マグニチュード 岸和田。 マグニチュード岸和田とは

マグニチュード岸和田とは

マグニチュード 岸和田

当初はここにもくいさんが入る予定だったため第1試合。 Gammaのアピールにやたらツッコミ入れるバファさん( 右写真)。 Gammaにだけ花束が贈られる( 左写真)。 バファ 「なんでお前だけなんだよ!」 先発はビリーとHUB。 ロックアップ、HUBヘッドロック、ビリーロープに振る、HUBショルダーブロック( 右写真)。 ロープワークからドロップキックはスカされるがビリーはアームドラッグに( 左写真)。 そしてドロップキック( 右写真)。 ツバサと岸和田にタッチ。 ロックアップ、ツバサがヘッドロック、岸和田ロープに振ってショルダーブロックの打ち合い( 左写真)、 ツバサがシクロン・ラナ( 右写真)。 コルバタ( 左写真)。 バファローとGammaにタッチ。 手四つと見せかけてGammaガットショット( 右写真)、 ロープワークから顔面にツバ、そしてドロップキック( 左写真)。 ビリーとツバサがHUB相手にダブルリープフロッグ( 右写真)、 HUBは尻尾で2人を乱打( 左写真)、 入って来たバファローにも一撃( 右写真)。 バファローをコーナー下に固定してGammaがお茶による汚水攻撃( 左写真)。 5分経過。 HUB入ってダブルのバックエルボー( 右写真)、 2人で 「Woooo!」( 左写真) HUB首投げからドロップキック、セントーン( 右写真)、カウント2。 場外に出すと岸和田が客席へのブレーンバスター、ストンピング。 岸和田リングに戻してラリアット、バファローも腕を出して相打ちに、両者ロープに飛ぶ、バファローが一瞬早く猛牛トレイン決める( 左写真)。 ビリーがツバサのアシストで2人にドロップキック( 右写真)、岸和田とGammaは場外転落。 コーナーに上がったHUBには雪崩式フランケンシュタイナー。 さらに岸和田とGammaにコーナーからトペ・コン・ヒーロ( 左写真)。 ツバサがコーナーからダイブするがHUBは尻尾で迎撃( 右写真)。 コーナーに振って串刺しエルボーからシャイニングウィザード( 左写真)、カウント2。 尻尾攻撃からパワーボム狙うがツバサはウラカンホイップに切り返す( 右写真)。 Gammaがビリーをコーナーに振って突っ込む、ビリーかわして延髄蹴り( 左写真)、 さらにハイキック( 右写真)、 ビリンコバスター( 左写真)から串刺しドロップキック、カウント2。 Gammaのアックスボンバーをブロックして逆にラリアット( 右写真)。 10分経過。 Gammaアックスボンバー( 左写真)、 バファロー入って猛牛トレイン( 右写真)、カウント2。 ツバ攻撃も手でブロック、逆にGammaの顔になすりつける( 左写真)。 Gamma半ケツ状態でジャンピングヒップアタック( 右写真) ツバサがGammaにDDT、HUBがツバサの後頭部にシャイニングウィザード( 左写真)。 ビリーがHUBにミサイルキック( 右写真) 岸和田が入るがビリーがソバット、バファロー入ってダブルのクローズライン狙うが岸和田ブレークして2人にラリアット( 左写真)。 HUBダイビングセントーン( 右写真)。 串刺しラリアット連打( 左写真)。 岸和田がコーナーに上がりスーパーパワーボム( 右写真)、バファローがカット。 HUBシャイニングウィザード、ジャックハマー( 左写真)、カウント2。 ビリーHUBに逆さ押さえ込み、カウント2。 入ってきた岸和田に回転エビ固め( 右写真)、 岸和田ラリアット( 左写真)。 岸和田ラストライド( 右写真)、バファローカット。 HUBコーナーに上って猛毒波布空爆( 左写真)、カウント3。 HUB(14分35秒 猛毒波布空爆)ビリー なんて豪華な第1試合だ。

