スカっとした話 夫。 『わたし旦那をシェアしてた』小池栄子を救うりょう&岡本玲に「スカっとした」の声 /2019年7月12日 1ページ目

【スカッとする話】エネ夫「離婚は嫌だ!嫁ちゃんの実家に婿入りしてもいい!嫁ちゃんがいないと生きていけない!」母「婿入り…じゃあ…」←ここから母のターン

スカっとした話 夫

2013年11月05日• 何というかベタだけど携帯をトイレにまで持ち込んだり、夜中コソコソメールしてたりって感じ。 で、ちょっと締めたらゲロッた。 中々良い体してたし、チヤホヤされるのも楽しかったらしい。 ちょっと「アタシって悪い女…ウットリ」って感じで腹たった。 もちろん離婚切り出したんだけど、元嫁は不倫相手と再婚する気満々であっさりOK。 最後の最後まで親権養育権で争ったが、途中で挫折。 上も下もかわいくてかわいくてしょうがなかった俺はかなり荒れたが、 とにかくこいつらに苦労だけはさせまいと、養育費月10万、必ず振り込んだ。 その後、風のうわさで元嫁が不倫相手とは違う男と再婚した事を知る。 そして自分も再婚。 今嫁はしっかり者で、きちんとした女、子供を思うと切なくなる時もあったが幸せ。 所が今嫁との間には子供が出来ない。 それを気にした今嫁がこっそり病院に行くが何の異常も見つからず、一応念のために、 と俺も病院に連れて行かれた。 結果、俺の精子は95%以上が奇形で、通常の性交渉では妊娠する事は無いと判明。 最近そうなったのかと思ったが、4~5年ではこうなる可能性は低く、 おそらく生まれつきのものであると言われた。 しばらく物考えられなくて、グダグダしてたら振り込みの日が来た。 またグダグダして悩んで、結局振り込まなかったんだけど、次の日には元嫁から電話。 用件は当然振り込みの催促だった。 最初こそ丁寧だったけど、俺がアーウーって言ってたら切れられて罵られた。 子供の権利だとか、若い女にのぼせて子供を捨てるだとか、もう2度と子供に会わせてやらないだとか… 話聞いてたら頭に来ちゃって 俺「俺さ、この前病院に行ったんだよ」 元「だから?医療費払ってお金ないって事?」 俺「んで、俺不妊だって」 元「だから?そんなりゆ…は?」 俺「だーかーらー!俺子供作れないの!!!!」 元嫁黙る。 俺も黙る。 頭いてぇーーと思いつつも、ここは踏ん張りどころ。 次の日、元嫁夫が電話をよこす。 「元嫁の様子がおかしい。 しかも養育費未払い、どうなってるんですか?」って。 電話を受けたのは今嫁なんだけど、今嫁に対して 「お金貰えないなら子供を育てられない。 生活が苦しくなると家庭も荒れる。 荒れた家庭に育つ子供がかわいそうだ」みたいな事を言い、 それが今嫁には暗に「金くれないなら虐待するぞ?」って感じに聞こえたらしい。 今嫁からそれ聞いた時正直パニクったよ。 血は繋がってなくってもやっぱりかわいいから。 今嫁とも話し合って決めた事は 1番.子供には何も言わず、元嫁から親権と養育権を取る。 今まで払った養育費は回収しない、それと手切れ金でもくれてやる。 2番.それを拒否した場合親子関係不在の訴えを起こす、払った養育費約400万は返してもらう。 子供たちは何度も家に泊まりに来た事があり、「近所のおばちゃん」感覚かもしれないが今嫁にも懐いてる。 今嫁にとっては大変な事なのは重々承知の上、それに甘えた。 今、何度考えても今嫁の決意に驚いてしまう。 そして弁護士つけて、弁護士の名前で元嫁夫婦を呼ぶ。 元嫁は弁に連絡して「行きたくない」と言ったらしいが、「では裁判で」と言うとおとなしく来た。 元嫁夫なんだけど、興信所でちょっと調べた。 いわゆる求人広告に毎週載ってるようなブラック系テレアポ営業会社勤務、しかもサラ金に借金があるらしい。 それでデキ婚。 息子が一人生まれてる。 だからきっと金の件でもめると思った。 で、元嫁夫、第一印象は「おとなしそう」。 写真では見たけど、イケメンで人畜無害な感じ。 黒髪でシャキッと短髪、小さくて痩せてて女の様な細面で、まあ言うなればジャニ系? もしかして今嫁ちょっと大げさに言った?と思ったがいきなり「養育費なら減らしませんよ?」と へらへらしながら言ってきた。 元嫁がたしなめるけど「だってさ~無理だし~ww」って。 おとなしそうな顔なんだけど中身はDQNなのか…と暗い気持ちになる。 で、早速用件を切り出した。 