ガーミン 245 ミュージック。 GARMIN ForeAthlete 245 Musicで音楽を聴く(ファイル転送編) PCまなぶ

【あなたに最適なGARMINの選び方】自分にあったガーミンを選ぼう!

ガーミン 245 ミュージック

実際の音楽を聞くには、ガーミン245にスピーカーが付いているわけではありませんので、Bluetoothで接続可能なスピーカーやイヤホンを接続して聞く流れになります。 さて私自身、Garmin ForeAthlete 245 Musicを購入して実際にランニングウォッチからの音楽再生をするまで、この音楽再生機能に興味はありませんでした。 販売店の店員さんからは、「ランニングウォッチで音楽が聞けるのだったら、わざわざスマホを持って走らなくても済みますよ」なんて言葉を頂きましたが、私の場合スマホを持たずに走ることが考えられません。 スマホを持ってなければ緊急な電話に出られませんし、ラン途中に写真も取れませんから持たずに済むという提案には正直釣れませんでした。 余談ですが、私はフルマラソン本番でもスマホ持って走ってます。 フルマラソンの際にスマホ持つ理由はスタート時やゴール時のタイミングで写真撮りたいですし、スタート前の並んでいる時間はLINEしたりツイートを楽しむ時間です^^ では、スマホを持って走る私においては、「Music機能の付いたガーミン245はそもそも必要なかったのでは?」「どうしてMusicを購入したの?」という流れになるのですが、購入当初、私がGarmin ForeAthlete 245 Musicを選んだ理由はデザインの違いからです。 写真の左側二つが音楽再生機能の付いていないGarmin ForeAthlete 245、右側3つが音楽再生機能の付いたGarmin ForeAthlete 245 Musicとなります。 右上のボタンとボタンの下(時計本体)に色付きのラインがあるのがGarmin ForeAthlete 245 Musicの特徴です。 私が購入したのは一番右側のBlack Redです。 私自身黒赤が好きなのでこのデザインはドストライク。 価格的に5000円高くなろうともこちらを選ばずにはいられませんでした。 AMAZON MUSIC• LINE MUSIC• AWA• KKBOX• DEEZER• IHEARTRADIO• SPOTIFY 最新情報の確認はガーミンのを確認してください。 音楽配信サービスとの同期 私の場合は以前からSpotifyを契約しており、Spotifyでいくつかのプレイリストを作っていました。 例えばフルマラソンをサブ3. 5で走る用のプレイリストを作成していますが、スタートでこれを聞いてハーフ地点ではこれを聞く、38kmの一番辛いところでは陸王(Jupiter)を流して・・・みたいな。 ですので、他の音楽サービスを考える必要はなく、Spotifyとガーミン245を同期を取ることでこれまでに作成したプレイリストを活用して音楽も楽しめています。 ガーミン245Musicの便利と感じたところ 実際にガーミン245から音楽再生を行ってみて便利に感じたことは、スマホを取り出さずとも音楽を操作することが出来るということです。 これまでスマホで音楽を流していた時期は、走っている間音楽は基本流しっぱなしでした。 何かライブラリを変えたりするのであれば、一旦走るのをストップしスマホを取り出してSpotifyを立ち上げて・・・というフローが発生しましたが、ガーミン245での音楽再生の場合、腕時計のみで音楽を操作できます。 これが思いの外便利で、使い方に慣れてくると簡単な操作は走りながらでも行えます。 私がランニング中によく使うのが、曲のスキップ。 曲のスキップに関しては、ガーミン245の左下ボタンを2秒ほど長押しすると再生中の音楽が表示されますので、その画面に切り替わったら再度左下のボタンを押していく(押すと曲が次に進む)流れになります。 よく聞くプレイリストだと曲順が頭に入っているので、画面を見ずにボタンをポチポチ押して曲を進めていく事ができます。 こちら音楽再生中の画面。 この画面からの操作は以下の通りです。 右上のボタン:再生・ストップの操作が行える 左下のボタン:曲を進める事が出来る 左中央のボタン:音楽メニューを表示させる 次に左中央ボタンで音楽メニューを表示させると、以下の画面となります。 この画面からは、ライブラリの変更、音量の調整、曲を前に戻す、リピートのオンオフ、シャッフルのオンオフといった操作が行える流れです。 普段頻繁に使う機能が1ステップでたどり着けて、さほど使わない機能は裏に隠れているといった感じで良いですね。 再生・ストップ、曲を進めるなどはイヤホン側でも操作できますが、ランニング中にイヤホン側で操作していると、イヤホンが耳からずれたり外れたりしてしまう可能性があります。 そのため変な力を与えて外れてしまうと修正が面倒だったりします。 ランニングウォッチ側での操作だとそういった心配が無いので良いですね。 音楽再生モードではバッテリーの減りが早い さて、ガーミン245は235と比べてバッテリーの稼働時間が大幅に改善されました。 GPSを使用して22時間の稼働時間を誇るのが特徴ですが、音楽を使用している時はGPSおよび音楽モードで最大6時間となっています。 実際に私も試してみましたが、ちょうど6時間前後でバッテリーが切れます。 とは言いつつ、普段の練習で6時間以上走り続ける事はあまりないので、不自由することはほとんど無いと感じます。 まとめ ガーミン245の音楽再生機能が予想以上に良いものだと改めて実感しましたので、これからも活用していきたいと思いますが、フルマラソンなど3時間・4時間かけて走る時はガーミン245の音楽再生機能を使用するか、スマホで音楽再生するかは悩みどころかもしれませんね。 サブ3〜サブ4ランナーであれば最大6時間再生(少なくとも5時間は再生できること確認済み)できますので、フルマラソンでも使用できそうですが、サブ5〜サブ6ランナーですとフルマラソン中にガーミンのバッテリーが落ちたなんて大惨事にもなりかねません。 あくまでもランニングウォッチは走った記録を残すものとしての機能を優先すべきだと思いますので、フルマラソン本番で音楽を聴きたい時はスマホ連携、普段のトレーニングではガーミン245のミュージック機能を使用するが良いかと感じます。 以上、Garmin ForeAthlete 245 Musicの音楽再生機能についてでした。

