眼鏡 市場 アイ アスリート。 ランニング用メガネはJINS・Zoff・眼鏡市場どれがオススメなのか。

眼鏡市場のスポーツ用メガネ i

眼鏡 市場 アイ アスリート

によると、今回の新作は、汗や衝撃に強い高機能素材「ポリフェニルサルフォン」を使用した「ネオポリマーライン」3モデルと、軽くて強くてしなやかなチタン素材を使用した「メタルライン」3モデル。 いずれも価格はレンズ込みで18,900円。 ならではの安さもうれしい。 i-ATHLETE(アイ・アスリート)ネオポリマーライン の「ネオポリマーライン」は、スポーツ時の温度変化や不意な衝撃にも耐え、汗にも強い高機能素材「ポリフェニルサルフォン」を使用したタフなボディと、スポーティーで流れるようなエアロデザインが特徴。 IA-415 IA-415(写真1)は、いわゆるナイロール(下半分ふちなし)タイプ。 テンプル(つる)に開けられたスリットも、スポーティーな雰囲気を盛り上げる。 (写真1)眼鏡市場 i-ATHLETE(アイ・アスリート)IA-415。 カラー:RE(写真)・BK・DBLU・W。 価格:18,900円(レンズ込み) (出典) IA-416 IA-416(写真2)は、柔らかなフォルムのフルリム(ふちあり)タイプ。 「これなら抵抗なく掛けられる」という女性もいるのでは。 (写真2)眼鏡市場 i-ATHLETE(アイ・アスリート)IA-416。 カラー:BR(写真)・BK・DBLU・PU。 価格:18,900円(レンズ込み) (出典) IA-417 IA-417(写真3)は、スポーツ用メガネとしてはめずらしいふちなしタイプ。 「メガネを掛けると、顔の印象が変わってしまうのが嫌」というひとにはオススメ。 (写真3)眼鏡市場 i-ATHLETE(アイ・アスリート)IA-417。 カラー:WS(写真)・WI・BLU・GR。 価格:18,900円(レンズ込み) (出典) i-ATHLETE(アイ・アスリート)「メタルライン」 の「メタルライン」は、軽くて強くてしなやかなチタン素材を使用。 さらに、今回の新作には、光を蓄えて発光する「グローパーツ」を新たに採用(写真4)。 早朝や夜間といった、暗い時間にランニングなどをするひとの安全性を高めてくれそうだ。 (写真4)i-ATHLETE(アイ・アスリート)IA-418(写真左)、IA-419(写真中央)、IA-420(写真右) には、 光を蓄えて発光する「グローパーツ」を新たに採用。 (出典) IA-418 IA-418(写真5)は、レンズがリム(ふち)から浮き上がった「フローティング設計」を採用。 立体感あるデザインが印象的だ。 (写真5)眼鏡市場 i-ATHLETE(アイ・アスリート)IA-418。 カラー:BLU(写真)・BKM・DGR。 価格:18,900円(レンズ込み) (出典) IA-419 IA-419(写真6)は、細いリム(ふち)とレンズをネジ1本で固定したことにより、スリムでシンプルなデザインに仕上がっている。 (写真6)眼鏡市場 i-ATHLETE(アイ・アスリート)IA-419。 カラー:PU(写真)・BK・W。 価格:18,900円(レンズ込み) (出典) IA-420 IA-420(写真7)は、アンダーリムと呼ばれる上半分ふちなしのフレーム。 他人とはちょっと違うスポーツ用メガネを掛けたいひとは要チェック。 (写真7)眼鏡市場 i-ATHLETE(アイ・アスリート)IA-420。 カラー:LGR(写真)・BR・DGR。 価格:18,900円(レンズ込み) (出典) 汗をかいてもズレにくい には、汗をかいてもズレにくいよう工夫が施されている。 まず注目なのは、テンプル(つる)先端部の「ヘッドグリップラバー」。 滑りにくいラバー素材「ラバロン」を採用し、スポーツシューズのソールのような凸凹形状になっているので、汗をかいたり激しい動きをしてもズレにくい(写真8)。 (写真8)i-ATHLETE(アイ・アスリート)は、汗や激しい動きに強い「ヘッドグリップラバー」を採用。 (出典) また、鼻パッド(鼻あて)の素材には、軟質プラスチックのエストラマーを採用。 快適なクッション製を実現しているという(写真9)。 (写真9)i-ATHLETE(アイ・アスリート)には、エストラマー製の鼻パッド(鼻あて)が使われている。

