トイレ 便器 黒ずみ。 トイレの掃除は重曹とクエン酸でOK!【厳選】トイレ掃除の用品を紹介

トイレ掃除の天敵!便器の黒ずみの落とし方とその予防!

トイレ 便器 黒ずみ

トイレを開けると「うわ…黒ずみすごい…。 」と思わず目を伏せたくなることってありませんか? わたしはありました…。 特に共働き時代なんて、夫婦そろってトイレの黒ずみに目を背けるという事態に陥ることも。 お客さんが来る予定が入ると、慌てて掃除しなきゃ!となるんですよね~。 そんな黒ずみを見ていて、「あれ、これってカビキラーでもイケる?」と思ったことのある方はわたしだけではないはず。 お風呂の黒ずみやアカがきれいに落ちた様子を見ていると、トイレもぜひカビキラー様にきれいにしてもらいたい!と思いますよね。 そこで、トイレの黒ずみに関してカビキラーは効果ありなのか、どうすれば効果的に落とせるのかをご紹介。 また、その他トイレにおける汚れのお悩みについてもカビキラーは効果ありなのか見ていきます。 いつ来客があっても怖くないようなトイレにするために、やり方を確認していきましょう!• トイレの黒ずみはカビキラーで落とせる?落とす方法は? ・カビキラーは黒ずみに効く! トイレの黒ずみって、何でできてしまうんだろう?と思いますよね。 実はあの黒ずみ、ホコリやカビが水アカと合わさることで出来てしまうんです。 そんな黒ずみには「塩素系漂白剤」のカビキラーがよく効きます。 落とし方は簡単。 黒ずみ部分にカビキラーを噴射し、10分ほど置いて流してください。 洗い流す際、ブラシで擦りながら流すとより落としやすくなりますよ。 ・頑固な黒ずみはやり方を少し工夫して! 10分ほど置いてブラシで擦ったけど、全然きれいになっていない…という頑固な黒ずみの場合は、少しやり方を工夫してみるといいですよ。 まず、黒ずみ部分にカビキラーを噴射しその上にトイレットペーパーを乗せます。 そして、その上からさらにカビキラーを噴射してください。 カビキラー・トイレットペーパー・カビキラーの三段重ねにすることで薬剤が黒ずみに浸透しやすくなりますよ。 この方法を取った場合は、30分から1時間は放置することをオススメします。 家族に、トイレがしばらく使えなくなることを声かけしてから実践してくださいね。 スポンサーリンク トイレの黄ばみはカビキラーで落とせる? ・カビキラーは黄ばみにも効く! トイレって黒ずみの他に黄ばみも気になりますよね。 この黄ばみはやはり、尿が原因。 黄ばみの酷いトイレからは、必ずと言っていいほどアンモニア臭もしているはずなんです…。 そこに住んでいる人たちは鼻が慣れて来るので日常的に気にならなくなってくるかもしれないですが、恐ろしいのは来客の時…。 「トイレ、臭すぎる!」なんて思われたら最悪ですよね。 そんな黄ばみはカビキラーで一発撃退してしまいましょう! やり方は黒ずみの時と同様、黄ばみにカビキラーを噴射して10分ほど放置しブラシで擦ればOKです。 軽い黄ばみの場合は、3分から5分程度の放置でもきれいになりますよ。 頑固な場合はトイレットペーパーで重ねる作戦でやってみてください。 一度この方法を取ると、それからしばらく黄ばみはつきにくくなります! 最初の内は2週間に1回程度。 それから先は月1でも、黄ばみのないトイレを保つことができますよ。 トイレのタンクをカビキラーで掃除する方法 ・見落としがちなトイレタンクの中は… トイレタンクの中、開けるのって怖くないですか? 