次の

内閣府の推計による南海トラフ巨大地震における岸和田市の震度分布・津波高・浸水域

マグニチュード 岸和田

経歴 [編集 ] 、大会で 藤田 豊成(ふじた とよなり)として対戦でデビュー。 12月、オリエンタルプロレスが解散。 2月、に入団。 11月、新格闘プロレスが解散。 、、、、、、などに参戦していた。 から、に 闘龍(とうりゅう)としてレギュラー参戦していた。 、SPWFに 紫炎龍(しえんりゅう)としてレギュラー参戦していた。 、に入団して 怪獣Zマンドラ(怪獣ゼータ・マンドラ)として登場。 同年、軍「FLUxx」に加入。 1月、 "ビッグボス"MA-G-MA("ビッグボス"マグマ)として登場。 、「天王山」に出場して優勝。 2月、リーダーのがFLUxxを離脱したことで解散。 同年、ルード軍「岸和田愚連隊」を結成。 、「天王山」に出場して優勝。 5月から6月、で開催された「」に出場。 、に勝利してを獲得。 、「天王山」に出場して優勝。 4月、大阪プロレスを退団。 、後楽園ホール大会でユニット「」に加入してリングネームを マグニチュード岸和田(マグニチュードきしわだ)に改名。 、DRAGON GATE大会でBlood Generationを脱退してヒールユニット「」を結成。 、でデビュー15周年記念興行を開催。 、マッスル・アウトローズが解散。 、DRAGON GATE大会でユニット「絶倫ズ」を結成。 、アゼリア大正で自主興行「MAGNITUDE 1. 0」を開催。 、アゼリア大正で自主興行「MAGNITUDE 2. 0」を開催。 4月、絶倫ズが解散。 、DRAGON GATE後楽園ホール大会でユニット「ベテラン軍」に加入。 、で自主興行を開催。 1月、ベテラン軍が解散。 、淀川区民センターで自主興行「お前ら見たらわかるやろ! 」を開催。 、大会でユニット「道頓堀防衛軍」を結成。 、道頓堀アリーナでデビュー20周年記念大会を開催。 、アサヒスーパーライト館岸和田店駐車場特設リングで自主興行を開催。 、道頓堀防衛軍を脱退。 得意技 [編集 ] 投げ技と巨体をいかしたパワーファイターだが見た目から想像が及ばないほど身が軽く空中技も得意としている。 ラストライド(LR) 二段階式のパワーボム。 相手を頭上に抱え上げた後、相手のタイツを掴んだままウエイトリフティングのように頭上にもう一段階持ち上げ投げ捨てるように前方へ叩きつける技。 叩きつけたときにリングが揺れるほどの威力と迫力がある。 「お前らL・R(ラストライド)じゃあ! 」と大見得をきってからやるのがお約束。 マンドリラー いわゆるフィッシャーマンズバスター。 Zマンドラ時代から使い続けている技でもある。 若手選手相手にはフィニッシュになることもある。 ムーンサルトプレス コーナーポストからだけではなく、その場飛び式も用いる。 串刺し式フライングボディアタック コーナーに釘付けにした相手に対して走りこんで放つ体当たり。 リング中央付近から飛び上がるため飛距離が長い。 ダブルアーム・スープレックス 主に投げっぱなしで使う。 かなり高い角度で放物線を描くように放り投げる。 ラリアット 持ち前のパワーのため、体重が軽いレスラーはその場で一回転する程の威力がある。 ダイビング・ボディ・プレス スピードのある鋭いボディ・プレスでフィニュッシュに用いることも多い。 垂直落下式ブレーンバスター やなどをTKOした技。 奇声ストンピング コーナーで座り込んだ相手に奇声を発しながらストンピングを落とす。 ちなみにこの技はとよく行なっておりマッスルの他のメンバーは入ることのできない技らしい。 なお技を終えた後に『オッケー、オッケー』とするのがお約束。 入場曲 [編集 ]• () タイトル歴 [編集 ]• 天王山優勝• 道頓堀最強男優勝• 道頓堀最強タッグキング優勝• JWF認定タッグ王座• DEPタッグ王座• FUCK! 認定世界覆面王座• UNBELIEVABLE TAG TOURNAMENT優勝• チームでら認定ドラツェーガー王座 リングネーム [編集 ]• 藤田豊成• バイオレンス・リベンジャー• ザ・ウルフ(初代)• ドラゴン・ウィンガー• タンクマン• 紫炎龍• 怪獣ザガラウス• 怪獣トリトス• 怪獣Zマンドラ• "ビッグボス"MA-G-MA• マグニチュード岸和田(現在使用中) 映画出演 [編集 ]•

次の

元大阪プロレス勢について質問です。バッファロー(元ブラックバッファ...