次の

i

眼鏡 市場 アイ アスリート

質問一覧• 店員に「度数強くても視界の中心と端とで見え方に違いが出るなど歪みはありませんか?」 と 聞いたところ「分かりませんね」 と返されてしまいました。 実際に購入された方で、ご感想いただけないでしょうかっ!... 偏光レンズか、もしくは防曇加工のどちらかで。 他にもおすすめのオプション加工はありますか? 眼鏡市場のアイアスリートを買うつもりです。... デザインは気に入っています。 品質や耐久性は日本製の方が上でしょうか。 アイアスリートとle coqのコラボ商品は専用ケースが今もあります。 それ以外は何年も前に廃盤になってると思います。 子供用眼鏡を買ったのですが、それでもずり落ちるため、鼻パッドに両面テープを貼って無理やり固定してました。 新調するにあたり、今度こそずり落ちないものがほしい!といろいろ調べ、フリーフィットかゼログラかアイアスリート... ランニングやバトミントンなどやりますが、父親が「フレームがオークリーなどのスポーツ用とは違い細くてホールド性が低そう」と言ってましたが、使用している方教えていただきたいです アイアスリートの404を考えています... 質問なのですが、私はメガネをかけているのですが、バドミントンでメガネは邪魔になる ずれたりする だ ろうと思うので、スポーツ用メガネを購入しようと思うのですが、 眼鏡市場のアイアスリートの奴は激しく動いても本当に外... フリーフィットで迷ってます 部活もやっててソフトテニス部です 汗も大量にかくのでどっちを買うか迷っ てます またどっちの方が塗装が剥げにくいですか? jinsのメタルフレームはすぐに塗装が剥がれたのもので。... 少ないように思いました。 フレームの軽さなどだけがスポーツ用なのでしょうか... 後かけるとすぐに右レンズ内側だけが汚れてしまいます。 前の眼鏡ではこんなことありませんでした。 まつ毛でしょうか? 原因がよく解りません。 どなたかアドバイスをお願い致します。...

次の

眼鏡市場「i

眼鏡 市場 アイ アスリート

(本社:静岡市)は、新しいCMキャラクターとしてプロサッカー選手の三浦知良さんを起用したテレビCMを、8月30日 金 より全国でオンエア開始した。 「i-ATHLETE(アイアスリート)登場篇」と題された新CMでは、眼鏡市場オリジナルのスポーツ用メガネ「i-ATHLETE(アイ・アスリート)」の新型モデルをフィーチャー。 プロサッカー選手として活躍する現役アスリートである三浦知良さんがスーツ姿で登場し、深紅の i-ATHLETE(アイ・アスリート)を掛けながら、華麗なボール回しを披露している。 三浦知良さんが出演する眼鏡市場の新CMは、スペシャルムービーとあわせてYouTubeでも公開されている。 最新テクノロジーにより、メガネとしての優れた機能性とデザイン性を両立し、スポーツのみならず普段使いもできるメガネとして、眼鏡市場でも人気の商品となっている。 今回新たに発売されたのは、IA-450とIA-451の2モデルで、限定2色を含む各6色の全12種類。 異素材の組み合わせによるスタイリッシュなデザインや、軽さと柔軟性から生まれる抜群の掛け心地が魅力だ。 i-ATHLETE(アイ・アスリート)新作モデルの特徴 1:軽量で柔軟性が高く、耐熱性にも優れた高機能樹脂素材ポリフェニルサルフォンをフレームに採用。 ポリフェニルサルフォンはアメリカ消防士のフェイスシールドにも使われている。 2:ワイドアングル設計により広い視野を確保。 さまざまなスポーツシーンで活躍しそう。 i-ATHLETE(アイ・アスリート)IA-450 3:汗にも激しい動きにも強い「ヘッドグリップラバー」をテンプル(つる)先端部に採用。 4:フロントとテンプルをつなぐ丁番は樹脂とメタルのハイブリッド構造。 高級感と強度を両立。 i-ATHLETE(アイ・アスリート)IA-451 5:ポリフェニルサルフォンに無垢のベータチタンバーを融合した、スタイリッシュでスマートなデザイン。 6:掛け外しのしやすさを重視し、IA-450で採用しているヘッドグリップラバーをスリム化。 i-ATHLETE(アイ・アスリート)新作モデル一覧 IA-450 i-ATHLETE(アイ・アスリート)の「軽い ズレにくい 汗に強い」という特色をさらに高めたモデル。 アクティブに動いても軽くてストレスフリーなメガネに仕上げたという。

次の