。 普段から砂糖を摂りすぎている場合、副腎疲労を起している事があり、解毒による疲労と合わさって背中がパンパンに張れ、背中の疲れや腰痛が起きます 普段から腰痛で悩まれている方はますます酷く感じる事があります。 中には、腎臓が炎症を起こし腎盂炎になる事もあります。 これらを予防する為にも、砂糖を多く摂っている方は1週間ほど砂糖、甘い物は控え、パン、うどんなどの小麦粉系の炭水化物を控え、なるべくGI値の低い食べ物を摂り、血糖値を安定させる事が大切です。 どうしても甘い物が食べたくなった場合は、フルーツを食べてください。 フルーツはGI値が低いうえ、ビタミン、ミネラルが補えるので、ファスティングがラクになります。 砂糖は麻薬と似た作用を起すので、普段から控える事を心掛けてる事が大切です。 そして、ファスティングに入る2日前からは肉、魚、卵などの動物性たんぱく質を控える事が大切です。 そこでオススメなのが 【まごにはやさしいわ】を一日の中でまんべんなく摂り入れビタミン、ミネラル、アミノ酸バランスが整います。 ま:豆類、豆富、納豆 ご:ごま、ナッツ、発芽させた種 に:良質な肉、たまごなど ファスティング前は避ける は:発酵食品、漬物、味噌、お酢、梅干し、麹料理 や:野菜 さ:魚 ファスティング前は避ける し:しいたけ、きのこ い:芋、穀物、蕎麦 わ:わかめ、海藻 肉、魚などに多くふくまれるタンパク質は消化に負担が掛かり、タンパク質に含まれる窒素はアンモニアのガスを出し腸内腐敗を起こします 人は20時あたり以降からたんぱく質を分解する消化酵素 プロテアーゼ の分泌が減り、ますます消化に負担が掛かります。 もし断食に入る前夜にお肉を食べると翌日の朝、昼になっても腸内では肉の消化に酵素は使われています。 つまり、体が断食モードに入りません。 せっかくファスティングを行うのに、半日が無駄になり、3日のファスティングでは本当のデトックスができないまま終了することになります。 ファスティングを開始して48時間あたりから脂肪を燃やすケトン体の分泌量が格段に増えデトックスが開始されますが、半日 12時間 ずれると、ほとんどデトックスされないまま終了する事になります。 他にも、ファスティング前に油っこいものを多く摂ると、血中脂質が多くなり、体内の脂肪より、先に血中の脂質から使われるので、思ったように減量効果が出ません。 何も知識が無い方が自己流で断食を行い、あまり効果が出ないのはこういった事も原因の一つであります。 ファスティングの準備食は、効果を高めるだけでは無く、せっかくの断食期間を無題にしない為にとても大切です。 サポートコースをお申込み頂ければ、準備食のメニューや回復食のメニューなどもアドバイスしますのでご安心ください。 個々のライフスタイルに合った食事メニューをアドバイスしますので、外食が多い方、自炊しない方でもご安心ください。 砂糖の害や、砂糖が及ぼす影響などを知りたい方はファスティング前の説明の時にお話しさせて頂きます。 ファスティングを成功させるには準備食期間にビタミンB6やDHAや亜麻仁油を摂る事でレプチンを抑え脂肪を燃やしやすくし、脂肪細胞に溜まった有害物質のデトックス効果を高める事ができます。 良質のDHAサプリを摂ると血管の中をキレイに掃除する奇跡のホルモン「アディポネクチン」を増加させ、血管の中をさらにキレイにしてくれます。 動脈硬化、高血圧が心配の方にはとても嬉しい効果です。 ファスティングはダイエットが第一目的では無く、ケトン体を通常の100倍以上分泌させ、内臓脂肪や中性脂肪、神経細胞周りに付いた脂肪を燃焼させる事で脂肪細胞内に溜まった有害物質をデトックスし、消化に使っていた酵素を抑え、代謝酵素をたくさん働かせる事で、新陳代謝を活発にし、細胞の生まれ変わりを促進させ、細胞内に溜まった有害物質もデトックスする事で、体を生まれ変わらせる事ができます。 ファスティングとは、体内の有害物質をデトックスし、細胞を元気にし、脂肪も燃えていくという、スペシャルな健康法と言えます。 但し、自己流のファスティングや、最近ネットで販売しているようなニセモノの酵素ドリンクで行うのはとても危険が伴いますのでファスティングの専門家に相談して行うようにしてください。 私のメソッドは遠方にお住まいの方でもメールや電話でサポートできますので、一人で孤独に行う物ではありませんので、ぜひ、楽しんでファスティングを行って頂けます。 田中式の断食の感動をぜひ体験してください。

次の