ハンターハンター キメラアント編 何話。 ハンターハンターのアニメについてです

『ハンターハンター』キメラアント編のあらすじや見どころを徹底解明! 熱い死闘や感涙の最終回もご紹介! | MOVIE SCOOP!

ハンターハンター キメラアント編 何話

今回は「一番好きな長編エピソードは?」の結果を公開する。 アンケートは6月12日から18日まで行い、886名から回答が集まった。 男女比は男性が6割以上とやや多め。 年齢層は10代が約5割、20代が約3割であった。 そんななか見事1位を獲得したのは「グリードアイランド編」。 単行本では13巻から18巻にあたる。 「グリードアイランド」というゲーム世界を舞台に、ゴンとキルアがクリア条件である100種のカードを集めるために奮闘する。 ふたりの師匠であるビスケとの出会いや、たびたび敵対するヒソカとの共闘も描かれた。 2位は「キメラ=アント編」。 単行本18巻から30巻にあたり、シリーズ全体の中でも最も長きにわたって描かれた。 キメラ=アントとハンターとの熾烈な戦いが描かれ、残虐な描写も多く見られる。 しかしそれに相反するようにキメラ=アントと人間の心の交流も描かれ、壮絶な戦いは思わぬ切ない結末を迎えた。 3位は「ヨークシンシティ編」。 単行本8巻から13巻にあたる。 作中では「天空闘技場編」を経て久々にゴン、キルア、レオリオ、クラピカの4人が揃った。 オークションのためにヨークシンシティを訪れたゴンとキルアが、懸賞金を目当てに幻影旅団を追っていく。 上位3エピソードは、それぞれ200票以上を集めていた。 全体の票数の多くを占めており、人気のほどがうかがえる。 3位「ヨークシンシティ編」は幻影旅団のメンバーが魅力的という意見がほとんどであった。

次の

『ハンターハンター』キメラアント編のあらすじや見どころを徹底解明! 熱い死闘や感涙の最終回もご紹介! | MOVIE SCOOP!