次の

Garmin(ガーミン) ForeAthlete 245には地図機能があるのか?

ガーミン 245 ミュージック

更新日:2019年10月28日 タグ: そもそもGARMINとはから、使い方の詳細までの総まとめです。 「GARMIN ForeAthlete 245 Music」が2019年5月16日に発売しました。 2016年4月21日に発売されたForeAthlete 235Jの後継です。 だいたい1年から2年程度で新しいモデルが発売します。 ForeAthlete 235Jとの違い• スマホ連携が便利になった• 駆動時間が11時間から22時間に伸びた• WiFiに対応 ForeAthlete 245をWi-FiにつなぐとAppleのヘルスケアと連携が出来て超便利• 500曲まで音楽が聴ける• カーディオ・トレッドミル対応• 睡眠の質・歩数もわかる優れもの ランニングウォッチは、GPSがついています。 最も人気のあるGPSウォッチがガーミンです。 そのガーミンの中でもっとも人気のあるのがGARMIN ForeAthlete 245です。 GARMIN ForeAthlete 245単体で音楽も楽しみたい方は、GARMIN ForeAthlete 245 Music スマホ経由で音楽を楽しむ方は、GARMIN ForeAthlete 245も良いでしょう。 私も最初は、スマホ経由で聞くのでMusicは、不要と思いつつGARMIN ForeAthlete 245 Musicを購入しました。 しかし、単体で音楽が聴けると便利で、普段のトレーニングからGARMIN ForeAthlete 245 MusicとAirPodsを使うようになりました。 早速、レビューします。 私のガーミン歴 今回の一番のニュースは、バッテリー駆動時間が22時間にアップしたことです。 発売日 機種名 稼働時間 2014年4月26日 ForeAthlete 620J 10時間 2015年8月24日 ForeAthlete 235J 11時間 2019年5月16日 ForeAthlete 245 Music 22時間 私が、ForeAthlete 620JからForeAthlete 235Jに変えた1番の理由がバッテリーが劣化してフルマラソンに耐えられなくなったこと。 たった2年間しか使っていませんでしたが、フルマラソン5時間が計測できないほど劣化しました。 ガーミンは電池の交換が高価なため、買い替えることになります。 使用頻度が少なくなったためForeAthlete 235Jのバッテリーは元気ですが、新たに買うことにしました。 仕様 稼働時間 ディスプレイ:1. 2インチカラーディスプレイ、240 x 240ピクセル ワイヤレス:Bluetooth、WiFi、GLONASS、Galileo、GPS 耐水:5気圧防水および防塵 重さ:38. 写真だと液晶の大きさがわからないため、赤線を入れました。 実際には、以下の通りです。 235Jから245Jになって大幅に大きくなって見えるのは、デザイン的な要素が大きいです。 もう1点は、時計本体がラウンド処理(端が斜めにカット)された部分だけ、本体が小さくなっています。 すると本体に対する液晶の割合が増えるので液晶が大きく感じます。 液晶の面積は235Jと互角ですが、大きく見えます。 青:620J、赤:235J、黒:245J 235Jは、1. 23インチ。 245Jは、1. 2インチです。 245Jは、上下がギリギリまで表示できるため互角と言えるでしょう。 これからの1時間ごとの天気・気温・降水確率を見る とても便利な機能です。 『』 フルマラソンのタイムも予測できる 詳しくは、『』を参照ください。 タイムは、VO2Max 最大酸素摂取量 から予測します。 1分間に酸素を取り込むことができる最大量のことです。 トレーニングをすることで少しずつ良くなります。 VO2 Maxの値が上がると予測タイムも良くなります。 かなり甘めなので、楽観値を見るのに最適です。 正確なタイムを測定したい場合は、ガーミンよりは以下を活用ください。 『』 トレーニング後の確認方法について どのようなトレーニングをしたかガーミン本体だけで確認ができます。 