マグニチュード 岸和田

1991年、ユニバーサル・プロレスリングの練習生となるがデビュー前に同団体が崩壊、95年10月、SPWF所属としてデビュー。 97年、新団体ZIPANGを旗揚げに参加。 98年、ZIPANG所属になるも、フリーへ転向。 2006年10月、大阪プロレスに正式入団。 ヒール軍団「ベンダバル」入り。 2007年4月、正規軍入りを表明。 2010年、ヲロチ、ボディガーとともにヒール軍「JOKER」を結成し、リングネームを「空牙」 クーガー と改める。 2013年4月、大阪プロレス退団。 6月15日、初の自主興行を道頓堀アリーナにて開催。 9月1日、道頓堀プロレスを旗揚げ。 2014年7月、初代道頓堀最強男を制し、初代WDWチャンピオンとなる。 2015年5月ラ・ピートに敗れ同タイトルを失う。 同年年末のタッグキングにマグニチュード岸和田との最強チームでエントリーし見事に優勝した。 2017年ビリーケン・キッドと組み、大日本プロレスへ流出していたWDWタッグ王座を奪回し新チャンピオンとなった。 身長174cm 体重96kg 【得意技】 タワースタンプ、トルネードスタンプ、スズメバチ HUB みちのくプロレスに練習生として入団するがデルフィンらとともに離脱し大阪プロレスの旗揚げに参加、99年「スペル・デメキン」としてデビュー。 2003年岸和田愚連隊に属し「ゴア」としてルードに転向。 2004年SUPER J-CUPトーナメントに出場。 2005年リンピオに再転身し「スーパードルフィン」となりエースとして活躍。 2007年GAINAからバッドフォース入りの勧誘を受け再び「ゼロ」としてルードターン。 2008年沖縄プロレス旗揚げに参加。 「怪人ハブ男」として活動。 初代沖縄プロレス王決定トーナメントに優勝、ZERO1等、他団体でも活躍。 2012年沖縄プロレスが本土へ移動し、興行団体化したため退団。 リングネームをHUBと改名し、フリーとして様々な団体で活躍中。 2013年、道頓堀プロレスにも旗揚げ時よりレギュラー参戦中。 2015年6月、ヲロチとの蛇タッグでWDWタッグタイトルに挑戦し勝利、第3代WDWタッグチャンピオンチームとなった。 2016年はタッグベルトを賭け、大日本プロレス勢と抗争。 同年の天王山トーナメントで優勝(その後3連覇)などの存在感を見せる。 FLUxxが消滅した後は岸和田愚連隊を結成し団体のトップヒールとして活躍。 2004年には新日本プロレスのベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。 2005年の分裂騒動で大阪プロレスを退団。 DRAGON GATEマットに登場しリングネームをマグニチュード岸和田に改名。 2006年11月に自身の正体が藤田豊成であることを公表、フリーに転向。 道頓堀プロレスに旗揚げ時より参戦中の「大阪で一番強い男」。 2016年の最強男決定トーナメントに初優勝、同年10月にラ・ピートに勝利し第3代WDW選手権王者となった。 身長175cm 体重90kg 【得意技】 ラストライド ビリーケン・キッド 2002年1月、大阪プロレスに初登場。 正規軍に所属しルードユニットFLUxx(フラックス)と抗争を繰り広げる。 大阪プロレスのトップ選手として長年活躍していたが2014年大阪プロレスを退団。 The Bodyguard、菅沼修とともに2014年道頓堀プロレスの会場に現れ、参戦表明。 以後、道頓堀プロレスにレギュラー参戦し、政宗とのタッグで初代WDWタッグチャンピオンとなる。 2015年9月にプロレスリングアンサーを旗揚げ。 その後も道頓堀プロレスにはレギュラー参戦中。 2017年空牙と組み、大日本プロレスへ流出していたWDWタッグ王座を奪回し新チャンピオンとなった。 身長170cm 体重83kg 【得意技】 ベルティゴ、こうもり吊り落とし 政宗 1998年に単身メキシコに渡り、わずか3か月でプロライセンスを取得。 99年4月にメキシコシティ郊外にてデビュー。 2000年にメキシコのメジャー団体AAAの所属となる。 2002年には様々な団体に出場し、その後は大阪プロレスに専属フリー契約する。 2013年4月、大阪プロレスとの専属フリーランス契約を終了。 6月「空牙自主興行」に参加、道頓堀プロレス所属となりその後ビリーとのタッグで初代WDWタッグチャンピオンとなる。 2015年メキシコで『Lucha Libre World Cup2015』に 、とのトリオで日本代表として参戦。 同年9月フリーとなるが道頓堀プロレスには継続参戦中。 身長170cm 体重75kg 【得意技】 雷切、骨喰、蜻蛉切 信玄 1989年のUWF新人テストを受けて合格。 90年8月冨宅祐輔のリングネームでデビュー。 同年末の第2次UWF解散では船木誠勝に従い、プロフェッショナルレスリング藤原組へ参加。 91年7月にはムエタイのラフィ・ナ・パタヤと異種格闘技戦を行う。 93年に船木らと共に藤原組から離脱、パンクラスを旗揚げ。 その後パンクラスMISSION所属として大阪に拠点を移し関西圏を中心として様々な団体に出場。 道頓堀プロレスは旗揚げ時よりレギュラー参戦。 2015年8月、「道頓堀最強男トーナメント」では決勝でラ・ピートに敗れたもののマグニチュード岸和田や空牙などトップ選手を連破するなど実力者ぶりを発揮。 身長180cm 体重80kg 【得意技】 腕ひしぎ逆十字固め、チキンウイングフェイスロック、殺人チョークスリーパー スミヒデアキ.

次の