一体どれだけ長い間掃除していないだろう…と思う方もいるはず。 わたしもまさにそうで、便器や床は掃除するのにタンクは見て見ぬフリをしていたことがありました。 でも、トイレタンクの中は空気中のカビが増殖して真っ黒になっていることもあるんです。 特にタンク内は水が溜まっているのでカビの繁殖にはとても好環境。 あっという間にカビだらけになってしまうんですよ。 そのため、便器や床同様、マメな掃除が必要になってくるんです。 ・タンクにカビキラーを使うには注意が必要 トイレタンクの黒ずみ、カビキラーを使えばきれいになりそうな予感がしますよね。 その通りで、やはりタンク内のカビにカビキラーはものすごく効果があります。 でも、注意して欲しいことがあるんです。 それは、タンク内の金属やゴムにかけないようにするということ。 実はカビキラーのような塩素系漂白剤は金属・ゴムとは相性が悪く傷や劣化の原因になることも。 あっという間に黒ずみがきれいになるのですが、いつの間にかタンク内の損傷が激しいことに…なんてなったらトイレ自体を買い直しなんていうことになるかもしれません。 そのため、使う時は自己責任で慎重に掃除することを守ってくださいね。 ・タンク内をカビキラーで掃除する方法 注意が必要なことは分かったから、どうしても今すぐタンク内の黒ずみをきれいにしたい! そう思う方は、カビキラーを放置する時間に注意しながら掃除してください。 わたしは金属・ゴムにカビキラーがNGだと知らずにタンク内に噴射したことがあるのですが、15分程度の放置ならまったく問題なしでした。 友人は「カビキラーをタンク内に撒いて、30分くらいは放置したけど大丈夫だった。 」と言っていたので、15分から30分は大丈夫なのかな…?と思います。 トイレタンクにカビキラーを使った場合は、必ずきれいに流すことを心がけてくださいね。 少しでも落とし残しがあると、それが劣化の原因になりかねません。 タンク内に使うのはやっぱり心配…という方は、「酸素系漂白剤」の洗剤で掃除してください。 ゴシゴシと擦りながら掃除すれば、黒ずみもかなりきれいになりますよ。 スポンサーリンク トイレの壁の黒カビはカビキラーで落とせる? ・いつの間にか壁に黒カビ! トイレの壁、こんなに黒ずんでたっけ…?とふと思うことありませんか。 よく見るとカビが生えてる!なんてことがあるので壁もきれいに掃除する必要があります。 特にタオルをかけている部分は、常に湿気がある所になるのでカビが生えやすいんですよ。 壁をきれいにすれば、トイレ全体もパッと明るくなり気持ちいい空間になります。 そんなトイレの壁、果たしてカビキラーは使えるのでしょうか? ・色落ちを確認しながら慎重に トイレの壁に黒ずみがある場合、一気にカビキラーをかけまくるのは要注意! 強い漂白剤なので、色落ちしてしまう場合もあるんです。 まずは黒ずみ部分に小さめにかけて、布できれいに拭き取ってみてください。 その時壁の様子をチェック。 他の部分と比べて白っぽくなっていないか確認し、大丈夫なようだったら同じ要領で黒ずみを落としていってください。 カビキラー放置時間は5分から10分程度で良いと思います。 あまり長く放置すると、それもまた色落ちの原因になるので気をつけてくださいね。 カビキラーをかけ放置した後、固く絞った布でふき取って乾いた布でふき取るというようにやると、壁もきれいになりカビキラー独特の匂いも気にならなくなりますよ。