前回のトレーニングなど過去の確認も簡単です。 『』 充電ケーブルについて 充電ケーブルは、ForeAthlete 235Jと違います。 定価は3,132円です。 すでに安い互換ケーブルがあるので、買って良かったです。 『』 互換製品が上。 純正が下。 充電について 背面に接続するタイプです。 しっかりと固定しているため抜ける心配はありません。 空から満充電までは、2時間程度とのことです。 4ピンの端子です。 誤って抜けないような工夫がされています。 充電されると、充電のマークがつきます。 満タンになるとコンセントの形になります。 購入について 一番の売れ筋は、ForeAthlete 245Jになります。 スマホがあれば時計経由で音楽を聴く必要がありませんが、ForeAthlete 245J Musicを購入しました。 操作マニュアル しっかりとしたマニュアルが準備されています。 備忘録:発売前の購入に関してAmazonの到着は遅い 発売日は、2019年5月16日です。 Amazonで事前に注文したところ2019年5月19日に到着。 プロのブロガーとしては痛いところです。 キー操作について ガーミンの操作は、以下の2パターンのいずれかです。 パターンA:何も記述がない場合 各ボタンについて、非常に小さな字で英字が記載されています。 わかりやすいように赤線で記載しました。 何も書いていない場合は、従来の操作を意味ます。 ここでは「ライト」と「戻る」です。 スマートフォン連携 『』をインストールするとスマホ連携ができるようになります。 スマホ連携が超便利 スマホの通知が液晶に表示されます。 スマホのバイブレーションは、うるさくてうざいです。 音を鳴らしてもうざいです。 腕時計のバイブレーションは、腕時計にしている限り他の人に知らせることがないため、うざくありません。 例えばスマホで以下のように送ると... このように表示されます。 恐らくマラソン大会の応援でも活躍しそうです。 正直迷惑なメッセージがあります。 普段から通知を最小限になるようにカスタマイズする必要があります。 パソコン連携 製造番号の記載あり 製造番号の記載があるため、正規のものかの特定が用意です。 ガーミンでスマートフォンを探すこともできる Bluetoothの電波の強さで、おおよその距離がわかりす。 スマートフォンから程良い大きさの音がなります。 すごく便利です。 距離が近いと緑の部分まで表示されます。 逆に遠いと赤い部分だけになります。 すごく便利です。 逆にスマホからガーミンを探すことができます。 バイブレーションと音で教えてくれます。 スマホ側の「クローズ」をタップします。 Bluetoothをオフにする スマホ連携は便利ですが、スマホの通知が丸見えになります。 早速、必要に応じて無効にします。 ウォッチフェイスを変更する ランニング中に表示される項目を変更する ここでは、4分割表示まで自由自在に変更できます。 『』 6分割表示をする 超オススメの設定です。 やっと納得出来る表示を見つけました。 『』 12分割表示をする 『』 ランニング中に表示する項目を3項目から12項目にする方法を記載しました。 音楽を聴く方法 『』オススメ 『』オススメ 『』オススメ 『』普通 『』イマイチ 『』イマイチ 睡眠の質・歩数もわかる優れもの この機能も優秀です。 『』 うまく動かなくなったら再起動・最後の手段で初期化 『』 Amazon Musicが使えないトラブルに遭遇。 初期化をして解決しました。 ガーミンを忘れてしまった時の対処方法! Map My Run - GPS ガーミンを忘れた時は、スマートフォンアプリでなんとかなります。 『』 まとめ:とても見やすく良品 液晶も大きく見やすくてなって使いやすいです。 これから、どんどん追記していきます。 変更履歴 5月21日の変更• キー操作を追記• スマホ連携(通知表示)を追記• 仕様を追記• 『』を追記 5月22日の変更• Bluetoothをオフにする方法を追記 8月22日Amazon Musicを追記 8月24日初期化の方法を追記.