「単刀直入に言いますが、こちらに親権を渡していただきたい」そしたら嫁驚いてた。 多分ものっそい予想外だったんだろうなw 元嫁夫も驚いてて「え?子供、引き取るんですか?」とか言ってる。 元嫁はパニックになり「駄目!嫌!子供は渡せない!」と叫びだした。 「養育費が欲しいからか?」と言ったら「違うにきまってるでしょ!私の子供なのよ!」と発狂寸前。 それなら2番だ、と伝えると元嫁&元嫁夫茫然。 「は?マジ?二人とも血繋がってないの?ちょ、嫁お前それねーーだろwwwww」 その後ハッとして「つか誰の子なんだよ」 元嫁夫、急に雰囲気変わったんで一同ハッとなる。 なんか夫婦喧嘩を冷めた目で見てたら、元嫁夫激昂して元嫁にビンタ。 シッチャカメッチャカになった場を鎮めたのは今嫁。 「ケンカは後にしてください!!!」と怒鳴ると静まり返った。 元嫁は泣いてるし、元嫁夫はふてくされた顔でドカッと座りなおし。 弁が仕切りなおして、1番の特典を話しだす。 すると元嫁夫ピクッと反応。 「小さなお子さんもいらっしゃるようですし、今大きな借金を背負うのは得策ではないでしょう」 と説得され、元嫁夫ちょっと嬉しそう。 俺、フ~~っとため息をついて 「元嫁夫さんの気持ちもわかります。 私も子供を奪われる苦しみを味わってきましたから。 それに私も血の繋がらない子供を、実子として育てたいと思ってますし、それは元嫁夫さんとも同じですね… あの苦しみを味わうのは私一人で十分です」とか言ったら 慌てて「でもこっちも赤ん坊がいるし、正直苦しいんですよ」とか言い出して 元嫁放置のまま、元嫁夫が了承。 また元嫁発狂。 土下座して 「お願いですから子供だけは取らないでくださいお願いしますお願いします…」 元嫁夫「そんな事言ったって引き取ってくれるって言ってるんだし、家にいるよりずっといい暮らしさせてもらえるって」 元嫁土下座したままそれを遮るように大声で「お願いしますお願いします」のエンドレス。 元嫁夫が引きずるように土下座をやめさせると、 「(俺)さんとは血が繋がってないかもしれないけど、私とはつながってる、 (俺)さん、お願いします、引いてくださいお願いしますお願いします… 実母と引き離されて他人の中で暮らさせたりしないで下さいお願いします、 (俺)さんを父と思ってる子供たちには罪が無いんです、だから言わないで下さいお願い(ry」 もう元嫁グチャグチャで話にならんと、その日は解散になった。 数日後、元嫁父から電話が来て会いたいと言われた。 弁護士同伴で指定の場所に行くと、顔見た瞬間に土下座された。 「バカな娘ですまない…」と半泣きの状態。 元嫁母も並んで土下座、こっちは号泣。 用件は簡単にいえば「子供を自分の所に引き取らせてほしい」だった。 元嫁と元嫁夫は盛大な夫婦喧嘩をし、元嫁実家にいるらしい。 「元嫁夫君は君から入る養育費が欲しいだけ、少しでも愛情が残っているなら、 子供をそんな環境に置くわけにいかないと思うだろう。 どんな償いでもする」と頭を下げられた。 元嫁夫、一応虐待はしてないが、子供に対してかなり無関心らしい。 おまけに借金あって生活がカツカツ、俺の養育費は奴の返済と遊興費にほぼ当てられ、 足らずに元嫁親も仕送りしてた位、仕事はDQNだし、それすら続かないし、家に金も入れないで 親としては離婚させたいらしい。 何か話スムーズだな~と思いつつ 「子供の父親については疑問に思わないのですか?私の言う事をうのみにしてるようですが」 と言うと、二人ともうつむいてしまった。 元嫁認めたんだろうな…改めて心が重くなる。 元嫁親は今まで払ってきた養育費の返還と慰謝料500万を提示してきた。 慰謝料が足りなければ、家を売ってでも必ず用意する。 親子関係不在調停もすぐに受け入れる。 その代わり子供たちにはまだ何も言わないでほしい。 それは大きくなって、物事を落ち着いて考えられるようになるまで待ってほしい。 まずその条件をゆっくり考える事にして解散。 帰り際、「あの子は自分で自分の幸せをぶち壊したバカな娘です。 でも何があってもやっぱり娘なんです」と言われ、 元嫁父になぜか良く似ている娘の顔を思って泣けた。 数日間、今嫁や弁と話し合って、元嫁親の条件を受け入れる事を視野に入れ始めた。 何と言っても今嫁の両親が怒り狂ってて、今嫁は親と絶縁覚悟。 それはちょっと…という事もあったし、実際に子供を育てた事のない今嫁に育児ができるかどうか心配でもあった。 