次の

トイレの黒ずみが気になる!カンタン掃除方法と予防の仕方を教えて!

トイレ 便器 黒ずみ

トイレの黒ずみの原因 トイレの黒ずみの正体は、トイレの黄ばみに黒カビが生えたものです。 まず、トイレの黄ばみの原因は、だいたいが尿石です。 人間の尿にはタンパク質が含まれていますが、このタンパク質が固まると尿石として便器にこびりつきます。 家族が毎日使用しているトイレの場合は、こういった尿石が便器に付着してしまうことも決して珍しいことではありません。 この黄ばみの上に、黒カビが生えたものがトイレの黒ずみの正体です。 尿石はアルカリ性の性質を持っているため、掃除をする時には酸性の洗剤を使用するのが一般的です。 実際、ホームクリーニングのプロもトイレの尿石を落とす時には酸性の洗剤を使用しています。 掃除方法 水抜き 汚れがひどい場合は洗剤が薄まらないようにトイレの水抜きをしてから掃除を始めます。 水抜きの方法はトイレの説明書などにも載っていますが、灯油用ポンプを使うか雑巾にしみこませてバケツなどに絞って行うのが手軽です。 水は下水管からの悪臭をストップする役目があるため、すべて抜いてしまうと臭いが気になるかもしれません。 それが嫌だという場合は、ある程度は残しておくようにしてください。 洗剤をかけて掃除 水抜きをしたら汚れめがけてトイレ用洗剤をかけていきます。 必要な量をかけたらトイレブラシで軽くこすり、しばらく放っておいてください。 しっかり落としたいならトイレットペーパーを汚れの上に敷いて、そこに洗剤をしみ込ませるという方法もあります。 これを湿布法というのですが、この方法を使った場合はブラシでこする前に水を流してください。 そうしないとブラシにトイレットペーパーがブラシの隙間に入って後々面倒です。 湿布法を使うと洗剤が汚れに浸透して汚れを浮かせてくれるので、軽い力でも頑固な黒ずみ汚れを落とせるようになります。 放置する時間は30分〜1時間くらいが目安です。 この方法で頑固な黒ずみもきれいに落ちます。 ゴシゴシ擦る方が落ちると思いがちですが、傷がつくとそこにまた水垢や黒カビがこびりつきやすくなるので、洗剤で浮かせてから軽い力で掃除するようにしてください。 黒ずみを完全に落とすには酸性洗剤 黒ずみを完全に落とすには強力な酸性洗剤が必要です。 酸性洗剤も火傷の危険性があり、必ずビニール手袋をつけて使用しなくてはなりません。 扱いが不安な方、市販の洗剤では落ちない汚れの方はプロのクリーニングにお願いすると良いでしょう。 黒ずみの予防方法 また、きれいな状態を保つために、予防方法・汚さない使い方もしっかり覚えておきましょう。 汚れの予防には、やはりトイレの洗浄剤を使うのが一番簡単です。 タンクの上に置くタイプや便器に貼り付けるタイプなど種類も増えているので、使いやすいものを選んでください。 洗浄剤がない時や節約したい時には、掃除に使う洗剤をちょこっと垂らして水を流すだけでも予防効果が得られます。 さらに、タンク内部でカビが繁殖していると便器も汚れやすいので、定期的にタンク洗浄剤か重曹1カップを夜寝る前にタンクに入れておくと黒カビ対策になります。 それでも汚れがついてしまった時は、汚れが頑固に成長する前にすぐ掃除をすることも大切です。 プロにお願いする方法もある なかなか落ちない汚れは、プロにおまかせするのがおすすめです。 酸性洗剤の取扱でも述べましたが、頑固な汚れには酸性洗剤を使用する必要がありますが、取扱が危険なためにプロにおまかせした方が良いでしょう。 また、トイレをなかなか掃除をしたくない、掃除する時間がないという方にもプロのクリーニングはおすすめです。

次の

トイレの黒ずみはパックしてこする!たわし・やすりの掃除は逆効果?|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