次の

ガーミン「ForeAthlete 245」登場!注目はバッテリーの長寿命

ガーミン 245 ミュージック

ForeAthleteをもう一度使いたい…!と願っていた矢先、新モデルの「ForeAthlete 245」が登場しました! 235Jとどう違うの?って比べながら、今回は音楽機能がついた「ForeAthlete 245 Music」を使って、またまたランニングに行ってきます! ライター:あんまん• ランニングウォッチ「ForeAthlete 245 Music」• 控えめさを持ち合わせた「ForeAthlete 245 Music」• 前モデルの235J。 スポーツ感が漂う• 女性でも大きすぎないフェイスだ!(直径30. 4mm)• 235Jはフェイスが大きいので、男性に似合う印象だった(直径31. 1mm) ガーミンの「ForeAthleteシリーズ」は、ランニングに役立つ機能が搭載したランニングウォッチ。 新しく「ForeAthlete 245」と「ForeAthlete 245 Music」の2種類が登場しましたが、今回は音楽機能がついた「ForeAthlete 245 Music」を使います。 「ForeAthlete 245」は音楽機能がないモデルですが、性能や見た目は同じなので合わせてご覧ください! 前モデルの「」と比べて、洗練された雰囲気になりました。 235Jは画面ドーン!さあ、ランニングするぜ〜!みたいなスポーツ感がありましたが、245は一言で言うと「大人っぽくなりましたな!」 装着してみると、235Jは画面が大きいので女性だと少し大きいなって印象でしたが、245は少し小さくなり、画面もちょうどいい大きさ! 小さくなっても、見やすさは変わりません。 機能面では上位モデルに搭載しているランニング機能が追加されたらしい。 これまでレポートした「」に搭載の「ストレスチェック」や、「」に搭載の「Body Battery」なども、追加されたので早く使ってみたいぞ。 レポートを見ながら、ひそかに憧れてたのだ〜! 駆動時間が大幅にパワーアップ!• 約2時間で充電が完了!• そういえば235Jを使っていて、ああもうちょっと…!って思ったことがありました。 それは、駆動時間! 1回ランニングすると、結構電池を食ってたんですよね…。 235Jのバッテリー持続時間は11時間(GPS使用時)に対し、245はなんと 22時間になりました!(音楽使用時は最大6時間) 華麗なるパワーアップ!倍ですよ倍! 長時間のランニングでもへっちゃらですな。 しかも約2時間ほどでフル充電ですって、早っ! 充電は、背面にカチッとケーブルを挿して行います。 クリップ式の充電ケーブルだった235Jのようなしっかりホールドされている安心感はなくなりましたが、しっかり刺さっていて、当たっても外れることはありません。 筆者は1時間未満のランニングしかしませんが、再々充電せずにそのまま使いたい派なんです。 なんたって"充電を忘れる"のだ! 245ならランニングをした次の日でも、ガッツリ使えちゃうんですよね。 歩数はもちろん心拍数や、さらにお天気まで見れたりと、情報がギュッと詰まっていますね。 筆者の憧れだった「BodyBattery」と「ストレスレベル」! 「BodyBattery」は、起床してからどれだけの体力を使っているかを0〜100の値で表示します。 自分でもあまり体力の変化を感じずに過ごしていたので、ゆるやかに下降しているのが分かります。 体力が落ちてたら今日はお休みにしよ〜とか、仕事終わりにランニングするかの判断材料にしてました。 どれくらいのストレスを感じているかを数値するストレスレベルは、内面を見透かされているみたいで、ドキドキしますね。 今ストレス感じてる…!意外とストレス感じている?!とか、いろんな場面で答え合わせ的な遊び方をしても面白そうなので、ちょっとしたハプニング等のときに「ストレス高よ、来い!」って思って見ましたが、比較的安定してました。 そういえば本体からスマホの通知が見れるのですが、スマホをカバンの中に入れてても手元で確認できるのでわかりやすいんですよね。 お知らせのバイブレーションが強めなので、机に置いてると、ビックリしたことが多々ありましたが。 笑 VO2 Maxやトレーニング負荷をチェック!