でもためらいもあり、自分に言い聞かせるように「これが一番いい方法だ」と思いこみ、 「いやでもいつまでも元嫁親が元気でいるわけじゃない」とまた悩み… あまりの身勝手さに自己嫌悪ひどくって、仕事は行ってたけど 休みの日とか布団から出られなくってグズグズしてたり。 離婚した妻の血の繋がらない子供の人生を、俺がどうこうしていいのかな?とか 俺のわがままで今嫁は両親と不仲になってる、とか 元嫁から子供を取り上げる、しかも実子じゃないのに?とか… 親権取り挫折したのは、子供が「お母さんと一緒がいい」と言ったから。 親権放棄する事を言ったら、すでに不倫相手に逃げられてた元嫁は涙流して「ありがとう」って言ってたな~。 養育費振り込み続けたのは、元嫁+子供2の3人で新居に移った際、子供が元嫁に 「お父さんはいつ帰ってくるの?」と聞いてきたから。 「今日から3人で暮らすのよ」と言ったら「一緒!一緒!4つ一緒!」と泣き叫んだらしい。 俺と元嫁と、自分と、弟で4つか~って感じ。 そんな感じでグダグダ悩んでたらベルト穴一気に2個減ったよ。 書きながら涙出てきたし、今w そんなある日、元嫁夫から電話が来た。 「考えたんですけどもね、毎月10万貰ってたわけじゃないですか。 で、100万円って言ったら10ヶ月分ですよね?あれ、何か少ないなーって思って… 元嫁もそれが不満みたいで、今実家にいるんですよ。 俺は止めたんですけどもね、充分だろって言って。 でも元嫁が聞かないんですよ…」 で、これで決心がついて元嫁親の条件を飲む事にした。 一度は不倫に走ったけど、やっぱ元嫁も母親だし、こんなDQN男がいたら、 鬼畜なニュースに子供の名前が出るかもしれない。 子供にとってもこれがベストだな、と。 もちろん今嫁にとっても。 慰謝料は受け取らない事にした。 出来れば子供の為に使ってほしいし。 その代わりと言っちゃなんだけど、元嫁夫との離婚が最優先。 あまりにもDQNすぎる。 そして俺と、俺両親は今まで通り、子供が会いたいと言ったら会う。 それが出来ないならご破算で、と伝える。 あとついでに元嫁夫の事を調べた際に見つかった浮気なんかの証拠も渡す。 元嫁夫、うらやま…いや、腹立たしい事にキャバ通って合コンして1週間の調査期間で3人お持ち帰りぃ~。 畳に頭こすりつけるみたいに土下座されてまいった。 元嫁、何か「なるほどねぇ~」って笑ってた。 何笑ってやがる!と思ったら「これに引っかかったんだねぇ私~」と笑いながら泣きだした。 なんか怖かった…目が据わってるんだもん… 弁によると、元嫁と俺と子供の事は離婚の不利な条件にはならないらしい。 むしろ浮気に借金があるから元嫁夫有責で離婚できるって。 弁護士が自分の知り合いを紹介してくれるとの事で、今、元嫁は離婚調停中。 やっぱり金の事で揉めてるらしい。 元嫁夫は元嫁の子供に対する執着を知ってるので、親権と養育費を請求してるとか。 何もしなくっても月10万入れば楽だもんな。 逆に有責って事で慰謝料取れそうな具合らしいけど、それを知って元嫁夫も引き気味らしい。 元嫁夫はATMから金を引き出すような気楽さで借金するらしく、とにかく金が無い。 出産費用も元嫁親が出したらしい。 それだけでなく家賃も生活費も…で、元嫁夫からまた電話来た。 「嫁がバカな事言ってるんですよ。 なのに俺の事全然聞いてくれなくって…(俺)さんからも言ってもらえませんか?」だと。 信じてますからね、(俺)さんが父親だってw 俺も言いたくないですけど、いつかは言わないとねw」 カーーっとなったけど、努めて冷静に 「そうですね、いずれはね。 それがあなたに何の関係が? 弁護士交えて話した方がいいでしょうか?」と言うと泣き落し来た。 「僕、実は借金あるんです…今嫁さんに逃げられたらマジ困るんっす…」 と電話越しに嗚咽漏らす。 元嫁は「自分のバカで自分の産んだ子供3人から父親をなくさせてしまった。 これからは何があっても子供を守って生きていく」と宣言。 離婚が成立したら遠くに行くそうだ。 一応ナースだし、元嫁親の援助もあるだろうから何とか出来るだろう。 託児所付きの病院探してるって言ってた。 子供たちに遠くに行かれるのはさみしいけど、あのDQN男から引き離せるのなら我慢できる。 何はともあれ、元嫁が子供を大事にしてる事がありがたい。 ニュースの虐待死親、怖いよ。 出典:2ch リンク:2ch.