トイレ 便器 黒ずみ

トイレタンクの黒ずみ掃除はどうやるの? トイレタンクの黒ずみは、空気中のカビが繁殖したものです。 カビは普段目に見えないのですが、空気中に存在しており、トイレタンクのような普段から水が溜まっていて湿気の多いトイレタンクは恰好の繁殖場所となってしまうのです。 特に、手洗い器のついたトイレタンクだと、手洗い時には手の汚れを流すのですから、水垢や埃以外にも尿汚れもカビにとっては栄養であり、繁殖を助ける要因になってしまうのです。 ですから、トイレタンクを半年くらい放置するだけで中が真っ黒になるのです。 普段からマメな手入れをすれば良いのですが、それをしなかった場合でタンクを初めて掃除しようとするなら大掛かりな掃除を覚悟した方が良いでしょう。 とはいえ、トイレ掃除が好きな人は少ないでしょうし、なるべく簡単に済ませたいものですよね。 そこで、簡単に済ませる掃除アイテムを最初にご紹介します。 ということで、我が家の問題のトイレタンクを掃除することにしました。 トイレタンクの掃除で簡単な方法を試してみました 我が家のトイレの蓋を取ってみると、こんな感じでした。 タンクの中も酷いのですが、蓋の裏側も物凄く汚れがこびりついています。 とりあえず、今回は手元にあった酸素系漂白剤を使うことにしました。 酸素系漂白剤2分の1カップを入れて、 ペットボトル500ml容器に水を入れたものを タンクに沈めて水位を上げて、1時間放置。 ただ、タンク内だけでなく、上の部分や縁の真っ黒も気になったので、タンク内の漂白剤液を歯ブラシにちょっとつけてゴシゴシ擦りました。 歯ブラシだけではきれいに落ちなかったので、メラミンスポンジの激落ち君を使って落としました。 下の写真は1時間後の様子です。 完璧を求めるなら、耐水サンドペーパーの1000~1500番(数字が大きい方が傷がつきにくいです)を使って落とすのが良いのですが、陶器と言えどもコーティングに傷がつくのが心配なので、メラミンスポンジで出来る範囲の汚れだけ落としました。 完璧ではないけど、最初に比べると雲泥の差です。 そして、トイレの蓋の裏側ですが、最初はトイレの床に新聞紙を敷いて、その上に蓋を逆さにして載せて裏側にタンクと同じ酸素系漂白剤液をつけて洗おうとしたのですが、少し漂白剤を振りかけて水を足したところ物凄い汚れが浮いてきて、しかもアンモニア臭が強く発生して、あまりにも酷い状態になったため、急きょお風呂場へ持っていき、一旦洗い流して中性洗剤(バスマジックリン)で再度掃除し直すことにしました。 そして、汚れと格闘した結果、 こんなにきれいになりました。 こちらも完璧ではないけど、水で何度も洗い流したところ、嫌な臭いが完全に無くなりスッキリしました。 【トイレタンク】 縁の汚れはかなり落ちています。 底については写真では分かりにくいのですが、かなりきれいになっています。 【蓋の裏側】 黒カビはもちろんキレイに落ちていますが、全体的に黄ばんでいたのが、びっくりするくらい白くなりました。 タンクを掃除する前は、通常のトイレ掃除で床や便器をきれいにしても、何故かトイレらしい臭いが取れずに気分が晴れなかったのですが、タンク掃除の後は、トイレの独特の臭いが殆どしていません。 子供も気持ちよくトイレに入ることが出来ておりホッとしています。 トイレタンクの掃除にカビキラーは使えるの? トイレタンク掃除にはカビキラーやハイター等の塩素系漂白剤を使ってはいけない、とされています。 使ってはいけない、という理由は、塩素系漂白剤が金属やゴムを傷める性質があるからです。 確かに黒カビには効果的ではあるのですが、強い成分であり、長時間浸けると確実に金属やゴムを傷めるため、長期的な視点で考えると塩素系漂白剤は使わない方が良いのです。 (トイレの製造メーカーでも塩素系漂白剤は使用しないようにという見解です。 ) でも、実際には黒カビだからカビキラーやハイターが確実でしょ?と使っている人もいるのですよね。 実際に使っている人に聞いたところ、「使って数分から30分程度であれば大丈夫だから短時間で掃除する」という話でした。 また、塩素系漂白剤をつけたところはキレイに水で流すか、何度も水拭きして完全に落とすことも大切です。 当然自己責任ですし、心配だなあと思う場合は使わない方が良いでしょう。 ですから、トイレ掃除の場合は酸素系漂白剤を使うことになっているのですが、酸素系漂白剤も長時間浸けておくと、やはり金属やゴムを傷める可能性はあるので、浸け置き時間は1時間程度にして、きれいに洗浄することが大切です。 「それでも不満。 もっときれいにしたい!」と考える場合は、中性洗剤による洗浄がおすすめです。 ちょっと手間はかかりますが、中性洗剤なら金属やゴムを傷める心配はないので安心して作業できるし丁寧な掃除なので確実にきれいになります。 この方法は、 1 トイレタンクの止水栓を閉める 2 水を流してタンク内の水を全て出す 3 トイレタンクの蓋を開ける(この時点でビニール手袋を着用すること) 4 スポンジに中性洗剤をつけてタンクの底や壁、フロート等の金具まで丁寧に擦って汚れを落とす 5 止水栓を開けて、水を流してきれいにする という手順で行います。 ただ、トイレの種類によってはタンクと蓋がゴムホースでついていたり、中の金具が複雑な構造になっているので元に戻せるよう注意しながら作業してください。 この方法は、「トイレの構造が複雑で元に戻すのが出来そうにない」と感じた場合にはやらない方が良いでしょう。 (トイレは構造が単純なものから複雑なものまで様々あるのです。 ) さいごに トイレタンクは放置すると黒ずみが酷くなってしまうので、定期的に掃除をする方が気持ちよく使えますよ。

次の