ハンターハンター キメラアント編 何話

少年マンガという枠を超えて大人でも読み応えのあるストーリーになっている。 幻影旅団のときのように敵キャラをデフォルメして可愛く描く手法はキメラアント編でもあり、敵キャラに感情移入しやすい手法を冨樫先生は見つけたようですw ただし冨樫らしいホラー要素が強くグロイ描写も描かれる今編では、せっかくの世界観が崩れてしまうと嫌う読者もいたと思う。 メリエル復活のところとか特にね。 あのどこぞの雑誌の表紙みたいな表情が妙に印象に残ってウザかったw 目次• 60分の攻防戦 キメラアント掃討作戦の準備段階を経て、本命メルエルたちとのガチバトルで描かれた攻防劇は時間にして1時間もない。 単行本で言えば25巻から描かれる対決は「ナレーション」という今までにない方法で描かれたのが特徴。 心理描写や状況描写によって濃すぎるのほど1時間を描いていくのですが、こういった描き方は「カイジ」でお馴染みの福本伸行先生の手法に似ている。 ナレーションを意図的に入れることで複雑な心理描写を表現することができる上にストーリーにも重みが出ている。 ただしそれに比例して文章量が多くなるためテンポが必要になってくるが、途中中弛みはあったもののラストへ向けてのワクワク感は十分あった。 インフレ化 キメラアント編でよく言われるのが敵のインフレ化ですが、個人的には作者が意図的に設定していたように思います。 意図的な設定でなきゃこんなセリフを登場人物に言わせるわけはないw そしてなによりもゴンの目に表現されていたのように、頑固さや危うさは今までのストーリーで十分すぎるほど描かれていた。 これはもう一種の伏線と言っていい。 GI編では手を吹っ飛ばされたところまで描いてしまったわけでです。 ゴンにあと何が残っているのかといったら瀕死の状態になるしかない。 だって今まであんなにゴンを傷めて痛めてイタめつづけてきた作者がやることといったら何があるのかって話ですからね。 ゴンさんになるラストは賛否両論ありますが個人的にはニジュウマル。 ゴンのココロ GI編と比べてゴンの何が一番変わったって、キルアとの関係性ですよね。 もしジンに会えたら「 キルアはオレの最高の親友」と紹介したいというセリフでエンディングを迎えたのに、それが今編になるや急に状況が一変。 もう 真逆の感情ですからね。 この純粋さは狂気すら感じた。 その目に輝きはない。 暗く寂しく冷たいながらも、その奥には抑えきれない怒りが表現されていた。 この怒りはキルアに八つ当たりとなって向かっていく。 カイトが死んだという事実を冷静に受け止めるキルアに、ゴンは理解できなかったのかもしれない。 そしてなによりも、キルアに助けを求めず「 一人で戦う」と宣言してしまうゴンとの間には深いミゾができてしまう。 キメラアント編の見せ場の1つ。 コムギというヒロイン 今編で思いのほかいい味を出していたのがコムギという少女。 彼女と会ったことでメリエムに変化をもたらした。 その最たるものが「自分の名前」。 名前とは自己のアイデンティティを一番最初に認識する一種の記号、たかが名前、されど名前である。 蟻の王はコムギに出会ったことで何かが変わった。 傷ついたコムギを抱きよせるメルエムに漂うのは「優しさ」、その顔は黒く塗りつぶされている。 確かなことはメリエムにとってコムギは「大切な女性」だったことである。 その感情がなんだったのかは言わずもがなである。 とくに板挟みとなるハンター協会の立場はもはや少年マンガの枠を超えていた。 責任は一切負わず、それでいていっちょ前に指示はする。 まるで対岸の火事だ。 お前が危機意識を持たなきゃだれが持つんだよと、どこかで見覚えのある怒りを覚える。 結局すべてをハンター協会に丸投げてしまう。 ネテロの最期を見ても蟻以上にたちの悪い人間の姿を描いていた。 それは暴力ではなく、人間がもつ底のない悪意に怯えた。 終わりのはじまり ゴンがゴンさんになった時点で今後の成長は描きようがない。 幽遊白書のように連載に追われることがなくなったわけで、時間はたっぷりあるだろうから絶対に投げ出さないでほしい。 ホント主人公が屋台ラーメンの雇われ店長なんてエンディングは誰も読みたかない。 だからこそ、待ち続けますw.