次の

【スカッと】トメの嫁いびり3年間耐えたある日開き直ってカメラとレコーダー購入してDQN返し決行。たまたま早く帰宅した夫に離婚を切り出して事実も話した。結果【修羅場な話】

スカっとした話 夫

クソバイス クソみたいなアドバイス をしないように心がけているというコラムニストの犬山紙子さん。 過ごす時間が長いパートナーからのクソバイス率は高いのだ。 そんな相手には、多少の思いやりと笑いのエッセンスを入れて、愛のある切り返しを犬山さんに教えてもらった。 とはいえ、夫に素直に聞いてもらうためにかわいさも演出してみました。 《ケース2》 ・夫のクソバイス 「子どものことで悩みすぎんなって。 勝手に育っていくからさ」 ・クソバイス返し 「おっかしーなー。 あんたはちゃんと育ってない気がするけど」 いるいる! 何もやらないくせに、急に子育てに口出ししてくる夫! 放っておけば、ちゃんと育つなら、私に放っておかれているあなたはなんで父親として育ってないのって話ですよ。 これはストレートに言っちゃいましょう! もうそんな言葉で傷つく時期はとっくに過ぎているので、余裕かまして楽しそうに言っちゃってください。

次の

【スカっとする話】着々と離婚準備を進め、最後にマザコンエネ夫とクソトメをハワイ旅行に招待してDQN返ししてやった!