• VO2 Max上がりました!• トレーニングするには知っておきたい「VO2 Max」。 1分間に取り込める最大酸素摂取量のことで、この指標が高いほど持久力があり、運動のパフォーマンスが向上するんですよ。 脂肪燃焼に酸素が必要なので、自分のVO2 Maxを知るのも大切なことなんです。 屋外で10分以上のトレーニングを行うと計測されますよ。 ちなみに235Jを使っていた時は、39でした。 トレーニング負荷• アンプロダクティブ…• ふむふむ、18時間で回復だな• 予想タイムも表示 新しく追加された「トレーニング負荷」は、過去7日間に行ったトレーニングから算出されて、どれだけの負荷がかかっているかが分かります。 おお、ちょうどいいくらいに収まっているんかなと思いきや、トレーニングステータスは「アンプロダクティブ」。 負荷は最適なんだそうですが、体のコンディションが整ってないみたい。 あまり負荷をかけすぎるのもよくないですし、体のことを気遣ってあげられるのもよいですね。 他にも、身体が回復するまでどれくらいの時間を要するかが分かるリカバリータイムや、予想タイムも見れたりと、サポート機能が充実しているなぁと感じました。 ランニングに行ってきます• 結果は…• 有酸素の指数が高い!• 心拍ゾーン• ラップタイム。 だんだんタイムが… はぁ…はぁ…走りました…。 ランニングが終わると計測した結果が表示されて、距離やタイム、ペース、消費カロリーまでしっかり確認できるほか、どれくらいの心拍ゾーンで走っていたかも分かっちゃいます。 新しく追加された「トレーニング効果」では、5がMAXとして有酸素運動と無酸素運動がどれくらい行われていたのかが確認できます。 有酸素運動の指数が高いですね! 心拍ゾーンも圧倒的に心拍数が上がった状態で走ってるなぁ、など反省も含めつつ次に繋げられます。 ラップが増えるにつれ、ペースもどんどん落ちているし、それに伴い心拍数もガンガン高い。 はい、言わずもがな、なかなかバテてましたね…。 アプリ「Garmin Connect」• 設定するにはWi-Fiをつなげよう• ConnectIQをインストール• LINE MUSICを認証させて 前述でも申し上げましたが「ForeAthlete 245 Music」は音楽機能を搭載したモデルなんです。 本体に音楽を最大500曲も保存でき、Bluetoothイヤホンと繋いで聴けちゃうんですよ。 音楽の取り込みは 「Garmin Express」をインストールしたパソコンから、iTunesやポッドキャストなどで管理している音楽データを同期するか、サブスクの音楽もダウンロードして聴けちゃうんだとか。 今のところ対応は、Line Music・Spotify・AWAだけなので、今後Apple MusicやAmazon Musicも対応になればいいなぁ。 今回は"Line Music"の音楽を聴いてみましょうか。 設定時には本体側もWi-Fiを繋ぐ必要があります。 「」をインストールし、Line Musicの更新やダウンロードをして、Garmin Connectと接続します。 ガーミン「ForeAthlete」を改めて使うと、ランニングしたいなぁって気持ちが高まります。 245では235Jに無かったトレーニング効果や負荷、BodyBatteryとストレスレベルを確認できるようになったので、運動の強度や身体のことがより分かるようになりました。 トレーニング状況や身体の状態を把握することにより、無理のないトレーニングを続けやすくなります。 身体の状態をコントロールしながらランニングに励めるのも続けたいって気持ちにつながりますね。 結果ってただ走っているだけでは分かりづらいですが、トレーニング結果が見えることにより、モチベーションがグンッと上がりました。 結果が伴って嬉しかったのは、やはりVO2 Maxが向上したこと。 運動などやったことない人間が走り、1年後に向上した結果が分かったので、できる時にでもコツコツ続けていてよかった〜!って、思いました。 ぜひこの嬉しさを味わっていただきたいです。 音楽を聴きながらのトレーニングや、なるべく手ぶらで音楽を聴きたい方なら245 Music、音楽機能はいらないよって方なら245を選んで頂いたらと思います。 2019. 02 あんまん.

次の