次の

【解説】ハンターハンター337話「懺悔」に登場するコアラの正体は? カイトが転生した少女との会話を分かりやすく解説。

ハンターハンター キメラアント編 何話

スポンサーリンク 生物の頂点に立つという使命に疑問をもつメルエム キメラアントの女王から生まれた王、メルエムは、誰が何と言おうとハンターハンター史上最強の生き物。 最初はとても乱暴で、部下を平気で殺したり、人間を虐殺したりして、それを食べることでさらに強くなっていきました。 その後メルエムと護衛軍は、東ゴルトー共和国に侵入して国を乗っ取り、地球上のすべての生物を武力で統一すべく、行動を開始します。 ところが、暇つぶしに始めた軍儀という盤上競技で、コムギという女性と出会い、王の考え方に変化が生まれました。 「暴力こそがこの世で最も強い能力」であり、「余の力こそがこの世の頂点に在る」べきだという絶対思想が、コムギという盲目の少女によって、かき乱されてしまうのです。 自分の名前を知りたくなったり、「何の為に生まれてきた…?」という哲学的な悩みを抱えるあたり、一般的な弱肉強食の動物から、思考を持つ人間へと少しずつ成長していきます。 ネテロ達との戦闘は、そんなさなかに突然始められたのです。 スポンサーリンク メルエムはネテロと戦う まず、ゼノの能力「ドラゴンダイブ」が空からいきなり降ってきて、コムギが負傷してしまいます。 そのコムギに対し優しく慈愛溢れる振る舞いをする王と対峙し、会話することで、ネテロはメルエムが今、人間と蟻の間で揺れていると悟ります。 ネテロは心が揺れてしまいますが、立場上戦う必要があると自分を奮い立たせ、戦闘を開始しました。 実力差は目に見えていましたが、「敗色濃い難敵にこそ全霊を以て臨む事!!」という自身の武の極みを思い出し、ネテロ会長はメルエムと激しくぶつかり合います。 ネテロの千手観音のような奥義を軽くいなすメルエム。 とうとうネテロは手足がもげ、力尽きかけますが、寸前、王の名前が「メルエム」であるということ、そして人間には底知れない悪意があるということを教え、自爆します。 スポンサーリンク ユピーとプフはバラの毒がまわり死亡。 プフとユピーはメルエムを慕いながら息絶えた ネテロが死ぬと作動するバラ(ミニチュアローズ)と呼ばれる爆弾が爆発。 メルエムは爆風で焼け焦げ、瀕死の状態になってしまいます。 ユピーとププが急いで王を救出し、2人の体液を吸収させることで王は一命をとりとめ、さらには2人の能力も獲得しました。 これによりプフとユピーは、王が自分の体液を吸収し、自分と一体になったと感じたことで、絶対神を信仰する信者がごとく心酔してしまいました。 残念ながらバラには毒があり、メルエムを助けにバラの爆心地を飛び回ったことで2人は毒に感染してしまいます。 2人は最後まで護衛軍として王のために戦いながら、死亡していったのです。 スポンサーリンク バラの毒にやられたメルエムは、長くないことを悟り敗北宣言。 『コムギという女性に会いたい それだけだ』と語る バラには毒があり、自分も長くないということを悟ったメルエムは、パームに対し、「お主達の勝利だ、戦いは終わった」と敗北宣言をします。 自分がもうすぐ死ぬと理解したうえで、「残された時間をコムギと過ごしたい」と伝えます。 絶対君主だった王が敗北宣言をし、人間への思いを伝えるなんて、パームは信じられませんでしたが、メルエムが見せた真摯さに心うたれ、とうとうコムギの居場所を教えてしまいます。 コムギを人として、女性として大切にしていると正直に伝えるメルエムは、人間よ純粋で正直な生き物に成長していたのです。 スポンサーリンク メルエムは部下達に深く感謝をしていた メルエムが改めてコムギと軍儀を再開する際、コムギを瀕死の状態から助けたのは自分の部下だった、と説明します。 そしてピトー、プフ、ユピーを慮り、「余には過ぎた者達だ…」と感謝の意を表します。 生まれた当初は部下を意味なく殺したり、ピトーを殺す勢いで殴ったりと、暴力君主でしたが、コムギと共に過ごし、人間の思考を学んだ今、メルエムは部下への感謝という思いやりまで芽生えていたのです。 お礼を言っておいてほしいというコムギに対し、「余から伝えておこう、直に会う」と死後の世界で会えるだろうと少し笑顔になる所などは、人間味溢れる王の慈愛を美しく表現していますね。 スポンサーリンク 残された時間はコムギと過ごす 生まれてから、「余は何者だ…?余は一体、何の為に生まれて来た…?」と自分が生まれた理由を思考し続けてきたメルエム。 そんなメルエムは、死ぬ前のひと時をコムギと軍儀を打って過ごします。 コムギが新しい技を出すと、メルエムがそれを超える技を、それをさらにコムギが新しい技で対抗。 まるで我が子を生み出す夫婦のようです。 体験したことのない状況を前に感極まり、コムギは泣きながら「メルエム様 ワダす…今…とっても幸せです、不束者ですがお供させてください、ワダすはきっとこの日のために生まれて来ますた…!」と伝えます。 この言葉がこれまで自分の存在意義を自問してきたメルエムの心を強く打ち、メルエムは「…そうか余はこの瞬間のために生まれて来たのだ…!!」と悟るのです。 メルエムとは、「全てを照らす光」という意味ですが、メルエムは盲目のコムギを照らす光となり、コムギもまたメルエムを照らす光となりました。 美しい男女の愛情を、キスや抱擁などがなくとも上手に表現した素晴らしい試合でした。

次の