スカっとした話 夫

パパーズ!~夫は二人もいりません~のあらすじ紹介 祖母とおにぎり屋さんを 切り盛りする働き者、ののか。 彼女には愛する娘りりかがいますが、 実はりりかの父親が誰なのか、 正確なところは分かっていません。 しかしそんな中、祖母の腰が原因で 向かった病院の中で、ののかは 元彼の建造と幼馴染の森也という、 「親しかった」二人と まさかの再会を遂げます。 建造たちは、ののかに娘がおり、 誕生日からして自分の子かもと、 本気で思い詰め店に押しかけますが、 そんな彼らに対して祖母ひばりは、 ひとまず父親候補として家に同居を することを提案するのでした。 パパーズ!~夫は二人もいりません~のネタバレと今後の展開は? 三十三歳の里中ののかは、 創業三十年になるおむすび屋さん、 「のの屋」を切り盛りする働き者。 夫はおらず一人娘のりりかには、 何かと不自由させることもあるものの、 お店や繁盛、家族の仲も良く、 充実した毎日を過ごしていました。 しかしそんなある日、祖母のひばりが 腰を痛めて病院に担ぎ込まれる事態に。 幸い腰の方は大したこともなく、 すぐに帰れることになったのですが、 ののかは患者でひしめく病院のロビーで、 ナンパをしている男性を発見します。 しかもそのナンパ男性は、ののかの 元彼である建造だったのです。 見知った顔があり、テンション高く 建造が話しかけ出したところで、 病院にいた医師までがののかに、 幼馴染の森也だと、話を し始めてきたのでした。 いきなり元彼と幼馴染と同時に 期せずして再会することになり、 バツが悪い感じのののかですが、 建造と森也は挨拶してくれた、 ののかの娘、りりかの言葉から、 一つの思いを持つことになりました。 それは、 「りりかは自分の娘では?」という 根拠ある疑念でした。 何故ならその時期ののかと建造は、 普通に男女交際をしており、 一方幼馴染の森也にしても、 同時期に、たった一夜ながら、 ののかと関係を持ったことが 経験としてあったからです。 二人は、りりかの可愛さに 魅了されたことも手伝って、 いきなりお店に押しかけて、 父親だから責任を取ると 言い始めますが、ののかは ひとまず彼らを下がらせます。 しかし本当の父親は誰かという 話は当人にとって重いもので、 ののかとりりかの間には、 この話を機に溝が できてしまうのでした。 サイト内で【 パパーズ!~夫は二人もいりません~】を検索! パパーズ!~夫は二人もいりません~の読んでみた感想・評価 ドラマや漫画ではお馴染みの ドロドロ展開があるのかと ヒヤヒヤしましたが、 そうしたことはまったくなく、 明るく楽しく強い物語を 堪能できましたね。 娘の「本当の父親」が実は 誰なのか母親にもイマイチ 分からない部分がある。 そんな「出生の秘密」と それを発端にした騒動が メインテーマとなる本作、 私もかなりハードな展開を 想像してしまっていました。 しかし、本作では、 柔軟で肝っ玉が太い、 ひばりちゃんの提案もあり、 「父親候補」は「候補」のまま、 奇妙な同居生活が始まり、 そして続いていくわけですね。 実際りりかちゃんは真っ直ぐで ケンケンやモリモリも心根の 真っ直ぐな青年たちであるので、 多くの「出生もの」に見られる 胃にくるようなドロドロはなし、 実に安心して読み進められました。 それと言うのも本作の メインキャラたちが皆、気質が良く、 人を陥れたりといったような、 嫌な部分とは無縁の性格であり、 だからこそ絶妙なところで バランスが取れているんですね。 「仲良きことは美しきかな」と 有名なことわざでも言われていますが、 実際彼らがドタバタと過ごす風景は、 実に安心ができるだけでなく、 読み手に今後へのやる気をも もたらすような力がありました。 「リアル」な家庭不和を描いた 力作は多いのですが、 本作のように変わってはいるが、 でも面白く楽しい家庭を 正面から描いた作品は少なく、 その意味でも非常に有意義でした。 パパーズ!~夫は二人もいりません~はこんな方におすすめな作品!必見 愛するべき子供に対して、 「本当は誰の子なのか」と疑問が示される、 シリアス系ドラマでは定番の展開ですが、 実際に起こってしまうと、様々な面から 平穏な家庭が崩れかねない、 恐るべき状況だとも言えます。 まず当人間に関して言えば、 「裏切り」を内包しているかも知れず、 子供や他の関係者にとっても、 受け止めるのは難しい部分もあるため、 かなり深刻な問題という形にも なりかねない要素と言えます。 しかし本作のののかは、すでに独身で、 しかも「父親候補」であるところの ケンケンもモリモリも、 タイプは違えど実に気持ちいい人で、 夫婦云々抜きでもいい関係を 築けるタイプだったりします。 「出生の秘密」などの深刻な話を ドロドロには持っていかずに サクっと笑い飛ばせるような、 パワーとバイタリティがある、 ホームコメディが読みたいなら 本作は最良の選択でしょう。 また、多くの場合お堅かったりする 祖母のひばりちゃんも柔軟ですし、 一人娘のりりかちゃんも可愛らしく、 悪い人、嫌な人が出てこないため、 良い意味での安心感が満喫でき、 グイグイ読み進めてしまいます。 作品全体がスカっと明るいので 裏に何かありそうな嫌味さとは 完全に無縁なのもいいですね。

次の